楽天モバイル 乗り換え。 ワイモバイルから楽天モバイルにMNP乗り換えする方法を解説!

auから楽天モバイルにMNP!乗り換え手順や注意点を解説

楽天モバイル 乗り換え

楽天モバイルの料金は本当に安いのか? 私が過去11年間使い続けてきたドコモから楽天モバイルにして一番実感したことは、その料金の安さです。 ドコモでは端末代を除く料金が月額平均7,500円でした。 ドコモに限らず大手キャリアを使っている人なら平均的な利用料だと思います。 でも、携帯料金で 毎月7500円は安月給のサラリーマンにとって正直かなり負担です。 そこで、料金が安いと評判だった楽天モバイルに乗り換えたのでした。 楽天モバイルの料金は一体いくらになったのか? ドコモから楽天モバイルに乗り換えていったいいくら料金が安くなったのか? 楽天モバイルのマイページから利用料金の明細を転載します! 私の料金プランは スーパーホーダイSというプランです。 5分以内かけ放題で、2GB使用可能、使い切った後でも1Mbps使い放題となっています。 始めの12か月は割引があります。 明細です。 一月の使用料がなんと、 2,161円でした。 基本使用料が2,980円ですが、楽天会員なので1000円割引が適用されています。 スーパーホーダイSプランには5分間通話無料が付いてるので、通話料は0円でした。 年間使用料は 25,932円になります。 この額は妻のスマホ(au )の料金7000円を大幅に下回っています。 以前ドコモのスマホ料金で 毎月7,500円以上払っていたのがバカみたいです。 もし、ドコモのスマホをこのまま使い続行けていたらなんと年間 90,000円になります。 楽天モバイルとの差は年間 64,068円にもなります。 私にとってはちょっとしたボーナス分くらいになります。 あなたがまだドコモやauを使っているなら、私は乗り換えを強くススメます! ドコモからMNPを使って楽天モバイルに乗り換えた理由 自分の携帯番号はそのままで、通信会社を変えることをと言います。 元の会社にMNPを利用する旨を伝え、予約番号を発行してもらう必要があります。 他社同様ドコモの場合もネットでの申請可能ですが、私の場合は主回線を妻の回線と一緒にしていたので電話で申し込む必要がありました。 ドコモに電話すると担当者から、 契約解除の理由、移る先、料金など聞かれます。 めんどくさいなぁと思いながらも、正直にドコモの料金が高かったためと伝えました。 そして、MNPで必要な 予約番号を教えてもらいました。 あと、ドコモのポイントが790P貯まっていて店頭でないと使えないと言われたのですが、面倒なのでそのまま手続きをしちゃいました。 また、ドコモに残った妻の回線費用は翌月にコンビニ支払いになること、今後SIMカードが使えなくなることなど伝えられました。 さらっと聞き流してしまったのですが、 ドコモSIMカードがいつ使えなくなって、新しいSIMがいつ届くのか? こんな重要になことにあまり気を止めていませんでした。 そして気が付いたのは、 2日後、ドコモのスマホが使えなくなった時でした。 あれ?朝は使えていたのに急に使えなくなったぞ?故障か?と思って何度も電源を入れな直したりして、「 そーか、ドコモ解約したんだった」と思いだしたのです。 電話は出来ない、メールは使えない、ネットはつながらないで焦りました。 で、肝心の楽天モバイルのSIMが届くのが申し込みから 1週間程度かかるとのこと、これは結構戸惑います。 楽天モバイルの店頭に行けば解約して即日に受け渡しが可能だと思いますが、ネットだと便利な反面 受け渡しに時間がかかるのです。 SIMカードでこれだから、スマホ本体で人気のある機種だったらもっと時間かかることもあるのではないでしょうか? 会社の携帯を持たず、自分のスマホを仕事でも使っている人は要注意です。 「 そんなこと、始めからわかることだろっ」と突っ込まれそうですが、正直これが一番困りました。 SIMカードが意外と早く届きました! 実は利用不可時間をなくす方法がありました! 今更ですが、MNPを使って楽天モバイルに切り替えようとした時に、一時的な利用不可を回避できる方法がありました。 SIMを自宅で受け取った後、楽天モバイル開通受付センターに電話すると、短い時間で切り替えができます。 今使っているMNP対象電話番号から、開通受付センターに電話すると自動音声が流れるので、音声に従って操作してください。 ・9:00〜20:59までに開通受付が完了した場合当日中に切替が完了いたします。 ドコモから楽天モバイルへ乗り換えた感想まとめ 通話SIM 3. 1GBプラン 繁忙時間帯は非常に遅いです 【データ量】 3Gは毎月使い切れていません。 頻繁に利用する時間帯は、朝の通勤時、昼休みの時間帯、夜帰宅してからです。 朝の通勤時間帯、昼休みはWeb閲覧等が非常に遅く使えない。 特に昼間はひどい状況です。 なお、夜は自宅のWIFI利用のため、毎月1G程度お利用にとどまっています。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 データ量の満足度に、記載した通りですが、 繁忙時間帯は非常に遅いです。 【通話】 基本的には通話は緊急時以外はしません。 友人とは、LINEで通話していますが、通話の品質については特段問題はありません。 電話で話す際は、楽天電話を使うことで半額の得点を得ています。 【手続き・設定の簡単さ】 特にトラブルなく、利用開始できました。 【サポート】 切替時に質問しましたが、適切に回答いただきました。 【総評】 価格が安いのは魅力。 でも通信速度はある程度覚悟がいるかも。 私は、社用のスマホ(大手キャリア)と2台持ちしているため、使い分けしています。 次に良い評価の口コミを紹介します。 スマホ料金が5分の1に 【データ量】 ヘビーユーザーですが、自宅で使うことが多く、ほとんどWiFiです。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 旅行先でも電波安定してます。 唯一大型花火イベントの時は繋がりにくく、 弱者な感覚になりました 【通話】 特に問題はありません。 【手続き・設定の簡単さ】 お店に直接行ったので1時間ほどで、繋がり、質問もしやすかったです。 【サポート】 まだとくにサポートは利用してませんが、 料金変更とかすぐに、スマホでできるので楽チンです 【総評】 余ったデータの繰越もできたりするので、 だいたい2000円から3000円くらいの料金でもヘビーに使えます。 前の会社の時は1万円を毎回超えてたので、 だいぶん節約になりました 料金が半額に!通話SIM 3. 1GBプランです 【データ量】 自宅ではwifiを使っているので、データが足りなくなることはありません。 月によっては余るときもあります。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 特に遅いとか繋がりにくいとか感じることなく、ストレスなく使用してます。 【通話】 特に不便なく、違和感も感じずに通話できます。 【手続き・設定の簡単さ】 SIMカードを差し込むだけなので、なにも不便は感じません。 【サポート】 不明な事など電話で聞いた事がありましたが、スタッフの方が色々熟知していてすぐに解決しました。 1つ不満を言えば、電話が混雑していたようで保留音が長く繋がりにくかったことです。 【総評】 はじめは色々不安もありましたが、変えてみるとなんでもっと早くしなかったんだろうと思います。 料金は半額以下になり、これまでの料金には戻れないなと思います。 端末情報は日々変わっているので、各端末の詳細については公式サイトを確認してください。 Liquid Z530 IDOL4 SHINE LITE IDOL 2 S IDOL 3 iPad Air 2 モデル A1567 iPad Air モデル A1475 iPad Air 10. 5インチ 第3世代 iPad mini 2nd モデル A1490 iPad mini 3 モデル A1600 iPad mini 4 モデル A1550 iPad mini 第5世代 iPad Pro 12. 9インチ 第1世代 モデル A1652 iPad Pro 12. 9インチ 第3世代 モデル A1895 iPad Pro 9. 7インチ モデル A1674 iPad 9. 7インチ 第6世代 iPhone 5 モデル A1429 GSM iPhone 5c モデル A1456 iPhone 5s モデル A1453 iPhone 6 Plus モデル A1524 iPhone 6 モデル A1586 iPhone 6s Plus モデル A1687 iPhone 6s モデル A1688 iPhone 7 Plus モデル A1785 iPhone 7 モデル A1779 iPhone 8 Plus モデル A1898 iPhone 8 モデル A1906 iPhone SE モデル A1723 iPhone X モデル A1902 iPhone XR モデル A2106 iPhone XS Max モデル A2102 iPhone XS モデル A2098 AS01M onepad 7 LTE Nexus7 LTE 2013 ZenFone 2 ZenFone 2 Laser ZE500KL ZenFone 2 Laser ZE601KL ZenFone 3 ZE520KL ZenFone 3 ZE552KL ZenFone 3 Deluxe ZS550KL ZenFone 3 Deluxe ZS570KL ZenFone 3 Laser ZC551KL ZenFone 3 Max ZC520TL ZenFone 3 Max ZC553KL ZenFone 3 Ultra ZU680KL ZenFone 4 ZE554KL ZenFone 4 Max ZC520KL ZenFone 4 Max Pro ZC554KL ZenFone 4 Pro ZS551KL ZenFone 4 Selfie ZD553KL ZenFone 4 Selfie Pro ZD552KL ZenFone 5 A500KL ZenFone 5 ZE620KL ZenFone 5Q ZC600KL ZenFone 5Z ZS620KL ZenFone AR ZS571KL ZenFone Go ZB551KL ZenFone Live ZB501KL ZenFone Max ZenFone Max Plus M1 ZenFone Selfie ZenFone Zoom ZenFone Zoom S ZE553KL ZenPad 10 Z300CL ZenPad 10 Z300CNL ZenPad 3S 10 Z500KL ZenPad 7. 0 Z370KL ZenPad 8 Z380KNL ZenPad 8. 0 Z380KL ZenPad3 8. 0 Z581KL elm. 0 LTEモデル MediaPad M2 8. 0 MediaPad M3 MediaPad T1 7. 0 LTE MediaPad T2 7. 0 Pro MediaPad T2 8 Pro MediaPad X1 7. 7 Plus SC-01E GALAXY Tab S 8. HATSUNE MIKU SO-04E Xperia GX SO-04D Xperia J1 Compact Xperia SX SO-05D Xperia Tablet Z SO-03E Xperia X Compact SO-02J Xperia X Performance SO-04H Xperia XZ Premium SO-04J Xperia XZ SO-01J Xperia XZ1 SO-01K Xperia XZ1Compact SO-02K Xperia XZs SO-03J Xperia Z SO-02E Xperia Z1 f SO-02F Xperia Z1 SO-01F Xperia Z2 SO-03F Xperia Z2 Tablet SO-05F Xperia Z3 Compact SO-02G Xperia Z3 SO-01G Xperia Z4 SO-03G Xperia Z4 Tablet SO-05G Xperia Z5 Compact SO-02H Xperia Z5 Premium SO-03H Xperia Z5 SO-01H XPERIA XZ SO-01J Pocketalk W UPQ Phone A01 UPQ Phone A01X VAIO Phone Biz VAIO S11 Tommy ViEW g08 View Prime Blade V7 lite Blade V7 Max Blade V8 M Z-01K MF98N MONO MO-01J MONO MO-01K ZTE AXON 7 ZTE AXON 7 mini ZTE AXON mini ZTE BLADE E01 ZTE BLADE E02 ZTE Blade L3 g01 ZTE Blade S g03 ZTE Blade S Lite g02 ZTE Blade S7 g05 ZTE Blade V580 ZTE Blade V6 ZTE Blade V770 UQ mobile ZTE Blade V8 ZTE Blade Vec 4G g06 CP-L43s-Ab PIX-MT100 Mode1 MD01P ez:commu BASIO 3 KYV43 GRATINA KYF37 GRATINA 4G KYF31 GRATINA 4G KYF34 KYV36 DIGNO rafre KYV39 miraie f KYV40 rafre MARVERA KYF35 Qua phone KYV37 Qua phone QX KYV42 Qua phone QZ KYV44 S301 TORQUE SKT01 TORQUE G02 KYV35 TORQUE G03 KYV41 URBANO V02 KYV34 URBANO V03 KYV38 かんたんケータイ KYF36 端末によっては動作確認はできているけどテザリングができなかったり、構成ファイルのダウンロードが必要な場合があります。 目当ての端末が記載されていたとしても、公式サイトで の詳細を確認してください。

次の

楽天モバイルからワイモバイルにMNP乗り換えする手順5つを徹底解説

楽天モバイル 乗り換え

3大キャリアと格安SIM会社の中間的な存在である ワイモバイル。 大手と比較した料金の安さにひかれワイモバイルを愛用している方は多いようです。 一方「ドコモとかの大手キャリアじゃないんだし、もうちょっと料金が安くても良いのでは? 」と、不満を感じている方もいそうですね。 例えばワイモバイルから 楽天モバイルに乗り換えると、月々のスマホ代が安くなる可能性があります。 ただ ワイモバイルは、MNP転出の方法がちょっと複雑なのが難点です。 そのため他社格安SIMサービスへの乗り換えを行う時に、MNPの申し込みで戸惑う方は少なくないようです。 そこで本ページでは、ワイモバイルでMNPを申込む方法を、細かい点まで解説します。 楽天との料金差についても触れますので、是非チェックしてみてください。 こうした楽しみがなくなることを、デメリットだと感じる方もいることでしょう。 以上のように、ワイモバイルから楽天モバイルへの乗り換えには出費を含むデメリットがともないます。 はたして乗り換えを行うことで、これらのデメリットが気にならなくなるほど携帯料金が安くなるのでしょうか。 ここで、ワイモバイルと楽天モバイルの料金プランを比較して見ることにしましょう。 ワイモバイルといえば、「 ワンキュッパ割」が話題となっていますね。 この新しい割引サービスが気になって、ワイモバイルから格安スマホへの乗り換えを躊躇している方も多いのではないでしょうか。 ワンキュッパ割とは、各種スマホプランの基本使用料が1,000円引きになるキャンペーンのことです。 スマホプランSを選んだ場合は、月額基本料が1,980円 ワンキュッパ になります。 ハッキリ言ってしまうと、 ワンキュッパ割を利用すれば楽天モバイルよりも安くワイモバイルを利用することが可能となります。 ただし、現在ワイモバイルを契約している方は、 ワンキュッパ割がもつ以下の特徴に注意しなければなりません。 契約変更で申し込む場合は「スマホプランデータ増量プログラム」の対象とならない• 月額基本料が割り引かれるのは契約から1年間のみ 新規契約者やMNPでワイモバイルに転入した方なら、ワンキュッパ割と同時に「スマホプランデータ増量プログラム」の適用を受けることができます。 スマホプランデータ増量プログラムとは、ワンキュッパ割対象データプランで高速通信のデータ量が24ヶ月間限定で2倍になるキャンペーンです。 1,980円で利用できるスマホプランSを契約した場合は、データ容量が1GBから2GBにアップします。 しかし、機種変更や契約変更でワンキュッパ割を適用された方は、スマホプランデータ増量プログラムの適用を受けることができません。 さらに、ワンキュッパ割の適用は、1年間で終了してしまいます。 つまり契約から1年が経過すると、月額基本料が通常のプラン料金の額に戻ってしまうのです。 ワンキュッパ割を適用して月々1,980円のプランに乗り換えても、1年後に月額2,980円に上がってしまうのではあまりお得といえません。 高速データ通信容量1GBという点も、通信速度など使い勝手を考慮すると微妙ですよね。 長期的に見て楽天モバイルへの乗り換えがお得かどうかを判断するためには、短期的なキャンペーンを排除して利用料金差をチェックすることが肝要です。 そこで今度は、割引が適用されていない状態の、ワイモバイルのスマホプランの料金をチェックしてみましょう。 以下は、通話付き「スマホプランM」の月額料金とサービス内容になります。 ワイモバイルのスマホプランMよりデータ通信量が多いプランでありながら、 980円も安い費用で運用できます。 前述のとおり、ワイモバイルから楽天モバイルへの乗り換えに、デメリットがあることは否めません。 しかし、契約更新期間に乗り換えを行えば、デメリットを大きく削減できます。 少ないデメリットで、毎月のスマホ代を980円も浮かせられるのであれば、乗り換えを行う価値は十分にあるといえるはずです。 EMOBILE 4G• EMOBILE LTE• EMOBILE3G ここまでに触れた点を踏まえたうえで、おすすめのMNP予約番号取得方法をご紹介しましょう。 まず、 基本的におすすめなのは、電話でのMNP予約番号取得です。 全てのワイモバイル端末は、電話でMNPを申込むことが可能。 最も確実な方法であることから、電話での予約番号取得がおすすめだといえるのです。 ただし、EMOBILE 4GやEMOBILE LTEを利用している方には、My Y! mobileでのMNP予約番号取得をおすすめします。 なぜならば、WEBで手続きすることで、店員やオペレーターからの引き留めに遭わずに済むからです。 条件に該当する方は、次節でご紹介する手続き手順をチェックしてみてください。 なお、 店舗でのMNP予約番号取得は、対応してもらえないケースがあるのであまりおすすめできません。 たとえば、端末が家電量販店で購入したものだと、ワイモバイルのショップでMNP予約番号を発行してもらえない場合があります。 こうした対応の悪さが原因で、MNP転出時にショップをたらい回しにされることもあるようです。 ただ、店頭でのサービス内容は徐々に改善されているので、将来的にはもっと利用しやすくなるかもしれません。 本当はメールで手続きが出来れば楽なんですけどネ。 ワイモバイルカスタマーセンターに電話をかける• 案内に従ってダイヤルをプッシュしていく• 暗証番号をダイヤルで入力• オペレーターに「MNP予約番号を取得したい」• 質問や引き留めを受けるが全て断る• オペレーターからMNPの予約番号が伝えられる• 電話を切るとSMSで予約番号が送られてくる 電話口でオペレーターにMNP予約番号の取得を申込むと、解約の理由や次の契約先を聞かれます。 「月額料金の安い楽天モバイルに乗り換える」と告げると、ソフトバンクへのMNPを勧められるかもしれません。 というのも、ワイモバイルはソフトバンクの子会社だからです。 当然ながら、月々のスマホ代を安くしたいのですから、ソフトバンクに乗り換える意味はありません。 丁重にお断りして、MNP予約番号を発行してもらいましょう。 なお、 電話でのMNP申込み受付時間は、午前9:00から午後8時までとなっています。 では次に、店舗でMNP予約番号の発行を申込む手順と、申込時の注意点をチェックしてみましょう。 まずは詳しい手順から。 契約者本人がワイモバイルの店舗に出向く• 店員にMNP予約番号の取得を申込む• 解約の取りやめ・ソフトバンクへの乗り換えを提案されるが拒否• MNP予約番号を受け取る 上記申込み手順に、特に複雑なポイントはありません。 ただ、気になるのは店員からの引き留めですね。 面と向かって解約を思い留まるよう説得されると、心が折れそうになるかもしれません。 しかし、ここは押しの一手で解約を完遂させましょう。 なお、 店舗でのMNP予約番号取得に必要な物として、本人確認書類や認印があげられます。 認印はサインで代わりとすることができますが、本人確認書類を忘れると手続きができません。 店頭に出向く際は、免許証や健康保険証といった書類を忘れずに持参してください。 最後に、EMOBILE 4GやEMOBILE LTEを契約している方が利用できる、My Y! mobileでのMNP予約番号取得手順を見てみましょう。 My Y! mobileにログイン• 「契約内容の確認・変更」欄にある「ご契約内容の確認」を選択• 「メインメニュー」から「携帯電話番号ポータビリティ MNP 予約関連手続き」を選択• 「Webで手続きする」をクリック• 「ご契約電話番号」の欄にMNPする電話番号を入力する• 続けて「携帯電話番号ポータビリティ MNP 予約番号のSMS送信希望」の欄で「希望する」にチェックを入れる• 「次へ」をクリック• 注意事項を読んで「申込」をクリック• 予約日やMNP予約番号などが表示される 手順を守れば、My Y! mobileでのMNP予約番号取得は簡単に実践できます。 ただ、利用しているスマホの機種によっては、対象回線を使っているにも関わらずMy Y! mobileで予約番号を取得できないケースもあるようです。 この場合は、 電話によるMNP申込みに切り替えてください。

次の

楽天モバイルへの乗り換えは2年間までが超お得!乗り換え前提でおすすめします。

楽天モバイル 乗り換え

大手より格安に利用でき、無制限プランも注目を集めている楽天モバイル。 これを機に、他社から「MNP(Mobile Number Portability)」で乗換えを検討している人も多いのではないでしょうか。 また、現在ドコモ・au回線のプランを利用していて、逆に他の格安SIMに魅力を感じ、楽天モバイルからMNP転出をしたいと考えている人もいらっしゃるかもしれません。 今回は、 他社から楽天モバイルにMNPで乗換える方法、楽天モバイルから他社にMNPで乗換える手順をご紹介します。 MNPがわからないという方でもわかりやすく、シンプルな解説になっています。 また、MNPにあたっては注意点もありますので、ぜひこの記事を参考に、失敗のないようスムーズに手続きをしてくださいね。 他社から楽天モバイルに最短でMNP乗り換えする手順 他社から楽天モバイルに最短でMNP乗換えする手順(引用元:) 「MNP(Mobile Number Portability)」とは「携帯電話番号ポータビリティー」と称され、現在お使いの携帯電話番号を、そのまま他社の回線でも使えるようにする手続きのことをいいます。 MNPせずに契約すると、新規契約となり割り振られる電話番号も変更を余儀なくされるのですが、その問題を解決する手続きがNMPです。 もし電話番号が変わってしまうと、例えば銀行への届出や各種サービスでの登録情報を変更しなければなりません。 友人や知人へ電話番号の変更を知らせるにも手間がかかります。 しかしMNPで電話番号が変わらなければ、そうした手間のかかることが省けます。 さらに法改正によりMNPで他社キャリアへの乗換えのハードルが下がり、ますます乗換えの自由が広がりました。 今回は「楽天モバイル」の、MNPを使った乗換えについてご案内します。 基本的な手順は以下の5ステップです。 さっそく詳細をみてみましょう。 キャリアは自社の回線を利用してもらいたいので、他社の回線を使えなくする機能制限といったものです。 例えば、ドコモで購入したSIMロック解除をしていないスマホにauのSIMカードを差しても利用できません。 MNPで楽天モバイルへ乗換えるときは、まずはお使いの端末、またはキャリアによっては、SIMロックの解除が必要です。 楽天モバイルには、2020年の4月8日からサービスが開始された自社の楽天回線があり、お使いの端末のキャリアとの組合せが問題です。 SIMロックの解除操作は、そのスマホを購入したキャリアのHPもしくは店頭からの2とおりです。 ただし、HPは手数料は発生しませんが、店頭では3,000円になりますのでご注意ください。 もともと、SIMフリー端末で購入されている場合はSIMロック解除は不要です。 必要であるのは「 MNP予約番号」。 数字10桁の情報で、こちらはオンラインからと各キャリアの電話窓口どちらかで取得できます。 【各キャリアMNP取得窓口】 au ネットから 受付時間:9:00~20:00 手数料:3,000円 電話窓口 電話番号:0077-75470 受付時間:9:00~20:00 docomo ネットから 受付時間:9:00~21:30 手数料:3,000円 電話窓口 電話番号:(docomo端末から)151 (一般電話から)0120-800-000 受付時間:9:00~20:00 ソフトバンク ネットから 受付時間:9:00~21:30 手数料:3,000円 電話窓口 電話番号:(Softbank端末から)*5533 (一般電話から)0800-100-5533 受付時間:9:00~20:00 MNP予約番号の取得自体に費用がかかることはありませんが、この予約番号を使って申込みをすることによってMNP手数料3,000円の支払いが必要です。 この3,000円は乗換え元となる現在のキャリアに対して発生する費用です。 また、MNP予約番号には有効期限があり、取得から15日となっています。 期限をすぎると使えなくなってしまいますのでご注意ください。 ただし、楽天モバイルの場合は、 有効期限が10日以上残っている状態でなければMNPの申込み自体ができません。 MNP予約番号の再取得は何度でも可能です。 もし期限が切れてしまっても再度取得してしまえば問題ありません。 店舗での申込みは、スタッフから直接説明を受けられ、もろもろの操作をスタッフに任せられますが、必要書類の不備や不足、MNPの対応時間などによって、複数回足を運ぶこともあります。 (2020年7月現在) 詳細: 手順どおりに行えば特別に難しい操作ではないため、 オンラインからの申込みがおすすめです。 申込みに必要なもの 楽天モバイルの申し込みに必要なもの(引用元:) まず、申込みのために以下の4つを準備しておきましょう。 健康保険証やパスポートなどは単体では使えず、公共料金の領収書などの補助書類が必要です。 オンラインからの申込みの場合は「ご自宅MNP」を選択 MNPをともなう申込みの場合、設定項目のひとつに「MNP開通手続き方法」というものがあります。 ここに「ご自宅MNPを利用する」のチェックボックスがあるため、必ず選択をしておきましょう。 これは電話番号を現在のキャリアから楽天モバイルへ移す作業をユーザー自身で行うか、自動手配に任せるかの選択です。 ご自宅MNPを選択することで今後の工程がひとつ増えますが、自動手配にすると現在のキャリアの契約が早めに解約されてしまい、通信や通話が使えなくなってしまいます。 また、月々の支払い方法を口座振替にし、回線申込みと同時にスマホ端末やアクセサリーを購入したときに、その支払いを代金引換に設定した場合、ご自宅MNPが選択できなくなるため注意しましょう。 SIMカードが到着してまず行うことは楽天モバイルに現在の電話番号を移すMNP手続きです。 到着したSIMカードはそのままに、まずは以下の窓口に連絡し電話番号の引継ぎ手続きを行います。 自動音声ガイダンスが流れるためその指示に沿って操作するだけで手続きは完了です。 <楽天モバイル開通受付センター> 電話番号:0800-805-1111 受付時間:24時間 また、この手続きをした時間帯によってMNPが完了するタイミングが変わります。 夜間に手続きをした場合、完了が翌日の朝になるため注意が必要です。 MNPが完了すると現在のSIMカードでの通信は圏外になります。 確認した段階で今のSIMカードと楽天モバイルのSIMカードを入れ替えましょう。 APN設定とは、インターネットに接続するための設定のことで、回線事業者によってそれぞれ違う値になっています。 楽天モバイルにも固有のAPN設定情報があり、端末に設定する必要があります。 手順はお使いの端末がiPhoneかAndroidかで大きくわかれます。 ネットを介して設定することがもっとも簡単であるためWi-Fiにつなげた状態で行いましょう。 iPhoneでのAPN設定 iPhoneに関して、新プランの「Rakuten UN-LIMIT」は2020年4月現在対応していません。 動作保証はしていない状態で、自己責任で利用する必要があります。 eSIMが対応している、iPhone XR以上のシリーズであれば、利用することは可能ですがあくまでも自己責任で使うことになります。 参照: 通信・通話の設定手順については、以下の記事を参考にしてください。 ただ、その他のスマホで利用する場合はAPN設定を手動で行う必要があります。 以下の情報を参考に設定しましょう。 楽天モバイルAPN情報(引用元:) 楽天モバイルにMNP転入するメリット 楽天モバイルにMNP転入するメリット(引用元:) 楽天モバイルは、その料金の安さに大きなメリットがあります。 新プランのRakuten UN-LIMITでは完全かけ放題のサービスが標準で使えるなど、新たなサービスも生まれています。 大手キャリアより料金が格段に安くなる 楽天モバイルのもっとも大きなメリットはその基本料金の安さで、3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と比べて大きく下回ります。 どれくらい金額が違うのか、2年間継続利用した場合のシミュレーションしてみました。 条件を合わせるために、各キャリア通信量が無制限、または最大データ通信量のものを採用しています。 また、楽天モバイルはさらに様々な特典が用意されています。 ショッピングサイトである楽天市場の買い物のポイント還元率がプラス1倍になったり、最大6,300円相当のポイント還元を受けられたりします。 「完全かけ放題」のサービスがある 楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT」であれば、格完全かけ放題の通話サービスが標準で使えます。 ただし、Rakuten LINKのアプリがiOSには対応していないためiPhoneではかけ放題が利用できません。 iOS 13以上で利用です。 また、従来のプランである「スーパーホーダイ」では、通話の最初の10分間が無料です。 ただし、注意したい点は楽天回線のエリアになります。 対象のエリア内であれば、自社の楽天回線の利用で通信速度が十分に出ます。 エリア外になると、パートナー回線接続となりKDDI回線に切り替わり通信速度は楽天回線よりかは遅くなる傾向です。 とはいえ、全く使い物にならない通信速度ではありません。 普段使いであれば問題なく利用可能です。 新プラン「Rakuten UN-LIMIT」に申し込むと事務手数料が無料になる! 2020年4月8日からサービスの提供が開始された新プラン「Rakuten UN-LIMIT」では、申込み事務手数料が実質無料になるキャンペーンを行っています。 同額相当の楽天ポイント3,300ポイントを還元するという方法で、楽天市場での買い物や提携店舗での支払いに使えます。 受け取りの条件はRakuten UN-LIMIT契約後、専用通話アプリ「Rakuten Link」を一度使用するだけというシンプルなものです。 取得方法は楽天モバイルの会員サイト「メンバーズステーション」から可能です。 <メンバーズステーション> ログイン後の画面でメニューを開き、「MNP予約番号発行・確認」を選択し、転出したい電話番号に誤りがないかを確認しましょう。 画面下部の「MNP転出予約番号発行のお手続きに進む」を選択。 アンケートの記入を求められますが、必須でない項目の記入は不要です。 画面を進めていき、予約番号発行のお申込みが完了すれば、しばらく時間をおいて予約番号が発行されます。 発行された予約番号はメンバーズステーションのMNP予約番号発行・確認から確認できます。 実店舗窓口やオンラインからなど、各キャリアの用意する窓口から申し込みましょう。 番号を引継ぐために必ずMNPでの申込みを選択するよう注意が必要です。 また、契約キャリアによっては通話・通信ができない期間が発生する可能性もあります。 事前に詳しく確認しておきましょう。 また、楽天モバイルのSIMカードはレンタル品であるため、利用終了後は以下の住所に返却をしなくてはなりません。 楽天モバイルからのおすすめ乗り換え先 楽天モバイルからのおすすめ乗換え先 料金的にメリットの高い楽天モバイルから乗換えるのであれば、同様に料金の安いMVNO(格安スマホ事業者)への乗換えがおすすめです。 また、通話のかけ放題プランがあれば、今までの用途と大きく環境が変わることはないでしょう。 UQモバイル UQコミュニケーションズが提供する格安SIMで、最大データ通信量ごとに3段階のプランがあります。 通信速度にも定評があるため、安心して乗り換えることができます。 また、通話プランにもさまざまなパターンが用意されています。 MNPには手数料など料金がかかりますが、なかにはタイミングを計ることでそれらを軽減させます。 また、古い機種のiPhoneは新プランで使えず、解約後にSIMカードの返却が楽天モバイルでは必要です。 MNP転出するタイミングは月の前半がベスト 楽天モバイルの契約は毎月25日締めとなっているため、それ以前に解約ができる月の前半にMNP転出の手続きを行うことをおすすめします。 もし、MNP転出完了のタイミングが25日を超えてしまうと、翌月分の基本料金が発生してしまい、ムダに1月分の支払が必要になります。 iPhoneでも楽天回線は使えるが正式対応していない 新プランである「Rakuten UN-LIMIT」は公式では一部のAndroid端末のみが対応機種とされています。 既存ユーザーからの報告では利用できるiPhoneもあるようなのですが、動作保証はされていないため、あくまで自己責任での運用となることに注意しましょう。 なお報告のなかでは、使用できるとされているiPhone機種はiPhone XR以降のものに限定されており、それ以前の機種ではまったく使用できないとのことです。 MNPでの乗換えには必ず費用が発生する MNPでの乗換えには各種手数料など費用がかかります。 主に考えられるのは以下のようなものです。 【乗換え元でかかる】 ・契約事務手数料 このなかで必ず発生するものはMNP転出手数料と契約事務手数料です。 MNP転出手数料はどのキャリアでも一律して3,000円。 事務手数料は微細ありますがおよそ3,000円前後に設定しているキャリアがほとんどで、楽天モバイルは3,000円です。 違約金は契約しているプランや、その継続年数によって変わります。 主なキャリアの違約金と、縛りについて以下にまとめました。 【各キャリア違約金】 キャリア 違約金 縛り期間 備考 楽天モバイル なし なし 2019年10月1日00:00以降にお申し込みの方 9,800円 12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月 2018年6月14日20:00〜2019年9月30日21:59 にお申し込みの方 9,800円 12ヶ月 2017年9月1日~2018年6月14日19:59にお申し込みの方 1年目:19,800円 2年目:9,800円 24ヶ月 1年目:29,800円 2年目:19,800円 3年目:9,800円 36ヶ月 au 9,500円 2年 2年契約の場合 1,000円 2年契約Nの場合 ドコモ 1,000円 2年 なし ソフトバンク なし なし なし 楽天モバイルではSIMカード返却義務がある 【】でも述べたように、楽天モバイルのSIMカードはレンタル品であるため、返却義務があります。 送料はユーザー負担ですが、郵便で送ればいいため切手代程度ですみます。 返送先住所は以下です。 <楽天モバイルSIMカード返却先> まとめ 今回は、他社から楽天モバイルにMNPで乗換える方法、楽天モバイルから他社にMNPで乗換える手順をご紹介してまいりました。 本来であれば携帯会社によって割り振られる電話番号が制限されるのですが、「MNP(Mobile Number Portability)」手続きをすれば、これまでの番号を他社携帯に乗換えても引続き利用可能です。 他社への乗換えの際に大きな壁となっていた番号引継ぎ問題が解消され、さまざまなキャリアへの乗換えが楽になりました。 自社回線プラン「Rakuten UN-LIMIT」のサービスか開始され、 300万人を対象に 月額料金1年無料キャンペーンを行っています。 対応エリア内の方や新しい楽天モバイルが気になる方は、ぜひ利用してみてください。 まだ一部の地域でしか利用できないなど、発展途上であることは否めませんが、基地局を設置、順次拡大されていますので、どんどん便利になるでしょう。 これからも楽天モバイルの動向に目が離せませんね。

次の