アンチテーゼ 解析 モンスト。 轟絶 アンチテーゼ 「烈なる反立」 ステージ解析

【モンスト】アンチテーゼ【轟絶】のレベル調整について解説

アンチテーゼ 解析 モンスト

アンチテーゼを素材に使うキャラ 10体 アンチテーゼに有効なソウルスキル ー対光の心得ー 光属性への攻撃倍率1. 10倍 アンチテーゼの攻略ポイント ビジョンベースを有効活用しよう 新ギミック「ビジョンベース」が登場します。 手番のキャラが「ビジョンベース」を踏むと、他の「ビジョンベース」から分身が発射される仕組みです。 この「ビジョンベース」を利用したザコ処理が求められるクエストになるでしょう。 基本的に敵は、「ビジョンベース」を利用しなければダメージが通りづらいため注意が必要です。 最初に踏んだ「ビジョンベース」以外から分身が発射• 分身が発射されるのは最初の1つを1回踏んだ時のみ• 分身は手番のキャラの進行方向と同じ方向に発射 地雷とブロック対策の闇属性を編成しよう 「アンチテーゼ」の主な出現ギミックは「ロックオン地雷」と「ブロック」です。 どちらも多数出現するため、2つのギミックに対応したキャラを中心に編成しましょう。 アタッカーとして「地雷」対策をしていないキャラを編成する場合は、1〜2体までがおすすめです。 また属性倍率が超アップのクエストなので、闇属性のキャラを中心に編成しましょう。 亜人&同キャラの編成は控えめに 「ガッチェス」が「亜人キラーL」を持っているので、亜人族を編成し過ぎてしまうと、被ダメージをが大きくなってしまいます。 亜人族の編成は、多くとも2体までに抑えるのがおすすめです。 また「ガッチェス」は「伝染霧」を放ってきます。 同キャラを積みすぎると被ダメージが非常に大きくなってしまうため、最大でも2体までに抑えるのがおすすめです。 SSでボスに高火力を出せる。 光ドクロを倒す• 「ロックオン地雷」は1発約10万とダメージが大きいので、「マインスイーパー」持ちを複数体編成しましょう。 敵は基本的に「ビジョンベース」から出る分身の攻撃でしかダメージが通らないため、「ビジョンベース」を利用しながら敵の弱点を狙うのがおすすめです。 「光ドクロ」の効果は敵防御ダウン、「闇ドクロ」の効果は敵防御アップとなっています。 このステージは「信号鬼」が内部弱点を持つため、下の「ビジョンベース」に先にふれて、分身が「信号鬼」の弱点を攻撃できるように弾きましょう。 防御ダウンしたらテュポーンを攻撃する• 防御ダウンした後、左右の「ビジョンベース」に縦カンでふれ、分身で「テュポーン」の弱点を攻撃しましょう。 その後も「ビジョンベース」を使って「ガッチェス」の弱点を攻撃しましょう。 「ガッチェス」は「伝染霧」を撃ってくるので、同キャラを複数体編成している場合は注意が必要です。 信号鬼を倒す• 上の「ビジョンベース」に横カンでふれることで、下にいる「信号鬼」を処理することが可能です。 その後は同じ手順で「アンチテーゼ」の弱点を攻撃します。 斜めに弾いて「ビジョンベース」にふれることで、分身が「信号鬼」の弱点を攻撃できます。 アンチテーゼの攻撃パターン ボスの攻撃パターン 場所(ターン数) 攻撃内容 右(6ターン) 光闇ホーミング 合計約20,000ダメージ 下(2ターン) 光闇ロックオンレーザー 約10. ガッチェスを倒す• 「光ドクロ」を倒すことで、残りの敵が防御ダウンするため、その後は素早く「ガッチェス」の処理を優先します。 同じ手順で防御ダウンをさせながら「ビジョンベース」を使用して「アンチテーゼ」にダメージを与える立ち回りを心がけましょう。 分身でアンチテーゼの弱点を攻撃する• 「ドクロ」が最大4体になりますが、分身で「闇ドクロ」2体を倒してから「光ドクロ」を1体以上処理し、「アンチテーゼ」を確実に防御ダウンさせるのがポイントです。 「アンチテーゼ」が防御ダウンしているターンは、分身が「アンチテーゼ」の弱点を確実に攻撃できるように弾きましょう。 テュポーンを倒す• 「光ドクロ」を最後に倒すのが難しい場合には、「闇ドクロ」を3体処理するのがおすすめです。 「光ドクロ」を最後に倒し、「アンチテーゼ」が防御ダウンしたら分身で「テュポーン」と「アンチテーゼ」を攻撃しましょう。 また 「光ドクロ」の上下ラインを縦カンすることで、「光ドクロ」のみを倒すことが可能です。 アンチテーゼを攻略するコツ 防御ダウンさせてから分身で弱点を攻撃 「アンチテーゼ」に出現する「光ドクロ」は敵防御ダウン、「闇ドクロ」は敵防御アップです。 防御ダウン状態になったら、「ビジョンベース」から出る分身で敵の弱点を攻撃することで大ダメージを与えられます。

次の

己に反する者 アンチテーゼ

アンチテーゼ 解析 モンスト

アンチテーゼを素材に使うキャラ 10体 アンチテーゼに有効なソウルスキル ー対光の心得ー 光属性への攻撃倍率1. 10倍 アンチテーゼの攻略ポイント ビジョンベースを有効活用しよう 新ギミック「ビジョンベース」が登場します。 手番のキャラが「ビジョンベース」を踏むと、他の「ビジョンベース」から分身が発射される仕組みです。 この「ビジョンベース」を利用したザコ処理が求められるクエストになるでしょう。 基本的に敵は、「ビジョンベース」を利用しなければダメージが通りづらいため注意が必要です。 最初に踏んだ「ビジョンベース」以外から分身が発射• 分身が発射されるのは最初の1つを1回踏んだ時のみ• 分身は手番のキャラの進行方向と同じ方向に発射 地雷とブロック対策の闇属性を編成しよう 「アンチテーゼ」の主な出現ギミックは「ロックオン地雷」と「ブロック」です。 どちらも多数出現するため、2つのギミックに対応したキャラを中心に編成しましょう。 アタッカーとして「地雷」対策をしていないキャラを編成する場合は、1〜2体までがおすすめです。 また属性倍率が超アップのクエストなので、闇属性のキャラを中心に編成しましょう。 亜人&同キャラの編成は控えめに 「ガッチェス」が「亜人キラーL」を持っているので、亜人族を編成し過ぎてしまうと、被ダメージをが大きくなってしまいます。 亜人族の編成は、多くとも2体までに抑えるのがおすすめです。 また「ガッチェス」は「伝染霧」を放ってきます。 同キャラを積みすぎると被ダメージが非常に大きくなってしまうため、最大でも2体までに抑えるのがおすすめです。 SSでボスに高火力を出せる。 光ドクロを倒す• 「ロックオン地雷」は1発約10万とダメージが大きいので、「マインスイーパー」持ちを複数体編成しましょう。 敵は基本的に「ビジョンベース」から出る分身の攻撃でしかダメージが通らないため、「ビジョンベース」を利用しながら敵の弱点を狙うのがおすすめです。 「光ドクロ」の効果は敵防御ダウン、「闇ドクロ」の効果は敵防御アップとなっています。 このステージは「信号鬼」が内部弱点を持つため、下の「ビジョンベース」に先にふれて、分身が「信号鬼」の弱点を攻撃できるように弾きましょう。 防御ダウンしたらテュポーンを攻撃する• 防御ダウンした後、左右の「ビジョンベース」に縦カンでふれ、分身で「テュポーン」の弱点を攻撃しましょう。 その後も「ビジョンベース」を使って「ガッチェス」の弱点を攻撃しましょう。 「ガッチェス」は「伝染霧」を撃ってくるので、同キャラを複数体編成している場合は注意が必要です。 信号鬼を倒す• 上の「ビジョンベース」に横カンでふれることで、下にいる「信号鬼」を処理することが可能です。 その後は同じ手順で「アンチテーゼ」の弱点を攻撃します。 斜めに弾いて「ビジョンベース」にふれることで、分身が「信号鬼」の弱点を攻撃できます。 アンチテーゼの攻撃パターン ボスの攻撃パターン 場所(ターン数) 攻撃内容 右(6ターン) 光闇ホーミング 合計約20,000ダメージ 下(2ターン) 光闇ロックオンレーザー 約10. ガッチェスを倒す• 「光ドクロ」を倒すことで、残りの敵が防御ダウンするため、その後は素早く「ガッチェス」の処理を優先します。 同じ手順で防御ダウンをさせながら「ビジョンベース」を使用して「アンチテーゼ」にダメージを与える立ち回りを心がけましょう。 分身でアンチテーゼの弱点を攻撃する• 「ドクロ」が最大4体になりますが、分身で「闇ドクロ」2体を倒してから「光ドクロ」を1体以上処理し、「アンチテーゼ」を確実に防御ダウンさせるのがポイントです。 「アンチテーゼ」が防御ダウンしているターンは、分身が「アンチテーゼ」の弱点を確実に攻撃できるように弾きましょう。 テュポーンを倒す• 「光ドクロ」を最後に倒すのが難しい場合には、「闇ドクロ」を3体処理するのがおすすめです。 「光ドクロ」を最後に倒し、「アンチテーゼ」が防御ダウンしたら分身で「テュポーン」と「アンチテーゼ」を攻撃しましょう。 また 「光ドクロ」の上下ラインを縦カンすることで、「光ドクロ」のみを倒すことが可能です。 アンチテーゼを攻略するコツ 防御ダウンさせてから分身で弱点を攻撃 「アンチテーゼ」に出現する「光ドクロ」は敵防御ダウン、「闇ドクロ」は敵防御アップです。 防御ダウン状態になったら、「ビジョンベース」から出る分身で敵の弱点を攻撃することで大ダメージを与えられます。

次の

【モンスト】アンチテーゼの最新評価と適正クエスト

アンチテーゼ 解析 モンスト

ですが アンチテーゼは運枠としてかなり現実的で、1降臨で運極にできてしまえるレベルです! またモンストの日のように、ガチャ限を運枠として使用せずとも降臨キャターの『』を2体編成したほうがクリア難易度も下がるためより一層作成は簡単になります。 アンチテーゼは光属性なので 闇属性に対し1. どの属性相手でも同等の活躍をすることができるので、上記の光属性と相まってクトの属性を選びません。 アンチテーゼのステータスとアビリティ ステータス ザ・パワー型といったステータスです! 2020年5月現在、全キャラ中10位にランクインするとんでもパワーです! スピードが低いため弱点の往復などはあまりできませんが、 一撃がとてつもないので慣れないうちは割とビックリすると思います。 笑 超戦型解放をして超パワー型で使っているので、初撃1. gamewith. 着弾すると超範囲の白爆発が起こり、ほぼ画面全体にダメージが入ります。 また爆発の効果があるため、画面内の味方の友情コンボの誘発も可能です。 アンチテーゼの場合、や大黒天とは威力が桁違いなのでゲージを飛ばすことも可能です! アビリティで紹介した SSターン短縮の効果も手伝って、より早くこのストライクショットが使用できるのもアンチテーゼの大きな武器です! わくわくの実に速必殺をつけるとより早く使用できるのでおすすめです! アンチテーゼの友情コンボ 運枠になるキャラは比較的友情コンボが控えめな印象ですよね? ですが アンチテーゼは控えるどころか、ガチャ限定にも匹敵する威力と範囲の友情コンボを所持しています。 クロスウェーブは発動時の入射角から斜め四方向に飛ぶ友情ですね! 注目の新友情の爆撃!こちらがすごいんです! 爆撃の挙動としては、ウェーブと同じで入射角から横方向に飛んでいきます。 そして一定間隔で爆破してダメージを与えていきます。 威力もさることながら、この爆撃は友情コンボの誘発にも利用できるためとても便利な友情コンボです! これでパワー型なんですよ!本来の友情コンボの威力が0. 7倍になっているのですが、使用していても威力が落ちているとは思えません。 弱点キラーも発動した時は、一瞬でボスのHPを削ってしまう場面も! 更に更に!!! ラックスキルに友情コンボクリティカルを持ってるので、発動した時にはもうウハウハですよ! アンチテーゼを半年使ってみての感想 運枠として間違いなく一番使用しています! 個人的にアンチテーゼはコンセプトやデザインも好きなので、艦隊で使用する場面もあったりします! アンチテーゼ登場までは、アドゥブタとシュリンガーラをメインで使用していましたが最近ではアンチテーゼが8. 9割程になってます。 笑 運極を作ろうと思ったキャラのクトの 運枠適正を調べますが、上位に入っている運枠よりアンチテーゼが強いなんてことは割としょっちゅうあります。 サブ垢は運枠が少ないので、アンチテーゼを妥協で使うこともありますが全然成り立ちます!笑 メインとサブでアンチテーゼ運極2体しか作れていないのですが、時間が合えば他のサブ垢でも運極にしてアンチテーゼ艦隊で、より効率的かつ楽しく運極を作りたいです! まとめ:最強運枠アンチテーゼの性能! この記事のまとめ.

次の