徳島 駅伝 2020。 聖火ランナー情報|東京2020オリンピック聖火リレー

第66回徳島駅伝|徳島新聞

徳島 駅伝 2020

概況 [ ] 1955年創設。 現在のように3日間の日程になったのは1959年の第5回大会からである。 現在は1月4日~6日の日程で開催されることが多い。 徳島県内の駅伝選手が基本的に出身の郡市に分かれてチームを構成する。 チームの中にはやの選手を中心にを走った選手やを走った選手が地元に帰って参加することもある。 21世紀初頭に多く発生したのために郡市の区分けが変更になるなど、チーム構成にも影響が出ている。 また、県外のチーム・選手が招待参加し一部の区間に参加する年もある。 1日目の1月4日は県南部のからスタートし、に沿って北上、をゴールとする。 2日目の1月5日は徳島市をスタート地点とし、を北上してに入り、鳴門からはの北岸をに沿って西進し、をゴールとする。 3日目の1月6日は三好市をスタートし、吉野川南岸のに沿って下り、徳島市をゴールとするコースをとる。 コース変更などにより全体の距離は変化するが、ほぼ250キロメートルとなっている。 全国規模(広域的)に報道される事が少ないため、あまり知られていないが「約250㎞」という距離は、確認されている限りでは現在まで行われている(開催が継続中の)で「世界で3番目に長い距離の駅伝」となっている。 区間の中には選手に制限のない一般区間と、女子、高校生、中学生が走る指定区間が設けられている。 一般区間を高校生が走ることもできる(選手のエントリーの関係上、そうせざるをえないチームも少なくない)。 原則として、全郡市が3日間の全コースに選手を登録するが、人数が確保できないなどの理由で、一部区間だけに選手登録する「オープン参加」の郡市や、出場しない郡市が発生することもある。 オープン参加のチームについては、個人成績は記録されるが、総合成績からは除かれる。 2008年についてはのみのが参加しないのを除き全郡市がフル参加し、15チームのフル参加は史上最多である。 さらに2018年・2019年には名東郡もフルエントリーし、16チームが参加した。 人口を考えれば徳島市が圧倒的だが、徳島市チームは優勝から遠ざかっており、鳴門市や麻植郡(現)、美馬郡などがここ最近において優勝を奪取している。 中継はがラジオで最終日を実況生中継する(1・2日目は結果速報を番組内伝える)。 過去の優勝チーム [ ]• 1955年 -• 1956年 -• 1957年 - 麻植郡• 1958年 -• 1959年 - 板野郡• 1960年 - 板野郡• 1961年 - 板野郡• 1962年 - 鳴門市• 1963年 - 鳴門市• 1964年 - 鳴門市• 1965年 - 鳴門市• 1966年 - 鳴門市• 1967年 - 鳴門市• 1968年 - 鳴門市• 1969年 - 鳴門市• 1970年 - 鳴門市• 1971年 - 鳴門市• 1972年 -• 1973年 - 徳島市• 1974年 - 徳島市• 1975年 - 徳島市• 1976年 - 徳島市• 1977年 - 徳島市• 1978年 - 徳島市• 1979年 - 徳島市• 1980年 - 徳島市• 1981年 - 鳴門市• 1982年 - 鳴門市• 1983年 - 鳴門市• 1984年 - 鳴門市• 1985年 - 徳島市• 1986年 - 徳島市• 1987年 - 徳島市• 1988年 - 徳島市• 1989年 - 徳島市• 1990年 - 徳島市• 1991年 - 鳴門市• 1992年 - 鳴門市• 1993年 - 鳴門市• 1994年 - 鳴門市• 1995年 - 鳴門市• 1996年 - 鳴門市• 1997年 - 鳴門市• 1998年 - 鳴門市• 1999年 - 鳴門市• 2000年 - 鳴門市• 2001年 - 麻植郡• 2002年 - 麻植郡• 2003年 -• 2004年 - 美馬郡• 2005年 - 美馬郡• 2006年 - 鳴門市• 2007年 - 鳴門市• 2008年 - 鳴門市• 2009年 - 徳島市• 2010年 - 鳴門市• 2011年 - 徳島市• 2012年 - 鳴門市• 2013年 - 鳴門市• 2014年 - 鳴門市• 2015年 - 鳴門市• 2016年 - 徳島市• 2017年 - 鳴門市 市町村対抗駅伝を行っている他の都道府県 [ ]• 青森県()• 岩手県(一関・盛岡間駅伝競走大会)• 山形県()• 福島県()• 栃木県(栃木県郡市町対抗駅伝)• 新潟県(新潟県縦断郡市対抗駅伝競走大会)• 長野県(長野県市町村対抗駅伝競走大会)• 神奈川県(市町村対抗かながわ駅伝競走大会)• 岐阜県()• 静岡県()• 愛知県()• 三重県(美(うま)し国三重市町対抗駅伝)• 和歌山県(和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会)• 兵庫県(兵庫県郡市区対抗駅伝)• 香川県()• 高知県(県市町村対抗駅伝)• 佐賀県()• 長崎県()• 鹿児島県() 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

徳島駅伝

徳島 駅伝 2020

今年もいよいよ駅伝シーズンが到来! 新春の駅伝といえば「全国都道府県対抗男子駅伝競走大会」ですよね! 全国男子駅伝の最大の特徴は、1、4、5区を「高校生」、2、6区を「中学生」、3、7区を「社会人・大学生」が走る、世代を超えた、たすきリレーだということ! 中高生にとって、オリンピックなど世界で活躍するトップアスリートである郷土の先輩とチームを組み、間近に接する機会はそうそうないですよね? 都道府県対抗駅伝で憧れの選手と接したことでその後の陸上人生が大きく変わっていく・・ 中高生にとっては陸上人生のターニングポイントに また、大学生や実業団選手にとっては自分を育ててくれたふるさとへの恩返しにもなる都道府県駅伝。 今回は、全国都道府県対抗男子駅伝競走大会【徳島県】のメンバーについてご紹介していきます。 もくじ• 一般(実業団・大学)の選手は? 【都道府県駅伝男子駅伝2020徳島県】選手団のメンバー! 一般(実業団・大学)の選手は3名です。 髙橋 裕太 26 大塚製薬 【】 選手紹介 1区12. 徳島県鳴門高校出身です。 適性検査で、プロスポーツ選手と教員で比べたら、教員に向いていると判定。 まずは実業団で成長して、陸上を教えられたら。 陸上の楽しさを知って欲しい。 — 文化放送大学駅伝独り占め ekiden1134 名前 橋本尚斗 はしもとなおと 生年月日 1999年6月5日生まれ 出生地 徳島県吉野川市 身長 184cm 体重 61kg 血液型 O 出身中学 川島中学校 出身高校 鳴門高校 好きな女性有名人 芳根京子 ガル・ガドット 好きな食べ物 ケーキ 自覚している性格 負けず嫌い 宝物 家族 【都道府県駅伝男子駅伝2020】徳島県選手団のメンバー! 高校生の選手は? 【都道府県駅伝男子駅伝2020】徳島県選手団のメンバー! 高校生の選手は4名です。 中学生の選手は? 【都道府県駅伝男子駅伝2020】徳島県選手団のメンバー! 中学生の選手は3名です。 児島 雄一郎 15 羽ノ浦中 中学生部門🥇 この児島雄一郎くん、凄い選手だから今後覚えておいてください。 — タクーヤ 徳島駅伝News takuuya253 阿南市立羽ノ浦中学校3年生 横佐古 祐斗 15 池田中 三好市立池田中学校3年生 平尾 快 15 三野中 三好市立三野中学校3年生 【都道府県駅伝男子駅伝2020】徳島県メンバー! まとめ 【都道府県駅伝男子駅伝2020】徳島県メンバーをご紹介しました。 徳島県は前回の全国男子駅伝では37位、 経験者でも有る大塚製薬の秦将吾選手らを中心に、令和初の全国男子駅伝では存在感を発揮してほしいですね! 天皇杯全国男子駅伝は1月19日午後0時30分〜NHK総合で生中継されます。 令和初の全国男子駅伝、どんなドラマが生まれるでしょうか?.

次の

あるでよ Blog: 徳島駅伝 徳島市 優勝 2020

徳島 駅伝 2020

概況 [ ] 1955年創設。 現在のように3日間の日程になったのは1959年の第5回大会からである。 現在は1月4日~6日の日程で開催されることが多い。 徳島県内の駅伝選手が基本的に出身の郡市に分かれてチームを構成する。 チームの中にはやの選手を中心にを走った選手やを走った選手が地元に帰って参加することもある。 21世紀初頭に多く発生したのために郡市の区分けが変更になるなど、チーム構成にも影響が出ている。 また、県外のチーム・選手が招待参加し一部の区間に参加する年もある。 1日目の1月4日は県南部のからスタートし、に沿って北上、をゴールとする。 2日目の1月5日は徳島市をスタート地点とし、を北上してに入り、鳴門からはの北岸をに沿って西進し、をゴールとする。 3日目の1月6日は三好市をスタートし、吉野川南岸のに沿って下り、徳島市をゴールとするコースをとる。 コース変更などにより全体の距離は変化するが、ほぼ250キロメートルとなっている。 全国規模(広域的)に報道される事が少ないため、あまり知られていないが「約250㎞」という距離は、確認されている限りでは現在まで行われている(開催が継続中の)で「世界で3番目に長い距離の駅伝」となっている。 区間の中には選手に制限のない一般区間と、女子、高校生、中学生が走る指定区間が設けられている。 一般区間を高校生が走ることもできる(選手のエントリーの関係上、そうせざるをえないチームも少なくない)。 原則として、全郡市が3日間の全コースに選手を登録するが、人数が確保できないなどの理由で、一部区間だけに選手登録する「オープン参加」の郡市や、出場しない郡市が発生することもある。 オープン参加のチームについては、個人成績は記録されるが、総合成績からは除かれる。 2008年についてはのみのが参加しないのを除き全郡市がフル参加し、15チームのフル参加は史上最多である。 さらに2018年・2019年には名東郡もフルエントリーし、16チームが参加した。 人口を考えれば徳島市が圧倒的だが、徳島市チームは優勝から遠ざかっており、鳴門市や麻植郡(現)、美馬郡などがここ最近において優勝を奪取している。 中継はがラジオで最終日を実況生中継する(1・2日目は結果速報を番組内伝える)。 過去の優勝チーム [ ]• 1955年 -• 1956年 -• 1957年 - 麻植郡• 1958年 -• 1959年 - 板野郡• 1960年 - 板野郡• 1961年 - 板野郡• 1962年 - 鳴門市• 1963年 - 鳴門市• 1964年 - 鳴門市• 1965年 - 鳴門市• 1966年 - 鳴門市• 1967年 - 鳴門市• 1968年 - 鳴門市• 1969年 - 鳴門市• 1970年 - 鳴門市• 1971年 - 鳴門市• 1972年 -• 1973年 - 徳島市• 1974年 - 徳島市• 1975年 - 徳島市• 1976年 - 徳島市• 1977年 - 徳島市• 1978年 - 徳島市• 1979年 - 徳島市• 1980年 - 徳島市• 1981年 - 鳴門市• 1982年 - 鳴門市• 1983年 - 鳴門市• 1984年 - 鳴門市• 1985年 - 徳島市• 1986年 - 徳島市• 1987年 - 徳島市• 1988年 - 徳島市• 1989年 - 徳島市• 1990年 - 徳島市• 1991年 - 鳴門市• 1992年 - 鳴門市• 1993年 - 鳴門市• 1994年 - 鳴門市• 1995年 - 鳴門市• 1996年 - 鳴門市• 1997年 - 鳴門市• 1998年 - 鳴門市• 1999年 - 鳴門市• 2000年 - 鳴門市• 2001年 - 麻植郡• 2002年 - 麻植郡• 2003年 -• 2004年 - 美馬郡• 2005年 - 美馬郡• 2006年 - 鳴門市• 2007年 - 鳴門市• 2008年 - 鳴門市• 2009年 - 徳島市• 2010年 - 鳴門市• 2011年 - 徳島市• 2012年 - 鳴門市• 2013年 - 鳴門市• 2014年 - 鳴門市• 2015年 - 鳴門市• 2016年 - 徳島市• 2017年 - 鳴門市 市町村対抗駅伝を行っている他の都道府県 [ ]• 青森県()• 岩手県(一関・盛岡間駅伝競走大会)• 山形県()• 福島県()• 栃木県(栃木県郡市町対抗駅伝)• 新潟県(新潟県縦断郡市対抗駅伝競走大会)• 長野県(長野県市町村対抗駅伝競走大会)• 神奈川県(市町村対抗かながわ駅伝競走大会)• 岐阜県()• 静岡県()• 愛知県()• 三重県(美(うま)し国三重市町対抗駅伝)• 和歌山県(和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会)• 兵庫県(兵庫県郡市区対抗駅伝)• 香川県()• 高知県(県市町村対抗駅伝)• 佐賀県()• 長崎県()• 鹿児島県() 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の