ストーリー アンケート。 Instagram ストーリーズ広告に「アンケート機能」が追加|投票ステッカーが利用可能に|アナグラム株式会社

インスタグラム集客【ストーリーズ】アンケート・質問・カウントダウン・クイズの作成方法と使い方、結果を見る方法! | インスタグラムの使い方&集客方法!投稿とストーリー解説♪

ストーリー アンケート

2つ以上インスタグラムのアカウントを持っている場合、両方でアンケートが設置できないのか、片方のアカウントのみでアンケートの設置ができないのか 切り分けを行えます。 また、スマートフォンとパソコンで同じインスタグラムのアカウントを利用している場合は、スマートフォンからだとアンケートの設置ができないのか、パソコンからもできないのか切り分けが行えます。 それでもアンケートが設置できない場合のおすすめとして、インスタグラムに「問題の報告」として問い合わせができます。 インスタグラム内の「設定」内に「サポート」というカテゴリがあり、その中に 「問題の報告」という欄があります。 いくつかの選択肢が出るので「機能の問題」を選び、アンケートが設置できない旨をなるべく詳細に記載し送信してみましょう。 インスタグラムのアンケートに回答した場合、また自分が投稿したアンケートの結果はどこまで他のユーザーにバレるか解説します。 まず、あなたが投稿者の場合はアンケートの投票率 パーセンテージ しか閲覧者には見られません。 誰がどちらに投票したか、何人回答したか、 他の人にバレることはありません。 またあなたが回答した側の場合ですが、アンケートの投稿者以外には あなたが投票したことさえ表示されませんので、安心して投票ができます。 先述したように、アンケートの投票者以外のユーザーは、投票結果のパーセンテージのみ見られます。 詳細がバレるシステムになっていません。 そのため投票時に他の人の目を気にする必要はありません。

次の

インスタグラム集客【ストーリーズ】アンケート・質問・カウントダウン・クイズの作成方法と使い方、結果を見る方法! | インスタグラムの使い方&集客方法!投稿とストーリー解説♪

ストーリー アンケート

Instagramストーリーズでは、これまでも撮影した写真や動画に文字やイラスト、位置情報などのスタンプを貼り付けられましたが、今回、 スタンプの新たな機能としてアンケートが追加されました。 これまでユーザーとのやりとりはコメントのみでしたが、アンケート機能ならタップするだけで参加できるため、より気軽なコミュニケーションが可能になります。 そこで今回はこのアンケート機能の使い方のほか、企業や有名人の使用例をご紹介します。 Instagramストーリーズのアンケート機能とは• Instagramストーリーズのアンケート機能の使い方• 企業や有名人のアンケート機能活用事例9選• まとめ 1. Instagram ストーリーズのアンケート機能とは? Instagramストーリーズのアンケート機能では、ユーザーに対し二択の質問ができます。 回答方法は初期設定では「はい」、「いいえ」となっていますが、これは 自由に変更(全角8文字、半角20文字まで可)できます。 また質問内容も、基本的にはテキストで入力するようになっていますが、元々ストーリーズにあった ペンや落書き機能を使って質問を作ったり装飾したりすることも可能です。 投票はInstagramユーザーであれば誰でも参加できます。 そして投票を行ったユーザーは、アンケートの進捗状況をリアルタイムで閲覧できます。 またアンケート作成者だけは、どのユーザーがどちらに投票したかまでも確認可能です。 Instagram ストーリーズのアンケート機能の使い方 アンケート機能の利用は簡単です。 以下でInstagramのアンケート機能を使う手順を解説します。 手順1:ホーム画面左上にあるカメラアイコンをタップし、Instagramストーリーズ作成画面を開きます。 手順2:アンケートで使いたい画像や動画を撮影し、スタンプをタップします。 手順3:スタンプの中から「アンケート」を選択します。 手順4:アンケートで質問したいことをテキストで入力します。 選択肢はデフォルトでは「はい」と「いいえ」ですが、今回は質問内容に合わせて「好き?」、「嫌い?」に変更しています。 質問したいことと選択肢を入力したら、画面右上もしくは右下の「完了」をタップします。 手順5:アンケートの表示位置を調整して投稿します。 表示位置は自由なので、好きな場所に移動させましょう。 そのまま投稿する場合は画面左下の「ストーリーズ」をタップ、特定のフォロワーだけに投稿したい場合は、画面右下の「次へ」をタップし、投稿したいフォロワーを選択し、画面下の「それぞれ別々に送信」をタップします。 投稿されたものは以下のように表示されます。 もしアンケートを編集、削除、設定の変更をしたい場合は、画面右下の「…」をタップし、表示されたメニューの中から選択します。 企業や有名人のアンケート機能活用事例9選 実際にアンケート機能を活用している企業や有名人の事例をご紹介します。 事例1:Instagram( instagram) Instagramの公式アカウントです。 「どちらを先に食べる?」といった簡単なアンケートを載せています。 画像の選択肢を選ぶのに矢印を入れることで、より直感的に理解しやすいように表現しています。 趣向を凝らした画像のどちらをまねしてみたいですかと聞くアンケート。 選択肢の部分を装飾して目立たせることで、アンケートであることがわかりやすくなっています。 投稿する画像や動画の背景が白っぽいときは、こういった加工が重要になりそうです。 事例3:My favorite cocktail( myfavoritecocktail) 質問文無しでいいね!の絵文字、ブーイングの絵文字を選択肢にしています。 カクテルに対する印象を聞くようなイメージなのでしょう。 こんな分かりやすい選択肢なら、ついタップしてしまいそうです。 また単に好き嫌いを聞くだけではなく、そのカクテルのレシピを知りたい人はプロフィール画面までという導線を作っているところも上手い演出です。 事例4:Am Museum of Natural History( amnh) アメリカ自然史博物館の公式アカウントです。 恐竜の骨格標本と化石のどちらが好きというアンケート。 単にどちらが好きかを問うのではなく、なぜそれが好きかという理由をハッシュタグ付きで投稿するように誘導することで、よりユーザーとのコミュニケーションを密にしようという狙いが見えます。 事例5:歐陽 靖 Gin( imginoy) 台湾の女性作家でランナーの歐陽靖さんの公式アカウントでは、2018年3月に開催される板橋マラソンに出場するべきかどうかを聞くアンケートをとっています。 自分の将来の行動をファンに聞くことで、ファンにとっては自分が有名人の意思決定に関わることができる喜びを得られるようになっています。 お菓子の画像とともに、「お菓子はよく作る?」と聞いたり、おかずの画像とともに、「朝ごはんはパン派かごはん派か」と聞いたりするアンケート。 どちらも画像と質問をリンクさせつつも、誰もがすぐに回答できるような質問にすることで敷居を下げ、より投稿に注目してもらえるようにしています。 事例7:中村 アン( cocoannne) 女性モデル、中村アンさんの公式アカウントです。 自身がモデルを務めているサマンサタバサのバッグの好きな色を聞いたり、カラーストーンをするかどうかを聞いたりするアンケート。 単にPRをするよりも、アンケートにすることでユーザーも楽しめますし、自然と商品にも興味を持ちやすくなります。 事例8:HOKA ONE ONE( hokaoneone) アメリカのランニングシューズ・ブランド、HOKA ONE ONEの公式アカウントが投稿しているのは、「アイアンマンレースを明日に控えて興奮していますか?」と聞くアンケート。 選択肢が「YES」と「NO」ではなく「YES」しかないというユーモアを交えたアンケートです。 事例9:Little Mix( littlemix) イギリスの4人組のガールズグループ、LittleMixの公式アカウント。 2016年に発売されたアルバム「『Glory Days』のプラチナムエディションを購入する準備はできていますか?」と聞くアンケート。 HOKA ONE ONEと同様、選択肢は「YES」しかありませんが、若者がターゲットということで「YES」と「超YES」という若者のスラングを使った選択肢にしています。 まとめ ストーリーズのアンケート機能はまだ始まったばかりではありますが、事例でもご紹介しているように、すでにさまざまなアンケートが実施されています。 コメントよりも参加の敷居が低いアンケートは、投稿者とユーザーのコミュニケーションを活性化する効果の高い機能です。 皆様もここでご紹介した事例を参考に独自のアイディアで、ユーザーとのコミュニケーションを楽しんでみてください。 合わせて読みたい記事.

次の

【インスタ】ストーリーで流行!皆やってるアンケート「Describe」って何?!

ストーリー アンケート

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。 アンケートを成功させるには アンケート成功への道筋は平坦ではありません。 回収率が良くてもターゲットの回答が想定より少なかったり、回答に不備が多く有効回答数が少なかったりもします。 そのためアンケートには、計画から回収〜集計までのプロセスにおいて、緻密な計画と設計が必要です。 そこで今回は、アンケートを成功させるための計画から回収、集計までの流れを順を追ってご紹介したいと思います。 アンケート作成の流れ1. アンケートの目的を明確にする なぜアンケートを取るのでしょうか?まずはアンケートの目的を明確にすることです。 なぜなら目的が明確になれば、ターゲットや設問内容も明確になり、スムーズに設計ができるからです。 ちなみnアンケートには以下のような目的が一般的です。 目的1. 顧客満足度の調査 調査結果を元に、顧客が不満に思っている点や改善しなくてはいけない点をあぶりだします。 最終的なゴールはサービスや商品の改善を行うことで、満足度を向上させて、売上アップに繋げることです。 目的2. 商品イメージの調査 アンケート結果を元に広告やパッケージデザインなどの見直しや改善を計り、イメージを向上させ、最終的に新規顧客の獲得に繋げることがゴールとなります。 アンケート作成の流れ2. アンケート目標を決める アンケート回収率や有効回答率の目標を決めます。 アンケートの回収率とは、配信数に対して回収された回答数を割り出した率のことです。 有効回答率とは、調査配信数に対して回収できた回答から、集計に不適正な無効回答を除いた割合のことです。 有効回答数を配信数で割ることで算出できます。 参考: また、回収率・有効回答率の目標値から配布数・配信数を逆算します。 アンケート作成の流れ3. 対象(ターゲット)の選定 配布数が決まったら、目的や関連する商品の特性などからアンケートの対象を決めます。 不特定多数でお願いする場合もありますが、性別や年齢などを限定するなど、特定の属性のみにアンケートをお願いする場合もあります。 また「東京23区在住」などエリアで分ける場合もあります。 アンケート作成の流れ4. もし不特定多数をターゲットとしたアンケートであれば、調査会社を使って街頭アンケートを行うこともあるでしょう。 その場合、調査対象が偏らないように方針を決める必要があります。 店頭であれば、販売チャネルを利用して広く配布するという方法もあります。 Webであれば、調査会社を使うか自社サイトで行うのかを決める必要があります。 その場合、自社の会員制サイトの会員やメールマガジンの購読者向けに告知するのも良いでしょう。 もし顧客リストにDMを送って告知する場合は、返信用ハガキなどを同封したり、Webでも回答できるようURLのQRコードを記載したりするなど、回収率を高める工夫が必要です。 アンケート作成の流れ5. インセンティブ(謝礼)を決める 回収率を高めるために、回答の謝礼を決めます。 インセンティブがあると、景品発送や連絡手段として個人情報を取得しやすいため、設問数が多い面倒なアンケートでも回答率はアップします。 ただし、インセンティブを抽選形式にする場合は、「評価を落とすアンケート回答をしにくい」という回答心理が働きます。 つまり、回答の質が落ちる(正確な情報が取得できない)傾向があるため、インセンティブの使い方には注意が必要です。 参考: インセンティブは必ず用意すべきものではありませんが、有ると無いとでは回収率に大きな差が出ます。 できれば用意しましょう。 アンケート作成の流れ6. 期間・期限を決める アンケートの告知や配信の日程、募集期間、回収期限を決めます。 回収しきれなかった場合のバッファや、リマインドのための再告知のタイミングなども決めておく必要があります。 アンケートの目的にプレスリリースがある場合や季節もののアンケート結果を発表する場合などは、特に期限を厳守する必要があります。 アンケート作成の流れ7. 説問を決める アンケート内容を決めます。 説問数や内容は、回答の質や回収率に大きな影響を与えます。 アンケート回収率が悪いのは、アンケート対象やアンケート方法にズレやミスがある事も原因の1つですが、一番気を付けなければいけないことはアンケートの作り方です。 設問の内容はもちろん、文章や回答形式を見直すだけで、アンケートの回収率はグンと上がります。 参考: もちろん、アンケート目的によって設問内容は変わります。 アンケート目的や謝礼によっては、個人情報が必要な場合もあります。 回答者が答えやすい工夫をしつつ、アンケートの目的を達成できる内容にしなければいけません。 アンケートの回答方法については以下を参考にしてみてください。 参考: アンケート作成の流れ8. アンケートデータの集計方法を決める アンケートの集計は、インターネット回答のみであれば比較的簡単ですが、紙で取る場合は入力作業が必要となります。 回答ルートを検討する際は、その場合の手間も考えましょう。 回答形式の種類には、単一回答(選択肢のうち一つだけ答えるもの)と、複数回答があります。 単一回答であれば、集計も簡単です。 回答形式による入力作業の工数もアンケート設計の際に考慮しなければいけない点です。 アンケートの集計は、専門のソフトウェアもありますが、Excelなどの表計算ソフトでも充分可能です。 単純集計やクロス集計を行って、活用しやすいデータにします。 クロス集計とは、単純集計の結果を元に「属性ごと」や「月ごと」などの複数の項目を掛けあわせて集計する方法です。 例えば、知名度調査において、年齢層ごとの集計結果をグラフに表すれば、どの年齢層に浸透していて、どの年齢層には浸透していないのか、という結果がわかります。 それが、ターゲットである層に浸透していれば問題ありませんが、そうでない場合は広告やブランディング戦略にテコ入れをする必要があります。 集計結果は分析をするためのデータです。 どのようなデータが使えるかは質問内容だけでなく、集計方法や集計レポートを見て確認しましょう。 アンケート成功のための作成〜集計、分析までの流れ 緻密な計画がアンケートの成功を導きます。 アンケートを集計しても、その結果が目的やゴールに繋がらなければ意味がありません。 また回収率が低いと、データの信用性にも関わります。 そのため設問設計は慎重に行わなければいけません。 つい、あれもこれもと設定してしまいそうになりますが、設問が多かったり複雑だと回収率が低くなる傾向があるからです。 回収率を高めるためのインセンティブの内容やリマインダ、回答ルートや告知方法、集計方法にも工夫が必要です。 そして集計や目的が達成されたら終わりではありません。 各プロセスを見直すことによって、次のアンケート実施にも活かすことができるはずです。 次回の成功に繋がるようにPDCAを回しながら回収率や有効回答率を高め、アンケート結果に基いた施策の実施などの効果を高めていきましょう。 タグ一覧.

次の