ひきこもり 定義。 ひきこもりとは何か。ひきこもりの定義とその特殊性

ひきこもり・ニート・不登校の違いって?曖昧な意味・定義を解説します

ひきこもり 定義

いま日本において、多くの若者たちが、この社会から続々とコンセントを抜き始めている。 社会とのつながりを持たない彼らは「社会的ひきこもり(以下、ひきこもり)」と呼ばれている。 しかしその実態は、まだまだ一般的に知られていない。 ひきこもりは1000人いたら1000人とも、ひきこもり方、背景や経緯もそれぞれ異なり、千差万別だ。 一体ひきこもりとはどのような者たちなのか。 「ひきこもり」の定義とは以下のものだ。 彼らは、1人の友人もなく、社会的に孤立している。 都会の真っただ中で、孤立し、社会との関わりを持たない者たちだ。 一説にはこのような者たちが、日本の社会の中で100万人いるとも言われている。 とても無視できない数であり、大きな社会問題となっていいはずだが、多くの人々はなぜかこの問題に無関心でいる。 多くの日本人は、ひきこもりを、仕事もせず親に養われている存在で「甘えている」とか「怠け者」とみなしている。 強調しておきたいのは、好きこのんでひきこもる者は1人もいないと言うことだ。 もしそれが『甘え』や『怠け』というのなら、なぜひきこもる者やその親たちは、こんなに苦しんでいるのか。 キーワードは「恥」と「葛藤」 ひきこもりを理解するためのキーワードは「恥」と「葛藤」である。 ひきこもりの当事者たちは、一般の人と同じように働けない自分を深く恥じている。 自分は人間のクズであり、一生幸せになる資格はないとまで思い詰めている。 親の期待を裏切って、親に申し訳がないとほとんどの者が感じている。 「葛藤」とは、社会に出ていけない自分と、それを責め続ける自分とがとことん追い詰め合う内戦状態であると言ってよい。 消えてしまいたい、生まれてこなければよかったと、多くの者たちが語っている。 中には苦しさのあまり、疲弊しきってベッドから起きられない者もいる。 この葛藤の苦しみが、何年も、時には何十年も続くのだ。 深刻なケースでは、トイレやシャワーを使う以外、まったく部屋から出ようとしない。 食事も家族が寝静まった夜中に冷蔵庫の中のものをあさって食べる。 同じ家にいながら家族との会話もまったくなく、家族と接触することを極度に恐れている。 ある母親は、子供が12歳からひきこもりになって以来、子供と言葉を交わしていないため、声変わりした声を聞いたことがないと嘆いていた。 彼らは雨戸やカーテンをいつも閉じっぱなしにしており、自分が部屋にいる気配を消そうとする。 一切の音をたてないために、TVやパソコンを見る時もヘッドホンをつける。 歩くときも足音を忍ばせて歩く。 人によっては、真夏でも真冬でも、冷暖房をつけない。 なぜだかわかるだろうか。 冷暖房を使うことで、自分の存在や行動を家族や近隣に悟られたくないからでもあり、自分にはそれらの家電を使う資格もないと思っているからである。 このように苦しみの中でもがいている者を「甘えている」や「怠けている」と一刀両断に片付ける前にもっと彼らのことを知ってほしい。 「働かなくてはいけない」けれども「働けない」 彼らが恐れているのは、他者から「今何をしているか」と聞かれることである。 あるクライアントは、「その質問を恐れて、まるで逃亡者のように逃げ回る」と語っている。 その結果、友人、知人、他者との交流を自ら断ってしまう。 ひきこもりの6割前後に就労経験があると言われている。 彼らは常識を越えた過重労働(時に月200時間を超える残業)や慢性的なパワー・ハラスメントを受けてきた者が多い。 その結果、働くことへの強い恐怖感や生理的拒否感を持ってしまう。 ひきこもりの定義で述べたように、彼らは精神障害でない。 障害でないのでこれといった治療薬や治療法もなく、本人の変化を見守ることしかできない。 「働かない」のではなく、「働けない」もしくは「働けなくなった」者もいる。 一般的に漠然とひきこもりは、精神障害をもっているか、心の弱い人たちと思われている。 しかし、ひきこもりとは心が強いとか、弱いという「心の問題」ではなく、「(自責感から)働かなくてはいけないけれども働けない」という「労働問題」としてみる視点も必要かもしれない。 2016年11月創刊の『ひきこもり新聞』。 ひきこもり当事者、関係者が執筆。 インタビュー、コラム、自助会やカウンセリング等の情報を提供する、当事者による当事者のためのメディア では、この深刻なひきこもりという状況から、彼らをどうやって救出できるのであろうか。 中には無理やり引き出すような強制的な介入も行われてきたが、うまくは行っていない。 その一方でここ数年、当事者によるさまざまな活動やネットワークで支えあう仕組みが生まれつつある。 カウンセラーや精神科医との連携、当事者による当事者を対象とした集会や、当事者による新聞『』発刊などの動きもある。 親御さんとカウンセラーのカウンセリングによって家族のダイナミズムが変わっていき、当事者が変化していく例もある。 時間はかかるが、当事者が社会とのつながるきっかけを見つけ、社会のひきこもりへの理解を少しずつ広め、受け入れられる環境を整えていくしかないだろう。 ひきこもりとは、社会とつながりたくてもつながれない人たちが、この日本社会で生き延びるための、ギリギリの戦略であり、自らの尊厳を守るための自己防衛として、最後に残された選択であるのかもしれない。 バナー写真:元ひきこもり当事者の石崎森人さん。 現在は、家族が起業した会社で社内情報システム、マーケティングや新卒採用を担当するかたわら、「ひきこもり新聞」編集部員をつとめる。 関連記事 ・ ・.

次の

ひきこもりの定義とは?ひきこもり対策推進事業やひきこもりサポーターの役割は?

ひきこもり 定義

引きこもりとは 厚生労働省では、引きこもりとは「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6ヶ月以上続けて自宅にひきこもっている状態」と定義しています。 内閣府は、「普段は家にいるが、コンビニなどの近所には出かける方」や「自室から出ない、もしくは自室からは出るが家からは出ない方」は満40歳~64歳の間で全国に約36. 5万人いると試算しています。 趣味活動でしか外出しない方を合わせると、約61. 3万人が引きこもりの可能性があると述べています。 また、満15歳以上39歳以下の引きこもりは、趣味活動でしか外出しないケースを合わせると54. 1万人いると推計されています。 単純に計算すれば、義務教育終了から64歳までの方のうち、約115万人が引きこもり状態にあると考えられるでしょう。 <出典:> 引きこもりになってしまうきっかけ 平成27年度の調査では、満15歳~39歳の引きこもりの19%が小中高での不登校がきっかけで引きこもるようになったと報告しています。 その次に、人間関係や就職活動がうまく行かなかったことが、引きこもりの理由として挙げられています。 一方、満40~64歳の引きこもりの理由として、もっとも大きかったのは退職でした。 実に29%を超える方が、退職をきっかけに自宅や自室に引きこもるようになっています。 次に多い理由は、人間関係がうまく行かなかったことでした。 なお、4番目に多い理由として「妊娠したこと」が挙げられていることからも、生活が大きく変わったことが原因で、特別な用事がない限り自宅で過ごすスタイルに変わる人がいることも分かります。 満40歳~64歳 満15歳~39歳 引きこもりの理由 % 引きこもりの理由 % 1位 退職した 29. 1 小中高での不登校 19. 0 2位 人間関係がうまくいかなかった 18. 7 人間関係がうまくいかなかった 16. 5 3位 職場に馴染めなかった 13. 4 就職活動がうまくいかなかった 15. 2 4位 妊娠した 11. 9 職場に馴染めなかった 12. 0 5位 病気 10. 4 病気 10. 1 <参考:> 引きこもりの問題点 社交的でなく外出することがあまり好きでないのなら、家庭に引きこもるのも自然なことです。 家事や家業、在宅の仕事をおこなっている大人なら、特別な用事がない限り、外出しないことも何ら不自然なことではないでしょう。 しかし、本人が「外に出たい」「他人と関わりたい。 仕事をしたい」という気持ちを抱えながら引きこもるなら、本人が望む生活ができていないという問題があります。 また、仕事を辞めて引きこもっているのなら、収入が大きく減って生活が立ち行かなくなる点も問題です。 中高年の引きこもりは親世代も巻き込む貧困状態を生む 近年、とりわけ問題になっているのは中高年の引きこもりです。 引きこもると生活費がなくなり、生活を家族に依存するようになります。 しかし、中高年の場合は親世代が高齢者のため、いつまでも子供の生活の世話ができるわけでもありません。 また、自分自身の収入も限られているため、子供の生活費を賄うことができずに親子で貧困状態に陥ることもあります。 引きこもりから脱出するには必ず第三者を頼る 引きこもりやニートの状態が長引けば長引くほど、社会と関わることが難しくなります。 頑張って一歩を踏み出しても、予想外の出来事や他人のちょっとした言葉、視線などで再び引きこもりに戻ります。 また、発達障害などのために他人と上手に関わりにくい方も少なくありません。 他人の言葉や行為に敏感に反応し、外に居場所を見つけられない方も多いと考えられています。 本人の強い意志や家族の支えだけでは、引きこもりを克服することは簡単とは言えません。 快く受け入れる学校の教師や生徒、職場の人々などの第三者の協力が不可欠なのです。 引きこもりに関する事業 厚生労働省では、平成21年度から引きこもり支援のための窓口「ひきこもり地域支援センター」を開設し、引きこもり当事者や家族が気軽に社会福祉士や精神保健福祉士などの専門家と相談できるように取り計らっています。 平成22年2月の段階では、ひきこもり地域支援センターは全国に19ヶ所あり、宮城県や福島県など、独自の相談窓口を設けている自治体も少なくありません。 センターでは、他の関連機関と連携し、引きこもり当事者の事情に応じたサポートを提供しています。 たとえば、心身面で治療が必要なときは医療機関や保健機関、NPO法人などを紹介し、適切な治療や心理カウンセリングが受けられるようにプランニングすることもあります。 また、引きこもり当事者が就学年齢にあるときは学校や児童相談所と協力し、子供が引きこもらずに生活できるように取り計らうケースもあります。 引きこもりの高齢化問題 退職を機に引きこもりになる方も少なくありませんが、不登校から引きこもりになり、外部と接触を持てなくなる方も少なくありません。 引きこもりの状態が長くなると、当事者や家族も高齢になり、次のような問題を抱えるようになります。 <高齢化することで起こり得る問題>• 引きこもり当事者や家族の収入減による、経済的な問題• 引きこもり当事者の親に、治療や介護が必要になったときの医療・介護問題• 引きこもり当事者が高齢者となり、就職先が見つかりにくくなる就職問題 親世代の高齢化と引きこもり当事者の高齢化 潤沢な資産があるわけではない場合、働ける人が働かずにいることで経済的な問題が発生しやすくなります。 引きこもり当事者の親が年金受給者の場合は、収入も限られ、引きこもった子供の生活費を捻出することが困難になります。 また、親に医療や介護が必要になると、さらに経済的に厳しくなるでしょう。 引きこもり当事者が高齢化すると、「外に出て働こう」と決心をしても、雇用先が見つかりにくいという問題に直面します。 バイトの面接に何度も落ちることで心が折れ、再度、引きこもり生活に戻ってしまう恐れもあります。 引きこもり状態を長引かせないこと、また、家族が引きこもったときには、単に生活をサポートするのではなく、外と関われるようにサポートすることが大切だと言えるのです。 引きこもり問題はひとり・家族だけで抱えず周りを頼ろう 引きこもり問題とは、当事者や家族だけでは解決しにくい問題です。 地域の「ひきこもり地域支援センター」や「保健所・相談機関」を訪れ、公的な支援が得られるようにしましょう。 支援を得ることは決して恥ずかしいことではありません。 家族が引きこもったときは、早い時点で支援を求めるようにしてください。 引きこもりにつながる要素のひとつ『不登校』についての記事がありますので、併せてご覧ください。

次の

ひきこもりとは/精神保健福祉センター

ひきこもり 定義

Q1 Q2 Q3 Q4 Q5 Q6 Q7 Q8 Q1 「社会的ひきこもり」ってどんな状態? A1 「社会的ひきこもり」とは、特定の病気や障害ではなく、ひきこもっている「状態」を指す言葉です。 厚生労働省の定義などを参考にすると、自宅にひきこもって学校や仕事に行かずに、家族以外との親密な対人関係がない状態が6ヵ月以上続いている状態を指します。 「社会的ひきこもり」であるかどうかという定義や基準にあまりこだわらず、本人や家族が何らかの困難を感じられているのであれば、支援が必要な状態であると考えてください。 「社会的ひきこもり」の程度はさまざまで、相談事例 注 のうち、本人の約5割は外出に困難が伴います 外出不可能が26. 一方、約5割は外出可能ですが、対人交流の少ない生活を送っています 「友人とのつきあい・地域への活動には参加」しているものは1割弱。 同様に相談事例については、本人の性別は、男性が約4分の3と多く、年齢は19歳〜24歳がピークですが、30代が約3分の1を占めています。 「社会的ひきこもり」の状態が始まってから現在までの経過年数は平均4. 3年となっています。 1〜3年未満が24. Q2 「社会的ひきこもり」ってどうしてなるの? A2 さまざまな要因が重なっていることがほとんどです。 原因が特定できない場合もあります。 「社会的ひきこもり」のきっかけは明確な人もあれば、はっきりしない場合もあります。 相談に来られる御家族が思い当たるきっかけとしては、「いじめ、不登校などの学校に関すること」「職場や仕事に関すること」「進路選択の失敗に関すること」が多いようです。 健康な方でも一時的に「社会的ひきこもり」状態になることがありますし、統合失調症やうつ病などの精神疾患によって起こる場合もあります。 「社会的ひきこもり」と精神疾患 精神疾患の中には「社会的ひきこもり」やそれに似た症状をもたらすものがあります。 状態としては似ていますが、対応方法が違ってきますので、注意が必要です。 いずれにせよ、早めに相談機関に相談することが大切です。 統合失調症 統合失調症の中には、次第に無口になって成績が下がり始め、だんだんと部屋にこもりがちになるという、経過が非常に「社会的ひきこもり」と似たものがあります。 また、陰性症状といって、傍から見ているといつも疲れやすく無気力でごろごろしている、といった状態が続くものもあります。 うつ病 ゆううつな気分と共に、意欲の減退、集中力の低下などが生じ、自分自身に対する感情も大変否定的になってしまいます。 便秘や食欲不振、朝早く目が覚めるがなかなか起き上がれない、といった身体症状を伴いがちです。 強迫性障害 例えば「自分の手は汚れているのではないか」といった、一つのものごとに考えがとらわれてしまう症状 強迫観念 と、それに左右されて、例えば一日に何十回となく手を洗う等、同じ行動を何度も繰り返す症状 強迫行為 があります。 摂食障害 体重の減少に対して強いこだわりがあり、拒食や、過食と嘔吐の繰返しといった症状のほかに、自分に対して自信が持てないことから対人関係で困難を感じる状態におちいってしまっていることも多く、結果として「社会的ひきこもり」になることがあります。 Q3 「社会的ひきこもり」は怠けではないでしょうか? A3 「社会的ひきこもり」は、「元気」や「自信」が失われた状態で「怠け」や「反抗」ではありません。 「社会的ひきこもり」の状態は、何らかの理由で「元気」や「自信」がなくなっている状態です。 その上、社会的経験が少ないという要因が重なっている方もあります。 そのため、回復に向けては、元気を出し、自信をつけ、社会的経験を増やしていくという経過をたどることが必要になります。 きっかけさえあればすぐに社会に出て行けるというわけではないようです。 元気がない 何らかの理由で元気がなくなっている状態です。 この元気がない背景には、こころの病や精神的に不安定になっている場合が考えられます。 心を安定させるお薬の力を借りることで、元気が取り戻される場合もあります。 自信がない 挫折体験やいじめなどの明確な契機の場合もありますが、むしろ小さなつまずきを何度も繰り返して自分に自信がなくなっている状態です。 特に対人関係が苦手な方が多く、対人関係についての自信のなさがうかがわれます。 社会経験や生活経験が少ない どちらかというと内向的で、アルバイトなどの社会的経験が少ない場合があります。 また、人づきあいも苦手な方も多く、もともと、人と接する機会自体が少なかったという要因が重なっている場合もあります。 Q4 「社会的ひきこもり」は「親の育て方が悪かった」から? A4 どんな家庭にもあり得る状態です。 「犯人探し」をしても意味がありません。 そのときそのときには最善をつくして育てたつもりでも、子どもが長期にわたりひきこもると、家族は自分たちがその原因なのではないかと自分を責めたり、将来への不安や悲観、絶望感を感じていることがしばしばです。 しかし、過保護や放任などの親の育て方や過去の家庭環境などに原因を求める考え方は、多くの場合問題の解決にはあまり役に立ちません。 先述したように、実際にはさまざまな要因が重なって「社会的ひきこもり」になっている場合が多いからです。 したがって、「学校の先生が悪かった」・「職場の仲間が悪かった」等、他者に責任を押しつけることも、適切ではありません。 原因や「犯人探し」よりも、むしろこれから本人のどういう点を伸ばしていくのか、家族をどう応援していくのかを考えていくことの方がむしろ効果的です。 「社会的ひきこもり」と不登校 「社会的ひきこもり」相談事例のうち、最初に問題が発生したときの年齢は「19〜24歳」が最も多いのですが、それについで「16〜18歳」、「13歳〜15歳」となっています。 学齢時に問題が起こった場合、「不登校」という形をとることになります。 もちろん必ずしも不登校の子ども全部が「社会的ひきこもり」状態になるわけではなく、心配しすぎる必要はありません。 (クリックすると拡大表示します) Q5 では家族にはどんな応援が必要になりますか? A5 家族にも「元気」と「交流」が必要です。 家族は、毎日、子どもの行動を目を皿のようにして見守っていることも多く、ちょっとした子どもの変化に一喜一憂してしまいがちです。 そのような緊張した毎日に疲れ果てたとしても不思議ではありません。 この苦しい状況を誰かに相談したくとも、家庭内のことを親戚や近隣の人に相談するのはかなり勇気のいることです。 つい、誰にも相談しないまま時間だけが経ち、家族自身もまた周囲から孤立してゆくこともまれではありません。 こうした家族の孤立感や罪悪感を軽減することは、家族が専門家に相談する大切な目標の一つとなります。 相談機関が家族にとって唯一本音を話せる場であることもしばしばです。 また、持って行き場のない親の気持ちを、安心して話せる人や場所、家族が自分たちの経験や思いを共有でき、孤立感を和らげられるような場所を見つけることも大切です。 相談機関が行う「家族教室」や、自主的に結成された「家族会」などがその役に立つでしょう。 周囲の人々には、その家族の「しんどさ」を十分受けとめながら話を聞くことが求められます。 Q6 まず家族がどう対応するの? A6 家族の対応のコツは、「励まし」よりも「ありのままの本人を認める」ことです。 「社会的ひきこもり」という状態は、本人が「元気や自信がなくなっている」状態であり、なおかつ「学校や仕事などに就かず社会的交流が少ない」状態です。 「元気や自信がなくなっている」状態が改善していかないことには、「外出」や「就職活動」といった、新しいこと・未知のことへのチャレンジは始められません。 とすれば、「社会的ひきこもり」という状態を「怠け」や「甘え」ととらえて叱咤激励するのではなく、「元気や自信がなくなっている」状態をどう改善したらいいのかを考えていくことになります。 本人が「ありのままの自分」を認め自分らしい生き方を探っていくためには、「ありのままの自分」を認めてくれる他者の存在が必要です。 まずは家族が「ありのままの本人」を認めていくことが、本人にとって自信をつけていくきっかけになります。 「このままではだめだ」「どうしてこんなことができないんだ」という言葉や期待は、むしろ本人を追い込み、自信を失わせることにつながりかねません。 Q7 「社会的ひきこもり」は時間がたてば改善していくの? A7 長期化している場合、放置していても改善は見込めません。 まずは家族が専門家のアドバイスを求めましょう。 放っておくのではなく、そっと見守り、本人の様子や回復の状況に応じて、周囲の対応も変えていく必要があります。 信頼できる相談機関に継続して相談をしましょう。 相談を重ねる中で、安心して家庭で過ごすことができ、次に安心できる人や場所を見つけ、そこで小さな成功体験を積み重ねることや、居場所や仲間の獲得を通じて、自分らしさを発見し、自分にあった生活を肯定的に選べるようになっていくことが、長期的な目標になります。 相談は予約制になっておりますので、まずはお電話でお問い合せください。 京都市内を除く 京都府域にお住まいの方 [京都府児童相談所] 京都府家庭支援総合センター 電話 (代表) 075-531-9600 (こども虐待専用電話) 075-531-9900 京都府宇治児童相談所 電話 0774-44-3340 京都府福知山児童相談所 電話 0773-22-3623 京都市内にお住まいの方 京都市児童相談所 (来所・電話、月曜〜金曜、午前8時30分〜5時) 電話 075-801-2929 京都府全域対象 ヤングテレフォン (京都府警察本部少年課 少年サポートセンター、24時間対応) 電話 075-841-7500.

次の