性器 ヘルペス 早く 治す。 性器ヘルペスが早く治る方法

性器ヘルペスが早く治る方法

性器 ヘルペス 早く 治す

ページコンテンツ• 口唇ヘルペスを早く治すには、アラセナSクリームやアクチビア軟膏などの市販薬よりも病院で飲み薬を処方してもらうのがてっとり早いでしょう。 ただしコレは初感染に限った治療法です。 それに早く効くと言っても1週間かかるケースも多く、即座に症状を消すことはできません。 病院ではバルトレックスなどの内服薬、ゾビラックス外用薬などの治療薬が処方されますが、ヘルペスの薬の有効成分はどれも耐性がつくので次第に効かなくなります。 軟膏も内服薬も原因の単純ヘルペスウイルスを死滅させることはできません。 塗り薬は再発の前兆を感じたらすぐに塗布しないと意味がありません。 口唇ヘルペスの薬が効くのは最初だけ ヘルペスの薬が効くのは、辛いですが本当に最初だけです。 口唇ヘルペスを早く治すために薬を使うのは、賢い治療法とは言えません。 効き目が薄くなったら違う有効成分の薬を追加することを続けて行くしかありません。 つまり薬漬けの生活を送ることになります。 ヘルペスの薬は副作用も優しくありません。 効果がなくなっていくので病気の再発頻度がどんどん増していきます。 完全に悪化の方向まっしぐらです。 ヘルペス以外の病気にかかっている可能性も確かめなくてはいけませんから、初めて感染し発症した時には自力で対処せず、念のため病院を受診した方が安心です。 最初は医師にちゃんと診てもらいましょう。 再発する病気ですので長期スパンで考える必要があります。 完治しない病気に対し、薬を何度も頼るのは危険です。 リジンはヘルペスの万能成分 口唇ヘルペスを早く治してくれるのは、必須アミノ酸のリジンです。 リジンはヘルペスの症状を早く治すのに効果を発揮する万能成分です。 ヘルペスにダイレクトに影響を与えるアミノ酸は、リジンとアルギニンの2種類です。 アルギニンが増えるとヘルペスウイルスが元気になりやすいので、常にアルギニンよりリジンの量が上回るよう摂取するのがコツです。 アルギニンも健康に欠かせない必須アミノ酸なので、一切摂らないようにすることはできません。 サプリでバランスを調整し、「リジン>アルギニン」の状態をキープすることが大切です。 コレは結構大事なヘルペス雑学なので、覚えておいて下さい。 リジンは痒みや炎症を抑えながら治してくれるので、辛い症状を我慢しなくて良いのも嬉しい魅力の1つです。 かさぶた状態になった患部をスピーディーに治すのも得意です。 しかも普段から摂取していると、ヘルペスの再発率をほとんどゼロに近づけてくれます。 口唇ヘルペスはもちろん性器ヘルペスの治癒、再発予防にも効くので自己感染を防ぐためにもリジンは役立ちます。 再発すると自分が辛いだけではありません。 大切な家族やパートナーにも迷惑をかけてしまいますよね。 特に子育て中の親御さんは、水疱がプチっとできている時期は子供に接触感染させないようにお風呂のタオルの共有も避けましょう。 感染した子供の写真を見たことがありますがとても悲惨です。 子供は大人より免疫力が低く抵抗力も弱いため感染しやすい傾向にあります。 子供には特に注意してあげる必要があります。 リジンで自然治癒力をアップ 幸いリジンは内臓に負担をかける薬とは異なり、健康と美容成分の代表とも言える必須アミノ酸です。 リジンは肝臓にダメージを与えるヘルペスの飲み薬とは反対に、肝機能を高める働きがあります。 肝機能を高めて人間の身体に元々備わっている抵抗力を上げることで、原因の単純ヘルペスウイルスを自然に押さえ込む仕組みです。 自然治癒力によってウィルスが悪さをしないよう封じ込めるので、他の感染症や風邪、口内にできる口内炎、脳卒中が起きにくくなる健康的な体質になります。 抜け毛を減らす効果や集中力を高める効果など、嬉しいプラスアルファ効果も色々あります。 リジンのサプリを飲んでおいて損はありません。 私もヘルペスの再発予防効果に加えて疲れにくくなったことを実感しています。 口唇ヘルペスを早く治す栄養素 口唇ヘルペスの再発を防ぎ、早く治すには、なんと言っても普段の食事が鍵を握っています。 ヘルペス研究の権威であるジョン・スパージ博士も、リジンに加えて亜鉛とビタミンC、フラボノイドの組み合わせが最高の相乗効果を発揮すると断言しています。 亜鉛は細胞媒介性免疫の特性で神経に潜伏しているウイルスが暴れないよう抑えることができます。 ビタミンCと組み合わせることで皮膚を素早く修復できます。 フラボノイドはビタミンCの吸収力を上げるので、治癒スピードを更に加速します。 4種類はどれも信頼に値する成分でヘルペスに対する臨床結果がでています。 リジンだけのサプリとは比べものにならないほど強力な効果を発揮してくれます。 口唇ヘルペスを早く治す食べ物 必須アミノ酸のリジンは納豆など大豆製品からも摂取できますが、食品だけで必要な量を毎日補うのはちょっと厳しいですよね。 ビタミンCはともかく、牡蠣や牛肉に多い亜鉛や葡萄やブルーベリーに含まれるフラボノイドも、毎日コンスタントに食べ物だけで十分補うのは簡単ではありません。 これはメリーランド大学医療センターで立証された、再発率を激減させるのに効果を発揮する摂取量です。 発症した時には飲む量を増やして治癒速度を加速させる調整をします。 血行をよくするのに役立つ生姜も積極的に献立に入れたい食材の1つです。 いわゆるお婆ちゃんの知恵で有名な健康食は、自然治癒力を高める働きがあるものが多く侮れません。 体温が下がると免疫力も低下しますからマッサージの習慣も効果的です。

次の

性器ヘルペスの原因-写真・画像で見る性器ヘルペスや帯状疱疹の症状、性器ヘルペスの再発を抑える再発抑制療法、性器ヘルペスにならないためにはどうしたらいいの?

性器 ヘルペス 早く 治す

今の若い人はヘルペスが人に移ることを知らない方も多いんですよね。 私の友達に、彼氏がヘルペスであることを知っていながらキスしたらしいのですが、そこからヘルペスが感染し、ものすごい重症になった子がいます。 熱は出るし、口周りから頬・鼻・鼻の中まで水泡ができて、もう治らないんじゃないかと泣いて、でも私にはどうすることもできず・・・。 時間はかかりましたが、その後はキレイに治り、痕なども残っていません(^^) ここまで酷くなったのは、今までヘルペスになったことがなく、初めてだったので重症化したようです。 なんでもそうですが、大人になってから感染すると重症化することが多いので、本当に気をつけないといけません! さて、ではヘルペスウイルスを持っているもの同士なら移るのでしょうか? 答えは移ります。 ヘルペスが移る原因は、水ぶくれの中に大量のヘルペスウイルスが入っており、過去にヘルペスになった方が元気でも、驚異的に移ります。 ですから、パートナーがヘルペスであるときは、絶対にキスなどはしないこと! もちろん、ヘルペスになっている方のコップやおはし、タオルなども全て感染する恐れがあるので、絶対に分けて使いましょう。 性器にもうつる 最後に、性器ヘルペスというのもあり、これもものすごく辛い病気です。 こちらも性器周りにヘルペスがある場合、絶対に性行為をするのは止めてください! コンドームをつけていても、それ以外のところにヘルペスウイルスが付着し、そこから発症してしまいます(><) 最近の話によると、この性器ヘルペスに感染される方が増えているそうで、その原因がパートナーなどによる口唇ヘルペスです。 普段からよく再発される方でも、口唇ヘルペスは性器には移らないと思われている方が実は多く、彼氏から彼女から移されたということが増えています。 ですから、見た目で水ぶくれなどが出来ているときは、絶対にそれに触れないようにしてください! 非常に感染力が強いウイルスなので、「気が付いたらできてしまった」という方が後を絶ちません。 なったことがない方は特に軽視する傾向にありますから、現在ヘルペスになったことがある方は、本当に大変になることを教えてあげてください。 口唇ヘルペスも相当大変ですが、性器ヘルペスもとてつもなく辛いので、なってしまった場合は免疫力を高めるために、睡眠と食事バランスを見直し、早期に治療するようにしてください。

次の

ヘルペスは人に移る!口唇ヘルペスが性器にも!

性器 ヘルペス 早く 治す

性器ヘルペスを早く治す食べ物 ヘルペスを早く治したり再発予防ができるとして、既に多くの方が活用されているのが必須アミノ酸の「 リジン」です。 リジンはヘルペスウイルスの活動を抑制する効果があるとして、現在さまざまなサプリメントにも活用されています。 リジンとは、必須アミノ酸のひとつで、人体を構成するたんぱく質の組み立てに必要な栄養素です。 肉などの動物性たんぱく質に多く含まれています。 ブドウ糖の代謝を良くして集中力を高めたり、カルシウムなどの吸収を促進するほか、肝臓機能の強化などの効果が確認されています。 引用: リジンの健康効果として、 ヘルペスを予防・改善する効果があるといわれており、免疫力を高め、感染症に対して抵抗力を高める効果を持っているとされています。 性器ヘルペスは疲れやストレスなどで免疫力の低下すると発症することから、 一定量のリジンを摂り入れることで免疫力が高まり、性器ヘルペスの再発予防にも効果があるといわれています。 「リジン」はどんな食品に含まれているの? リジンは下記のような食品に豊富に含まれていますので、積極的に摂り入れましょう。 魚介類:まぐろ、かつお、ブリなど 肉 類:鶏肉、豚肉、牛肉など 乳製品:チーズ、ヨーグルト、牛乳など 麺 類:そばなど 豆類・大豆類:小豆、納豆、豆腐など ベジタリアンでない限りは、リジンを多く含む動物性たんぱく質や乳製品を普段の食事で摂られている方が多いと思います。 ただ、リジンと同じアミノ酸の一種である「 アルギニン」もヘルペスに深く関わってきますので、次に紹介します。 性器ヘルペスの治りが遅くなる食べ物 ヘルペスが再発しやすく治りが遅い原因のひとつ「 アルギニン」は、必要以上に摂らないことが推奨されています。 アルギニンは疲労回復に効果があることからサプリメントやエナジードリンクにも活用されているため、性器ヘルペスを持っている方も気軽に飲んでいるかもしれません。 性器ヘルペスは疲労で免疫力が落ちたときに再発しやすいので、摂ったほうが良さそうな感じはしますが、アルギニンは 単純ヘルペスウイルスを活性化する危険性があるともいわれています。 しかし、リジンが多く含まれる食品にはアルギニンも含まれていることが多いため、摂り過ぎないほうがいいと言われても困りますよね。 参考として、 乳製品(チーズ、ヨーグルト、牛乳など)に含まれるリジンはアルギニンの2倍程度含まれています。 また、 魚類・肉類・乳製品などの動物性たんぱく質は、大半がアルギニンを上回るリジンが含有されているので、普段から動物性たんぱく質をよく摂っている方はあまり神経質にならなくても良さそうです。 ただ、性器ヘルペスの再発予防をしたい人は、アルギニン含有のサプリメントやエナジードリンクなどは過剰摂取にならないように注意してください。 リジンとアルギニンの比率は4:1以上 「アルギニン」にはトラブルを後押しする特性があり、「リジン」にはアルギニンを減らす特性があると考えられていることから、トラブルを繰り返さないようにするには、アルギニン以上にリジンを摂ることが大切です。 ヘルペスの再発を予防するには日頃から リジンを一日当たり900mg~1200mg摂取すると良いといわれており、 ヘルペスが発症した場合は3000㎎摂取することが推奨されています。 何らかの理由で普段からリジンが多く含まれる動物性たんぱく質をあまり摂らないという方は、リジン含有のサプリメント等で補うことをおすすめします。 また、私もそうですが普段から再発しやすい、再発を繰り返しているという人はリジン含有のサプリメントを毎日摂ることで性器ヘルペスの再発に効果的です。 暴飲暴食、お酒の飲み過ぎはNG 漢方医学では、ヘルペスの症状が出ているときを「 湿熱」と考えて治療を行います。 湿熱とは、食べ過ぎや飲み過ぎなどが原因で、体内にたまり過ぎた不要な水と熱が「気」や「血」の巡りを悪くして様々な不調が起こっている状態のこと。 湿熱の主な原因は、暴飲暴食、ジャンクフード、油もの、味の濃い食べ物の過剰摂取や、水分やお酒の過剰摂取ですので、こういった身体の状態にストレスや睡眠不足などが加わることで性器ヘルペスを発症させてしまうことに。 また、お酒は飲めば飲むほど肝臓に負担がかかり、抵抗力が落ちてしまうので再発しやすくなってしまいます。 性器ヘルペスの再発を予防するには、普段から食生活が乱れていないかを意識し、バランスのよい食生活を心がけることが大切です。 性器ヘルペスが再発しそうになったら 性器ヘルペスが再発するときはムズムズした違和感や軽いかゆみなど、何らかの前兆があります。 再発を食い止めたり、軽く済ませたいという方は• 前兆を感じた時点で抗ウイルス薬を服用する• 実際に症状が出てからサプリメントの量を増やしたことがありますが、薬を飲まないで治す場合、1週間以上かかっていたのが、3日で治って驚いたことがあります。 個人差はあると思いますが、薬に頼りたくない方は普段からサプリメント等で再発予防するのも試してみる価値はあると思います。 ただ、性器ヘルペスの症状がひどくなりそうであれば、早めに医療機関を受診してくださいね。 性器ヘルペスおすすめ関連記事.

次の