喜多方 ラーメン 発祥。 ラーメン

アメリカでも人気の喜多方ラーメン坂内

喜多方 ラーメン 発祥

特徴 [ ] スープは醤油味の透明なスープが基本で、あっさりした味わいである。 豚骨のベースとのベースを別々に作り、それらをブレンドしたものを提供する店もある。 味がベースだが、店によっては味や仕立てなど千差万別である。 麺は「平打ち熟成多加水麺」と呼ばれ、幅は約4mmの太麺で、は12番および14番のが使われる。 独特の縮れがあり、食感は柔らかい。 具はを主として、、、などが一般的な構成である。 歴史 [ ] 2年、「源来軒」創業者の潘欽星/藩欽星(ばん きんせい) が、中華麺に近い「支那そば」を打ち、屋台を引いたのが原点である。 その味は市民生活に浸透していくこととなった。 潘は中国・出身で、末に日本で働こうと渡航してきて、喜多方で中華麺の製造・販売を始めた。 その後、潘の「楽天支那そば」作りのノウハウを継承する人間が増え始め、「満古登(まこと)食堂」「坂内(ばんない)食堂」など市内の多くの「食堂」が「支那そば(中華そば)」をメニューに出すようになった。 喜多方市の観光の原点は「」から始まる。 市内の写真館「金田写真荘」の金田実が四季を通して蔵の写真を500枚ほど撮り、その写真展を東京で開催したことで「蔵のまち喜多方」が浸透した。 そのような流れの中、(昭和50年)が『』で、蔵と人々をテーマにした「蔵ずまいの町 福島県・喜多方市」を放送したことで、喜多方を訪れる観光客が年間5万人から1983年(昭和58年)には20万人に急増した。 一方で観光収益の増大のためには、観光客の滞在時間の増加が課題となっていた。 (昭和57年)頃、市の商工観光課の職員は、団体の観光客の滞在時間増加を図るため、団体客のための昼食場所を探し始めたが、市内の屋には団体客を受け入れるスペースなどがないことから、ラーメン店に目をつけ、団体客用の昼食場所として観光業者に紹介を行った。 市が紹介したラーメン店は「まこと食堂」であったが、1杯数百円の安い値段のお店を昼食場所に紹介することに一抹の不安もあったことから、の関係者を「まこと食堂」に連れて行き、意見などを聞いたところ「まこと食堂」のラーメンが特徴的であるとのことから、民放のテレビ番組に取り上げられることとなった。 1983年には福島県観光連盟の仲介で、(現)の雑誌『』で観光宣伝を仕掛け、PR記事1ページ分に喜多方ラーメンが紹介され、更に、NHKなどでも取り上げられたことから、喜多方ラーメンが全国的によく知られるようになった。 老麺会 [ ] (昭和62年)、喜多方ラーメンがブームとなり一定の知名度を確立したことを受け、食堂(ラーメン店)・製麺業者・市・が参加した、ラーメン関係業種懇談会が開催された。 同会にて、ラーメン店のレベルアップ、伝統(太麺、平打ち、縮れ麺)の継承等を目的として「ラーメン会」の組織立ち上げが検討され、1987年、喜多方市の観光PRの一環として同業者団体「 蔵のまち喜多方 老麺会(くらのまちきたかた らーめんかい)」が発足した。 発足当時はであったが、活動の強化を図るため、(平成17年)8月にへと組織変更されている。 喜多方市内(、市役所、北町、三津谷、上三宮、周辺)に存在する店舗のうち、店先に「蔵のまち喜多方 老麺会」と描かれた紺色のノボリを設置している店舗が「老麺会」に所属している店舗であり、2015年10月時点で45店舗が所属している。 老麺会では不定期に『老麺会まっぷ』を発行している。 これは老麺会に加盟する店舗を地図にまとめたものであり、観光PR用として老麺会に参加する店舗等において無料配布されているほか、老麺会の公式サイトにてファイル形式でダウンロードすることが出来る。 商標登録を求めた訴訟 [ ] 確立のため、老麺会は2006年に創設されたに基づき、「喜多方ラーメン」のを目指したものの、は商標登録を認めないとのを行った。 これを受けて、老麺会は審決取消しを求めたを提起した。 しかし、2010年10月に、第1審のは、老麺会への喜多方市内のラーメン店の加入率が低いこと、喜多方市外でも既に普及している名称であることから、「喜多方ラーメン」が老麺会とその加盟店だけの商品・サービスとして広く認識されているとはいえず、特許庁審決を妥当であると判断し、取消請求を棄却する判決をした。 を行ったものの、2012年1月31日に第三小法廷が上告不受理決定を行ったことから、老麺会の請求を棄却した知財高裁の判決が確定し、商標登録できないこととなった。 代表的な店 [ ] 喜多方市外に出店している店もある。 源来軒(喜多方ラーメン発祥の店)• まこと食堂(喜多方ラーメンとして紹介された最初の店)• 坂内食堂(の母体店的存在)• まるや(初代老麺会会長の店)• 喜多方屋(初の喜多方ラーメン専門店) 観光施設や派生商品 [ ] 日本三大ラーメンに数えられる喜多方ラーメンにちなみ、ラーメン館といった喜多方ラーメンの店も市内には存在する。 持ち帰り調理用ラーメンのほか、など近い風味の菓子類などが販売されている。 には喜多方ラーメン専用の、ラーメンミュージアムが完成。 ラーメン神社も併設されている。 ご当地グルメのも存在する。 これを提供しているではこのほか、スープで米飯を炊いた「ラーメン丼」、麺を生地にした「ラーメンピザ」などがメニューにある。 脚注・出典 [ ]• 住吉美紀 2015年3月1日. キリンビバレッジ presents 私の別格. TOKYO FM 80. 0MHz. 2015年10月11日時点のよりアーカイブ。 2015年10月11日閲覧。 オンラインニュース 2015年9月15日. 2015年10月11日時点のよりアーカイブ。 2015年10月11日閲覧。 姓の漢字表記は、資料やウェブサイトにより「潘」「藩」に分かれている。 『商工とやま』H16年4月号. 2015年10月11日時点のよりアーカイブ。 2015年10月11日閲覧。 2015年10月11日閲覧。 冠木雅夫. 2015年10月11日時点のよりアーカイブ。 2015年10月11日閲覧。 蔵のまち喜多方老麺会. 2015年10月11日閲覧。 鈴木信也. 『日本大学知財ジャーナル』vol. 5(2012年3月発行). 2015年10月11日時点のよりアーカイブ。 2015年10月11日閲覧。 牛木内外特許事務所. 2015年10月11日閲覧。 2012年2月1日. の2015年10月11日時点におけるアーカイブ。 2015年10月11日閲覧。 2012年2月1日. の2015年10月11日時点におけるアーカイブ。 2015年10月11日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

喜多方ラーメンとは| 環七沿いで製麺所をお探しなら早川製麺

喜多方 ラーメン 発祥

福島のグルメと言えば、喜多方ラーメン! 今や日本各地で喜多方ラーメンのチェーン店も登場しているので身近になってきていますよね。 本場の喜多方では、 「朝ラー」と呼ばれる文化があり、朝からラーメンを食べるほど愛してやみません。 その愛の強さは、人口に対してラーメン店の多さが・・・なんと日本一! 今回ご紹介するラーメン店を選ぶ際も福島TRIP編集部内では意見が真っ二つに分かれ、けっこう大変でした 笑 ということで、今回は喜多方ラーメンの特徴と「喜多方ラーメンと言えば…」のメジャーどころをまとめました! 喜多方ラーメンの特徴 っと、その前に簡単に喜多方ラーメンの特徴についてご紹介したいと思います! 喜多方ラーメンの始まりは、今もなお続く老舗ラーメン店「源来軒」が発祥としており、昭和初期の頃に当時「支那そば」として屋台で販売したことから始まったと言われています。 その後「支那そば」の作り方を継承した人たちが増えはじめ、今ではラーメン店の数では日本一にもなるラーメン街となったわけです。 ちなみに、ラーメンの技術や伝統を継承し発展させることを目的とした「蔵のまち喜多方 老麺会」といった団体も発足され、喜多方のラーメン店は、喜多方ラーメンの美味さを追求し続ける生粋の職人達でもあります! 麺の特徴 喜多方ラーメンの麺の特徴は、多加水麺を使った太めの平打ち縮れ麺です。 多加水麺を使った麺はツルツルでモチモチとした食感で、太めなのでスープがよく絡みます。 本当に喉越しがたまらないですよ! スープの特徴 喜多方ラーメンでオーソドックスなスープといえば、あっさりした醤油スープ。 「どこもあっさりなの?なんか飽きちゃいそう…。 」 と思われるかもしれませんが、ここで各店のオリジナル性がでてきます! ダシは各お店によって豚骨、鶏ガラ、魚介類などを使い分けており、お店によって香りや味が全く異なるので、喜多方市民は自分の好みの味でお店を選んでいるのです。 だからこそ、好きなラーメン店で意見が大きく分かれるんですね 笑 具の特徴 なんといっても喜多方ラーメンの具として外せないのがチャーシューです! これまたお店によって味付けなどに違いはありますが、基本的には角煮やバラ肉を使っており、トロットロ食感から濃い味つけチャーシューまで様々。 その他の具は、シンプルにメンマやナルト、長ネギって感じが多いです。 喜多方ラーメンの代表的な名店5選 1. 源来軒.

次の

喜多方ラーメン

喜多方 ラーメン 発祥

福島のグルメと言えば、喜多方ラーメン! 今や日本各地で喜多方ラーメンのチェーン店も登場しているので身近になってきていますよね。 本場の喜多方では、 「朝ラー」と呼ばれる文化があり、朝からラーメンを食べるほど愛してやみません。 その愛の強さは、人口に対してラーメン店の多さが・・・なんと日本一! 今回ご紹介するラーメン店を選ぶ際も福島TRIP編集部内では意見が真っ二つに分かれ、けっこう大変でした 笑 ということで、今回は喜多方ラーメンの特徴と「喜多方ラーメンと言えば…」のメジャーどころをまとめました! 喜多方ラーメンの特徴 っと、その前に簡単に喜多方ラーメンの特徴についてご紹介したいと思います! 喜多方ラーメンの始まりは、今もなお続く老舗ラーメン店「源来軒」が発祥としており、昭和初期の頃に当時「支那そば」として屋台で販売したことから始まったと言われています。 その後「支那そば」の作り方を継承した人たちが増えはじめ、今ではラーメン店の数では日本一にもなるラーメン街となったわけです。 ちなみに、ラーメンの技術や伝統を継承し発展させることを目的とした「蔵のまち喜多方 老麺会」といった団体も発足され、喜多方のラーメン店は、喜多方ラーメンの美味さを追求し続ける生粋の職人達でもあります! 麺の特徴 喜多方ラーメンの麺の特徴は、多加水麺を使った太めの平打ち縮れ麺です。 多加水麺を使った麺はツルツルでモチモチとした食感で、太めなのでスープがよく絡みます。 本当に喉越しがたまらないですよ! スープの特徴 喜多方ラーメンでオーソドックスなスープといえば、あっさりした醤油スープ。 「どこもあっさりなの?なんか飽きちゃいそう…。 」 と思われるかもしれませんが、ここで各店のオリジナル性がでてきます! ダシは各お店によって豚骨、鶏ガラ、魚介類などを使い分けており、お店によって香りや味が全く異なるので、喜多方市民は自分の好みの味でお店を選んでいるのです。 だからこそ、好きなラーメン店で意見が大きく分かれるんですね 笑 具の特徴 なんといっても喜多方ラーメンの具として外せないのがチャーシューです! これまたお店によって味付けなどに違いはありますが、基本的には角煮やバラ肉を使っており、トロットロ食感から濃い味つけチャーシューまで様々。 その他の具は、シンプルにメンマやナルト、長ネギって感じが多いです。 喜多方ラーメンの代表的な名店5選 1. 源来軒.

次の