中央区 不妊治療。 不妊治療

不妊治療|中央区八丁堀|EASE女性のクリニック|産婦人科 女性内科 小児科

中央区 不妊治療

生殖医療の現状 不妊治療は20年前から現在まで大きく変化しています。 5組に1組の夫婦が不妊に悩み、体外受精の件数は約6倍、顕微授精は約10倍以上 全国統計 となり、益々増加傾向にあります。 現在日本では、出生児100人の内5人が体外受精で生まれた子供(年間約50000人、20人に1人が体外受精児)となっています。 広島大学時代は、卵巣過剰症候群、腹腔内出血や感染など様々な症例を経験し、体外受精に関わり20年になります。 現在、様々な工夫が構築され、凍結融解胚移植の成功率が高くなりました。 一般不妊検査は、精液検査と卵管造影が重要です(精液検査異常は約40%あり、卵管造影後は約30〜40%が妊娠します)。 血液検査(ホルモン)はAMHにより卵巣予備能も予測でき、エストラジオールなどの結果も院内で短時間後判明します。 誘発剤使用方法は、患者各々にあった様々な方法で刺激しています。 現在、不妊患者は年齢層が上昇し、初診時に40歳以上ということも多くなっています。 体外受精を受ける方も40歳以上の患者が多くを占めます(約40%)。 日本は、世界一とも言われる少子高齢化、晩婚化が加速的に進み、また同時に世界一の体外受精件数です(約40万周期)。 生殖医療部理念 1. 患者様の希望に沿った治療での妊娠成立 妊娠を目指す治療において、「とにかく早く妊娠したい」「なるべく自然に近い方法で」「仕事を続けられる範囲で」など様々な思いがあると思います。 当院は一般不妊治療から体外受精・顕微授精を含む高度な生殖補助医療まで幅広く提供しております。 年齢、合併症、検査結果を考慮し、医学的に勧められる方法と患者様の希望や思いをあわせて、患者様ごとにベストな治療を一緒に考えていきます。 体外受精の能率・効率を高める受精培養技術と安全面を重視したシステム 当院ではタイムラプスモニタリングシステムなどの医療機器を揃えて高い妊娠成功率を目指します。 また、取り違え防止策として多くのクリニックで導入されている患者検体認証システムですが、当院ではより卵子や胚に対する安全面を重視した、赤外線センサーを使わない認証システムを導入しております。 身体的・心理的に苦痛の少ない治療を なるべく痛みを感じたくないのは、すべての患者様の共通の思いだと思います。 当院では痛みを感じることがなるべく少ないように配慮したいと考えます。 (例えば、一般不妊検査のなかで痛みを感じることが多い子宮卵管造影のかわりに子宮鏡を行うこともあります。 )また心理的にも苦痛が少ないように、いつでもご質問やご不安と向き合えるよう相談室を設け、同ビル内の心療内科とも協力体制を整えています。 受診前より健康に 妊娠を希望して受診される方によく認められるのは、冷え性です。 自覚がなくてもお腹を触ると冷たい方は多いです。 また月経不順や貧血、原因不明の腹痛など身体の不調を改善することも妊娠・出産やその後の生活の上で大切なことと考え、希望される方には東洋医学的な診察も行うことができます。 また、運動や栄養面など、体づくりに関する情報も含めて情報提供していきたいと思います。 生殖医療部長 楠田 朋代(くすだ ともよ) 広島大学医学部医学科を卒業後、広島大学医学部附属病院およびその関連病院にて産婦人科診療全般を学び、卵巣がんの研究にて学位を取得した後、広島大学病院および絹谷産婦人科で生殖医療を学び、一般不妊治療から体外受精までのべ数千件の患者さまの治療に携わらせて頂きました。 患者様に合った治療方針を考え、冷え性などを改善する東洋医学的な治療から、体外受精・顕微授精を含む最先端の生殖医療まで幅広く提供させて項きたいと考えております。 当院に来られた患者さまが快適に治療を受けられ、少しでも早く妊娠できるよう精一杯努力してまいります。 プロフィール 平成10年(1998年) 広島大学医学部医学科卒業 広島大学医学部附属病院産婦人科 平成11年(1999年) 国立病院機構呉医療センター 平成17年(2005年) 広島大学大学院卒業博士号取得 尾道総合病院(産婦人科副部長) 平成20年(2008年)〜平成29年(2017年) 医療法人絹谷産婦人科 平成29年(2017年) 広島大学病院総合診療科漢方診療センター(研修登録医) 平成30年(2018年) 香月産婦人科 広島中央通り 生殖医療部長 資格 医学博士 日本産科婦人科学会専門医 生殖医療専門医 所属学会 日本産科婦人科学会 日本生殖医学会 日本受精着床学会 日本東洋医学会 日本抗加齢医学会.

次の

神戸市:不妊に悩む方への特定治療支援事業

中央区 不妊治療

一般不妊治療までのクリニックだからこそ 内診・基礎体温の測定・精液検査など各種検査をしたうえで、性交のタイミング指導から人工授精までの一般不妊治療を行っています。 年齢的に余裕があり、一般不妊治療で妊娠できる可能性が見込まれる方に、体外受精などの高度生殖医療を急がせることはありませんので、「とりあえず検査だけでも……」と感じている方も、安心してご来院ください。 また逆に、年齢が高めの方、不妊歴が長い方に、漫然と一般不妊治療を続けることもいたしません。 必要と判断した方には、本院はじめ高度生殖医療を行う施設へのご紹介を行います。 なお、院長の田口は、本院・中央クリニックでは体外受精など高度生殖医療の採卵や胚移植も担当しています。 専門性の高さと充実の相談窓口 痛みの少ない卵管疎通検査 当クリニックでは、不妊の基礎検査で卵管の通過性を調べる場合には、内診台で行う子宮鏡下選択的卵管通水検査を採用しています。 子宮腔内を水で膨らませ、子宮鏡(ファイバースコープ)を挿入。 細いカテーテルを子宮側から卵管内に入れて、青く着色された液体を流し込みます。 子宮腔内への青い液体の逆流が観察されれば、そちら側の卵管が閉鎖している可能性が高いと判断します。 造影剤を注入する子宮卵管造影検査に比べて、強い圧力をかける必要がないため、検査にともなう痛みの感じ方は軽いといわれています。 男性不妊治療と不妊検査等助成事業(東京都) 現在、カップルの不妊原因は女性に原因がある確率と男性に原因がある確率は約半々です。 そのため、当クリニックでは男性生殖内分泌科を設け、男性不妊に対する治療も積極的に行っています。 検査開始日に妻の年齢が35歳未満であることが条件になっていますが、該当される方は、ぜひご利用ください。 本院は手術実績も豊富な不妊治療専門施設 全国的にも珍しい、入院設備の整った不妊治療専門施設である本院・中央クリニックは、婦人科領域の手術実績も豊富。 妊娠することを第一に考えた術式や治療方法をご提案します。 高度生殖医療に進まれた方のサポート 本院・中央クリニックでの高度生殖医療(体外受精や顕微授精)に進まれる方に対して、採卵周期、移植周期のサポート(投薬、卵胞や子宮内膜の超音波検査、血中ホルモン値検査など)を行っています。 採卵ならびに胚移植の日だけは本院に通院していただく必要がありますが、この2日以外は、そのまま当クリニックに通院しながら高度生殖医療を受けていただけていただくことができます。 治療実績 料金表 2017年12月現在の価格となっております。 一般不妊治療 フーナーテスト 約260円 子宮卵管造影(HSG) 約2,000円 抗精子抗体の検査 約22,000円 精巣生検 約20,000円 子宮鏡検査 約30,000円 卵巣のう腫アルコール固定 約30,000円 腹腔鏡下手術 約140,000~150,000円 人工授精(AIH) 約15,000円 高度生殖医療 排卵誘発に必要な注射および診療費 約80,000円 体外受精(IVF) 約270,000円(本院) 顕微授精(ICSI) 約300,000円(本院) 新鮮胚の胚移植 約70,000円(本院) 配偶子卵管内移植(GIFT) 約450,000円(本院/入院6日間含む) 接合子卵管内移植(ZIFT) 約490,000円(本院/入院6日間含む) 胚凍結保存 約50,000円(本院/維持費 5,000円/月) 凍結胚の胚移植 約70,000円(本院)• ご不明な点がございましたら遠慮なくおたずねください。 妊娠と不妊症とは• 不妊症の検査• 不妊症の治療•

次の

銀座レディースクリニック:東京都中央区(婦人科 不妊治療専門 女医)銀座駅・有楽町駅

中央区 不妊治療

一般不妊治療までのクリニックだからこそ 内診・基礎体温の測定・精液検査など各種検査をしたうえで、性交のタイミング指導から人工授精までの一般不妊治療を行っています。 年齢的に余裕があり、一般不妊治療で妊娠できる可能性が見込まれる方に、体外受精などの高度生殖医療を急がせることはありませんので、「とりあえず検査だけでも……」と感じている方も、安心してご来院ください。 また逆に、年齢が高めの方、不妊歴が長い方に、漫然と一般不妊治療を続けることもいたしません。 必要と判断した方には、本院はじめ高度生殖医療を行う施設へのご紹介を行います。 なお、院長の田口は、本院・中央クリニックでは体外受精など高度生殖医療の採卵や胚移植も担当しています。 専門性の高さと充実の相談窓口 痛みの少ない卵管疎通検査 当クリニックでは、不妊の基礎検査で卵管の通過性を調べる場合には、内診台で行う子宮鏡下選択的卵管通水検査を採用しています。 子宮腔内を水で膨らませ、子宮鏡(ファイバースコープ)を挿入。 細いカテーテルを子宮側から卵管内に入れて、青く着色された液体を流し込みます。 子宮腔内への青い液体の逆流が観察されれば、そちら側の卵管が閉鎖している可能性が高いと判断します。 造影剤を注入する子宮卵管造影検査に比べて、強い圧力をかける必要がないため、検査にともなう痛みの感じ方は軽いといわれています。 男性不妊治療と不妊検査等助成事業(東京都) 現在、カップルの不妊原因は女性に原因がある確率と男性に原因がある確率は約半々です。 そのため、当クリニックでは男性生殖内分泌科を設け、男性不妊に対する治療も積極的に行っています。 検査開始日に妻の年齢が35歳未満であることが条件になっていますが、該当される方は、ぜひご利用ください。 本院は手術実績も豊富な不妊治療専門施設 全国的にも珍しい、入院設備の整った不妊治療専門施設である本院・中央クリニックは、婦人科領域の手術実績も豊富。 妊娠することを第一に考えた術式や治療方法をご提案します。 高度生殖医療に進まれた方のサポート 本院・中央クリニックでの高度生殖医療(体外受精や顕微授精)に進まれる方に対して、採卵周期、移植周期のサポート(投薬、卵胞や子宮内膜の超音波検査、血中ホルモン値検査など)を行っています。 採卵ならびに胚移植の日だけは本院に通院していただく必要がありますが、この2日以外は、そのまま当クリニックに通院しながら高度生殖医療を受けていただけていただくことができます。 治療実績 料金表 2017年12月現在の価格となっております。 一般不妊治療 フーナーテスト 約260円 子宮卵管造影(HSG) 約2,000円 抗精子抗体の検査 約22,000円 精巣生検 約20,000円 子宮鏡検査 約30,000円 卵巣のう腫アルコール固定 約30,000円 腹腔鏡下手術 約140,000~150,000円 人工授精(AIH) 約15,000円 高度生殖医療 排卵誘発に必要な注射および診療費 約80,000円 体外受精(IVF) 約270,000円(本院) 顕微授精(ICSI) 約300,000円(本院) 新鮮胚の胚移植 約70,000円(本院) 配偶子卵管内移植(GIFT) 約450,000円(本院/入院6日間含む) 接合子卵管内移植(ZIFT) 約490,000円(本院/入院6日間含む) 胚凍結保存 約50,000円(本院/維持費 5,000円/月) 凍結胚の胚移植 約70,000円(本院)• ご不明な点がございましたら遠慮なくおたずねください。 妊娠と不妊症とは• 不妊症の検査• 不妊症の治療•

次の