萩原 ケイク それでも 愛 を 誓い ます か ネタバレ。 それでも愛を誓いますか?【最新11話ネタバレ】武頼の裏切りを知り傷ついた純。

それでも愛を誓いますか?【最新11話ネタバレ】武頼の裏切りを知り傷ついた純。

萩原 ケイク それでも 愛 を 誓い ます か ネタバレ

今夜、純に告白しようと決めた真山。 仕事中も二人で会える時間を心待ちにしていた。 お昼休みに純が一人でいる姿を見つけて、慌てて今日の待ち合わせ場所を伝えようと話しかけるが、純は周りを気にして落ち着かない様子。 目も合わせないで答える姿に、真山は苛立ちながらも、純の髪の毛に何かついているのを見つけ、手を伸ばした。 そこに丁度、女子社員がやってきて怪しまれてしまうが、その様子を見ていた先輩が笑いながら、「女の子のいる飲み会に、純須さん誘うのはマズいだろ!」とすかさずフォローを入れてくれる。 先輩のおかげで助かったが、不満そうに答える真山を見て、先輩は本当に今日飲み会があるから来いと話す。 断る真山に、自分も残業の予定があるから 「行って来て下さい」と純はその場を後にした。 その姿を呆然と見つめる真山。 ・・・・ 真山と屋上でベンチに座った先輩は、こういうのは不倫だと言ってタバコを吸うが、自分が一方的に好きなだけだと答える。 そんな真山に、先輩は続ける。 会社を辞めなきゃならなくなるのは派遣社員の純の方なのだ。 他にも様々なな問題が出てくる、そういう自覚はちゃんとあるのか、周りを不幸にしてまで好きだと言えるのかーと。 その言葉にハッとさせられる真山。 夫との事を泣きつかれたのかと聞く先輩に、真山は純が弱音を言ったことなどない、すごく頑張っている人だと答えた。 その真剣な様子を見て、やはり今日の飲み会に来いと誘う先輩。 嫌になったら途中で抜ければ、8時の純との約束に間に合うのではないかと続ける。 ・・・・ 「不倫」「慰謝料」「離婚」 目にすると重たい言葉たちに、結婚の重さを改めて実感する真山。 街中を歩きながら、窓越しに並ぶジュエリーショップの結婚指輪を横目で眺める。 昨日観た映画の内容で頭を埋めていないと辛い…。 そこに純からメッセージが届いた。 初めて送られて来る純からの連絡に驚きながらもすぐさま確認する。 自分の事は気にせずに飲み会に行っておいでと送られてきた言葉に、8時には間に合うようにすると返すが、気にしなくていいと返され肩を落とす真山。 ・・・・ 一方の純はー。 仕事が終わり駅で悩んでいた。 真山との待ち合わせ場所に向かうか、自宅に帰るべきか。 『オレ、8時にちゃんと行きますから』 そう送られてきたメッセージを思い出す。 しばらく悩んでいたが、一歩踏み出した純。 ・・・・ 飲み会の席でマスクをして、ほとんど話もしない真山を先輩がフォローする。 好きな芸能人は誰か聞かれて、素っ気なく「み〇ょぱ」とギャルの名前をあげると、思いもよらず同感してくる女の子達。 7時45分になり、純の元へ向かおうとすると、やめといた方がいいのにと先輩が店の前で言ってくる。 そんな先輩に、自分は初代面の相手とはうまく話せない、気遣われている空気はもっと耐えられないのだと真山は顔を背けながら話すのだった。 先輩に謝り、カバンに上着を詰める真山。 マスクを外して純が来ているかもしれない約束の場所へ向かうのだった。 ・・・・ 約束していた駅の改札口に純の姿はない。 それでも、好きだって… 言えるようにもっと頑張らないと駄目だ。 栄養ドリンクのタワーを作ってまで残業する先輩達、先ほどの飲み会で仕事の話に熱くなっていた女の子達。 今まで自分はそうゆうのをバカにしてきたけれど、皆自分よりも頑張っているのだと拳を握る真山。 昨日、一人で熱くなっていた自分を反省しながら、今ここに純が来てくれたならーと考える。 目の前に昨日観たばかりの恋愛映画の広告が映し出される。 ヒロインが好きになってはいけない相手を好きになるという設定に惹かれて、つい観てしまったのだ。 来ないとは分かっているが、 もし今、純がここに来てくれたなら… そんな思いで一人立ちすくむ真山だった。 簡単登録無料• 別途料金はかかりません• また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、漫画を無料で読むことも! サービス一覧 U-NEXT FOD music. それでも愛を誓いますか? 第9話の感想・考察 先輩ナイスフォローでした! 真山は日に日に純に対する思いが膨らんでいますね。 会社の中で待ち合わせ場所を告げるとは…純が挙動不信になってしまうのも分かります。 純が向かったのは真山との待ち合わせ場所なのか、武頼の帰ってくる自宅なのか気になりますね。

次の

漫画|俺だけレベルアップな件【第86話】のネタバレ・感想!ついに100階へ到達したのだが・・・ | Comic theory

萩原 ケイク それでも 愛 を 誓い ます か ネタバレ

武頼が料理をしている音が聞こえて目覚める純。 武頼が声を掛けてくるのを見て、純は泣きそうな表情になる、 昨夜帰ってきたけど、純が具合悪そうだったから起こさなかったと伝えた後、言い方…キツかったなと申し訳なさそう顔をする武頼はご飯を食べようと促した。 満点の妻なら聞かないかもしれないが、純はどこに泊まっていたのか、一人だったのかと訊き、武頼はビジネスホテルに一人で泊まったと答える。 食卓には純の好物ばかり並べられ、優しい武頼に 「さおりちゃんと一緒だったから、そんなに優しいの」 という言葉を言いかけて、ゴクンと飲み込む。 それはまるで、子供の頃に粉薬を包んだオブラートのように、無理やり飲むと喉で破れて吐きそうになるものを思い出させた。 いつもならテレビをつける武頼が今日はつけようとしないので、会話をしようとしてくれていると感じた純は母の肝臓がまた悪くなったことを報告し、休みを取って説明を聞いてくると伝える。 すると、オレも一緒に行くと武頼は言ってくれたが、平日休むのは難しいことを心配する純。 しかし、武頼はオレのお母さんでもあるから休むと言ってくれる。 自分の親を大事にしてくれるところが好き。 なのに、イラついている純。 「ごめんね」がなくて、あの回答が宙ぶらりんなことに。 自分が謝った方がいいのかと考える純。 あんなに帰ってきて欲しいと思ったのに、器の小さい人間だと純は思った。 何か話してこじれるくらいなら、もう黙ってしまおうと…。 真山の気持ち 職場で純を見た真山は、今日は元気そうだったので不思議に思っていると、真山の想いに勘付いてる先輩にからかわれてしまう。 真山はそんなんじゃないと言うが、この前否定しなかったのはそういうことだろうと先輩が言い、本気っぽい顔の真山に何がよかったのかと尋ねた。 すると、 「また明日」とか 「待っててくれてありがとう」とかとボソボソと答える真山。 先輩は人妻は欲求不満なイメージがあるから、そういう関係ならいけるんじゃないかと言うと…。 「そういうことしたいんじゃない!!! 」と大声を出して怒り、その場を去っていった。 ・・・・ 一人でカフェに来た真山は、そういうのをしたいのではなく、前位に思いっきり傷つけてしまったから、 もっと笑顔にすることが自分に出来たら…と考えていた 変わること 純は派遣会社から正社員登用についての説明を受けていた。 担当の男性と中年女性は純が頑張ったから短期間で雇用してもらえることができたのだと笑顔で話したあと、男性が出て行ったタイミングで女性社員が改めて「おめでとうございます」と伝える。 そのあと、差し支えなければ、どうして最初の仕事を辞めてパートを始めたのかと訊いてきた。 経歴もよかったので聞いてみたくなったのだと言われ、純は最初はごまかそうとしたが、少し俯きながら夫が 「子供は欲しい」と言った言葉に浮かれて辞めてしまったのだと正直に話し出す。 でも、その後夫からお小遣いをもらうのが申し訳ないし、母親じゃないのに専業主婦で家にいたら世間から責められてる気がしてパートを始めたこと。 何年も務めていくうちに人生これでいいのかと悩みだしたこと。 友達や前の職場の先輩や後輩も母親や役職者になったりと役割を持ってるのに、 私には何もない気がして、だから変えたいと思ったのだと胸の内を明かした。 話を聞いた中年女性社員は、変わりたくて行動できることはすごいと純を褒めた。 この女性も41歳独身で、自分が選んだ道だから後悔はないけど、たまにこれで良かったのかと思うことがあるのだと話したあと、お仕事を頑張るように伝えた。 女性社員 「自立できる経済力は、あなたの強い味方になるから」 夫って?パートナーって? ご主人に何かあったときに、経済面でも支えてあげられると言われ、純はもし武頼の命に関わる何かが起きても「子供はどうする」って聞くかと考えた。 他に何もいらないと純は思い、朝、武頼がいて安心した事を思い出す。 ご飯食べて、たまに旅行して、歳とって…。 夫って何?よく言うパートナーって何? 頭を悩ませる純だったけど答えは出なかった。 分かることは武頼は優しくて、揉める発端はいつも自分ということ。 私が黙っていれば揉めることはなく、武頼に笑っててもらうには自分が黙って笑ってればいいだけだし、それに 「さおりちゃん」に行かれたくないという気持ちもあった。 一人にはなりたくないと純は思う。 いらついたら武頼がいなくなるよりマシだと思え、生きててくれてありがとうと自分に言い聞かせる純だけど、さすがにその境地まではたどり着けなかった。 聞きたい話やしたい話にフタをして笑える自信が今はない。 本屋で真山と出会い… 自分の事を器の小さい人間だと卑下しながら、とぼとぼ歩く純。 そのとき、本屋が目に止まり、格言系の本を読もうかと入ると真山が立ち読みをしていた。 気まずいから違う所に行こうかと思っていたが、店員さんが大量の本を運んでいて、押されるような形でそれを避けると、真山が声を掛けてきた。 そして、話をしてる途中で、真山が 「前みたいに話してください」と言ってくる。 ・・・・ そして、二人は公園のベンチで…スマホゲームをしていた。 拍子抜けする純は、期待していた自分の気持ちに動揺をする。 その後、スマホゲームをしながら真山が「今日は元気そうですね」と言い、いいことがあったのかと尋ねてくるので、直接雇用のことを考えながら「まぁ…」と答える。 すると、真山は旦那さんとのことかと訊かれ、言葉が詰まった時にゲームでミスをしてしまい、ゲームオーバーになってしまい笑う純を見つめる真山。 純がどうしたのかと聞くと、真山は 「笑ってると嬉しいです」と言った。 その言葉に心臓が大きくなる純。 ・・・・ 場面は戻り、目の前にいる真山を見ながら、若い男の子が私なんかにと思っていると…。 真山 「純須さん…。 簡単登録無料• 別途料金はかかりません• また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、漫画を無料で読むことも! サービス一覧 U-NEXT FOD music. 気持ちが真山のほうに傾いていたので、これからどうなってしまうのでしょう。 真山はとてもピュアな男なので、こういう関係じゃなければ応援したいところですよね。 まぁ話の展開的には、純と関係持ちそうですが…。 武頼も真山もいい奴過ぎて、どっちを応援すればいいのか迷います。 倫理的には断然武頼なんですけどね…。

次の

それでも愛を誓いますか【最新話】ネタバレまとめ!最終回まで全巻無料で読む方法|女性まんがbibibi

萩原 ケイク それでも 愛 を 誓い ます か ネタバレ

荻原ケイク先生の 『それでも愛を誓いますか?』最新11話(分冊33・34・35話)のネタバレ。 前回の話では、真山との待ち合わせ場所に向かった純。 真山が自分の事を好きだと確信しながらも、会社の外で二人きりで会うのはやめようと告げる。 武頼と二人で純の母に会いに行った帰り道。 純が来月から契約社員として働くことになった事を話すと武頼は笑顔で喜んでくれた。 改めて武頼の大切さを実感した純だが、レンタカーを返す際に武頼が車内に忘れて来たスマホを取りに戻った時、沙織から届いたメッセージを偶然目にしてしまう。 そこには『この前しちゃったの怒ってる?』の文字が。 ショックをうけた純は「裏切り者」と武頼に告げ、走り去ってしまうのだった。 武頼と沙織の関係を知ってしまった純は泣きながら夜道を走っていた。 そこに武頼からメッセージが届く。 ずっと武頼とレスで悩んできた純。 勃たないと告げた武頼を純は責めた事はなかった。 解決せずに5年が経っていたが、互いに思いやっていればいつかまた前のように戻れると信じていたのだ。 自分がどんな思いで過ごして来たかも知らずに、武頼は裏で沙織と会っていたのかもしれない。 もしかしたら帰って来なかったあの日以前から…。 スマホを見つめながら立ちすくむ純。 武頼が否定しないという事は浮気を認めたという事だ。 沙織に対しても憤りを覚えていた。 以前目にしたSNSの投稿は純への匂わせだったのかもしれないと考える。 今武頼に会ったら、百年の恋も冷めそうな罵詈雑言を浴びせてしまいそうだと思う純。 過呼吸の様な状態になってしまい、誰かに話を聞いてもらいたい…とスマホを手にするも、友達の都合を考えると誰にも連絡出来ずにいた。 ひっひっっと苦しそうに呼吸をしながらを母を呼ぶ純。 しかし母は耳が悪いから連絡できない。 旦那さんの愚痴でもいいですと言った真山の言葉を思い出すが、都合のいい時だけ会いに行くことなんて出来ないと考える。 震えるスマホ。 再び送られてきた武頼からのメッセージには『家で待っているから帰っておいで』と書かれているのを見て、純は帰ることにした。 純は武頼に全部話すように伝える。 マンションのリビングテーブルに座った二人。 武頼は沙織とは本当に身体の関係はないのだと話す。 感情的になり取り乱す純の手を取り、沙織との間にあった事を説明し出す武頼。 沙織と三度目に会ったのはビジネスホテルに泊まった次の日で、二人でご飯を食べに行ったこと、そしてそこでキスをしたことを話した。 その時初めて、純に対して最低なことをしてしまったと気がついたのだと言い、何度も謝って来る。 だって自分は5年間も辛い思いをしてきたのだ。 じゃあ縁切って!もう二度と会わない、連絡してくるなって 今すぐ沙織にそうメッセージを送り、ブロックしろと言われ武頼は沙織にメッセージを送る。 武頼は純のことが大事で、愛している事を伝える。 ずっとずっと武頼から聞きたかった言葉なのに、純は同じ言葉を素直に返すことが出来なかった。 なぜなら、二人はしばらくキスをしていなかったのだから。 ・・・・ 夜。 同じベッドで背を向けて眠る純が突然泣き出すと、武頼は慌てて起き上がり「ごめんな」と抱きしめる。 ・・・・ 翌日。 笑顔で仕事をしている社員達。 この中に本当は泣きたい人はいないのだろうか?と純は社内を見渡す。 武頼と沙織の浮気の光景が何をしていても頭をよぎり、昨日の告白に嘘が混ざっているのではないかと疑ってしまい、純は泣きそうだった。 しかし会社の仲間達が日々の辛さをおくびにも出さずに笑っている姿を目にし、自分も元気でいなくてはと考えるのだった。 トイレの洗面台でバシャッと顔を洗った純。 武頼を信じきれない自分に価値があるとは思えなかった。 子作りのことに、今回こと…。 しかし純は離婚したいとは思わない。 経済的な不安もあるが、やはり武頼には感謝していた。 答えは分からないが、今自分がするべきことは自分の足で立つことだと思い、気合を入れる為髪の毛を後ろで一つに結ぶ。 自分の人生を強く気高く、しなやかに生きるのだと一歩踏み出すのだった。 ・・・・ 純が社員になる事を先輩から話しかけられた真山は不機嫌なオーラを出しながら、ひたすらカタカタとパソコンを打っていた。 真山の様子に見かねた先輩が、純に入社祝いに真山と三人で飲みに行こうと誘う。 先程とは打って変わって「行きましょう」と先輩を押しのけて話に入って来る真山。 まだ家に帰りたくない純は誘いを受けることにしたのだった。 ・・・・ 『職場の人とご飯食べに行ってくる』 仕事終わりの武頼は純からのメッセージを見つめて、ため息をついた。 そこに公衆電話から電話がかかってきて、不審に思い無視するも震え続けるスマホに、武頼が「しつこいな」と電話にでる。 電話をかけて来たのは沙織だった。 どうやら育児と仕事で大分疲れているらしく矢継ぎ早に話し出す。 頼りにしている母に孫の面倒は疲れたと言われたしまったらしい。 『タケくん助けて』『どうしよう分からない。 すごく疲れた』 そう言われ、困った様子の武頼が自分は無理だと答えるが、沙織は涙を流しながら自分の居場所を告げて来てくれと言った。 沙織 『少しでいい…から。 友達と…して…でいいから』• 簡単登録無料• 別途料金はかかりません• また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、漫画を無料で読むことも! サービス一覧 U-NEXT FOD music. それでも愛を誓いますか? 第11話の感想・考察 あれだけ傷ついても、強く進もうとする純の姿にビックリしてしまいました。 この作品はセリフの一つ一つがリアルで共感させられる部分が多いなとおもいます。 沙織から電話のかかってきた武頼はどうするのでしょうか? ここで沙織の所へ向かってしまったら、更に純の事を傷つけてしまいます…。

次の