モーニングスター 会社概要。 モーニングスター-SBIグループ企業一覧-企業情報・SBIグループ|SBIホールディングス

会社概要

モーニングスター 会社概要

株式新聞とは? 証券専門紙ではトップシェアを誇る日刊紙です。 1949年に創刊し、2019年で創刊70周年を迎えました。 2018年5月に株式新聞Webを刷新、モバイルやタブレット端末向けアプリの展開も開始しました。 株式新聞では、主力銘柄はもちろん、カバーが少ない中小型株や新興市場、IPO(新規上場)の情報も充実しています。 株式以外にも、発行元のモーニングスターが強みを持つ投資信託や、為替、商品など最新情報や相場データが充実しています。 株式新聞を読んで、明日の相場に備えましょう! 相場状況を捉えた記事を機動的に発信 目まぐるしく入れ替わる相場の物色テーマをキャッチし、その真価を踏まえて有力銘柄を紹介しています。 また、世界的に株価が大きく上下動するような局面にも機動的に対応し、常に次の展開に先手を打つ投資戦略をサポートします。 世界の金融市場に激震が走った新型コロナウイルスによる「コロナ・ショック」をめぐっては発生の初期段階から精力的に取材を進め、マーケットに警鐘を発するとともに、マスクや消毒液を皮切りに様々な対策商品・サービスを展開する有力企業を発掘しています。 そうした中で取り上げた「注目株」のすららネット(3998)は、NYダウや日経平均株価が暴落する状況の中でストップ高する力強さを発揮しました。 また、全体相場についても、日経平均が2,000円超暴落した2月25~28日の週の直前には、トップ記事で株安への警戒感を、3月の底値では上昇転換を指摘しました。 コロナ・ショック関連の記事を多く紹介• テーマ株の紹介• 全体相場の底打ちを指摘(3月23日付一面) 人気連載人による、ここだけの話!大型株の情報から資産運用術まで 山本伸を始めとした、個人投資家に人気の高い評論家・有識者のここだけの話が読めます。 大型株から中小型株の個別銘柄情報や、為替、資産運用術まで、幅広いテーマを扱っています。 専属記者による独自取材記事 記者の取材による独自の情報に基づく記事を配信しています。 株式新聞にしかない情報ですので、トップ記事や注目株などは市場を「動かす」こともあります。 下図はその一例です。 DCF(ディスカウント・キャッシュ・フロー)法を用い、独自の適正株価を算出しています(カバー銘柄対象)。 成長率や利益率などを変えることで、独自の適正株価を算出することも可能です。 その他豊富なコンテンツ 堂々!勝負株 Web限定のオリジナルコンテンツ。 現在は週1回で、記者の独自の視点から切り込んだ銘柄を紹介します。 注目株 株式新聞の名物コーナーをWebでも。 相場にマッチした、即勝負できる一押し銘柄を毎回お届けします。 目標株価や損切りライン、保有期間をわかりやすく明示し「実戦」に対応します。 IPO これから公開される銘柄の詳しい紹介はもちろん、綿密な市場分析に基づく初値予想や投資判断が好評。 ブックビルディングに挑むにあたっての、濃厚な投資情報をお届けします。 新興市場&ベンチャー 個人投資家に人気の高い新興市場の銘柄やベンチャー企業の情報が満載。 株式新聞記者陣の強力な取材網を通じ、注目企業に直接斬り込みます。 また、ホットなテーマをいち早く紹介し、新たな材料をどんどん発掘していきます。 見通し 明日の相場を読むためのポイントを紹介しています。 週末は、翌週の株式市場を予想する「週間展望」を掲載。 株価の動きのポイントとなる経済統計や注目イベントをお知らせ。 四半期に1度、全上場銘柄 一部除く の決算発表スケジュールを掲載します。 コラム 株式新聞記者によるコラム「視点」では、他にはない独自の切り口で様々な投資テーマを紹介していきます。 主要株価指数・きょうの場況 「きょうの場況」では、その日の東証1部と新興市場の動きを解説します。 値動きの要因や外国人投資家の動向を、精鋭の場況担当記者が惜しみなくご紹介します。 ファンド株主判明調査ツール その株式がどういったファンドに保有されている銘柄なのかが一目で分かるツール。 「株式新聞Web」を運営する投資信託評価のモーニングスターがグローバルネットワークを活用し、独自に収集して作成したものです。 日米AI決算速報ニュース 日本企業はXBRLデータを基に即時で自動決算速報ニュースを配信 米国企業はAIを用い、主要なデータを集め決算発表後30分程度で日本語決算ニュースを配信するサービスです。 日米IPO情報 日米のIPOスケジュールや企業情報を提供しています。 日米決算スケジュール 日米の決算発表日をカレンダー形式でご覧いただけます。 ・本情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としているものであり、投資勧誘を目的にしたものではありません。 ・掲載されている内容に関しては、万全を期しておりますが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。 著作権等の知的財産権その他一切の権利はモーニングスター株式会社または外部の情報提供者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 ・「日経平均株価」に関する著作権並びに「日経」及び「日経平均株価」の表示に対する知的財産権その他一切の権利は、全て日本経済新聞社に帰属します。 また、「日経平均株価」は20分以上遅れた値を表示しています。 ・為替情報はSBIリクイディティ・マーケット株式会社から提供されています。

次の

つみたてNISA (積立NISA) 総合ガイド

モーニングスター 会社概要

株式新聞とは? 証券専門紙ではトップシェアを誇る日刊紙です。 1949年に創刊し、2019年で創刊70周年を迎えました。 2018年5月に株式新聞Webを刷新、モバイルやタブレット端末向けアプリの展開も開始しました。 株式新聞では、主力銘柄はもちろん、カバーが少ない中小型株や新興市場、IPO(新規上場)の情報も充実しています。 株式以外にも、発行元のモーニングスターが強みを持つ投資信託や、為替、商品など最新情報や相場データが充実しています。 株式新聞を読んで、明日の相場に備えましょう! 相場状況を捉えた記事を機動的に発信 目まぐるしく入れ替わる相場の物色テーマをキャッチし、その真価を踏まえて有力銘柄を紹介しています。 また、世界的に株価が大きく上下動するような局面にも機動的に対応し、常に次の展開に先手を打つ投資戦略をサポートします。 世界の金融市場に激震が走った新型コロナウイルスによる「コロナ・ショック」をめぐっては発生の初期段階から精力的に取材を進め、マーケットに警鐘を発するとともに、マスクや消毒液を皮切りに様々な対策商品・サービスを展開する有力企業を発掘しています。 そうした中で取り上げた「注目株」のすららネット(3998)は、NYダウや日経平均株価が暴落する状況の中でストップ高する力強さを発揮しました。 また、全体相場についても、日経平均が2,000円超暴落した2月25~28日の週の直前には、トップ記事で株安への警戒感を、3月の底値では上昇転換を指摘しました。 コロナ・ショック関連の記事を多く紹介• テーマ株の紹介• 全体相場の底打ちを指摘(3月23日付一面) 人気連載人による、ここだけの話!大型株の情報から資産運用術まで 山本伸を始めとした、個人投資家に人気の高い評論家・有識者のここだけの話が読めます。 大型株から中小型株の個別銘柄情報や、為替、資産運用術まで、幅広いテーマを扱っています。 専属記者による独自取材記事 記者の取材による独自の情報に基づく記事を配信しています。 株式新聞にしかない情報ですので、トップ記事や注目株などは市場を「動かす」こともあります。 下図はその一例です。 DCF(ディスカウント・キャッシュ・フロー)法を用い、独自の適正株価を算出しています(カバー銘柄対象)。 成長率や利益率などを変えることで、独自の適正株価を算出することも可能です。 その他豊富なコンテンツ 堂々!勝負株 Web限定のオリジナルコンテンツ。 現在は週1回で、記者の独自の視点から切り込んだ銘柄を紹介します。 注目株 株式新聞の名物コーナーをWebでも。 相場にマッチした、即勝負できる一押し銘柄を毎回お届けします。 目標株価や損切りライン、保有期間をわかりやすく明示し「実戦」に対応します。 IPO これから公開される銘柄の詳しい紹介はもちろん、綿密な市場分析に基づく初値予想や投資判断が好評。 ブックビルディングに挑むにあたっての、濃厚な投資情報をお届けします。 新興市場&ベンチャー 個人投資家に人気の高い新興市場の銘柄やベンチャー企業の情報が満載。 株式新聞記者陣の強力な取材網を通じ、注目企業に直接斬り込みます。 また、ホットなテーマをいち早く紹介し、新たな材料をどんどん発掘していきます。 見通し 明日の相場を読むためのポイントを紹介しています。 週末は、翌週の株式市場を予想する「週間展望」を掲載。 株価の動きのポイントとなる経済統計や注目イベントをお知らせ。 四半期に1度、全上場銘柄 一部除く の決算発表スケジュールを掲載します。 コラム 株式新聞記者によるコラム「視点」では、他にはない独自の切り口で様々な投資テーマを紹介していきます。 主要株価指数・きょうの場況 「きょうの場況」では、その日の東証1部と新興市場の動きを解説します。 値動きの要因や外国人投資家の動向を、精鋭の場況担当記者が惜しみなくご紹介します。 ファンド株主判明調査ツール その株式がどういったファンドに保有されている銘柄なのかが一目で分かるツール。 「株式新聞Web」を運営する投資信託評価のモーニングスターがグローバルネットワークを活用し、独自に収集して作成したものです。 日米AI決算速報ニュース 日本企業はXBRLデータを基に即時で自動決算速報ニュースを配信 米国企業はAIを用い、主要なデータを集め決算発表後30分程度で日本語決算ニュースを配信するサービスです。 日米IPO情報 日米のIPOスケジュールや企業情報を提供しています。 日米決算スケジュール 日米の決算発表日をカレンダー形式でご覧いただけます。 ・本情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としているものであり、投資勧誘を目的にしたものではありません。 ・掲載されている内容に関しては、万全を期しておりますが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。 著作権等の知的財産権その他一切の権利はモーニングスター株式会社または外部の情報提供者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 ・「日経平均株価」に関する著作権並びに「日経」及び「日経平均株価」の表示に対する知的財産権その他一切の権利は、全て日本経済新聞社に帰属します。 また、「日経平均株価」は20分以上遅れた値を表示しています。 ・為替情報はSBIリクイディティ・マーケット株式会社から提供されています。

次の

モーニングスター

モーニングスター 会社概要

2000年6月23日上場 本社所在地 〒106-6020 1-6-1 15F 設立 代表者 (代表取締役COO) 資本金 21億1562万円 (2019年3月) 発行済株式総数 83,973,600株 売上高 単独:28億2,797万9,000円 連結:60億436万円 (2019年3月期) 純利益 単独:7億7,727万8,000円 連結:12億2,037万9,000円 (2019年3月期) 純資産 単独:73億2,936万1,000円 連結:94億4,321万7,000円 (2019年3月) 総資産 単独:77億6,109万6,000円 連結:110億7,737万9,000円 (2019年3月) 従業員数 単独:64名 連結:107名 (2019年3月) 決算期 3月31日 主要株主 SBIグローバルアセットマネジメント株式会社 47. )は、に本社を置き、の格付け評価を中心として、等による世界規模の金融・経済情報の提供をおよびセミプロな向けに手がける企業である。 に株式新聞社を合併し、の刊行元となっている。 概要 [ ] 当初はと率いる日本ののジョイントベンチャーとして発足し、証券などと共に(法人上はとして存続)の傘下であったが、に同社から経営権が実質的にした率いる(現:)が買収している。 沿革 [ ]• - 会社設立。 6月 - (現:)に上場。 11月 - の・格付けなどを行うリサーチ企業であるゴメス(現:ゴメス・コンサルティング)を子会社化。 11月 - ソフトバンク・ファイナンスに対してを実施。 7月 - ソフトバンク・ファイナンスがソフトバンク・インベストメント(現:SBIホールディングス)に当社の株式を譲渡、ソフトバンク・インベストメントが筆頭株主になる。 4月 - 株式新聞社を子会社化。 4月 - 株式新聞社を吸収合併。 7月 - ゴメス・コンサルティングを吸収合併。 10月 - とSBIアセットマネジメントを子会社化。 - SBIサーチナを吸収合併。 - 親会社で筆頭株主のSBIホールディングスが、同社の完全子会社()SBIグローバルアセットマネジメント株式会社に保有全株式を譲渡。 - SBIホールディングス傘下のSBIオルタナティブ・インベストメンツ株式会社の全株式を取得し、子会社化。 また、同じくSBIホールディングス傘下のSBIボンド・インベストメント・マネジメント株式会社とSBI地方創生アセットマネジメント株式会社の各株式を10%を取得。 - アセット・マネジメント事業を統括する中間持株会社「SBIアセットマネジメント・グループ株式会社」を設立。 - 当社子会社のFIGS Inc. Japanを存続会社 、同じく当社子会社のイー・アドバイザーとMSクレジットリサーチを消滅会社とする吸収合併を実施。 グループ会社 [ ] 出典: ファイナンシャル・サービス事業 [ ]• Carret Holdings,Inc. モーニングスター. 2014年7月31日閲覧。 SBIホールディングス. 2015年11月30日閲覧。 モーニングスター. 2015年11月30日閲覧。 モーニングスター. 2019年4月20日閲覧。 モーニングスター. 2019年7月19日閲覧。 吸収合併後、「イー・アドバイザー株式会社」へ商号変更予定。 モーニングスター. 2019年7月19日閲覧。 関連項目 [ ]• - 子会社の(旧中央三井アセットマネジメント)が、モーニングスター・アセット・マネジメントの助言を基に運用を行う、ファンド・オブ・ファンズ型の商品「モーニングスター グローバルバランスファンド」と「モーニングスター セレクトファンド」の設定を2001年から行い、において販売している。 外部リンク [ ]•

次の