在宅 勤務 ずるい。 テレワーク(在宅勤務)はずるい!不公平と嘆く前に取るべき行動は一つ

大手企業が続々導入 「在宅勤務」で損する意外なタイプ|日刊ゲンダイDIGITAL

在宅 勤務 ずるい

在宅勤務は不公平か? 場所や時間にとらわれずに働ける在宅勤務。 移動や時間に制約のある社員も力を発揮することができるという点で非常に注目されていますが、一方でデメリットも指摘されます。 評価方法、勤務体制、コミュニケーションなどに不満を抱えることも多い様子。 どう解消すれば、チームメンバーがよりよく働けるのでしょうか? オフィス側の「不公平」 従来通りオフィスへ出勤しているメンバーから見て、在宅勤務者に感じる「不公平」は、 「本当にきちんと働いているのかわからない」「在宅勤務者がいない分電話応対などの事務作業が増える」「評価方法はどうなっているのか」など、「なんとなくずるい」論が目立ちます。 在宅勤務側の「不公平」 一方、在宅勤務者も「不公平」を感じるシーンは存在します。 「情報が回ってこない」「仕事を正しく評価されていない」「仲間はずれになっている気がする」など、特にチームの構成がオフィスワーカー中心になっていて、在宅勤務者がマイノリティの場合に「チームメイトとしてカウントされていない」と感じるコミュニケーション不全が起きているようです。 在宅勤務の「不公平」をなくす3つの方法 オフィスワーカーと在宅勤務者それぞれの「不公平」、実は全てチーム内のシステムとコミュニケーション方法に起因しています。 以下の3つの方法を踏まえて、チーム内のコミュニケーションを円滑に保つようにしてみましょう。 情報共有を徹底する オフィスで一緒に働いていようと、離れた場所にいようと、必要な情報がメンバー内で共有されていなければ、それだけでチームワークは崩壊します。 業務に関わる会話は、アーカイブの残るオンライン上で行うこと、共有資料は常に最新のものがクラウドで共有されていること、社内でSNSやチャット、バーチャルオフィスツールを使って、進捗や心境などを発信する癖をつけることなどが重要です。 制度やルールを整備する 在宅勤務を導入する際に、どこにいても条件が揃うように、制度やルールを整備する必要があります。 各自のスケジュールや進捗をオープンにしておくこと、始業・終業・離席などはグループウェアで一声かけてから行うこと、評価方法を見直し、明らかにすること、できればチーム内の会議はオンライン上で行うよう徹底することなど、いくつかコミュニケーションの柱を決めておけば、すれ違いや疑心暗鬼も少なくなります。 申請フローや日数制限など、在宅勤務を誰もが使える制度にするために、 出来るだけわかりやすく使いやすくしておくことも大切ですね。 意識改革をする 「在宅勤務は、チーム内の誰もが選べるひとつの選択肢である」という意識づけを徹底しましょう。 オフィスに通勤してデスクに向かってこそ、仕事への切り替えが出来る、という人もいれば、静かで隔絶された場所でこそパフォーマンスが上がる人もいます。 通勤が困難だけどパソコンひとつあれば業務がこなせる、介護や育児などで業務時間が細切れになってしまう、家族の事情でオフィスに行けないが自宅で仕事は出来るなど、場所さえ限定されなければ仕事は出来るという人もたくさんいます。 あらゆる事情を抱える人たちが、個人のパフォーマンスを最大限に引き出すためのひとつの手段として在宅勤務を捉えること、その意識づけができれば、メンバーが離れていても上手にチームを運用することができるようになるでしょう。 在宅勤務者もオフィス勤務者も「チームメイト」である! 在宅勤務を上手に使いこなすためには、 どこにいても「チームである」という意識が大切です。 各々が離れた場所で仕事をしていても、信頼関係が構築できるように環境を整え、コミュニケーションや情報共有を密にすること、不満や機能不全はすぐにすくい上げてみんなで議論することを常に意識し、より良い在宅勤務を目指しましょう。 次の記事ではさらに在宅勤務での失敗事例とその解決策について解説します。

次の

在宅勤務はずるい?テレワークのメリット7つ!やる気が維持できれば最高の働き方

在宅 勤務 ずるい

鈴木洋子 [記者] すずき・ようこ/上智大学卒業後、工業系業界誌記者を経て2001年に週刊ダイヤモンド編集部に。 電機・エレクトロニクス・IT、流通・小売り、建設・不動産、食品、精密機器などを担当。 19年から特集担当チームで森羅万象を取材しています。 主な担当特集は東日本大震災復興関連の一連の特集 2011~15)、「保活戦線異状アリ」「白物家電の逆襲」「アームvsインテルvsエヌビディア」「日本の魚があぶない」「」「歯医者のホント」「」など。 おむつがなかなか取れない4歳児の母、趣味は登山と筋トレ。 今期の標的は上腕三頭筋と外腹斜筋。 在宅勤務のメンタル危機 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言で、急きょ多くの会社で自宅勤務が始まった。 通勤しなくていい!と喜んだのもつかの間、時間がたつにつれ予想していなかった疲れを自覚している人は多いのではないだろうか。 実は、現在の状況での自宅勤務は、メンタル面での健康を損なう条件がそろっていると専門家は指摘する。 緊急事態にある日本で、メンタルヘルスを守りながら自宅で働く方法とは? Illustration:PIXTA 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言で、急きょ多くの会社で在宅勤務が始まった。 通勤しなくていい!と喜んだのもつかの間、時間がたつにつれ予想していなかった疲れを自覚している人は多いのではないだろうか。 実は、現在の状況での在宅勤務は、メンタル面での健康を損なう条件がそろっていると専門家は指摘する。 緊急事態にある日本で、メンタルヘルスを守りながら自宅で働く方法とは?特集では、5月11日(月)から 15日(金)までの全6回にわたりお届けする。 (ダイヤモンド編集部 鈴木洋子) #1 5月11日(月)配信 在宅勤務でメンタルの健康を保つ10のテクニック、医師・専門家が指南.

次の

コロナ離婚が現実に!?「在宅勤務の嫌われ夫」たち [コロナでも諦めなくていい7つのこと

在宅 勤務 ずるい

在宅勤務がずるいと感じる人は、• ニュースで在宅勤務の情報が入ってくるが、自分は在宅勤務が出来ない仕事をしている• 同じ会社内や友人で在宅勤務する人がいるが、自分は通勤して出社している• 同居する家族や彼氏・彼女が在宅勤務だけど自分は出社している こういった状況に置かれている人が多いのではないでしょうか。 結論として、在宅勤務ができるかどうかは業界・業種・会社によって大きく異なってきます。 例えば、当たり前ですが医療従事者や介護の仕事など、対面でなければ成り立たないような業界は、在宅勤務することができません。 また、業務上、在宅勤務体制への移行が可能である会社であっても、社員の労働を把握できないことや、IT化の流れを嫌う年配者の意向で、出社を命ずる会社もあるようです。 さらに、私の前職である金融業界のように、顧客のプライバシー観点から、在宅勤務が認められにくいケースもあります。 在宅勤務しやすい業界とは 一方、在宅勤務しやすい業界としては、IT・WEB業界を挙げることが出来ます。 IT大手のGMOが1月下旬にいち早く在宅勤務を取り入れたことで、ニュースに大きく取り上げられ、印象に残った人も多いのではないでしょうか。 業界全体としては、コロナが起こる前では、出社が不要なエンジニアや経営陣などを除くと在宅勤務が出来ない人も多かったですが、コロナという非常事態が発生してからは、全社員が在宅勤務へ移行できた会社も多いようです。 実際、私が勤めている会社や他のWEB系の会社を見ても、3月など早い段階で在宅勤務になった会社も多く、改めて働く上での柔軟性が高い業界だと実感しました。 ただし、会社がそうした変化を受け入れる柔軟性があるかもポイントになります。 仮に在宅勤務が普及しても、徹底的に監視される会社もあるため、必ずしも働きやすさにつながるとは言いにくいのも現状です。 【体験談】 在宅勤務を実際している感想 次に、在宅勤務を実際にしている私の実際の感想をお伝えします。 満員電車や組織で働くのがしんどい人には最高 当たり前ですが、満員電車はつらいです。 また、会社という組織で、色んな気を使って仕事をすることがしんどい人もいると思います。 そういうつらさが無くなるという点では、在宅勤務はストレスフリーなのでとても快適です。 通勤の時間や、余計な雑談がないので、余った時間を家族と過ごしたり、自分の趣味に費やすなど、うまく活用することが出来ればとても有意義な時間を過ごすことができます。 一方、こうした利点にばかり目を向けてしまうと、痛い目に合う可能性もありますので注意してください。 在宅勤務は成果を出すのが重要 在宅勤務では、原則として、自分が生み出す成果 売上に貢献する成果物 が一番重要視されます。 会社や業務内容にもよりますが、在宅勤務では、会社に出社して勤務するのと比べて、仕事をする上での過程が上司や経営陣にとって見えにくいからです。 結果として、今まで以上に成果を求められる厳しさがあるのも事実です。 WEB業界の業務で言うと、• 歩合制の営業マンみたいですね。 在宅勤務にはメリットもあるが、自己管理が難しく成果出せないと辛い面も 以上のように、在宅勤務には、通勤なし、煩わしい人間関係を勤務中に気にする必要がなくなるというメリットがあります。 一方、自宅で仕事に集中する難しさもあり、その環境の中で成果を出す必要があるため、難易度が高い働き方でもあるという注意点も存在しています。 会社に通勤していたら集中して仕事をこなせていた人が、在宅勤務になり、仕事がはかどらなくなり、逆に辛いと感じる人も少なくないようです。 在宅勤務を実現するための今後の対策 続いて、在宅勤務がずるいと感じる人がとれる具体的な対策をシェアします。 今すぐできることから、時間をかけて取り組むものまで紹介していますので、今のあなたが始められることから少しずつ行動してみることをおすすめします。 在宅勤務ができそうな人であれば、提案するのもあり あなたが日ごろ行っている仕事内容によっては、実際在宅勤務をしても支障が出ないような場合もあるでしょう。 その場合、会社や上司に相談の上、在宅勤務できないか提案するのも解決策の1つです。 実際に、ツイッター上で、上司に直談判し、在宅勤務を勝ち取った人が現れています。 また、学生でも、ストライキを起こして休校を勝ち取るような事例も出ているようです。 ただし、会社や上司に対して日ごろから会社に貢献し、信頼が築けているかが問われることに注意してください。 それがない場合、最悪クビになるようなリスクも想定したほうが良いです。 よく考えた上で提案するようにしましょう。 もしくは、後ほどご紹介する他の解決策を実行して、在宅勤務実現に向けて動き出したほうが得策かもしれません。 今後在宅勤務できる会社は間違いなく増えていく ここで在宅勤務がずるいと感じている人に朗報ですが、今後コロナの影響もあり、在宅勤務ができる会社は増えていくことでしょう。 そのため、求人情報などを積極的に見ておき、チャンスがあれば面接を受けるなどフットワーク軽く行動していくことが重要になってきます。 在宅勤務できる会社に転職する 一番の抜本的な解決策は、在宅勤務ができる会社に転職することです。 現在、コロナの情勢を受けて、在宅勤務を売りにした求人も沢山出ています。 現在、時間がある人はそういった求人を見たり、エージェントに話を聞いてみるだけでも在宅勤務できる状態に一歩近づくことができると思います。 在宅勤務を実現したい人は副業で在宅勤務できる業界の仕事をしてみるのもおすすめ 在宅勤務を実現したいすべての人にお勧めできるのが、在宅勤務ができる業界の仕事について勉強した上で、副業で始めることです。 私自身、在宅勤務ができない最初の会社を辞めて、無職期間にブログを始めたことで、在宅勤務できる会社に転職することが出来ました。 具体的には、WEB・ITは業界の仕事でして、誰でも今すぐ始められるのが、WEBライティングの仕事です。 こうした副業に取り組むことで「在宅で、自分の力で、稼ぐ」経験をすることができますし、長期的に取り組むことで、万が一本業がうまくいかなくなったときの大きなリスクヘッジにすることができます。 また、こうした働き方は業務委託であるため、成果だけが求められます。 リスクの少ない副業の段階で、成果主義の働き方に慣れておくとスムーズに在宅勤務の働き方に移行できます。 WEBライティングを通じて、ネット上で記事を書くことに慣れてきたら、ブログなど自分でWEBマーケティングが学べる副業に取り組み、実績を出せるように頑張ってみることもおすすめです。 一定のPV数を獲得したり、売り上げを出すなどの成果が出せれば、在宅勤務がしやすいWEBマーケティング業界への転職も実現できますよ。

次の