アイコス3マルチ充電時間。 10本連続で吸える「アイコス 3 マルチ(IQOS 3 MULTI)」で、加熱式タバコ勢力図が変わる!?

アイコス3マルチは何本連続吸い可能?1回の充電で約何時間持つ?

アイコス3マルチ充電時間

アイコス3マルチなら、まず上部のフタをスライドし、穴にヒートスティックをセットして1本目を吸う。 吸い終わったら、使用済みのスティックを取り出し、 すぐに新しいヒートスティックを差し込み20秒の余熱、2本目を吸う…。 この繰り返しで 最大で連続10本まで吸うことができます。 連続吸いができないためにアイコスシリーズから 他の電子タバコに乗り換えたという声もたくさん出ていた中、一度に何本も 連続吸いが可能になったアイコス3マルチは、アイコスユーザーが待ち望んでいたモデルに間違いないでしょう。 アイコス互換機というものがあったけど…? 純正品でない互換機なら、今までも連続吸いができるモノが存在していました。 しかし純正品でないアイコス互換機は、怪しいメーカーや通販サイトのモノも多く、 酷い時には粗悪品や偽物の場合もあります。 そうでなくても 保証がついていませんのでリスクと隣り合わせだったのです。 アイコス3マルチは、これ1つで完結していて 純正品の中ではたった一つの連続吸い可能なモデルです。 デザインも使い勝手も文句なしなうえに、 安心も付いてくるわけです。 アイコス3マルチの充電時間について 気になるのは、やはり『充電時間』と『どれぐらい持つのか』ですよね? 従来のアイコスであればチャージャー フル充電は約2時間、チャージャーからホルダーへ 1本吸うごとに約3分間充電する…を繰り返して使うこと、およそヒートスティック 20本分は持つといわれていました。 では、 アイコス3マルチの場合の充電時間と、フル充電時にはどれぐらい持つのかを見ていきましょう。 アイコス3マルチのフル充電時間は? アイコス3マルチの充電時間は、 フル充電完了まで約1時間15分となっています。 1時間ちょっと充電器とつないでおくだけでフルになると考えれば まぁ問題なしですね。 アイコス3マルチは1回のフル充電でどれぐらい持つ? デカくて重いポケットチャージャーがなくなり、 小型化&一体化したことによるデメリットは バッテリー容量もコンパクトになったことです。 上で連続吸いは10本までとしましたが、その理由は ヒートスティック10本分でバッテリーがちょうど切れるからなんです。 つまり、アイコス3マルチは追加充電なしでは連続吸いしても分けて吸っても 10本までという事になります。 ヒートスティック10本ってどうなの…? ヒートスティック10本というのは、 何とも言えない本数って感じですよね。 1回の喫煙で何本吸うかというところですが、連続吸いができて嬉しいと考える層ならどれだけ少なく見ても2~3本は吸うはずです。 何本吸うとどれぐらいの感じなのかイメージしてみましょう。 ・連続吸い2本までならタバコ休憩5回分、まぁこれなら十分かもしれません。 ・連続吸い3本までならタバコ休憩3回分です。 これで乗り切れる人もギリギリ居そうなラインでしょうか?• ・連続吸い4~5本となると、喫煙所に足を運べるのは2回分の充電しかありません。 1日で2回分のタバコ休憩しか持たない…ちょっと物足りませんね。 何本も 連続吸いできるメリットに対して、一度のフル充電で10本までしか吸えないのは、一気に連続吸いをするほど、ヘビースモーカーにとっては物足りないことになってしまっています。 1日に20本以上吸いたい場合は、どうしても 途中で充電を挟む必要があります。 充電で困っている人におすすめのアイテムがあった! 「アイコス3マルチ 結構良さそうだけど、 10本しか吸えないんだったらちょっと…」 ずっと外で仕事だから途中で充電なんてできないという人も居ますよね? なんと言っても、 連続吸いがスムーズにできることで、従来のアイコスよりも 吸う本数が増えるかもしれないという所に注目すると、1日 10本で乗り切るのは難しい…という人も多いはずです。 そんな追加充電で困っている人でもアイコス3マルチを思う存分使うには、今やスマホやタブレットでもすっかりおなじみとなった モバイルバッテリーを使用する方法があります。 アイコス3マルチに適したモバイルバッテリーは まずは容量を見ましょう。 アイコス3マルチのバッテリー容量から考えると、 10000mAh程度の容量のモバイルバッテリーなら十分と言えます。 MAX充電が4回できる程度の容量ですので、アイコス3マルチフル充電+モバイルバッテリーフル充電で 吸える本数は50本になります。 いくら何本も吸うと言ってもこれだけあれば大丈夫でしょう。 電流もしっかりチェック! もう一つはのポイントは 電流をチェックです。 モバイルバッテリーには出力があります。 アイコス3マルチの 充電の際の電流は2Aなのですが、モバイルバッテリーには2Aだったり1Aだったり、もしくは2種類ともついている物もあります。 商品によっては 2AのUSBポートは急速充電ポートなどと言われていたりもしますのでよく見てみて下さい。 モバイルバッテリーは 「2A」のものを選びましょう!1Aと2A両方のポートが付いている場合は2Aの方を使用しましょう! アイコス3シリーズ用の『USB-type-Cケーブル』にも注意 アイコス3マルチの充電関連や連続吸いについてまとめましたがいかがでしたでしょうか? アイコス3マルチは、 軽くてコンパクトで、何本も連続吸いができることが特徴でした。 およそ1時間15分でフル充電でき、フル充電されたアイコス3マルチではヒートスティック10本分吸うことができます。 朝、家を出てしまうと長時間充電ができないけど 1日に10本以上吸いたい!という人にとっては、 モバイルバッテリーを携帯するのがおすすめです! ただ、ポケットチャージャーとホルダーがセットになっている従来のアイコスシリーズと、アイコス3マルチ&モバイルバッテリーのセットで比較しても、連続吸いができるメリットの部分で優れていると考えると アイコス3マルチは優秀と言えそうですね。

次の

アイコス3 マルチ(IQOS3 MULTI)レビュー|軽量でコンパクト持ち運び便利

アイコス3マルチ充電時間

アイコス3マルチは、加熱時間が少ないのですぐに喫煙できる点が気に入っています。 アイコス3マルチの特徴は? 新しいシリーズとして販売されている、アイコス3マルチ。 ここでは、アイコス3マルチがどういった特徴を持っているのかご紹介していきます。 アイコス3マルチは、チャージャーとホルダーが一体化しているという特徴があります。 同時発売されているアイコス3や、従来のアイコスはチャージャーとホルダーは分離しており、チャージャーにホルダーを刺すことで充電が出来ていました。 アイコス3マルチはチャージャーとホルダーが一体化しているので、他のアイコスのホルダーよりは大きくなってしまいます。 ただ、軽量化がされており重さは約50gと非常に軽いので、使用していて苦痛になることはありません。 また、アイコス3マルチは充電が満タンの状態ですと最大10本連続でタバコを吸うことができます。 従来型ですと、電子タバコで連続で喫煙することは難しかったのですが、アイコス3マルチはそちらを改善しているアイテムです。 同時に発売されているアイコス3と比べてみると、アイコス3マルチは価格が安いという特徴もあります。 アイコス3とアイコス3マルチでは、2000円程価格に差があるのでよりお求め安くもなっています。 アイコス3マルチと他の電子タバコの違いは? ここまでは、アイコス3マルチの特徴をご紹介してきました。 では、アイコス3マルチと他の電子タバコを比較するとどういった違いがあるのでしょうか。 やはり、最大の違いとしては最大連続10本の喫煙可能な点が挙げられます。 従来のアイコスなどの電子タバコでは、どうしても1本吸うとホルダーの充電が切れるので連続喫煙が出来ませんでした。 そのため、複数のホルダーを持ち歩いている方もいらっしゃいました。 アイコス3マルチであれば、重電を満タンにしておけば最大で10本は連続喫煙できるので、連続でタバコを吸われる方も満足できます。 また、アイコス3マルチは細長い本体をしているので、非常にスマートなみためになります。 グローなどのように、横に広い本体が苦手な方はアイコス3マルチの方がおすすめです。 アイコス3マルチはタバコを加熱する時間も早く、加熱完了まで約20秒ほどといわれています。 すぐに加熱が完了する点も、他の電子タバコとの違いといえるでしょう。 アイコス3マルチはどういう人にオススメ? アイコス3マルチと他の電子タバコの違いについて解説をしてきました。 では、アイコス3マルチはどういう人にオススメのアイテムとなっているのでしょうか。 やはり先程からご紹介している通り、アイコス3マルチは連続喫煙が出来る点が最大の特徴です。 そのため、毎回連続でタバコを吸ってしまう方、現在複数のホルダーを所有して連続吸いをしている方にはオススメのアイテムです。 充電満タンの状態で最大10本連続で喫煙可能ですし、電池が切れた場合はコンセントに接続すれば充電可能です。 接続端子もUSBType-Cになっているので、コネクタの裏表などを気にする必要もありません。 また、グローなどと比べてアイコス3マルチは細長い本体ですので胸ポケットにも入れやすいアイテムになっています。 タバコをいつも胸ポケットに入れておきたい方にもオススメできます。 アイコス3マルチの使い方について アイコス3マルチの特徴や、おすすめの方について解説をしてきました。 続いては、実際にアイコス3マルチを使用する方法をご紹介していきたいと思います。 アイコス3マルチを使用する際には、まず充電をしておく必要があります。 アイコス3マルチは約75分程度で充電が満タンになるといわれていますので、先に充電を完了させておきましょう。 充電が完了しましたら、アイコス3マルチで喫煙可能です。 まずは、電源を入れる必要がありますのでボタンを4秒間押し続けてください。 電源が入りましたら、カバーを開けてヒートスティックを差し込みます。 ヒートスティックを真っ直ぐ差し込めたら、またボタンを長押しします。 本体が振動したらボタンから指を離しましょう。 本体が1度振動すると、ライトが点滅して加熱を始めてくれます。 加熱は約20秒ほどで完了するので、少し待ちましょう。 アイコス3マルチは公式サイトにて、8,980円にて販売されています。 公式サイトにて会員登録をしていると、初回購入時は送料が無料、また割引価格が適用されるといった特典があります。 キットになっていますので、こちらとヒートスティックを購入すれば喫煙は可能です。 ヒートスティックはマールボロブランドのもので500円、ヒーツというブランドのもので470円となっています。 アイコス3マルチは、アクセサリーも販売されています。 ACアダプター、USBケーブルは各980円にて、モバイルバッテリーは2,480円にて販売されています。 アイコス3マルチを使う際の注意点 アイコス3マルチを使用する際の注意点はどのようなものがあるのでしょうか。 最大10本連続喫煙できるアイコス3マルチですが、これは充電が満タンの状態の話になります。 充電が満タンでなければ連続喫煙できる本数も減りますので、電池の残量には注意しておきましょう。 電池の残量については、USBコネクタを差し込む部分にあるライトで確認可能です。 小まめに確認をして、電池が減ってきた場合には充電をしておくようにしましょう。 アイコス3マルチを使用していて、赤いランプが点灯する場合や正常な動作をしなくなることもあります。 こういった場合には、まずはリセットをしてみるといいでしょう。 リセット方法はボタンを10秒間押し続けて、ステータスライトとバッテリーライトが点灯したら指を離します。 2つのライトが何回か点滅して、完全にライトが消えたらリセット完了となります。 リセットを行っても不具合が改善されない場合には、カスタマーセンターン連絡をしましょう。 アイコス3マルチの総合評価 アイコス3マルチについて今回は詳しくご紹介してきました。

次の

新型「IQOS 3」を徹底レビュー!使い方からスペックまで、前モデルと何が違う?|いまいちど.ログ

アイコス3マルチ充電時間

・フル充電まで 75分 ・フル充電で ヒートスティック約10本分 従来型との決定的な違いとしては、 「本体のみで成立している」という点です。 単純なメリットとして部品点数が減るというのがあるので、 部品をなくすだとかカバンの中でごちゃごちゃにならない、といったことが考えられます。 重量もiQOSマルチの半分、iQOS2. 4の3分の1。 圧倒的軽さで、持ち運びという面では最強になったワケですね。 従来のスティック型の欠点としては、ケース以外にも スティックのバッテリーも充電しなくてはいけないという点。 すでに周知の事実ですが、必然的に 吸う回数に制限がつくというのが最大のネックなんですよね。 スティックには120mAhしかないので、1度吸ったら充電、また吸ったら充電・・・・といった感じで少々わずらわしさが否めません。 吸いたいときに吸えないという現象が発生してしまうわけです。 iQOS3マルチは本体をそのまま使えるので、無駄な充電時間がないためチェーンスモークが可能になっています。 と・・・・便利なのはわかりましたが、ここで気になるのが バッテリーの許容使用時間と充電時間。 満充電まで75分・・・まあここは問題ないでしょう。 問題は 「ヒートスティック10本分」というところですよね。

次の