ガンダム ブレイカー モバイル ストーリー。 初心者攻略

第22回コラム

ガンダム ブレイカー モバイル ストーリー

解説 [ ] 様々な場所を舞台に同士の戦闘を描いたアクションゲーム。 自分で自由にパーツを組み合わせてオリジナルのガンプラを作れるのが大きな特徴。 の上半身にの下半身をつけたり、武器や装備も自由な組み合わせができる。 2013年3月14日からはが配信され、このの一部は製品版に引き継ぐことができた。 同様にガンプラを扱ったアニメ作品の『』(2013年10月 - 2014年3月放送)との連動キャンペーンも実施された。 PS Vita版はPS3版から4ヶ月遅れて発売されたが、上にあらかじめセーブデータをアップロードしておき、PS3またはVitaにダウンロードするに対応している。 オリジナルカラーのPlayStation Vita本体と、ガンプラ2体( ガンダム、HGUC ザクII[オリジナルカラーVer. ])を封入した「スターターパック」も発売された。 PS Vita版においては、でのプレイに対応している。 また、標準のスクリーンショット機能は使用不可となっている。 ストーリー [ ] 東京お台場にあるで開催された「 ガンダムグレートフロント」。 そのイベントに参加した主人公は、イベント内でも最大級の熱狂を誇る「 バトルライブ-G」の特別参加権を得る。 それは、ガンプラを動かす「 ガンプラバトルシミュレータ」を使ったものであり、そのイベントは自身のガンプラを改良して最強のガンプラを作り出し、並み居る敵ガンプラを撃破、そして最大ターゲットとなる群を殲滅するというものだった。 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] 主人公 本作の主人公。 バトルライブG内のは初期は地球連邦軍の黄色いパイロットスーツを着た男性だが、ショップで購入することでジオンやエゥーゴの制服や女性アバターも選択できるようになる。 隊長 声: バトルライブG内の登場人物。 あごひげを生やしている。 主人公が所属するガンダムブレイカー隊の隊長。 地球連邦軍のグレーの制服を着ている。 オペレーター 声: バトルライブG内の登場人物。 主人公をサポートするオペレーター。 地球連邦軍のピンクの制服を着ている。 イベントMC 声: バトルライブGのイベントのMCの女性。 髪型はツインテールで、連邦軍のアムロのパイロットスーツをアレンジしたヘソ出しコスチュームを着用している。 ガンプラバトル開発リーダー 声: ガンプラバトルシステムの開発リーダー。 眼鏡をかけ白衣を着ている。 ショップ店長 声: プレイヤーズショップの店長。 ふくよかで気前がいい。 連邦軍の水色の制服にバンダイホビープロショップのエプロンを着ている。 僚機プレイヤー [ ] ナオキ00 一般参加枠で参加した高校生プレイヤー。 「ストライクレッド改」などの新しめの作品の機体を使う。 ソウゲツ・シンイチロウ ジオンマニアで青い機体を好む。 「プロトグフ」「ギラ・ドーガカスタム」などの機体を使う。 アカネ@シンリュウカン 真龍館という道場で空手の修行を積んでいる女子大生モデラー兼ゲーマー。 「アストレイクリムゾンフレーム」「バーニングゴッド」などの格闘系の機体を好む。 LYNX-HMT 中学生ながら対戦ゲームを得意とするゲーマー。 高機動型 High Mobility Type の機体を好む。 「アストレイダークフレームSR」「Z. 」などの機体を使う。 ユーゴ・オカムラ もののガンダムマニアで、作中のセリフをよく引用する。 「ガンダムMK-II」「ユニコーンガンダムカスタム」などの機体を使う。 フルアーマーダイテツ 重装甲の機体を好むセミプロモデラー。 「ドムキャノン【烈震王】」「ネオヘビーアームズ【獄炎王】」などの機体を使用する。 あやこ(AYAKOFlow) 「メディックドム」「F・ナイチンゲール」などの機体色を白くしたヒーラー系の機体を使う。 本作ではプレイヤーの使用する一般的なガンプラとして登場。 敵として登場するガンプラもHGが最も多い。 本作発売時点でHG化されていなかったモデルは旧キットの箱絵で登場する。 また、シャンブロやアプサラスなどキット化されていない機体もボス敵として登場する。 本作では中ボスクラスの敵として登場。 パーツを入手すればプレイヤーも使用可能。 本作では巨大ボスとして登場。 機動戦士ガンダム• RX-78-2 ガンダム• RGM-79 ジム• MS-06F ザクII• MS-06S シャア専用ザクII• MS-09 ドム MSV• RX-78-3 G-3ガンダム• MS-06F ザクマインレイヤー• MS-06FS ガルマ・ザビ専用ザクII FS型• MS-06R-1A 高機動型ザクII• RX-178 ガンダムMk-II(ティターンズ仕様)• RX-178 ガンダムMk-II(エゥーゴ仕様)• MSN-00100 百式• AMX-004-2 キュベレイMk-II 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア• MSN-04 サザビー• AMS-119 ギラ・ドーガ• AMS-119 ギラ・ドーガ(レズン専用機) 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン• RGM-79GS ジム・コマンド 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY• RGM-79N ジム・カスタム• XM-X クロスボーンガンダムX1 機動武闘伝Gガンダム• GF13-017JII ゴッドガンダム• GF13-050NSW ノーベルガンダム• GF13-001NHII マスターガンダム 新機動戦記ガンダムW ENDLESS WALTZ• XXXG-00W0 ウイングガンダムゼロ EW• XXXG-01H2 ガンダムヘビーアームズ EW• XXXG-01D2 ガンダムデスサイズヘル EW 機動新世紀ガンダムX• GAT-X105 エールストライクガンダム• GAT-X105 ソードストライクガンダム• GAT-X105 ランチャーストライクガンダム• ZGMF-X10A フリーダムガンダム 機動戦士ガンダムSEED-MSV• MBF-02 ストライクルージュ+I. 機動戦士ガンダムSEED ASTRAYシリーズ• MBF-P02 アストレイレッドフレーム• MBF-P02KAI アストレイレッドフレーム改• MBF-P03 アストレイブルーフレーム• MBF-P03R アストレイブルーフレームセカンドリバイ• MBF-P04 アストレイグリーンフレーム 機動戦士ガンダムSEED DESTINY• ZGMF-X20A ストライクフリーダムガンダム• ZGMF-X42S デスティニーガンダム 機動戦士ガンダム00• GN-0000 ダブルオーガンダム• GNX-Y901TW スサノオ 機動戦士ガンダムUC• RX-0 ユニコーンガンダム【ユニコーンモード】• RX-0 ユニコーンガンダム【デストロイモード】• RX-0 バンシィ【ユニコーンモード】• RX-0 バンシィ【デストロイモード】• MSN-06S シナンジュ• AMX-009 ドライセン ガンダムビルドファイターズ• ミッションはアクションゲームとなっており、ガンプラを操作して敵として登場するガンプラを倒す。 倒した敵ガンプラからはパーツを入手できる。 ダメージを受けるとパーツが外れることがある。 アームが外れると攻撃や防御ができなくなったり、バックパックが外れるとブースト移動ができなくなったりする。 外れたパーツはそのパーツの場所に移動するか、R1ボタンを押しっぱなしにすることで再び接続することができる。 ガンプラカスタマイズ カスタマイズでは入手したアイテムを組み立て、自分のガンプラを強化することができる。 ガンダムのボディにジムの頭を取り付けたり、百式のビームライフルを持たせたりと自由に組み合わせることができる。 また、一部のパーツはで作成できる。 例えばジムのランナーからガンタンクの頭部を作ったりできる。 ただし、ビルダーのレベルが一定以上でないと作成できない。 ビルダーとしてのレベルはパーツ作成を行うごとに上がる。 パーツはヘッド、アーム、レッグ、バックパック、シールド、近接武器、射撃武器に分かれている。 さらにオプション兵装、EXアクション、モジュールをセットすることで特殊能力や特殊な技を使用することができるようになる。 ガンプラペイント 機体の性能には影響しないが、ガンプラのカラーリングも行える。 ビルダーレベルの上昇に伴って、光沢処理や汚し処理()なども行えるようになる。 プレイヤーズショップ GPをガンプラやアイテムと交換できるショップ。 不要なパーツやランナーをGPと交換することもできる。 また、経由でラックブースター(ミッション内でランナーの出現率が上がる消費アイテム)を購入することもできる。 マルチプレイ インターネットに接続することで最大4人同時協力プレイすることが可能。 また、Vita版はアドホックで4人同時プレイが可能。 また、マルチプレイ時はパーツが出やすくなるというメリットもある。 なお、シングルプレイ時はNPCの僚機プレイヤーが登場する。 開発 [ ] 本作のディレクターとなる福川大輔は、バンダイナムコゲームスの関係者から「新たな柱として『ガンダム』のゲームの企画を立案したい」と持ち掛けられたことが本作の開発のきっかけであり、福川は従来と違う方法で『ガンダム』と考えていたと電撃オンラインのてけおんとのインタビューで述べている。 ガンプラを題材とする本作の企画案が出されたことにより、スタッフの考えがまとまり、採用へ進んだ一方、ガンプラのどの部分をゲーム化するかという点においては意見が割れた。 福川は前述のインタビューの中でパーツの組み換え機能の開発は一番苦労したところであると同時に楽しいところであると振り返り、「パーツの組み換えや武器の選択が自由な点はもちろん大きな魅力だが、同じ機体でもスケールが異なるものが存在する点がガンプラにしかない要素だと思う。 これにより、原作の設定とはまた違う強さを表現することができ、本作らしい世界観が出来上がったと思う」と本作の目玉について述べた。 主題歌 [ ] PS3版は当初はオープニングテーマはなかったが、PS Vita版の発売に合わせてアップデートされ、オープニングが追加された。 PS Vita版オープニングテーマ「」 作詞・作曲・歌 - 脚注 [ ].

次の

ガンブレモバイル攻略まとめGS

ガンダム ブレイカー モバイル ストーリー

序盤の流れ• チュートリアルの流れで無料10回ガシャを引く• ホームで操作可能になったら、【プレゼントBOX】から「事前登録報酬」を受け取る• 必要であれば手に入れたハロチップで各種ガシャを引く• 1日に1回無料の「ガンプラパーツスタンダードガシャ(1回)」と「AIパイロットスタンダードガシャ(1回)」、「フレンドポイントガシャ(10回)」を引く• 手に入れたパーツで【ガンプラビルド】からビルドする• 準備が完了したら【ミッション】から【ストーリーミッション】進行開始 序盤のガシャの方針 【ガシャ】には大きく分けて「ガンプラパーツ」と「AIパイロット」の2種類があるが、まずは「ガンプラパーツ」を優先するといい。 中でも強力なEXskillが使えるパーツ、または強力な武器が序盤からあると攻略が大幅に楽になる。 「AIパイロット」に関しては、ストーリーミッションをある程度進めると解放される「ジョブライセンス」に大きく影響する。 序盤は事前登録報酬のアムロ・レイ【事前登録報酬】、ヒイロ・ユイ【事前登録報酬】だけでも十分やっていけるので、後述の「ジョブライセンス」解放後に狙っていくのがいいだろう。 最序盤のビルドについて チュートリアルでも行われる通り、「おまかせ最強」で最も戦闘力が高いビルドを組んでくれるので、最序盤の攻略においては基本的にそれで問題ない。 とはいえ、プレゼントBOXから受け取ったパーツだけでも、うまく組み合わせることで戦闘に有利になる能力を発動させることが可能だ。 下記に「事前登録報酬」で手に入るパーツのみを使ったビルドを紹介している。 これを参考にして、ガシャで引いたパーツを絡めて自分なりのビルドを組んでみよう。 事前登録報酬を使ったビルドの一例 部位 名称 EXskill/パーツ特性 ワードタグ 頭部バルカン 主人公機 ガンダムタイプ マシンキャノン 可変 主人公機 ビームタイプの射撃武器のリロード速度6%上昇 主人公機 接近戦 ジョブがAll-Rounderの時、遠距離射撃攻撃の威力5%上昇 可変 ガンダムタイプ ジョブがAll-Rounderの時、バーニアの回復速度が4%上昇 主人公機 ガンダムタイプ ジョブがDefenderの時ジョブゲージ増加量2%上昇 可変 ガンダムタイプ ジョブがAll-Rounderの時、EXskillの威力8%上昇 可変 遠距離戦 ライフルカテゴリ装備時、弱体化EXskillの効果1%上昇 主人公機 接近戦 1%の確率でステップ時、バーニア消費無効 可変 ガンダムタイプ 解説 上記のビルドは射撃系のEXskillを2種使うことができ、ワードタグが3種発動しているのがポイントだ。 ワードタグとは、各部位に設定されているもので、5つ揃えることで発動する能力。 上表の青文字が発動ワードタグで、「主人公機」は、 格闘攻撃力10%上昇、「ガンダムタイプ」は、 耐久力と物理耐性5%上昇、「可変」は 射撃防御力10%上昇となっている。 このほか、最序盤はジョブライセンス(詳しくは後述)がAll-Rounder固定なので、いくつかのパーツ特性も活きている。 なお、属性はTechniqueになっているが、AIパーツをアムロ・レイ【事前登録報酬】に換装することで、ワードタグ可変は未発動となるものの、属性をPowerに変えることが可能だ。 属性について 各パーツには、「Power」「Speed」「Technique」の3つの属性が設定されている。 ガンプラビルドの際、いずれかの属性が5つ以上になるとガンプラに属性が付与され、いずれの属性も5つ以上にならなかった場合は、無属性となる。 それぞれの属性は以下のような三竦みの関係になり、 有利属性だと与ダメージが上昇、 不利属性だと与ダメージが減少するため、バトルへの影響は大きい。 なお、無属性はこの三竦みに干渉しない。 基本的に有利になる属性を選んでいくことが重要だが、パーツが不十分で狙った属性を発動しづらい 事前登録報酬のパーツでは「Speed」属性を組めない 序盤では、不利になる属性を避けるか、無属性になるようにビルドするといいだろう。 ストーリーミッションを進めよう ストーリーミッションの前半は、チュートリアルとして本作のシステムを学ぶことができる。 また、コンテンツの解放も絡んでくるので、ビルドが完了したら、まずはストーリーミッションをどんどん進めていこう。 ストーリーミッション進行時のポイント• 1章は特に強化せずにクリア可能• 2章から敵のボスが属性付きで出てくるので、不利属性にならないよう意識しよう• 報酬は【プレゼントBOX】へ送られるので、ホームを訪れた際に受け取ろう。 強化 ストーリーミッション1-3クリアで解放。 強化専用のアイテム、またはパーツを使って経験値を付与し、レベルアップさせることができる。 また、パーツのレア度を上げて、さまざまな能力を上昇させる「覚醒」もある。 本作の醍醐味である【ガンプラビルド】に絡む重要な要素だ。 序盤の強化方針 序盤では専用素材やパーツ不足が考えられるため、「覚醒」でレア度をあげにくい。 そのため、レベル上限が高く、強化時の伸びしろがあるレア度の高いパーツを優先的に強化していくのがいいだろう。 また、序盤の攻略は攻撃面よりも防御面を強化しておくことで安全に攻略できる。 強化部位に悩んだら、まずは耐久力や防御、耐性に影響がある「Body」、「Legs」、「Back」を強化するのがおすすめだ。 ALLは汎用性が高いので、専用ニッパーがあるならそちらを優先的に使っていこう。 不要なパーツがある場合は使ってもいい。 パーツ特性とEXskillの強化 パーツ強化を行うとき、同一パーツを強化素材として選ぶと、「EXskill」と「パーツ特性」のレベルを上げることができる。 アチーブメントをチェック ストーリーミッション1-3クリアで解放。 ホーム画面の【アチーブメント】から条件達成型報酬の内容確認と受け取りが可能だ。 「デイリー」、「ノーマル」、「イベント」の3種類が用意されている。 期間限定となる「イベント」、その日限定となる「デイリー」は、優先的に挑戦し、報酬の獲得を目指していこう。 僚機を設定し、小隊を組もう ストーリーミッション1-5をクリアすると、チュートリアルで設定方法を学べる。 ガンプラは最大9機まで設定することができ、そのうち2機を選んで小隊を編成し、僚機としてバトルに参加させることが可能だ。 また、小隊は10個まで編成することができる。 将来的には、戦況に合わせた編成を用意することになるが、序盤はまず単純な戦力として、余っているパーツを使ったガンプラを編成していこう。 右下のメニューを開いて、「小隊編成」から小隊を編成していこう。 小隊コストとコストオーバー 各ガンプラには【コスト】が設定されており、小隊コストをオーバーしないように編成することが大切。 基本的にコストオーバーしてもミッションに出撃することは可能だが、 出撃時した際に耐久力にペナルティが発生するので注意しよう。 なお、小隊コストはプレイヤーレベルによって上限が決まるので、レベルが上がることでより高いコストの編成が可能になる。 また、 ストーリーミッションにおいてはコストオーバーによるペナルティがないので、気にせず編成していこう。 また、小隊の各ガンプラをロングタップすれば【ガンプラビルド】に遷移できるので覚えておこう。 プロフィールとオンラインエントリー ストーリーミション1-7をクリアするとチュートリアルを介して設定できるようになる。 オンラインエントリーをすることで、他のユーザーに自分のガンプラを救援機として選んでもらえるようになり、使用してもらった場合は、フレンドポイントを獲得可能だ。 フレンドポイントは「フレンドポイントガシャ」を引くことができるので、自慢のガンプラビルドをオンラインエントリーしておこう。 一番下がオンラインエントリーされているガンプラで、選択後はビルドを始め、ガンプラ一覧からのコピーなどが行える。 ビルドを変更したあとなど、更新したい場合はこちらから設定していこう。 コンテンツの解放 ストーリーミッションを進行し、1章をすべてクリアすると【フリーミッション】、【曜日ミッション】、【イベント】が解放。 また、3章をすべてクリアすると【ジョブライセンス】、【アリーナ】が解放され、遊びの幅を広げることができる。 各種コンテンツを利用してガンプラの強化を行い、ストーリーミッションの続きや高難易度ミッションへ挑戦していこう。 フリーミッション 何度でも挑戦可能なミッションで、育成やパーツ収集などに役立つ。 救援機として他のユーザーのガンプラを味方として同行させられる。 また、他ユーザーのガンプラは敵としてミッションに乱入してくる場合もある。 戦闘力や属性など、ミッションに有利になる救援機を選択していこう。 曜日ミッション パーツ強化に役立つアイテムやキャピタルを入手できる。 曜日ごとに内容が変わるので、忘れずにチェックしよう。 難易度は「Normal」、「Hard」、「Very Hard」と3種類あるので、自分の戦闘力に合った難易度を選択し、挑戦するといい。 挑戦回数に限度はないので、目当ての強化アイテムが手に入る日は積極的に挑戦するといいだろう。 イベント イベントが開催されると、期間限定のミッションに挑戦することができる。 イベントが開催されている場合は、本wikiのトップページやイベントページでお知らせしているので、そちらをチェックしてほしい。 アリーナ 【アリーナ】とは、毎週開催される大会で、他のユーザーのガンプラとバトルし、ランキングを競い合うコンテンツだ。 開催期間中に参戦すると、結果に応じて「アリーナポイント」と「アリーナコイン」を獲得し、獲得した「アリーナポイント」でランクとランキングが決定される。 報酬には強化ニッパーやキャピタルなど強化に役立つアイテムが用意されており、ランク上位になればなるほど豪華になるので、積極的に挑戦しよう。 「3on3」に関してはストーリー6章クリアで解放可能だ。 1日に参戦できる回数は1日3回までとなっており、開催される大会によって参加条件や出撃条件が異なるので、ゲーム内でしっかり確認しよう。 報酬について ランクごとのデイリー報酬のほか、最終順位でも報酬を獲得できる。 また、獲得した「アリーナコイン」で【コイン交換所】にてアイテムとの交換も行える。 敵機について 対戦相手は、他ユーザーのガンプラ(CPU操作)となっている。 前日までのバトル戦績をもとに、対戦相手としてリストに表示される。 戦闘力や属性など、相性を考えて対戦相手を選んでいこう。 ジョブライセンス 3章クリアで解放される「ジョブライセンス」は、バトル中のガンプラの役割を特化させるビルド要素の1つだ。 設定できるジョブライセンスは、AIパイロットによって決まっている。 各「ジョブライセンス」の特徴を把握し、【ガンプラビルド】から設定していこう。 ヒイロ・ユイ【事前登録報酬】であれば、「Defender」を選択することが可能だ。 ゲージが100%のときにタップすると各ジョブ固有のリミットバーストを発動できる。 ジョブ 特徴 リミットバースト All-Rounder すべてのAIパイロットが装着可能。 パラメータの上昇やバトル中の効果なし。 なし Defnder 耐久力、格闘防御力、射撃防御力が上昇。 シールドを装着している場合、ガードが全方位になり、ステップ中に自動的にガードを行う。 リミットバースト発動後は、常時ガード状態になる。 また、ガードを行った場合は、普段なら崩されるような攻撃もガードできるスーパーガードが行える。 In-Fighter 格闘攻撃力が大幅上昇。 ステップ中にダブルタップすると、ステップから直接強攻撃を出せる。 シールドを装備していてもガードを行えなくなるが、チャージボタンが追加され、タップすることでジョブゲージを溜めることが可能。 リミットバースト中は格闘攻撃で与えるダメージをアップし、格闘攻撃中、敵の弱い攻撃に怯まなくなる。 Out-Fighter 格闘攻撃力が大幅上昇。 ステップ中にダブルタップすると、ステップから直接強攻撃を出せる。 シールドを装備している場合、ステップ中に自動的にガードを行う。 リミットバースト中は格闘攻撃で与えるダメージがアップし、格闘攻撃中、敵の弱い攻撃に怯まなくなる。 Middle-Shooter 射撃攻撃力が大幅上昇。 すべてのカテゴリの射撃武器が中距離からの攻撃が有効になり、射撃ボタンを長押しすると特殊射撃が行える。 シールドを装備している場合、ステップ中に自動的にガードを行う。 リミットバースト中はリロード時間が大幅に短縮される。 Long-Shooter 射撃攻撃力が大幅上昇。 すべてのカテゴリの射撃武器が遠距離からの攻撃が有効になり、射撃ボタンを長押しすると特殊射撃が行える。 リミットバースト中はリロード時間が大幅に短縮され、さらに射撃距離が大きく伸びる Supporter サポート系EXskillのクールタイムが早くなる。 シールドを装備していてもガードを行えなくなるが、チャージボタンが追加され、タップすることでジョブゲージを溜めることが可能。 リミットバースト中は自機と味方機のすべてのカテゴリのEXskillのクールタイムが短縮される。 ジョブの性質を活かしたビルドを考えよう 今後ビルドを行っていく際、この「ジョブライセンス」を意識して性能を特化させると、敵に応じて戦闘をより有利に展開できるようになってくる。 パーツが豊富になってきたら、属性をはじめ、EXskillやパーツ特性、ワードタグといった要素を加味し、自分の戦闘スタイルにあったガンプラをビルドしていこう。 優先パラメータの項目は、特化型ビルドを組む際に役立つ。 毎日プレイしたいもの 一通りコンテンツを解放したら、以下のデイリー系を毎日こなすようにし、アイテムやパーツなどを獲得していこう。 日課にしたいコンテンツ• ガンプラパーツスタンダードガシャの1回ガシャ(1日に1回無料、毎日5:00に回数がリセット)• AIパイロットスタンダードガシャの1回ガシャ(1日に1回無料、毎日5:00に回数がリセット)• フレンドポイントガシャの10回ガシャ(1日に1回無料、毎日5:00に回数がリセット)• デイリーアチーブメントの達成• 残り時間はガシャの画面で確認可能だ。

次の

NoxPlayer を使い「ガンダムブレイカーモバイル」を PC で遊ぼうとしたが正常に動作しないようだ

ガンダム ブレイカー モバイル ストーリー

自分はスマートフォン向けのゲームを遊ぶ際、NoxPlayer というエミュレーターソフトウェアを利用し、PC で遊ぶ事が多い。 スマホ本体よりも大画面でキーボードやマウスも利用できるため、快適に遊ぶことができる。 このページでは PC 向けの Android エミュレーター NoxPlayer を使い、ガンダムブレイカーモバイルを PC で遊ぶ方法を紹介する。 もし NoxPlayer を良く知らない、まだインストールしていない、というのであれば以下の解説記事をオススメする。 Sponsored Links NoxPlayer に「ガンダムブレイカーモバイル」をインストールし遊んでみる ガンダムブレイカーモバイルは端末毎の制限などを行っていないようで Android スマートフォンと同じように Google Play を立ち上げ、ガンダムブレイカーモバイルのページを開いてインストールできる。 ただし、Android 6. 0 以上を要求するため、NoxPlayer では Android のバージョン 7 を利用しよう。 Android 7 の利用方法については以下を参照してほしい。 Google Play からインストールできない場合は NoxPlayer の端末情報を変更するとインストールできるようになるかもしれない。 また、APKPure などから apk ファイルをダウンロードしてインストールする方法もある。 Google Play からインストールできないゲームでも apk からインストールし起動可能な事は多い。 起動したので少し遊んでみよう。 ゲームは縦画面のアクションゲームだ。 スワイプで移動したり各種ボタンをタップで射撃やスキル、防御などを行う事ができる。 ただ、チュートリアル終了までは進むものの、ストーリーモードを進めようとすると必ずアプリが落ちてしまう現象が発生してしまった。 こちらでも詳細設定を変更したりゲーム内設定を変更してみたもののあまり改善しないため、Nox 公式に問い合わせているところだ。 ガンダムは日本において人気タイトルなのでもしかしたら対応してくれるかもしれない。 NoxPlayer で「ガンダムブレイカーモバイル」をキーボード・ゲームパッドで遊ぶ ガンダムブレイカーモバイルはアクション要素の強いゲームなため、マウスのみで遊ぶのは難しいだろう。 NoxPlayer ではそのような場合に備え、「キーボードコントロール」の設定を利用してゲームをキーボードやマウスのボタンで操作できるようになる。 例えば前後左右のダッシュに WASD を、その周囲に射撃やスキル、防御などのキーを割り当てておけばマウスでの移動と組み合わせてかなり自由に操作できるようになる。 より詳細なキーボードの設定方法については以下の記事を参照してほしい。 また、NoxPlayer ではゲームパッドによる操作にも対応している。 ゲームパッドで遊びたいのであれば以下の設定を参考にしてほしい。 NoxPlayer で「ガンダムブレイカーモバイル」が動かない時に試す事 ガンダムブレイカーモバイルは3Dを多用した比較的重いゲームだ。 もし動作が重く感じる場合にはゲーム内設定のグラフィックの項目を下げてみよう。 また、NoxPlayer 本体設定の「高級設定」より利用する CPU コア数やメモリ使用量を増やすと快適になるかもしれない。 詳しくは以下を参考にしてほしい。 また、ゲームが動かない場合には以下も参考になるかもしれない。

次の