認知症施設に入りたがらない。 入居拒否のあるご本人様にホームに来ていただくために

「老人ホームに入りたくない」と言われたらどうすればいい?

認知症施設に入りたがらない

在宅介護はどこまで可能か そもそも在宅介護がどの段階まで継続できるのか?という問題は、本人の介護度や認知症の度合い、在宅で世話をする家族の生活形態によります。 そのため、限界ギリギリの段階まで放っておかず、早いうちから将来的な施設入居を想定しておくことも必要です。 今は在宅介護が出来ている状態としても、介護者が倒れてしまったり、体調次第では介護を続けることが難しい場合もあるので、訪問介護などの在宅サービスや、デイサービス等を併用し、本人には家族以外の人にも「介護」に慣れてもらうことも大切です。 また、本人が納得しない状態で老人ホームへの入居を無理に進めてしまうと、家族に対し「捨てられた」、「騙された」といった感情を抱き、家族間の関係が悪化してしまうこともあります。 なぜ入居を拒否するのか、その原因を確認 老人ホームへの入居を本人が拒んでいる場合、まずその理由を把握することから始めましょう。 歳をとってから生活環境が変わることは誰しも不安なもので、こうした感情を抱くことは決して特別なことではありません。 ですから、このような本人の思いに対して家族も安易に否定をしてはいけません。 老人ホームのどういった部分に対して不安をもっているのかを傾聴してください。 場合によっては、ケアマネジャーなど家族以外の第三者へ協力を求めることも良いでしょう。 家族が聞くだけだと身内としての思いが強すぎて、家族側の気持ちの押し付けになってしまったり、冷静なやりとりができなくなる可能性もあるからです。 本人に気持ちよく入居してもらうためのポイント いきなり老人ホーム見学に連れて行くことには抵抗を持つ方も多いので、パンフレットやホームページなど、具体的にイメージできる資料を見せることからはじめましょう。 実際にホームへ足を運んでみると一番よく分かるのですが、施設によって雰囲気もかなり違います。 まずは家族が複数個所のホームを見学し、「ここならキレイで雰囲気も良い」、「お父さんの好きな趣味の将棋ができる」など、本人に少しでも気に入ってもらえるポイントを見つけましょう。 ホームへの負のイメージを払拭する 老人ホームは姨捨山だ、という悪いイメージをお持ちの方には、とにかく暗いイメージを取り除く説明をすることが大切です。 一昔前とは異なり、比較的お元気なときから入居されている方も多く、ホーム内でのイベントやレクリエーションなどの楽しく過ごすために工夫を凝らすホームが多いということを、伝えてみましょう。 自宅を離れたくない方の場合 住み慣れた今の家に居続けたいという方には、段階を追って新しい環境を知ってもらうことが大切です。 まずは、老人ホームの試食会やレクリエーションへの体験参加から始まり、慣れてきたらショートステイや体験入居など、老人ホームでの生活を肌で体感してもらうと良いでしょう。 何度か足を運ぶ間に、顔見知りの入居者やスタッフもでき、馴染みやすくなることも期待出来ます。 焦らずに時間をかけることが大切です。 協力者を確保する 認知症で帰宅願望が強い方には、まず、スムーズに入居できるための協力者を確保しましょう。 老人ホーム側に、「認知症症状として帰宅願望が強い」という事情をまず説明し、入居のためのアドバイスを求めてみると良いでしょう。 認知症の症状がある本人に老人ホーム入居の説明をしたとしても、同意を得ることは簡単なことではありません。 ショートステイや体験入居を利用しながら、徐々に環境に慣れて「安心な場所だ」と納得してもらうために、家族とホームがしっかり連携することが大切です。 まとめ 本人の気持ちを理解し、家族の思いだけで行動しないことが大切です。 お互いに住むところが離れていても、家族を思いやる気持ちに変わりはありません。 入居に対して安心してもらうための言葉かけを、意識的にすることを心がけましょう。 パンフレットやホームページのようなイメージがわきやすい情報をもとに、実際に本人・家族の目で確認すること(見学、体験入居)によって総合的に判断することが必要です。 そのために、ケアマネジャーなどの外部の専門家等の協力者としっかり連絡を取りながらサポートしていきましょう。 あくまで主役はご本人ですから、家族としては冷静に中立な視点で見ることが大切です。

次の

【認知症】デイサービスを拒否・行きたがらない時の4つの対処法

認知症施設に入りたがらない

家でシャワーを浴びるのは何年ぶり? 先日、夜中0時半頃のことです。 いつものように母が起きてきました。 母はだいたい夜9時頃に寝ることが多く、夜中に数回トイレに起きるのです。 またトイレかな?と思っていたら、驚くような発言が飛び出しました。 「汗かいたからシャワー浴びたい。 」 えぇぇぇぇーーー!? 私「今、深夜だから朝起きてからにする?」 母「ううん、今、浴びたいわ。 」 驚きました。 母は認知症になってから家でお風呂 シャワー)に入るのをずっと嫌がっていたからです。 はじめはお風呂に入るように言っていたのですが、いくら言っても入りません。 そのうち、「デイで週3回くらいお風呂にいれてもらっているから、家ではまぁいいか。 」と諦めることにしました。 母からシャワーを浴びたいと言い出すなんて、こんなチャンスはめったにありません。 夜中だけど浴びることにしました。 家でシャワーを浴びるのはおそらく4年ぶりくらいです。 背中と髪の毛を洗ってあげましたが、あとは自分できちんと洗っていました。 お風呂に入りたがらない認知症高齢者は多い お風呂に入りたがらない認知症高齢者は多いらしいです。 母もそうです。 今でこそデイでは週に3回ほど入っていますが、デイに慣れないうちは入るのを嫌がっていました。 家では全く入りません。 入りたがらない理由を聞くと、「お風呂場が寒いから。 」と言います。 夏なら寒くないし、冬でも浴室暖房を付ければ寒くないはずなのに、と思います。 お風呂に入りたがらない理由はいろいろ 面倒くさい 寒い 滑って転んだりしたら怖い もし何かあっても、裸だし、体じゅうびしょびしょで、すぐに逃げられない 見当識障害(自分の置かれている状況がわからなくなること。 認知症の中核症状のひとつ)のために、こんな不安もあります。 お風呂場で何をすればいいのか分からない 体や頭をどうやって洗えばいいか分からない(どうやってシャワーを出すのか、シャンプーはどうやってポンプから出すのかなど) じゃあ、どうすればいいの? お風呂に入る行為そのものが嫌なのではなく、 お風呂にまつわる不安や恐怖心が、入浴を拒否する要因だといえます。 無理強いしてお風呂に入らせようとしないこと 不安や恐怖心を取り除いてあげること、が重要です。 どんな不安を感じているのか?どうすれば安心して入ってもらえるか?を、本人の気持ちに立って考えてみましょう。 安心できれば入浴を嫌がらなくなります 家でお風呂に入るときの不安に加えて、デイでの入浴は次のような不安や戸惑いが生じます。 恥ずかしさは何歳になっても同じです。 他人に裸を見られることに抵抗を感じることも。 なにをされるのか分からない不安や恐怖心もあります。 介護スタッフの慌ただしそうな様子に戸惑うこともあるでしょう。 はじめは嫌がっていたデイでの入浴ですが、デイ自体に慣れたら、自然とお風呂にも入るようになりました。 スタッフの人に対する信頼感や安心感を感じるようになったからだと思います。 ななのひとこと・ふたこと お風呂に入ることは、プライベートでデリケートな行為です。 それは認知症であってもなくても、です。 自分ならどう感じるかを考えてみると、いいと思います。

次の

老人ホームや認知症施設の入所を嫌がる親の説得方法

認知症施設に入りたがらない

親御さまが要介護や認知症の状態になると、怪我や病気をきっかけに、ご家族にとって 在宅介護の限界がやってくることがあります。 ところが 有料老人ホームへの入居を検討する際に、最大の障害になるのが、 入居者ご本人が嫌がって入所を拒否してしまうこと。 ご家族は親御さまを気持ちよく 施設に入居させたいのですが、親御さまの反対を押し切って施設に入れるわけにもいきません。 老人ホームに入りたくないと言ってる親御さまを無理に連れていっても、施設での生活がなじまず、退去することにもなりかねませんから、無理強いはできません。 特に親御さまが認知症になっている場合、施設への入所を嫌がる方が少なくありません。 その結果ご家族は在宅介護を続けることになり、親御さまも、ご家族も 徐々に疲弊していく・・。 そんな悪循環に陥ってしまうのです。 どうすれば老人ホームへの入所を拒否する親御さまを説得できるのでしょうか? その上で、 親御さまを心配していること、そして 大切に思っていることをきちんと伝えましょう。 決して除け者にしたいわけではないこと、邪魔者などと思っていないことを、わかってもらうのです。 健康に少しでも長生きして欲しい、そのために一生懸命サポートしたいとお考えのご家族の気持ちを伝えましょう。 伝え方としては、話し合いで伝えてもよいですが、 手紙を書くのもおすすめ。 面と向かうとなかなか素直な気持ちを伝えにくいことも多いと思いますし、ご本人の反応によっては充分に気持ちを伝えられないかもしれません。 その点、手紙なら 自分の気持ちを素直に書くことができると思います。 一回の手紙だけでは親御さまの考えは変わらないかもしれませんが、そんな時は何回か日をおいて手紙を書いてみましょう。 それからケアマネージャーさん等の 第三者からあなたの気持ちを親御さまに伝えてもらうのも効果的。 ケアマネージャーさんから「娘さんも心配してますよ」ということを話してもらうのです。 第三者にから言われると、親御さまも比較的素直にあなたの気持ちを理解してくれやすいものです。 親御さまに老人ホームを勧めるに当たって大切なのが、決して 説得しようとしないこと。 高齢者の方は、理性で判断するより 感情で判断しがち。 いくら「〇〇という理由だから、老人ホームに入った方がいい」と 説得しても、 感情がそれを受け入れないと決して老人ホームに入居しようとは思ってくれません。 論理的に説明して、あなたの考え方や親御さまの状態を理解してもらうだけでなく、 情に訴えて、あなたが「 親御さまを大切に思っていること」を伝えましょう。 またデイサービス等の施設を利用したり老人ホームに体験入所したりして「 不安を取り除く」ことで、親御さまに「 納得」してもらいましょう。 「 あなた」が「 説得」するのではなく、「 親御さま」に「 納得」してもらうことが、ポイントです。 親御さまに老人ホームの入居を説明する際に気をつけなければいけないのは、 あなたの都合を主張しないことです。 たとえばデイサービスを親御さまに利用してもらう際に、「この日は 用事があるから施設に行ってもらってもいいですか」というような理由で話すと、親御さまが傷ついてしまいます。 「 自分が邪魔者だから、介護施設に行かなければいけない」「自分は家族に 迷惑をかけているんだ」。 そんな風に取られてしまいます。 少し言い回しを変えて、「私がいない間に不自由な思いをさせると 申し訳ないので・・」とか、「本当はお母さんのお世話をその日もしたいんですが、 できなくてごめんなさい」とか、親御さまの気持ちを中心にした言い回しにするだけで、受け手の印象が随分とよくなります。 それから親御さまの 言葉を否定しないで、話を頷いて聞いてあげましょう。 デイサービスを利用した際に、たとえば「今日は施設の食事がおいしくなかった」という不満を話してきたとします。 その時に、「でも施設の食事なんてそんなものですよ」という風に 否定するのは厳禁。 そうではなくて「おいしくない食事を食べてくれたんですね。 ありがとうございました」とか、「じゃあ施設の人に料理をもう少し工夫できないか、聞いてみますね」とか、親御さまの意見を否定するのではなく、それを 受け入れてあげて、親御さまの 不満が少しでも和らぐような言い方を心がけましょう。 親御さまと意見を対立させるのではなく、親御さまの横に「 寄り添う」感覚が大切です。

次の