電子 印鑑 作成。 PDFに画面上で電子印鑑を押したい場合は

【電子印鑑】効力から角印、認印の作成(無料/有料)、押印する方法まで徹底解説

電子 印鑑 作成

Index• 電子印鑑とは 電子印鑑とは、パソコン上で使用できる印鑑を意味します。 印影を画像データ化したものをそのまま電子書類に押印することができるため、書類の印刷や郵送の手間を省ける点が大きなメリットです。 近年では、これまで実物の印鑑を使用していた様々な場面において、電子印鑑の利用が一般的になりつつあります。 Word(ワード)での電子印鑑作成のSTEP 電子印鑑は、Wordを利用して簡単に作成することができます。 本記事では、Wordの機能である「ワードアート」を使用した電子印鑑の具体的な作成手順についてご説明します。 STEP1 「図形」から希望の形を選択 Wordを開くと、ツールバーの「挿入」の中に「図形」があります。 ここには丸型や四角などさまざまな図形があり、その中から印鑑に使用したい形を選択すると、好きな大きさで選択した図形を表示することができます。 印鑑は丸型を使うことが多いので、丸型もしくは楕円形を選択しましょう。 四角形の印鑑を作成したい場合には、四角や長方形を選んでも構いません。 STEP2 選んだ図形の線の色と太さを選択 先ほど選択した図形の線の色と太さを選択しましょう。 印鑑なので色は朱を選択するのが自然です。 線の太さは、図形の大きさとバランスを見ながら決めると良いでしょう。 この図形が電子印鑑のベースになります。 STEP3 ワードアートで文字を作成 続いては文字部分の作成です。 ここでワードアートを使用します。 ワードアートは、入力した文字部分を自由自在にサイズ変更できるため、印鑑作成時にはとても便利です。 ここで、先ほど選んだ図形の中に入れる文字を作成していきます。 ワードアートをクリックすると、さまざまな文字デザインが一覧表示されますが、文字列がカーブしているものや影付きのものではなくシンプルなものを選びましょう。 どの文字デザインにするかを決めたら、文字入力をします。 ここでフォントを変えることも可能です。 お好みに合わせてフォントを選びましょう。 STEP4 ワードアートの文字を最初に作成した図形の中におさめる ワードアートで印鑑の文字部分を入力したら、完成した文字を最初に作成した図形の中に入れ込みましょう。 大きさをうまく調整して、バランスよく見えるように配置します。 STEP5 完成した印鑑デザインをペイントで仕上げる 図形と文字部分がバランスよく完成したら、全体を図形の円で囲みグループ化をしておきます。 これで文字と枠がずれることはありません。 そして全体をコピーします。 最後にペイントを起動しましょう。 ペイントを起動したら、コピーした印鑑のデザインを張り付けてください。 この時点では、無駄な余白部分があるため、このペイントの画面でトリミングしておきます。 STEP6 ペイントで保存したデータを電子印鑑として使用する これで電子印鑑のデータが完成しました。 ペイントの画面でデータを保存し、後は押印時に使用するだけです。 利用する際には、パソコンのPDFに直接押印することもできますし、WordファイルやExcelファイルに押印することも可能です。 繰り返し何度でも利用できるため、一度作成しておくと非常に便利です。 Word(ワード)で作成するメリット Wordで電子印鑑を作成するメリットは、主に2つあります。 高度なスキル不要!簡単に作成できる パソコンの操作に自信がない方にも、簡単な電子印鑑ならすぐに作成することが可能です。 高度なスキルが不要で、誰にでも手軽にできる点が、Wordで電子印鑑を作成するメリットのひとつです。 コストがかからない 電子印鑑を利用したいが、費用をかけたくないと考えている方にも、Wordでの作成はおすすめです。 なぜなら、電子印鑑をWordで作成するのに別途費用は掛からないからです。 他のサービスを利用すると費用がかかることも多いです。 この点もWordで電子印鑑を作成するメリットと言えます。 Word(ワード)で作成するデメリット 電子印鑑は、特別なソフトを使わずに、簡単にWordで作成することが可能です。 しかし、Wordで作成した電子印鑑にはデメリットもあります。 ここでは、デメリットを3つ紹介します。 セキュリティが万全とは言えない Wordで作る電子印鑑はセキュリティが万全ではありません。 というのも、簡単に作成できるからこそ、複製も難しくないからです。 Wordを使えば同じような見た目の電子印鑑を作成することは極めて容易であることが、デメリットのひとつです。 限られたデザインでしか作成できない ワードアートの図形や、ワードアートで使用できるフォントの種類には限りがあります。 電子印鑑のデザインにこだわりたい場合には、満足のできる仕上がりにならないこともあるでしょう。 個性的なフォントを使用するなど、印鑑のデザイン自体にこだわりたい場合には、オンラインサービスを利用する方が、バリエーションに富むためおすすめです。 捺印日時などのデータの付加ができない Wordで作成する電子印鑑には、印鑑の画像以外のデータを付加できないため、捺印日時などが確認できません。 この点もデメリットと言えるでしょう。 一方で、オンラインの電子印鑑作成サービスを利用すると、電子印鑑に捺印日時や捺印者のデータなどを入れることが可能です。 これにより、誰がいつ電子印鑑を使用したのかが分かり、悪用されるリスクを未然に回避することが可能になります。 便利でおすすめ!パソコン決裁Cloud Wordで電子印鑑を作成する方法は手軽でメリットが多いものの、一方でデメリットもあります。 デメリットを考えると、サービスを利用して電子印鑑を利用する方法がおすすめです。 「パソコン決裁Cloud」は、シヤチハタが提供する電子印鑑のサービスです。 利用料金は月額100円からと導入コストも低く、初めてサービスを利用して電子印鑑を作成する方に利用しやすい価格設定が魅力です。 パソコン決裁Cloudで作成した印鑑は利用履歴が残るため、セキュリティの面でも安心できます。 Wordで作成するのではなく、サービスを利用したい方はぜひ検討されることをおすすめします。 まとめ とても便利な電子印鑑ですが、作成するのはとても簡単です。 Wordで電子印鑑を作成するにあたり、特に高度なスキルは必要ありません。 Wordでの電子印鑑作成は手軽なのが魅力ではありますが、そのデメリットも理解しておくことが必要です。 今回のまとめとしては下記のとおりです。 ・Word機能のワードアートを使えば、簡単に電子印鑑が作成できる ・Wordで作成した電子印鑑は複製されるリスクがある ・Wordで作成できる電子印鑑のデザインは限られている 押印のたびにプリントアウトや郵送の作業が発生する時代は変わりつつあります。 ペーパーレス化は、この先さらに現代社会に浸透していくことでしょう。 便利な電子印鑑を作成する際は、メリットとデメリットの両方を理解した上で、ご自身の目的に合った作成方法を決めることが大切です。

次の

電子印鑑とは?作り方や取扱方法、法的効力など徹底解説

電子 印鑑 作成

以前は、請求書等のやり取りをする場合、パソコンで作成後に印刷し捺印して郵送していましたが、近年は、紙ではなく、データでやり取りすることも増えてきました。 その際、パソコン上で押印できる「電子印鑑」を使えると、パソコンで作成したものを印刷し、捺印してスキャンするという手順が不要になり、作業を簡素化できます。 つまりパソコン上だけで全ての作業を完了させることができるのです。 今回はその電子印鑑についてご紹介します。 電子印鑑を押印する方法も取り上げていますので、参考にされてください。 電子印鑑の効力 実は、押印が必須であるケースは決して多くはありません。 法的には請求書等も印鑑がなくても認められます。 ただし、会社のルールとして押印の必要性が決まっていることが多く、押印がないと処理できない会社があるのです。 押印する理由については、法律事務所アルシエンの清水陽平弁護士によると、 押印がなくても法的効力が変わらないとしても、印鑑が本人しか持っていない以上、本人がきちんと意思を表示したのだということが判断できたり、交渉段階の文書ではなく最終的に合意した文書であるということが明らかにしやすい、といった事実上の意味があります。 そのため、押印をするのが通常の実務における扱いといえるでしょう。 (「」より) とのことです。 電子印鑑についても同様で、取引先が認めていれば使えますし、認めていなければ使用できません。 使う際は、事前に確認されることをおすすめします。 電子印鑑を無料で作成する方法(角印) 電子印鑑は、通常の印鑑と同様、専門業者に依頼して新規で作ってもらうことも可能です。 また後述しますが、ソースネクストから専用のソフトが販売されています。 仕事で正式に使用する場合は、こういったサービスの利用を考えるといいでしょう。 まずは、どんな感じのものか試してみたいということでしたら、無料で電子印鑑を作る方法もあります。 作り方は、大きくわけで2種類。 お持ちの印鑑をスキャンして透過処理などを行い、使用する方法• 新たに電子印鑑として使う画像を作成する方法 解説していきます。 既存の印鑑から画像としてスキャンし作成する方法 普段使用している印鑑を紙に押印し、スキャナーで取り込みデータ化します。 このときに、単純にスキャンしただけだと、文字の上に押印すると、下の文字が消えてしまうので、透過処理が必要です。 その後、画像として保存しておくと電子印鑑として利用可能です。 透過処理はAdobe illustratorやAdobe Photoshopといった画像編集ソフトを使うと行えます。 方法などは、Adobeのサイト「」をご覧ください。 もっと手軽な方法としては、「」というサービスがありました。 「いわしブログ」の「」を読む限り、簡単そうです。 ただ印鑑は大事な場面で使うことも多いので、こういった外部のサービスを利用する場合はセキュリティ、安全性などをよく調べた上で、自己責任のもとでご利用ください。 外部サービスを使い作成する方法 まずお試しということであれば、「」というサービスは手軽。 名字、書体、大きさ、色を選ぶだけで電子印鑑(PDF)が作成できます。 日本の名字上位10000姓を収録。 ただし登録されている名字でしか作成できません。 また個人使用・企業内での使用はOKですが、商業使用(実際の印章の版下にして使用するような行為)は禁止です。 書体は、古印体(こいんたい)と印相体から選択。 古印体とは認印でよく用いられている書体で可読性が高く馴染みのある書体です。 その他、フリーソフトなどもありますので、ご興味のある方は調べてみてください。 エクセルで電子印鑑を使うなら無料のアドイン「Excel電子印鑑」が手軽で便利 請求書等をエクセルで作る機会が多い人は、特に「」は押印のやりやすさを考えると便利でしょう。 認印、角印に加えて、「社外秘」「回覧」「至急」などビジネスシーンでよく使われるビジネス印も押せますよ。 《インストール方法》 1.のサイトにアクセス 2.ダウンロードしたZIPファイルを展開する 3.「アドインインストール用」というファイルをダブルクリック 4.「編集を有効にする」、「インストール」を順にクリック これでアドインのインストールは完了です。 《使用方法》 1.新規でエクセルを開く。 右クリックし、「Excel電子印鑑」、印鑑設定とクリック 2.上部に印鑑の種類がタブになっているので、設定したいタブを選択。 名前を入力し、フォント、色、サイズ、傾きを設定し、「OK」をクリック 3.電子印鑑を押したい場所にカーソルを持って行き、右クリックし「Excel電子印鑑」を選択。 「認印押印」「角印押印」など捺印したい種類の印鑑を選ぶと、押すことができる 「Excel電子印鑑」について、もっと詳しくお知りになりたい方は以下をご覧ください。 「HGS教科書体」や「HGS行書体」などのフォントを選ぶといいでしょう。 その他、もっと自由に作ってみたいということでしたら、WordやPowerPointを使ってみるのもいいでしょう。 ワードアートの最もシンプルな文字を使い、一文字ずつテキストボックスで文字を入力し、図形を使い縁を作ります。 PDF形式の書類に電子印鑑を捺印するなら、Adobe Acrobat Readerを使う方法が便利 PDFの書類に押印する場合は、Adobe Acrobat Readerを使うのが手軽です。 ユーザー設定で氏名等を入れておくと、自動で電子印鑑が作られ、「スタンプを追加」から押印できます。 「スタンプを追加」が表示されていないときは、「注釈」をクリックしてみてください。 仕事で使うなら有料サービスの検討も より印鑑らしい電子印鑑を求めるなら、やはり有料サービスを利用するのがいいでしょう。 業者に依頼する方法のほかに、SOURCENEXT(ソースネクスト)では、『』という電子印鑑が作れるソフトが販売されています。 標準価格は6,980円。 印鑑に合うフォントが10書体搭載されていたり、押印のカスレが表現できたりと、細かい部分まで作り込めますよ 電子印鑑を使う上での注意点 電子印鑑イコール不正利用されやすいというわけではありませんが、何も対策を行わないと、コピーされやすいのも事実です。 そこで電子印鑑を使う場合は、以下の点に気を付けましょう。 Excelなど編集可能な媒体でのやり取りではなく、必ずPDF化をする• 電子印鑑は、コピーされにくいように文字にかかるように押印する• 特定の業者ではなく、中立的な立場であるからこそ、より最善のご提案ができるのだと考えています。 困ったことがあったときに、「ちょっと聞いてみよう」と思ってもらえるような存在になれたら幸いです。

次の

本物の印鑑から電子印鑑を作る方法「印鑑透過」

電子 印鑑 作成

現時点ではまだ電子押印はNoという法人についても、今後徐々に解禁の方向に向かっていくのは、まず間違いないだろう。 PDFの書類に押印する最も手軽な方法は、Adobe Acrobatの「電子印鑑」機能を使うことだろう。 さまざまな印影が表示されるので、そこから必要なデザインを選べばよい。 この方法ではさまざまな形状の電子印鑑が用意されているが、書体が味気なく感じる人もいるかもしれない。 こうした場合は外部サービスで印影を作り、それを画像データとして読み込んで使えば、紙で印を押したのと見分けがつかない電子印鑑が利用できるようになる。 画面の中央にポツンと乗っているが気にせずこのままOKを押す(画像中央)、分類を選択してOKを押す。 名前は適当でよい(画像右) 以上の方法のほかにも、紙に押した印影をスキャナで取り込み、画像ファイルとして利用する方法もある。 画像処理ソフトでの加工など一手間かかるが、この方法であれば「Web認印」にない苗字などでも問題なく利用できる。 最初の設定さえ済ませてしまえば後はスムーズに利用できるので、電子押印の本格的な普及を前に準備を済ませておくと何かと役立つはずだ。 関連記事• 書類、回覧、宅配便などなど、日本人である以上、印鑑が必要な場面は少なくない。 特に取引先やお客様に出す書類の印鑑は、それだけでグッと印象が違ってくるから気をつけたいもの。 ISOT 2008でいくつか試してみた。 Adobe Readerなどを使用してPDFに注釈を入れる際、表示される作成者名が不適切な場合がある。 社内での閲覧時は部署名+姓、社外に送るときは社名+姓といった具合にプロパティから書き換えてやろう。 関連リンク•

次の