カレーうどん 残り汁。 おでんの残り汁は最高のダシ!美味しいリメイクレシピ

余った豚汁をカレーうどんにリメイク!【レシピ付き】

カレーうどん 残り汁

タグ 1ヶ月 3万円 NG アイス アイスクリーム アイデア アイテム アク抜き アレンジ いつ うどん エビピラフ おいしい おかず おかゆ おじや おしゃれ おすすめ おつまみ おにぎり おひたし おもてなし おもてなし料理 おやつ お好み焼き お弁当 お菓子 かき揚げ カサ増し かたまり肉 カット カビ かぼちゃ カルキ カレー カレーパン カレー鍋 キャベツ きゅうり クエン酸 クッキー グラタン グリル ケーキ コース コツ こねないパン ご飯 ご飯だけ さっぱり さっぱり煮 サラダ さんま しっとり じゃがいも ジュース シュウマイ シリコン スープ スイーツ スコーン ズッキーニ ステーキ ストック セロリ ソース ソテー そば そぼろ ダイエット タイミング たこ焼き だし ダッチオーブン タッパー タピオカ粉 たまご たれ ダンボール チーズ チーズケーキ チーズ焼き チャーシュー チャーハン チョコ チョコケーキ チョコムース つくね ツナ つまみ ドーナツ とうもろこし どのくらい トマト トマト缶 ドライカレー ドライトマト とろみ どんぶり ナス ナムル ニオイ対策 ネット ノート バイト パウンドケーキ はさみ焼き パスタ ハツ バナナ パプリカ パラパラ パリパリ パン パンケーキ ハンバーグ パン作り パン粉 ピーマン ひき肉 ピザ ピザ生地 ひと月 フライドポテト フライパン フライ返し プリン フルーツ ブレンダー フレンチ ブロック ブロッコリー ふわふわ ベーキングパウダー ヘルシー ポイント ほうれん草 ホットケーキミックス ホットプレート ポテトフライ まとめ方 マナー ママ マリネ マンゴー ミキサー ムニエル メイン メニュー メリット メレンゲ もも肉 もやし やかん やり方 ヨーグルト ラー油 ランキング リカバリー リゾット リメイク レシピ レンジ レンジなし ワーママ わらび餅 一週間 下ごしらえ 下処理 下味 中学生 丼 乾燥 人気 人気おかず 人気レシピ 代用 低温調理 作り方 作り置き 作る 使い方 便利 保存 保存方法 保存期間 保存法 具 具材 冬 冷しゃぶサラダ 冷たい 冷凍 冷凍エビフライ 冷凍グラタン 冷凍ご飯 冷凍シュウマイ 冷凍そば 冷凍たこ焼き 冷凍チャーハン 冷凍ちゃんぽん 冷凍パイシート 冷凍バナナ 冷凍ピザ 冷凍ぶどう 冷凍ポテト 冷凍保存 冷凍卵白 冷凍唐揚げ 冷凍庫 冷凍肉 冷凍肉まん 冷凍豚肉 冷凍野菜 冷凍食品 冷凍餃子 冷凍魚 冷蔵 冷蔵庫 切った後 切り方 初心者 前菜 副菜 効果 勉強 勉強方法 包まない 半月切り 即席 卵 卵だけ 卵なし 卵焼き 厚切り豚肉 原因 取り方 名称 味噌 味噌汁 和菓子 和風 和風パスタ 和食 唐揚げ 喜ぶ 土鍋 圧力鍋 基本 場所 塩分濃度 塩麹 変色 夏 夏野菜 夕ご飯 夕御飯 夕食 夕飯 夕飯レシピ 外食 多量消費 夜 夜ご飯 大丈夫 大人 大人数 大根 大量 大量消費 天ぷら 天日干し 失敗 嫁 子供 子供が喜ぶ 子供向け 安い 完了期 定番 対処 対処法 対策 小鉢 小麦粉 巻き 常備菜 常温 干し野菜 幼児 弁当 彼氏 必要 意味 手作り 手料理 手羽元 挽き肉 捨てる 掃除方法 揚げない 揚げる 揚げ焼き 握り方 摂り方 料理 料理上手 料理用 料理道具 新聞紙 方法 日持ち 旦那 旬 昆布 春 春雨 昼ごはん 時短 時短メニュー 時短レシピ 時短料理 時間 朝ごはん 朝食 期間 期限 本 材料 柔らかい 柔らかく 柔らかくする 栄養 梅干し 残り汁 毎日 水 水の量 水分 水切り 汚れ 決め方 沈まない 注意点 洋風 洋食 活用法 海外 消費 消費期限 温度計 溶ける 漬物 炊き方 炊飯 炊飯器 炒め 炒めもの 炒める 炒め物 焼きそば 焼きトマト 焼き方 焼き浸し 焼き鳥 焼くとき 焼肉 焼肉のタレ 煮物 煮込みハンバーグ 燻製 爆発 片栗粉 特徴 独学 献立 玉ねぎ 理由 甘酢 男 男子 発酵なし 白カビ 白だし 白菜 皮 盛り付け 目安 目玉焼き 秋 種類 筋切り 節約 簡単 簡単パスタ 簡単レシピ 米 素揚げ 繊維 美味しい 美味しい食べ方 肉 肉じゃが 肉巻き 肉料理 胸肉 脂 自宅 自然解凍 舞茸 色 苦い 苦味 苦手 苦手な人 茄子 茶碗蒸し 茹でる 蒸し器 蒸し方 薄力粉 虫 裏技 解凍 解凍のコツ 解凍方法 詰め方 誕生日 調味料 調理 調理法 豆腐 豆苗 豚 豚バラ 豚バラブロック 豚ひき肉 豚丼 豚挽き肉 豚肉 豚肉巻き 豚肉料理 賞味期限 転写シート 迷ったら 道具 違い 選び方 部位 重曹 野菜 野菜嫌い 野菜炒め 量 鍋 長芋 間引き 雑炊 離乳食 雨 電子レンジ 面取り 食パン 食べられる 食べ方 食事 食材 食費 餃子 餃子の皮 餅 魚 魚料理 魚焼き 魚焼きグリル 鮭 鶏ガラスープ 鶏むね肉 鶏もも 鶏もも肉 鶏皮 鶏肉 黒豆 目次• 鍋の残り汁を使ったカレーレシピをご紹介 鍋の残り汁を子供も大好きなカレーに変身させてみよう 作り方はとっても簡単!鍋の残り汁と具材の中に、いつものカレールーを溶かし込むだけで出来上がりです。 普段とは一味違ったカレーが出来上がりますよ。 魚介ベースの鍋ならシーフードカレーがお手軽に出来上がり!醤油ベースの鍋なら、お蕎麦屋さんで食べられるような出汁のきいた、カレーにリメイクすることができます。 普段なら出汁をとってカレーを作ることは、なかなかありませんが、鍋を作ったあとなら旨味がたっぷりと溶け込んだ出汁を、手間いらずで使うことができるのです。 まだまだ沢山の鍋の種類があり、残り汁を使いそれぞれの特徴を活かしたカレーに作り変えることができます。 ちなみに普段水から作るカレーと違い、鍋の残り汁にはすでに味がついています。 カレーにリメイクをする際には、いつもより少なめにルーを入れて味を見ながら、濃さを調整してくださいね。 おでんの鍋なら、残り汁と具材も合わせたカレーがおすすめ 冬の寒い時期はおでん鍋も家族に好まれますよね!おでん鍋が余るかも?そんな予感が作っているときからする場合は、あえてカレーを作ることを前提に具を選んでみてはいかがでしょうか? いつもの定番おでんの具、こんにゃくや大根は少なめに、ウィンナーやまるごとじゃがいも、牛すじなどを多めに入れて、カレー向けのおでんを作ってみましょう。 また思ったよりも家族におでんの売れ行きが良く、具材があまり残らなかった時は、玉ねぎとひき肉をさっと炒めて残り汁に投入!カレールーを溶かすと、絶品キーマカレーの出来上がりです。 もちろん具が残っていてもキーマカレーにすることも可能ですよ。 残っている具をキーマカレー風に刻んでしまえばいいのです。 おでん鍋リメイクのキーマカレーならいつもと違った味わいを楽しめる カレー鍋の場合は、そのまま残り汁のカレーを利用してカレーうどんにするのが、我が家の次の日の定番。 鍋の締めにも登場するうどんですが、どうしてもお腹がきつくて締めにたどり着けなかった場合は、残り汁を冷蔵庫で一日保存したあと、仕切り直してカレーうどんにして美味しくいただきます。 大人は消化が良いうどんは、鍋を食べ過ぎた翌日には丁度よいのでおすすめです。 しかし子供が喜ぶカレー鍋の残り汁のリメイクはドリア!やっぱり子供はチーズが大好きです!ご飯の上に残ったカレーをかけて、チーズをのせオーブンで焦げ目が付くくらい焼くと出来上がりです。 カレー鍋の残り汁も次の日になると程よく水分が飛んだり、具材が溶け込んでとろみが付きます。 翌日でも残り汁の水分が多いと感じたら、市販のルーを足してとろみを調節したり、味が濃い時は片栗粉を水で溶いて、沸騰した残り汁に回し入れとろみをつけてもOKです。 片栗粉を使用する際は固くなりすぎないように注意をしましょう。 鍋の残り汁は多彩な料理に変身する!ダメにしてしまう前にリメイクしよう 鍋の残り汁のカレーリメイクについて、ご紹介をしてきましたが、カレー以外にも茶碗蒸しの出汁として使用をしたり、スープパスタに利用したりと様々な料理に作り変えることができます。 またすべての残り汁を一度に使用しなくても、製氷皿を利用してキューブ状にし冷凍保存を行うと、料理を作る都度、必要な量だけを使用することが可能です。 余ってしまった鍋の残り汁は、とりあえず冷凍保存をするのもおすすめの方法です。 冷凍保存をする際には、美味しく使用できる期間が延びるものの、長期間の保存はやはり風味が変わってしまいます。 密閉容器や密閉袋に入れて、なるべく早く使い切るようにしてください。

次の

肉じゃがの残り汁は捨てずにアレンジ!簡単おすすめレシピ

カレーうどん 残り汁

タグ 1ヶ月 3万円 NG アイス アイスクリーム アイデア アイテム アク抜き アレンジ いつ うどん エビピラフ おいしい おかず おかゆ おじや おしゃれ おすすめ おつまみ おにぎり おひたし おもてなし おもてなし料理 おやつ お好み焼き お弁当 お菓子 かき揚げ カサ増し かたまり肉 カット カビ かぼちゃ カルキ カレー カレーパン カレー鍋 キャベツ きゅうり クエン酸 クッキー グラタン グリル ケーキ コース コツ こねないパン ご飯 ご飯だけ さっぱり さっぱり煮 サラダ さんま しっとり じゃがいも ジュース シュウマイ シリコン スープ スイーツ スコーン ズッキーニ ステーキ ストック セロリ ソース ソテー そば そぼろ ダイエット タイミング たこ焼き だし ダッチオーブン タッパー タピオカ粉 たまご たれ ダンボール チーズ チーズケーキ チーズ焼き チャーシュー チャーハン チョコ チョコケーキ チョコムース つくね ツナ つまみ ドーナツ とうもろこし どのくらい トマト トマト缶 ドライカレー ドライトマト とろみ どんぶり ナス ナムル ニオイ対策 ネット ノート バイト パウンドケーキ はさみ焼き パスタ ハツ バナナ パプリカ パラパラ パリパリ パン パンケーキ ハンバーグ パン作り パン粉 ピーマン ひき肉 ピザ ピザ生地 ひと月 フライドポテト フライパン フライ返し プリン フルーツ ブレンダー フレンチ ブロック ブロッコリー ふわふわ ベーキングパウダー ヘルシー ポイント ほうれん草 ホットケーキミックス ホットプレート ポテトフライ まとめ方 マナー ママ マリネ マンゴー ミキサー ムニエル メイン メニュー メリット メレンゲ もも肉 もやし やかん やり方 ヨーグルト ラー油 ランキング リカバリー リゾット リメイク レシピ レンジ レンジなし ワーママ わらび餅 一週間 下ごしらえ 下処理 下味 中学生 丼 乾燥 人気 人気おかず 人気レシピ 代用 低温調理 作り方 作り置き 作る 使い方 便利 保存 保存方法 保存期間 保存法 具 具材 冬 冷しゃぶサラダ 冷たい 冷凍 冷凍エビフライ 冷凍グラタン 冷凍ご飯 冷凍シュウマイ 冷凍そば 冷凍たこ焼き 冷凍チャーハン 冷凍ちゃんぽん 冷凍パイシート 冷凍バナナ 冷凍ピザ 冷凍ぶどう 冷凍ポテト 冷凍保存 冷凍卵白 冷凍唐揚げ 冷凍庫 冷凍肉 冷凍肉まん 冷凍豚肉 冷凍野菜 冷凍食品 冷凍餃子 冷凍魚 冷蔵 冷蔵庫 切った後 切り方 初心者 前菜 副菜 効果 勉強 勉強方法 包まない 半月切り 即席 卵 卵だけ 卵なし 卵焼き 厚切り豚肉 原因 取り方 名称 味噌 味噌汁 和菓子 和風 和風パスタ 和食 唐揚げ 喜ぶ 土鍋 圧力鍋 基本 場所 塩分濃度 塩麹 変色 夏 夏野菜 夕ご飯 夕御飯 夕食 夕飯 夕飯レシピ 外食 多量消費 夜 夜ご飯 大丈夫 大人 大人数 大根 大量 大量消費 天ぷら 天日干し 失敗 嫁 子供 子供が喜ぶ 子供向け 安い 完了期 定番 対処 対処法 対策 小鉢 小麦粉 巻き 常備菜 常温 干し野菜 幼児 弁当 彼氏 必要 意味 手作り 手料理 手羽元 挽き肉 捨てる 掃除方法 揚げない 揚げる 揚げ焼き 握り方 摂り方 料理 料理上手 料理用 料理道具 新聞紙 方法 日持ち 旦那 旬 昆布 春 春雨 昼ごはん 時短 時短メニュー 時短レシピ 時短料理 時間 朝ごはん 朝食 期間 期限 本 材料 柔らかい 柔らかく 柔らかくする 栄養 梅干し 残り汁 毎日 水 水の量 水分 水切り 汚れ 決め方 沈まない 注意点 洋風 洋食 活用法 海外 消費 消費期限 温度計 溶ける 漬物 炊き方 炊飯 炊飯器 炒め 炒めもの 炒める 炒め物 焼きそば 焼きトマト 焼き方 焼き浸し 焼き鳥 焼くとき 焼肉 焼肉のタレ 煮物 煮込みハンバーグ 燻製 爆発 片栗粉 特徴 独学 献立 玉ねぎ 理由 甘酢 男 男子 発酵なし 白カビ 白だし 白菜 皮 盛り付け 目安 目玉焼き 秋 種類 筋切り 節約 簡単 簡単パスタ 簡単レシピ 米 素揚げ 繊維 美味しい 美味しい食べ方 肉 肉じゃが 肉巻き 肉料理 胸肉 脂 自宅 自然解凍 舞茸 色 苦い 苦味 苦手 苦手な人 茄子 茶碗蒸し 茹でる 蒸し器 蒸し方 薄力粉 虫 裏技 解凍 解凍のコツ 解凍方法 詰め方 誕生日 調味料 調理 調理法 豆腐 豆苗 豚 豚バラ 豚バラブロック 豚ひき肉 豚丼 豚挽き肉 豚肉 豚肉巻き 豚肉料理 賞味期限 転写シート 迷ったら 道具 違い 選び方 部位 重曹 野菜 野菜嫌い 野菜炒め 量 鍋 長芋 間引き 雑炊 離乳食 雨 電子レンジ 面取り 食パン 食べられる 食べ方 食事 食材 食費 餃子 餃子の皮 餅 魚 魚料理 魚焼き 魚焼きグリル 鮭 鶏ガラスープ 鶏むね肉 鶏もも 鶏もも肉 鶏皮 鶏肉 黒豆 目次• 鍋の残り汁を使ったカレーレシピをご紹介 鍋の残り汁を子供も大好きなカレーに変身させてみよう 作り方はとっても簡単!鍋の残り汁と具材の中に、いつものカレールーを溶かし込むだけで出来上がりです。 普段とは一味違ったカレーが出来上がりますよ。 魚介ベースの鍋ならシーフードカレーがお手軽に出来上がり!醤油ベースの鍋なら、お蕎麦屋さんで食べられるような出汁のきいた、カレーにリメイクすることができます。 普段なら出汁をとってカレーを作ることは、なかなかありませんが、鍋を作ったあとなら旨味がたっぷりと溶け込んだ出汁を、手間いらずで使うことができるのです。 まだまだ沢山の鍋の種類があり、残り汁を使いそれぞれの特徴を活かしたカレーに作り変えることができます。 ちなみに普段水から作るカレーと違い、鍋の残り汁にはすでに味がついています。 カレーにリメイクをする際には、いつもより少なめにルーを入れて味を見ながら、濃さを調整してくださいね。 おでんの鍋なら、残り汁と具材も合わせたカレーがおすすめ 冬の寒い時期はおでん鍋も家族に好まれますよね!おでん鍋が余るかも?そんな予感が作っているときからする場合は、あえてカレーを作ることを前提に具を選んでみてはいかがでしょうか? いつもの定番おでんの具、こんにゃくや大根は少なめに、ウィンナーやまるごとじゃがいも、牛すじなどを多めに入れて、カレー向けのおでんを作ってみましょう。 また思ったよりも家族におでんの売れ行きが良く、具材があまり残らなかった時は、玉ねぎとひき肉をさっと炒めて残り汁に投入!カレールーを溶かすと、絶品キーマカレーの出来上がりです。 もちろん具が残っていてもキーマカレーにすることも可能ですよ。 残っている具をキーマカレー風に刻んでしまえばいいのです。 おでん鍋リメイクのキーマカレーならいつもと違った味わいを楽しめる カレー鍋の場合は、そのまま残り汁のカレーを利用してカレーうどんにするのが、我が家の次の日の定番。 鍋の締めにも登場するうどんですが、どうしてもお腹がきつくて締めにたどり着けなかった場合は、残り汁を冷蔵庫で一日保存したあと、仕切り直してカレーうどんにして美味しくいただきます。 大人は消化が良いうどんは、鍋を食べ過ぎた翌日には丁度よいのでおすすめです。 しかし子供が喜ぶカレー鍋の残り汁のリメイクはドリア!やっぱり子供はチーズが大好きです!ご飯の上に残ったカレーをかけて、チーズをのせオーブンで焦げ目が付くくらい焼くと出来上がりです。 カレー鍋の残り汁も次の日になると程よく水分が飛んだり、具材が溶け込んでとろみが付きます。 翌日でも残り汁の水分が多いと感じたら、市販のルーを足してとろみを調節したり、味が濃い時は片栗粉を水で溶いて、沸騰した残り汁に回し入れとろみをつけてもOKです。 片栗粉を使用する際は固くなりすぎないように注意をしましょう。 鍋の残り汁は多彩な料理に変身する!ダメにしてしまう前にリメイクしよう 鍋の残り汁のカレーリメイクについて、ご紹介をしてきましたが、カレー以外にも茶碗蒸しの出汁として使用をしたり、スープパスタに利用したりと様々な料理に作り変えることができます。 またすべての残り汁を一度に使用しなくても、製氷皿を利用してキューブ状にし冷凍保存を行うと、料理を作る都度、必要な量だけを使用することが可能です。 余ってしまった鍋の残り汁は、とりあえず冷凍保存をするのもおすすめの方法です。 冷凍保存をする際には、美味しく使用できる期間が延びるものの、長期間の保存はやはり風味が変わってしまいます。 密閉容器や密閉袋に入れて、なるべく早く使い切るようにしてください。

次の

『これが元祖にして本物の「若鯱家」の味か』by キャプテン・ソロ : カレーうどん 鯱乃家 (しゃちのや)

カレーうどん 残り汁

お米・・・2合• おでんのつゆ・・・2合分• 塩・・・小さじ1• 青ネギ・・・少々• 油揚げ・・・お好みで 作り方• お米2合を研ぎ、30分おいておく。 釜にお米を入れて、おでんのつゆの残りを分量の線まで注ぐ。 塩を入れてよく混ぜ、炊飯器のスイッチを押す。 炊けたら、盛り付けてできあがり。 おでんのつゆの残りをアレンジしたリメイクレシピ「炊き込みご飯」です。 炊飯器の炊き込みコースがあれば、より簡単に作ることができます。 おでんのつゆが足りない場合は、代わりに水を足してくださいね。 お好みでしめじなどのきのこ類を入れるとより美味しくなりますよ。 おでんのだし・・・150~180cc• 卵・・・1個• ちくわ・・・1本• しめじ・・・適量• かまぼこ・・・適量• 水菜・・・適量 作り方• ちくわ、しめじ、かまぼこは食べやすい大きさに切っておく。 ボウルに卵とおでんのだし150ccを入れて、よく混ぜる。 茶碗蒸しの器に具を入れ、ボウルの中の卵とおでんのだしを流し込む。 鍋に蓋をし最初は強火で、卵液の表面が白っぽくなったら弱火にし、15分ほど加熱をする。 竹串をさして、卵がくっつかなければできあがり。 おでんのだしをリメイクした「茶碗蒸し」です。 器が大きい場合は、おでんのだしを多目にすると美味しく仕上がります。 180cc使いましょう。 卵が沸騰してしまうと、「す」が立つ原因になってしまいますので注意してください。 おでんのだしの旨味が引き立つ絶品茶碗蒸しです。 豚こま切れ肉・・・300g• じゃがいも・・・2個• 玉ねぎ・・・1個• おでんのつゆ・・・200cc• 水・・・100cc 作り方• 玉ねぎ、じゃがいも、にんじんは食べやすい大きさに切る。 フライパンに油入れて熱し、豚肉を炒める。 豚肉の色が変わったら、玉ねぎを入れ炒め、次にじゃがいもとにんじんを炒める。 具に油が回ったら、おでんのつゆと具がかぶるくらいの水を入れる。 フライパンに蓋をし、水分を少なくなるまで煮込んだらできあがり。 おでんのつゆをアレンジして作った「肉じゃが」です。 おでんのつゆをリメイクしていますので、味付けをしなくても大丈夫。 もし、味が薄ければ醤油やみりんを追加してくださいね。 いつもとはちょっと違う肉じゃがを食べたいときにおすすめです。 ご飯・・・4杯• 卵・・・4個• しいたけ・・・2個• ネギ・・・適量• おでんのつゆ・・・適量• 醤油・・・お好みで 作り方• 鍋にご飯とご飯がヒタヒタになるくらいのおでんのつゆを入れる。 薄切りしたしいたけを鍋に入れ、火をつけ沸騰したら弱火にしてかき混ぜる。 小口切りにしたネギを入れ、お好みで醤油を加える。 ご飯が煮たって来たら、溶き卵を円を描くように回し入れる。 卵が半熟になったらかき混ぜてできあがり。 おでんのつゆをリメイクした心も体も暖まる「卵雑炊」。 おでんのつゆが足りないときは、水を足してくださいね。 人参や三つ葉を入れても美味しく仕上がりますよ。 手間隙かけることなく簡単に作れるほっとする味です。 リメイクレシピは他にもたくさんありますので、是非関連記事を参考にしてくださいね。 鶏挽き肉・・・1パック• しいたけ・・・2枚• しょうが・・・1かけ• 豆腐・・・1丁• 卵・・・1個• 小麦粉・・・適量• 塩コショウ・・・適量• ごま油・・・少々• おでんのだし・・・適量 作り方• 白菜はざく切り、豆腐と長ネギは食べやすい大きさに、しょうがはみじん切り、しいたけはスライスしておく。 ボウルに鶏挽き肉としいたけ、しょうが、塩コショウ、卵、ごま油を入れ混ぜる。 鍋におでんのだしを入れて沸かし、タネをスプーンで成形しながら鍋の中に入れる。 空いたボウルに小麦粉、水を加えて混ぜ、スプーンで成形しすいとんを作り、同様に鍋の中に入れる。 鶏団子とすいとんの表面に火が通ったら白菜を加えて、ふたをし、弱火で煮る。 次に豆腐と長ネギを加え火が通るまで煮る。 味を見て塩を加えたらできあがり。 おでんの具・・・100g• おでんのつゆ・・・90cc• キャベツ・・・200g• 卵・・・1個• 薄力粉・・・90g• サラダ油・・・小さじ2• お好みソース・・・適量• マヨネーズ・・・適量• 青のり・・・適量 作り方• ボウルに薄力粉を入れ、おでんのつゆを加えながら混ぜる。 卵、キャベツ、おでんの具をボウルに入れ、さっくりと混ぜる。 生地を流し6分ほど焼いてひっくり返し、さらに6分ほど焼く。 ソース、マヨネーズ、青のりをかけてできあがり。 おでんのつゆと具を使って作る「お好み焼き」。 おでんの旨味がしっかり出るので、調味料なしで絶品お好み焼きになります。 しっかり固まるまで待ってひっくり返すと失敗しませんよ。 おでんのじゃがいも・・・2個• おでんの卵・・・1個• 枝豆・・・適量• マヨネーズ・・・適量• 七味・・・適量• 塩・・・適量• こしょう・・・少々 作り方• 枝豆は耐熱容器に入れラップをし、レンジで加熱し冷ましておく。 おでんの具のじゃがいもと卵はボウルに入れ、木べらなどでつぶす。 練り物がある場合は、食べやすい大きさに切っておく。 冷めた枝豆と練り物をボウルに入れ、マヨネーズを加え塩コショウで味を整えたらできあがり。 おでんの具をアレンジした子供から大人まで大好きな「ポテトサラダ」のレシピです。 枝豆を入れることで彩りがきれいなサラダになりますよ。 あと一品ほしいときに重宝します。 黒ごま・・・少々• ちくわ・・・1本• こんにゃく・・・30g• 大根・・・30g• ごぼう・・・30g• 卵にごまを振っておく。 ちくわは半分に切って、手前から巻き串に刺しておく。 こんにゃく、大根、ごぼうは食べやすい大きさに切り、フライパンで焼き鳥の缶のたれを加え炒める。 ごまを振った卵と串に刺さったちくわを添えて皿に盛り付けたらできあがり。 おでんの具をリメイクした「筑前煮」のレシピです。 使っている食材はヘルシーなものばかりなので、ダイエット中でも安心して食べることができます。 お弁当の中身としても喜ばれますよ。 リメイクレシピは他にもたくさんありますので、関連記事を参考にしてくださいね。 残ったおでん・・・適量• 豚バラ肉・・・100g• キムチ・・・100g• お酒・・・大さじ1• コチュジャン・・・大さじ1• にんにく・・・小さじ1• ネギ・・・1本• きのこ・・・適量 作り方• 豚肉、豆腐、野菜類は食べやすい大きさに切っておく。 フライパンで豚肉とキムチを炒め、豚肉の色が変わったら大根を加えさらに炒める。 お酒を加えて混ぜ、おでんの残りを投入する。 コチュジャン、にんにく、ひたひたになるくらいの水を加えて蓋をして煮る。 その他の具を加えて火が通ったらできあがり。 おでんを丸ごと使ってリメイクした「キムチ鍋」。 水の量とコチュジャンの量はお好みによって調節してくださいね。 〆はうどんやラーメンにすると二度美味しいですよ。 リメイクレシピは他にもたくさんありますので、関連記事を参考にしてくださいね。 焼きそばの麺・・・2袋• こんにゃく・・・1個• 牛スジ・・・1本• ちくわ・・・1本• ごぼう巻き・・・1本• がんもどき・・・1個• 刻みネギ・・・少々• 鰹節・・・少々• おでんだし汁(ソース用)・・・50cc• おでんだし汁(ほぐし用)・・・20cc• ソース・・・少々 作り方• おでんの具の牛スジ、ちくわ、がんもどき、ごぼう巻きを食べやすい大きさに切っておく。 フライパンにサラダ油大さじ1と麺、だし汁20ccを入れて麺をほぐす。 麺に焼き目がついたらひっくり返し、両面焼き目をつける。 フライパンに切ったおでんの具を投入する。 ソースとだし汁を混ぜておき、麺と絡める• 刻みネギと鰹節をかけてできあがり。 おでんの具をリメイクした「焼きそばのレシピ」です。 具はより小さく切ると麺と絡みやすくなります。 たくさん作ってしまったおでんの具を活用することでいつもとは違う焼きそばになりますよ。 リメイクレシピは他にもたくさんありますので、関連記事を参考にしてくださいね。 おでんの残り・・・適量• 玉ねぎ・・・1個• 人参・・・1本• ネギ・・・1本• 茹でたほうれん草・・・適量• カレールー・・・1箱 作り方• 玉ねぎ、人参、ねぎ、おでんの具を食べやすい大きさに切っておく。 鍋に水を入れ火にかけ、固いものから鍋に投入し煮る。 別の鍋に湯を沸かし、うどんを茹でる。 具材がやわらかくなったら、カレールーを溶かし味を調節し、茹でたほうれん草を加えてできあがり。 おでんを丸ごとリメイクした「カレーうどん」。 肉を入れるとボリュームアップしますよ。 おでんからいい出汁が出て、美味しいカレーうどんに。

次の