福岡 高校 受験。 【2020年度】福岡県公立高校及び私立高校入試日程一覧

福岡地区(第4・5・6学区)公立高校入試|偏差値・内申点・合格ボーダー

福岡 高校 受験

内申点と実力からみた、推薦入試に向く受験生と、向かない受験生。 高校推薦入試に向く受験生と向かない受験生がいるのをご存じでしょうか?今回は、A君・Bさん・C君の3人を例に、シミュレーションしてみました。 国語が特に得意で、苦手な教科はない。 内申点(通知表の9科の合計点)が 33で、模試での偏差値は 60。 そのため内申点がやや高めで 38。 しかし実力テストになると力が発揮できないことが多く、特に数学と理科が苦手。 模試での偏差値は 53。 授業態度は普通だが、宿題を出さないことが多々ある。 英語と国語が苦手で、数学はまずまず。 内申点は 29で、模試での偏差値は 48。 国 社 数 理 英 技 美 体 音 計 3 3 4 3 3 3 3 4 3 = 29 それでは、具体的にこの3人が高校受験の推薦入試に向き・不向きかをシミュレーションしてみましょう。 高校受験で推薦入試に向く受験生とは? 一般的に、私立高校の推薦入試は「合格させる入試」なのに対して、公立高校の推薦入試は「落とす入試」と言えます。 どちらの場合も、まず必要なのが 志望校に見合うだけの十分な「内申点」です。 その点では、まずBさんが推薦入試に向いていると言えるでしょう。 Bさんの場合は、模試のような実力テストに弱いという意味で、一般入試で受験するにはやや不安です。 とは言っても十分に高い内申点があるので、公立・私立を問わず推薦入試に向いていると言えます。 このBさんのように、 実力よりも内申点の方が高めのタイプは「内申タイプ」と言え、最も推薦入試に向いている生徒と言えます。 では、次に推薦入試に向いているのはA君とC君のどちらでしょうか。 一見すると、A君と思われがちですが、実はC君の方が推薦入試に向いていると言えます。 理由は「苦手な教科が多いから」です。 C君の場合は、内申点がそれほど高くないため、公立高校の一般入試では不利になってしまいます。 また、苦手な教科が多いので、一般入試での学科試験の点数もそれほど期待できません。 ならば、いっそうのこと 中堅の私立高校の推薦入試を受けた方が得策と言えます。 このように高校受験での推薦入試は、単純に内申点が高い生徒の方が向いているというわけではありません。 あくまでも、 実力よりも内申点が高い「内申タイプ」が向いていると言えるのです。 高校受験で推薦入試に向かない受験生とは? では、次に高校受験の推薦入試に向かない受験生について考えてみましょう。 公立高校の場合も私立高校の場合も、志望校に見合うだけの 十分な内申点がない場合は、推薦入試に向いているとは言えません。 また推薦入試の場合は、合格したら入学を確約しなければならない「専願」が大半で、その後の受験に制限がついてしまいます。 ですから、 一般入試で十分合格する可能性が高い場合は、わざわざ推薦入試を受ける必要がありません。 その点では、A君は推薦入試に向かないことがわかります。 模試での偏差値が60もあるので、公立・私立問わず一般入試で十分合格することが可能だと言えます。 志望校のランクを下げてまで「推薦入試」にこだわる必要はありません。 このA君のように、 内申点はそれほどではないが、実力のあるタイプは「実力タイプ」と言えます。 このようなタイプは、推薦入試には最も向いていないので注意しましょう。 参考までに、A君の場合は実力に見合うだけの内申点がないため、難易度の高い公立高校の一般入試では苦戦を強いられる可能性が高いので、志望校選びには注意が必要です。 A君のような「実力タイプ」の志望校選びは、偏差値60の実力に見合った高校よりは、たとえ ワンランク下げてでも内申33に見合った高校を選ぶことがポイントです。 そもそも推薦入試は「諸刃の剣」 高校受験の推薦入試には一般入試のような厳しさがなく、比較的楽に合格を獲得できるという「おトク感」があります。 しかし、高校受験に限らず、推薦入試は「諸刃の剣」の側面もあります。 一般入試の場合は、学科試験の結果によって合否が決まるという点では、確かに「厳しい制度」と言えるかもしれません。 しかし、これは裏を返せば「受験生を実力に見合った学校へ振り分ける制度」とも言えます。 一方、推薦入試の場合は、少なからず実力に見合わない学校に入ってしまうというリスクがあります。 「推薦入試で受験できるから」という理由で志望校のランクを極端に下げてしまった場合は、 入学後に授業が簡単すぎておもしろくない「浮きこぼし」という事態にもなりかねません。 A君のような「実力タイプ」が推薦入試で入学した場合は、特に注意が必要です。 また、「一般入試では危ないから」という理由で一般入試を避け、推薦入試で受験して合格した場合は、入学後に 「授業のレベルが高すぎてついていけない」という事態も想定できます。 いわゆる「背伸び受験」と呼ばれる現象です。 Bさんのような「内申タイプ」は、特に注意が必要です。 いずれの場合も、良くも悪くも志望校が実力に「見合っていなかったこと」が問題ですね。 こうした問題も、「受かるかどう」かだけでなく「受かってから」のことを考えれば防げることですので、志望校選びの際はこの点を参考に慎重に考えるとよいでしょう。 関連記事 ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

福岡県立高校の学区

福岡 高校 受験

福岡県 高校入試制度は都道府県により大きく違います。 福岡県の入試制度を知っておくことが高校合格への第1歩! 福岡県 高校入試情報(令和2年度/2020年度) 福岡県の公立高校入試は、推薦入学者選抜(2月)、一般入学者選抜(3月)と受験が行われますが、推薦入学者選抜は実施校が一部と限られていますので、事実上、受験機会は、一般入学者選抜の1回勝負となります。 昨年度の入試から、一般入学者選抜の学力テストの時間が5分延びました。 福岡県の内申点の対象学年は中学3年生の評定がつきますので、3年生の2学期までの定期テストをしっかり対策しましょう。 学力検査点の傾斜が実施される高校が多いので、自分の得意教科を考慮して、入試制度をしっかり調べましょう。 また一部の高校では、追加問題(30点)を実施する高校・学科がありますので、調べてみましょう。 志願理由書も提出。 中学校長の推薦を受ける学校長推薦と、一部の高校が実施する自己推薦の2つの制度ある。 《学力検査》 なし 《その他の検査》 すべての受験者に面接を実施。 作文、実技検査を実施する場合あり。 《内申点の算出方法》 3年生の9教科(英語. 面接・作文・実技のうち1~2種類の試験を受験者に実施。 《内申点の算出方法》 3年生の9教科(英語. 「第1次選考」 調査書点と学力検査点の順位がともに一定数(定員以内で高校ごとに定める人数)以内に入っていて、調査書の内容に問題のない受験者。 (定員の約60%程度) 「第2次選考」 調査書のその他の記録も重視して、総合的に判定する。 (高校により,調査書の記載事項で特に重視する部分を定める。 また、個性重視の特別試験を実施する高校ではその結果を活用する。 ) 《福岡県教育委員会》 もっと詳しい福岡県の公立高校受験、入試制度の情報は福岡県教育委員会の高校入試情報のページで確認下さい。 《福岡県の公立高校・私立高校の偏差値》 福岡県の公立高校・私立高校の偏差値の一覧を下記ページにまとめています。 高校受験の志望校選択の参考にして下さい。 福岡県内の対応エリアの詳細は、下記リンクより進んでください。 《福岡地方(福岡市内)》• 《福岡地方(筑紫地域)》• 《福岡地方(粕屋地域)》• 《福岡地方(宗像地域)》• 《福岡地方(糸島地域)》• 《北九州地方》• 《朝倉地方》• 《鞍手地方》• 《田川地方》• 《嘉穂地方》• 《久留米地方》• 《八女地方》• 《有明地方》•

次の

福岡県の高校入試(受験)特集|みんなの高校情報

福岡 高校 受験

福岡県の高校入試の傾向を意識しながら、受験対策に取り組もう! 英語 分野としてはリスニング、長文読解、英作文、語彙、文法の4つからなります。 リスニングに関しては、<絵や図表について答える問題><英文を聞いて答える問題>に加え、昨年は<絵や図表を選択する問題>も出題されました。 英作文に関しては基本的な表現を使うような問題が出される傾向にあります。 与えられた問いに対して25語以上で文章を作るといった問題が出されています。 難しい言い回しを書く必要はないので、教科書に出てくる基本的な表現をきちんとおさえましょう。 国語 昨年は説明的文章、古文、随筆、作文が出題されました。 古文については、問題中に和歌が含まれていたのが特徴です。 ここ数年出題されている随筆と、書き下し文が出題されている漢文については対策が必要でしょう。 作文についてはグラフの読み取りの傾向があり、自分の意見や経験が求められます。 また特徴として、3段落構成で書くことが挙げられます。 数学 分野としては数と式、関数、資料の活用、平面図形、空間図形の5つからなります。 例年満遍なく出題されているため幅広い準備が必要です。 関数については変域のあるグラフを見て数式を求める問題が高い確率で出題されています。 座標を求める練習を十分にしておきましょう。 平面図形に関しては基本問題から証明問題、線分の長さに関する問題まで例年幅広く出題されていますが、面積に関する問題は年によって出題されていません。 理科 分野としては、物理、化学、生物、地学の4つからなっています。 それぞれ2問ずつ、計8つの大問で構成されています。 ほとんどの大問で文章記述問題が出されているのが特徴です。 生物に関しては動物・植物・細胞についての問題が多く出題される傾向が強いです。 実験の問題が出題されますが、生物に関しては実験の数も限られているのですべて確認しておきましょう。 社会 分野としては地理、歴史、公民の3つからなります。 3分野からバランスよく出題されており、共通して文章記述問題が出されています。 文章記述問題は指定のキーワードを用いて書くものもあります。 歴史については古代から現代まで、時代に偏らず出題されています。 地理に関しては日本の産業について毎年出題されているので、地図と資料集を見比べながら理解を深めましょう。 63)• 32 - 2. 97)• 33 - 2. 67)• 47)• 44)• 68)• 40)• 41 - 1. 75)• 99 - 2. 20)• 13 - 1. 94)• 18)• 26 - 2. 24)• 93 - 1. 32)• 52 - 3. 03)• 29)• 10)• 25)• 82)• 34)• 25 - 1. 64).

次の