マイクラ 経験値トラップ トライデント。 ピストントライデント式蜘蛛スポナートラップで経験値ウハウハなるか~ノスクラ(242)

【マイクラ】ピストントライデントが動かないときに見たいバリエーション【統合版】

マイクラ 経験値トラップ トライデント

ブレイズがドロップするブレイズロッドはポーション醸造で必須のアイテムです。 大量のポーションを製造するには大量のブレイズロッドが必要で、それを集めるのは骨が折れます。 そこで今回は 経験値兼 ブレイズロッドトラップの作り方を紹介していきます。 ブレイズトラップとは ネザー要塞にあるブレイズスポナーを利用して作るトラップのことです。 ネザーでは水が使えないので、水で集めるということができません。 そこでピストンを使うことでブレイズを処理層に落としていきます。 今回は自動で処理をしないで、手動で倒していきます。 理由は後述します。 ブレイズのスポーン条件及び性質 ブレイズはネザーの中でもネザー要塞のブレイズスポナーからスポーンします。 ブレイズはプレイヤーがブレイズスポナーに16ブロック以内に近づいた時に、明るさが11以下だった場合に湧きます。 なぜ今回自動でブレイズを処理しないのかについては、ブレイズの性質が問題だからです。 ブレイズは プレイヤーによって倒されないとブレイズロッドをドロップしません。 なので、なんとしてでもプレイヤーが倒さないといけないのです。 豆知識ですが、ブレイズは雑魚敵 エンダードラゴンとウィザー以外 の中で最も多くの経験値を落とします。 詳しいブレイズの性質についてはこちらの記事を参考にしてください。 ブレイズトラップの作り方 ブレイズトラップは作ることはそこまで大変ではありませんが、大量の粘着ピストンが必要なので、スライムボールを多く使います。 今回作るブレイズトラップ このトラップの最大の特徴はピストンを使うことでしょう。 普通のトラップでは主に水を使うことが多いですが、ブレイズは水を浴びるとダメージを受けるし、そもそもネザーでは水が置けないですよね。 だからピストンを使ってブレイズを落として集める方式となっています。 必要なもの• ガラス• 建築ブロック 燃えないブロック、ネザーに大量にあるネザーラックやネザーレンガなどなんでもOK• 石の感圧板• レッドストーンリピーター• 粘着ピストン• ブレイズスポナー 作る場所 作る場所はブレイズスポナーがあるネザー要塞です。 ネザー要塞の見つけ方については以下の記事を参考にしてください。 湧き層を作る ブレイズが湧く部分を作ります。 ブレイズはブレイズスポナーを中心として 9x9x3の範囲で湧きます。 最初にブレイズスポナーの周りを削っていきます。 この時に難易度をピースフルにしておけばモンスターが湧かないので楽に作れます。 整地ができたらスポナーを中心に9x9x4の囲いを作ります。 これが湧き層になります。 ブレイズを処理層に運ぶ部分を作る 湧き層ができたら、大量の粘着ピストンを用いてブレイズを処理層に運ぶ部分を作っていきます。 感圧板とリピーターを置いていきます。 まずいま作った湧き層の部分を下に更に1ブロック追加して、感圧板とリピーターを画像の様に置きます。 リピーターは右クリックする必要はありません。 次にリピーターの奥にブロックを置きます。 そのブロックの上に粘着ピストンを置き、粘着ピストンの先にブロックを置きます。 これで1面が完成しました。 これを4方向に作っていきます。 まずはこれをちょうど反対側にも作ります。 次に側面を作っていきます。 側面もほぼ同じですが、端の部分は粘着ピストンとリピーターを置く必要はありません。 これをまた反対側にも作っていきます。 これで全ての面ができたと思うので、下の方も作っていきます。 構造は全く同じなので、ここからは簡単です。 では下の方も作っていきます。 まず感圧板を置いてあるブロックから下に3ブロック追加します。 そしたら感圧板とリピーターを用いた回路を同じように作っていきます。 ここからどんどん下に範囲を狭めていきます。 最終的に穴が1ブロックになるまでこの構造を作っていきます。 この構造を下へ下へと作っていきます。 幅を狭くしていくことで最終的に狭い範囲にブレイズを押し込んでいくという感じです。 この構造を作っていくと最終的にこのように穴が1ブロックになると思います。 これでブレイズを処理層に運ぶ部分が完成です。 ちなみに一番上から落ちていくとこんな具合になります。 処理層を作る これを作れば完成です。 ここの部分はとっても簡単です。 一番下の穴からブロックを伸ばしていきます。 伸ばしたら、ブレイズが貯まる部分を作っていきます。 これで完成です。 ブレイズはプレイヤーが倒さないとブレイズロッドを落としません。 窒息死されると困るので、今回はブレイズが貯まる部分を3ブロックにして余裕を取りました。 1時間放置した結果 1時間で47本手に入れました。 これをしてから気付きましたが、ちょっとでも長く放置してしまうとブレイズが窒息死してしまいますね。 ブレイズが溜まる部分の広さを広くしたら解決しますが、あくまで対処療法でしかないので、放置し過ぎるとそれでも死んでしまいます。 なので、なるべく早く処理するしかなさそうです。 あとドロップ増加のエンチャントを使うともっと手に入ります。 以上、「ブレイズトラップ」の作り方でした。

次の

【1.16対応ゾンビトラップの作り方】ゾンビ肉&経験値を無限にゲット|ぜんくら。

マイクラ 経験値トラップ トライデント

参考ページ• Minecraft Wiki スポーンブロック式『スケルトン(ゾンビ)トラップ』とは? スポーンブロック式トラップは、ダンジョンにあるスポーンブロックを利用した経験値トラップ、なのです。 安全にモンスターを倒して経験値&アイテムゲット、な施設、なのです。 天空トラップタワーと比較すると、以下の特徴があるのです。 建設が圧倒的にラク。 高所建設不要。 スポーンブロックは公式の『仕様』なので、バージョン等の差異を受けにくい。 天空トラップタワーと違って、モンスターの湧き条件などの細かな条件は気にしなくてもいい。 スポーンブロックを見つける必要がある。 建設場所が選べない。 効率は、圧倒的に劣る。 正直、一度天空トラップタワーを使ってしまうと、経験値トラップとしては物足りないのです。 しかし、アイテムをゲットするための施設として考えた場合は、これでも充分な役割を果たしてくれるのです。 特に、スケルトントラップから得られる『骨』から作る『骨粉』は、農作物・植物・木々の成長促進&白の染料として重宝しますし、『矢』も手に入れるのは意外とめんどいので、スケルトンスポーンブロックを見つけたら、ぜひ作ってみたいのです。 トラップ設計図、なのです。 スポーンブロックから、モンスターが現れる条件は、おおざっぱにまとめると以下の通り、なのです。 それ以外のモンスターの有無は問わない。 自分がスポーンブロックの近くにいること。 (スポーンブロックから半径15〜16マス程度) つまり、• モンスターが現れやすいように、『湧き部屋』を整備して、• 『湧き部屋』から、モンスターを連れだせば、• 永遠にモンスターを湧かすことができる。 ということなのです。 これを実現するための部屋の設計図が以下の図なのです。 以上です(笑)。 図の通りに洞窟を掘って、水を流すだけで、最低限の施設は完成してしまいます。 水流は8マスで止まるので、スケルトン(ゾンビ)トラップと相性がいいのです。 マイクラのバージョンによっては、溝を掘る際に2段掘り下げた方がうまくいく場合もあるようです。 (当方のマイクラのバージョンでは1段でもうまくいったのですが、バージョンによっては水路で詰まってしまうことがあるらしいです。 ) スケルトン(ゾンビ)を運び出すためのトンネルを作るのです。 画像ではわかりづらいのですが、先ほど1段下げた溝部分の、端っこをもう1段下げるのです。 掘り下げた地点から外側に向かって幅1・高さ2・長さ8のトンネルを掘るのです。 トンネルを掘ったら、その先の地面を1段下げ、小さな部屋を作るのです。 そして、出口にはハーフブロック(下付き)を仕掛けておくのです。 スケルトン(ゾンビ)を倒すための部屋を作るのです。 スケルトン(ゾンビ)を運び出すトンネルを作ったら、討伐の為の部屋を作るのです。 モンスターを倒しやすくする為に、先ほどのハーフブロックの部分を除いて、周りを1段掘り下げるのです。 (ハーフブロック部分は、周りに比べて1. 5ブロック分高くなるのです。 ) 後は、外とつながる階段を建築して完成、なのです。 通路をガラス張りにするとわかるのですが、通路に一定数溜まると、それ以上スケルトンが流れてこなくなります。 おそらく、湧き部屋にまでスケルトンが溜まってしまって、6匹を超えてしまうのが原因と思われます。 気になる人は、終点のハーフブロックの設置位置を数段下げて、通路中ではなく、処理部分に溜まる様にする、等の工夫が必要かもしれないのです。 【拡張】ホッパーを使って便利にアイテム回収、なのです。 このままでも充分稼働するのですが、実際にスケルトンを倒し始めると、アイテムがかなり散らばるのです。 (特に弓) なので、ハーフブロックの下のブロックをホッパーに変えて、チェストをつないでおくと、便利に回収できるのでした。 9での動作検証結果 ほぼ同じ施設をクリエイティブモードで作成したのち、サバイバルに戻して試してみたのです。 BE PE でも、ほぼ同じように作動することを確認したのです。 (天空)トラップタワーの制作難度が高い BE PE では、実用的かもしれないのです。 関連するプレイ日記• BE 114... BE PE のサバイバルモードで実際に建設したトラップなのです。 こちらは、ダメージ付加装置が付いている、ちょっと本格的なタイプになるのです。

次の

【マイクラ】Part33「トライデント式ゾンビトラップは素敵すぎた」|トリヨモ

マイクラ 経験値トラップ トライデント

参考ページ• Minecraft Wiki スポーンブロック式『スケルトン(ゾンビ)トラップ』とは? スポーンブロック式トラップは、ダンジョンにあるスポーンブロックを利用した経験値トラップ、なのです。 安全にモンスターを倒して経験値&アイテムゲット、な施設、なのです。 天空トラップタワーと比較すると、以下の特徴があるのです。 建設が圧倒的にラク。 高所建設不要。 スポーンブロックは公式の『仕様』なので、バージョン等の差異を受けにくい。 天空トラップタワーと違って、モンスターの湧き条件などの細かな条件は気にしなくてもいい。 スポーンブロックを見つける必要がある。 建設場所が選べない。 効率は、圧倒的に劣る。 正直、一度天空トラップタワーを使ってしまうと、経験値トラップとしては物足りないのです。 しかし、アイテムをゲットするための施設として考えた場合は、これでも充分な役割を果たしてくれるのです。 特に、スケルトントラップから得られる『骨』から作る『骨粉』は、農作物・植物・木々の成長促進&白の染料として重宝しますし、『矢』も手に入れるのは意外とめんどいので、スケルトンスポーンブロックを見つけたら、ぜひ作ってみたいのです。 トラップ設計図、なのです。 スポーンブロックから、モンスターが現れる条件は、おおざっぱにまとめると以下の通り、なのです。 それ以外のモンスターの有無は問わない。 自分がスポーンブロックの近くにいること。 (スポーンブロックから半径15〜16マス程度) つまり、• モンスターが現れやすいように、『湧き部屋』を整備して、• 『湧き部屋』から、モンスターを連れだせば、• 永遠にモンスターを湧かすことができる。 ということなのです。 これを実現するための部屋の設計図が以下の図なのです。 以上です(笑)。 図の通りに洞窟を掘って、水を流すだけで、最低限の施設は完成してしまいます。 水流は8マスで止まるので、スケルトン(ゾンビ)トラップと相性がいいのです。 マイクラのバージョンによっては、溝を掘る際に2段掘り下げた方がうまくいく場合もあるようです。 (当方のマイクラのバージョンでは1段でもうまくいったのですが、バージョンによっては水路で詰まってしまうことがあるらしいです。 ) スケルトン(ゾンビ)を運び出すためのトンネルを作るのです。 画像ではわかりづらいのですが、先ほど1段下げた溝部分の、端っこをもう1段下げるのです。 掘り下げた地点から外側に向かって幅1・高さ2・長さ8のトンネルを掘るのです。 トンネルを掘ったら、その先の地面を1段下げ、小さな部屋を作るのです。 そして、出口にはハーフブロック(下付き)を仕掛けておくのです。 スケルトン(ゾンビ)を倒すための部屋を作るのです。 スケルトン(ゾンビ)を運び出すトンネルを作ったら、討伐の為の部屋を作るのです。 モンスターを倒しやすくする為に、先ほどのハーフブロックの部分を除いて、周りを1段掘り下げるのです。 (ハーフブロック部分は、周りに比べて1. 5ブロック分高くなるのです。 ) 後は、外とつながる階段を建築して完成、なのです。 通路をガラス張りにするとわかるのですが、通路に一定数溜まると、それ以上スケルトンが流れてこなくなります。 おそらく、湧き部屋にまでスケルトンが溜まってしまって、6匹を超えてしまうのが原因と思われます。 気になる人は、終点のハーフブロックの設置位置を数段下げて、通路中ではなく、処理部分に溜まる様にする、等の工夫が必要かもしれないのです。 【拡張】ホッパーを使って便利にアイテム回収、なのです。 このままでも充分稼働するのですが、実際にスケルトンを倒し始めると、アイテムがかなり散らばるのです。 (特に弓) なので、ハーフブロックの下のブロックをホッパーに変えて、チェストをつないでおくと、便利に回収できるのでした。 9での動作検証結果 ほぼ同じ施設をクリエイティブモードで作成したのち、サバイバルに戻して試してみたのです。 BE PE でも、ほぼ同じように作動することを確認したのです。 (天空)トラップタワーの制作難度が高い BE PE では、実用的かもしれないのです。 関連するプレイ日記• BE 114... BE PE のサバイバルモードで実際に建設したトラップなのです。 こちらは、ダメージ付加装置が付いている、ちょっと本格的なタイプになるのです。

次の