餃子 レシピ プロ。 餃子のレシピ(白菜でもキャベツでも!):白ごはん.com

人気の餃子レシピ1位を紹介!簡単に作れる餃子から本格派まで公開

餃子 レシピ プロ

餃子や春巻き、麻婆豆腐……定番の中華料理って自宅でも作れるけれど、お店で食べる味とはどこか違う。 あの味を自宅でも再現できたら……なんて思ったことありませんか? プロ直伝のテクニックを使えば、それが実現できるのです! 今回はWEB FOODIEで大好評、中華の名店・銀座アスターのシェフが教える中華のテクニックの記事をまとめてご紹介。 プロ直伝の技は新発見の連続! おうち中華をレベルアップしたい方は必見です。 【お店の味を再現!】プロが教える、王道中華レシピ 皮はカリッ、中身はとろ~り。 春巻きのレシピ おかずにもお酒のつまみにもぴったりな春巻。 家庭で揚げると皮が破れてしまったり、油っぽくなってしまったりすること、ありますよね。 美味しく揚げる最大のコツは「二度揚げ」だったのです! 揚げたての醍醐味を堪能してください。 2018. 18掲載 「辛いだけ」じゃない! 本格麻婆豆腐の作り方 おうち中華の定番、麻婆豆腐。 レトルトの「素」を使わずに作れる、きちんと辛くてうまみも際立つ本格レシピを伝授します。 使うのはいつもの材料と道具でOK。 誰にでもすぐにマネできるテクニックをご紹介! 2016. 25掲載 隠し味は焼き肉のタレ!? あんかけ焼きそばレシピ 炒飯や小籠包などの定番メニューや、旬の野菜や魚を使った季節のおすすめ品など、幅広い料理が味わえる銀座アスター。 そのなかでも根強いファンが多いのが、あんかけ焼きそばです。 この記事では、お店の味を家庭でも再現できるレシピをご紹介。 ポイントは「麺の下ごしらえ」と隠し味の「焼き肉のタレ」にあり! 2016. 20掲載 ジューシィなしゅうまいを作る、3つの鉄則とは? ご飯のおかずはもちろん、お酒のつまみやお弁当のおかずにもぴったりなしゅうまい。 お家で食べるときは「お店で買ってくるもの」と思われがちですが、手作りすると、肉汁あふれる、うまみたっぷりの美味しさに仕上がるのです! ふっくら蒸したてをハフハフしながら食べたい本格レシピ。 2017. 28掲載 【その手があったのか!】プロだからこそ知っている、調理テク <餃子の焼き方>パリッと仕上げるポイントは、フライパンの温度! 誰もが大好きな人気のおかず、餃子。 ですが、家だとカリッと焼けない! というお悩みの声も多数。 実はコツさえ押さえれば簡単なのです! プロ直伝のすぐにできる5つのコツをご紹介。 羽つき餃子の作り方も教えてもらいました。 2017. 06掲載 <とろみの付け方>思い通りのとろみに仕上げる、水溶き片栗粉のテクニック ふだん何気なく使っている水溶き片栗粉。 一見簡単そうですが、「ダマになる」「とろみが弱い」など、思い通りにならないことはありませんか? 片栗粉と水の割合、加熱時間など、気になる疑問についてシェフに答えてもらいました。 2017. 22掲載 <調味料の使い方>すぐに真似できる、オイスターソースの活用テクニック 中華料理に欠かせない調味料、オイスターソース。 炒め物にしか使わないし、余りがち……いいえ、実は炒め物以外にも使えるのです! 牡蠣のうまみとコクを堪能できるレシピとは? プロに教えてもらった驚きのテクニックをご紹介します。 2017. 03掲載.

次の

餃子のレシピ・作り方一覧(151件)

餃子 レシピ プロ

プロの方はどうやってあのジューシーな餃子を作っているのか気になる方は多いでしょう。 今回はその点も含めて、気になる部分を重点的にご紹介していきます。 今回ご紹介するのは、人気1位の肉餃子ですが、その餡の作り方にポイントがあります。 実は、 餡を作る際に肉と野菜は同じタイミングで入れないほうが良いというポイントをご存知ですか。 しっかりと肉に粘りが出てから野菜と混ぜ合わせることで、余計な水分が出にくくなり、中はジューシー外はパリッとした仕上がりになります。 材料は豚ひき肉、キャベツ、ニンニク、ショウガなど基本的なものですが、ぐっとおいしい餃子が家庭でも作れるので、ぜひ作ってみましょう。 下記のリンク先にて詳しいレシピが載っているので参考にしましょう。 豚ひき肉、キャベツ、白菜、にら入りというこちらの餃子は、 キャベツと白菜の2種類野菜の甘みが広がる餃子です。 野菜の優しい味がするので、子供にも人気の具材で、野菜が嫌いな子供も食べやすいレシピでしょう。 卵、中華味の素、しょうゆ、ごま油、塩、ニンニクを使用しているので中華味の素からオイスターソースの優しい甘みもプラスされており、食が進む1品です。 餃子の皮にたっぷりと具材を入れることで、焼いたときにぐっとうまみが凝縮されてよりおいしくなるので、たっぷりと包みましょう。 こちらも仕上げのごま油で焼き上げることをおすすめしているので、焼く際に油を間違えないよう気を付けましょう。 豚挽き肉、キャベツ、にら、玉ねぎ入り クックパッド1位のレシピは、 シンプルな材料を使いながらも、しっかりと羽を作ることができる上に飽きのこないおいしさと話題です。 特に、野菜もしっかりと入っている点は、野菜が苦手なお子さんにも食べやすく作れるのでありがたいとの主婦の声が多くあります。 クックパッドでほかの料理も人気でつくれぽも多い「せつぶんひじき」さんですが、餃子のみならず、餃子の皮の作り方も公開しています。 そちらも参考にしながら、クックパッド1位のレシピで餃子を作ってみましょう。 材料は、キャベツ、にら、豚挽き肉、卵、中華スープの素、しょうゆ、ごま油、ニンニク、餃子の皮です。 材料を粗みじんと小口切りにしてよく混ぜ、皮にたっぷりの餡を包むことでよりおいしく仕上がります。 この時に、皮が破れてしまう原因になるのが、しっかりと皮を閉じていないことだそうなので、包む際はしっかりと口を閉じるように気を付けましょう。 また、下記に作る際のポイントがあるので参考にしましょう。 包んだら早めに焼くこと(または急速で冷凍)。 水分が多く外に漏れると焦げやすいです、口はしっかり閉じましょう! 小ワザですが、冷蔵庫から出したての豚肉や卵は手が冷たくちょっと辛い・・・野菜を出すタイミングで一緒に出しておきましょう。

次の

餃子レシピ7選|プロの味!子どもも喜ぶ人気のおいしい餃子、簡単につくる方法、キャベツを使った棒餃子など

餃子 レシピ プロ

餃子は「特別なことはしない」が大切 自家製の餃子をつくろうとチャレンジしたもののうまくいかず、「冷凍の餃子でいいや」と諦めている人はいませんか?まさに筆者がそうでした。 しかしある日、町中華の大将から「そんなに難しくないからチャレンジすれば?」と言われコツを聞いた結果、うまくできるようになったのです。 まず大前提として言いたいのは、特別なことはしないこと。 たとえば、皮から自分でつくろうとか、餡(あん)を自分なりのものにしようと工夫するのは、工程が多くなり失敗の原因になります。 また皮や餡にこだわるよりは、餡の包みかたや、焼きかたといった点に専念したほうが、おいしい餃子に仕上がるでしょう。 今回は3~4人前の餃子づくりを想定して、焼き餃子をおいしくするコツをご紹介していきます。 コツ1:餡は最初にお肉&調味料だけで混ぜる 餡を混ぜる際、最初からすべての具材を入れてしまう人もいるでしょう。 でもそれはNG。 まずは、お肉にしっかり味をつけることが重要なので、豚ひき肉と調味料だけを入れてよく混ぜます。 全体がひとまとまりになるまで混ぜたら、そのままラップをして置いておきましょう。 と言うのも、町中華のプロは特別な素材を入れるのではなく、シンプルな具材を入れるところが多いからです。 このとき、混ぜ過ぎないように注意。 天地を2~3回ひっくり返して、なじませるくらいで大丈夫です。 しっかり混ぜてしまうと、具材から水分が出てしまい、味が落ちる原因になります。 コツ3:餡を包むときはスプーンではなく平たいヘラで! 餡ができたら、皮に包んでいきましょう。 このとき重要なのが、皮に餡を置くときのアイテム。 家庭でつくる際、スプーンで餡を扱う人は多いと思いますが、町中華のプロは木のヘラを使うことがほとんど。 餡は適度に皮へぎゅっと押しつけて包むほうがいいそうなのですが、スプーンの場合、形状的にどうしてもその押しつけがうまくいかないのです。 木のヘラがなければ平たい形状のもので代替しましょう。 筆者はバターナイフなどを使っています。 包み方は、自分の好きな包み方で大丈夫です。 コツ4:焼きの際は水でなくお湯を入れる いよいよ焼き上げです。 フライパンにサラダオイルを敷き、餃子を並べていきます。 並べ終えたら火をつけてください。 そして、蒸し焼きにする……と、ここでひと工夫。 餃子を蒸し焼きにする際は、水でなくお湯にしましょう。 町中華のプロによれば、お店のコンロは火力があるので、水でもいいのですが、家庭ではお湯を使ったほうが温度の変化が少なく、おいしく焼きあがるとのことでした。 コツ5:最適な焼き時間は…… フライパンの水分がなくなったところで、フタを開け、ごま油をまわしがけします。 皮に焼き目がついたら、できあがりです。 「焼き時間はどれくらい?」と疑問に思った人もいるでしょう。 じつは、町中華のプロに家庭での最適な焼き時間を聞くと、同じような答えが返ってきます。 それは……使っているフライパンや火力によって違うので、一概には言えないというもの(笑)。 つまり、自分が使う調理器具でどのくらいで焼き上げるかは、自分で判断するしかないということです。 あるプロは「何度か失敗すりゃわかるだろ」と話していました。 筆者も焦がしたり、フライパンに皮がくっついたりする経験を経て、自分なりの焼き時間がわかりましたので、みなさまもこの点だけは自分流を見つけ出してください。 まずはシンプルな方法でおいしい餃子を成功させよう 餃子は失敗を恐れず、まずはシンプルな方法で成功させることがポイント。 「最初からうまくできる人はいませんよ」と町中華のプロも言います。 何度か失敗を重ねて、おいしい餃子ができるようになってから、さらなる工夫をしてみましょう。 多くつくり過ぎたら、冷凍してもいいですね。 また、餡があまったらチャーハンに使うとこれまたおいしいですよ。 監修・文/増田剛己 WEBや雑誌などで散歩関係の記事を書いているフリーライター。 主な著書に『歩考力』(ナショナル出版)、『思考・発想にパソコンを使うな』 幻冬舎新書 などがある。

次の