お 米 収穫 量 ランキング。 世界の米生産量 国別ランキング・推移

世界各国と日本の農産物単位面積当たりの収穫量の比較

お 米 収穫 量 ランキング

# 1 新潟県 117,500 9. 3 2 北海道 112,000 1. 0 3 秋田県 91,100 7. 0 4 茨城県 77,200 12. 3 5 宮城県 70,200 9. 5 6 山形県 66,800 7. 6 7 福島県 66,200 4. 3 8 栃木県 63,800 9. 5 9 千葉県 60,600 11. 9 10 岩手県 54,600 3. 8 11 青森県 47,800 4. 5 12 富山県 39,000 9. 2 13 福岡県 38,500 7. 1 14 兵庫県 38,300 4. 6 15 熊本県 38,100 5. 0 16 埼玉県 35,300 9. 8 17 長野県 34,200 2. 4 18 滋賀県 32,800 8. 4 19 岡山県 32,700 4. 3 20 愛知県 30,100 5. 6 三重県 30,100 5. 4 22 佐賀県 26,600 10. 3 23 石川県 26,400 6. 8 福井県 26,400 6. 4 25 広島県 26,000 3. 3 26 岐阜県 24,600 2. 9 27 鹿児島県 23,800 2. 7 28 大分県 23,600 3. 3 29 山口県 22,900 3. 8 30 島根県 19,100 2. 1 宮崎県 19,100 2. 6 32 群馬県 17,800 2. 6 33 静岡県 17,100 2. 2 34 京都府 15,600 3. 9 35 愛媛県 15,300 2. 4 36 香川県 14,500 7. 2 37 鳥取県 14,000 3. 8 38 長崎県 13,700 3. 9 39 徳島県 13,200 3. 8 40 高知県 12,900 1. 7 41 奈良県 9,250 2. 0 42 和歌山県 7,430 1. 2 43 大阪府 5,680 2. 3 44 山梨県 5,280 1. 8 45 神奈川県 3,220 1. 7 46 沖縄県 919 0. 7 47 東京都 167 0. 1 全国 1,581,000 4.

次の

米(都道府県データランキング)

お 米 収穫 量 ランキング

都道府県 米生産量ランキングと石高ランキング 2014年度版 都道府県別のお米の生産量ランキングと、それを戦国時代に使われていた石高の単位に換算したランキングを合わせて紹介いたします。 石高の算出方法について 石高の定義は厳密に言うと色々とありますが、ここでは1石=150kgで算出しています。 1石は人間が1年間に食べる米の量を基準に設定されたものです。 都道府県別のお米の生産量を150kgで割り戻したものを石高として表しています。 石高とお米と給料 戦国時代の大名の実力を数値化したものが石高とも言えますが、石高とはお米の取れ高なんですよね。 土地の大きさや、金銭ではなく、お米の取れる量で国力を図っていたというところが面白いです。 日本でどれだけ米が重要視されていたかがうかがいしれます。 戦国時代にもお金はもちろん存在していました。 なのになぜ、お米で俸給 給料みたいなもの が払われていたのでしょうか。 これは武士に支払われる俸給はどこから来るのかを考えるとおのずと答えが浮かんできます。 この俸給は農民が支払う年貢米から賄われるわけですから、米で集めたものを米で支払うという理屈が通ります。 もうちょっと深堀していくと、武士と大名 主君 の関係は知行 簡単に言うと土地 を与えられているので、その土地で取れるお米 年貢 を俸給とした、ということになります。 都道府県別 お米生産量ランキング表と石高一覧表 47都道府県のお米の生産量のランキングです。 都道府県名の横に地方区分をつけています。 色分けしてみると右上から左下にかけてのグラデーションになり、わかりやすくなりますね。 地方別お米の生産量考察 お米の生産量第一位は米どころで有名な新潟県でした。 これはなんとなく予想がつく結果ですね。 魚沼産コシヒカリでおなじみの新潟県。 生産量とブランド力共に日本一といえる結果です。 魚沼が新潟のどこらへんにあるかをgoogleマップで見てみましょう。 思っていたより関東よりにあります。 福島県ともほど近いです。 お米の生産量2位は北海道 新潟県に次いで第二位は北海道でした。 ここで注目すべきは作付け比率が1%と、北海道の広大な敷地面積を物語っていますね。 北海道はお米の生産に力を入れているようでして、いろいろなブランドがあります。 有名どころだと「ゆめぴりか」「きらら397」「あやひめ」などでしょうか。 北海道は超広いので、エリアごとに適したお米のブランドが生産できるので幅広いブランド米で日本一の座を狙っています。 3位~6位までは東北地方が独占 新潟県、北海道に次いで第3位は秋田県。 こちらも「あきたこまち」で有名な米どころですね。 次いで山形県、福島県と東北エリアが続いています。 東北地方に米どころが多い理由を調べてみました。 お米を作るうえで大事な要素が3つあります。 「水」「平地」「気温」の3つです。 水は「我田引水」という言葉生まれるくらい大事なわけですね。 稲作に欠かせない水が東北地方では雪解け水という形で豊富にあり、また、東北地方には平野が多く、お米の生産地適していたため、という答えになります。 東北地方には、「秋田平野」「庄内平野」「越後平野」などの平野があります。 平らな広大な土地が東北地方には多いわけです。 ちなみに東北地方の気温は冬は極寒ですが、冬にお米は作りません。 逆に夏は30度を超えるほどの暑さがあるため、お米の生産に最適な気温になります。 Start Point コンテンツリスト• 国旗クイズ• タイピングゲーム• 写真のお好み診断• 占い・性格診断• 日本地図クイズ• 日本地図• 写真変化クイズ• 都道府県別データ• 都道府県ランキング• 難読漢字クイズ• ことわざクイズ• 歴史・社会• 算数・数学• 道路・交通標識• マーケティング• ゲーム• ブログコンテンツリスト• 旅LOG• オススメ商品レビュー• Amazonプライム動画• 美味しいもの• WEB制作• カメラ• プロフィール• thanks• net All rights reserved.

次の

米(都道府県データランキング)

お 米 収穫 量 ランキング

都道府県 収穫量 収穫量割合 作付面積 作付面積割合 - 全国 7,780,000 t - 1,470,000 ha - 1 627,600 t 8. 会員様の登録情報に対するご意見・ご質問に関しては、運営事務局側では回答致しかねますので、会員様に直接お問い合わせいただきますようお願いいたします。 「米」の一般情報に関しては、次に記載の "「米」に関する一般情報" をご覧ください。 「米(こめ,稲)」 に関する 会員様 の 登録 情報 2020年06月28日現在、[ジャパンクロップス]にご登録いただいている「米」を生産する農家(農業従事者)さんの数は 3人で、「米」に関連する登録商品は 1件、「米」に関連する登録されている農家記事は 1件となっております。 (この数字には、サンプルとして登録された情報が含まれている場合がございます。 ご注意いただきますようお願いいたします。 ) 「米(こめ,稲)」 に関する 一般 情報 [ジャパンクロップス]で提供している情報は、総務省統計局等の機関から公表されている情報及び、[ジャパンクロップス]運営事務局の独自の視点・調査から提供している情報の2つから構成されております。 ページの中で出典が記載されていない情報は、当運営事務局の独自の視点から提供された情報となります。 運営事務局では、日本で生産された農作物の「米」に関して、国内外の多くの消費者の方に興味をもっていただけるよう、今後も情報を追加していく予定です。 もし、こんな情報もあったらいいな等のご意見や、サイトの記載に誤りを見つけましたら、[ジャパンクロップス]のよりご連絡いただけますと幸いです。 「米(こめ,稲)」 を 生産・販売されている 農家様へ [ジャパンクロップス]では、日本で「米」を生産・販売されている農家様を募集しております。 当サイトでは、「米」に関する商品情報だけでなく、ご自身の情報や、その他の「米」の販売促進につながるようなお知らせを無料で登録・発信いただけます。 インターネットをご利用できる環境さえあれば、会員登録を行っていただければお使いになれます。 パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットでも操作が可能です。 また、海外向けにも情報を発信することができるようになっております。 ご興味の際は、のリンクから新規会員登録を行っていただきますようお願い致します。 または、ご質問や、ご確認事項、もう少し詳細を知りたい方は、[ジャパンクロップス]のよりお気軽にご連絡ください。 公式フェイスブックページ.

次の