お返し 商品券。 お祝いのお返しに商品券は失礼?結婚祝いの内祝いのマナーを解説│ふじや流プラス

JCBギフトカード(商品券)を安く購入する方法|お祝いやお返し、プレゼントにも使えておすすめ

お返し 商品券

香典返しを贈る時期やタイミング 香典とは亡くなった方の冥福を祈り、霊前に供える金品のことです。 個人に手向ける花や供物の代わりであるため、本来はお返しは必要のないものですが、現在は香典返しを贈ることが一般的となっています。 香典返しを贈る時期やタイミングは、葬儀の当日に渡す「即日返し」のほか、仏式の場合は五七日忌 死後三十五日目 もしくは七七日忌 同四十九日目 に、神道・神式の場合は五十日祭(同五十日目)のそれぞれ忌明けを迎える時期に贈ります。 また、キリスト教では「お花料」をいただいた方に、1ヶ月の後の昇(召)天記念日や記念式以降のタイミングで個人を偲ぶ品をお返しします。 香典返しの表書き・水引について 香典返しは、仏事が滞りなく済んだことの御礼をこめた挨拶状を添えて贈ります。 仏式、神式また地域によって異なりますが、黒白か黄白の結び切りの水引の掛け紙をかけます。 この結び切りには「弔事が何度も繰り返されないように」という意味が含まれています。 また、表書きは仏式、神式問わず「志」が一般的です。 ほかに仏式では「忌明志」「満中陰志(主に関西)」、神式では「志」 「偲草」、キリスト教では「昇天記念」「召天記念」も使われています。 なお、香典返しは松の内の時期は避け、明けたタイミングで贈りましょう。 香典返しに商品券を送る 香典返しとして贈る品物ですが、「不祝儀を残さない」という考えから後々まで残ってしまうものを避け、「使い切れるもの」が選ばれています。 お茶やコーヒー、紅茶、砂糖の消耗品のほか、石けんや洗剤、タオルなどの実用品がこれまでは香典返しとして定番でした。 ここ最近では、商品券を香典返しとして贈るケースも増えてきています。 JTBの「ナイスギフト」は香典返しにも使えるよう弔事用の掛け紙もご用意しています。

次の

JCBギフトカード|クレジットカードなら、JCBカード

お返し 商品券

商品券のメリットやデメリット。 自分で郵送する際の、お薦めの発送方法について。 香典返しに商品券を贈る。 商品券のメリットやデメリット。 自分で郵送する際の、お薦めの発送方法について。 香典返しに商品券を贈る際には、以下のようなお悩みが多いのです。 「香典返しに商品券は贈っても失礼にあたらない?」 「自分で発送する際は、どのように発送するのがいいの?」 香典返しでは、品物にかける金額が大きくなることもあり、無駄にならないように商品券を選ばれる方も多いです。 ですが商品券って、現金に近い存在だから、きちんとマナーを守れているか心配。 などと不安に思われている方も、中にはいらっしゃるかもしれません。 今回はそんな方々のために。 香典返しに商品券を贈る際についてのご紹介をいたします! 高額の香典返しには、商品券やカタログギフトがよく選ばれています。 商品券を贈ることは問題ありませんが、目上の方に贈るのは避けたほうが無難かと思われます。 香典返しとして、商品券を自分で発送をする場合、書留に追跡調査のつけた郵送方法がお薦めかとおもわれます。 商品券のメリットは、相手が好きな時に好きなものを購入できること。 大変コンパクトなところや、選べる価格帯が、お手頃な価格〜高額な価格までと幅広いところなどです。 香典が3万円・5万円だった方への香典返しに商品券を贈る場合。 香典返しに商品券を贈るのは問題ありません。 基本的には、香典返しに商品券を贈ることは、問題はないとされています。 香典返しの金額が高額になった場合には、商品券やカタログギフトがよく贈り物として選ばれています。 目上の方には現金や商品券は避けた方が無難かと思われます。 商品券も現金と扱いが同じと受け取られる怖れがあり、目上の方へ現金や商品券といった物を贈ることは、大変失礼と思われていることも多いです。 目上の方にはカタログギフトなどもお薦めです。 香典返しで商品券を贈るのは、失礼でしょうか? 先日父が亡くなり、四十九日の法要も終え、忌明けとなりました。 忌明けに伴い、頂いた香典への香典返しの品物を手配している最中です。 葬儀には、生前父の大親友だった2名の方が、参列してくださりました。 その方々からはそれぞれ、3万円と5万円の香典を頂きました。 ですが高額で良さそうな品物があまり見つからない上、カタログギフトの内容も自分的にはあまり、気の進まないものしかありませんでした。 なので香典返しには商品券を贈ろうと思っています。 ですが香典返しで、商品券を贈ることは失礼でしょうか? 香典返しに商品券はよく送られているので、問題ないかと思われます。 ですが目上の方に贈るのは、避けたほうが良いでしょう。 まずはお父様のこと、心からのご冥福お祈り申し上げます。 さて今回は香典返しに商品券を贈ることは、失礼かというご質問でしたね。 基本的には、香典返しに商品券を贈ることは、問題はないとされています。 実際今回のように、香典返しの金額が高額になった場合には、商品券やカタログギフトがよく贈り物として選ばれています。 やはり、好きな時に好きなものと引き換えられる商品券は、とても使いやすく合理的で魅力的ですね。 また高額になると、見合うような贈り物があまり見つからず、そういった面からも商品券が選ばれやすくもなっています。 なので、贈り先様の趣味や好みがわからなかったり、本当に無駄にして欲しくない場合に、選ばれることが多いです。 今回の贈り先様は、お父様のご友人様とのことであります。 こういった場合には、喪主からみて、目上目下という判断になるので、ご友人は目上です。 ですがやはり先にも書いた通り、目上の方には現金や商品券は避けた方が無難かと思われます。 なぜかというと、こちらは好きなものを選べる様にと、好意で贈ったとしても、贈り先様には『生活に困っているんでしょ。 』と言われているみたいと、誤解されてしまうかもしれませんからです。 商品券は別にお金じゃないからいいんじゃないの?と思われる方も中にいるかもしれません。 ですが額面がはっきり書いてありますし、使い方もほとんど現金と変わりない場合があります。 そういった面から商品券も現金と扱いが同じと受け取られる怖れが出てきます。 そのことから、目上の方へ現金や商品券といった物を贈ることは、大変失礼と思われていることも多いです。 ですが贈る側としては、自分では趣味じゃないものを贈ってしまうかもしれない。 ならば、好きなものを自分で好きな時に引き換えられる商品券をなどと、親切心から商品券を選びたくなるかと思います。 そんな時は、品物を選びきれないのならば商品券ではなく、体験型のギフト券や、カタログギフトなどの、あらかじめある程度の品物や目的が絞られていて、かつ贈り先様に選んでいただける様なものがお薦めかと思いますよ。 結論として、この質問者様のお話ならば、• 基本的には、香典返しに商品券を贈ることは、問題はないとされています。 香典返しの金額が高額になった場合には、商品券やカタログギフトがよく贈り物として選ばれています。 目上の方には現金や商品券は避けた方が無難かと思われます。 商品券も現金と扱いが同じと受け取られる怖れがあり、目上の方へ現金や商品券といった物を贈ることは、大変失礼と思われていることも多いです。 目上の方にはカタログギフトなども、お薦めです。 ですね!! 香典返しに、デパートで包装して頂いた商品券を自分で発送する場合。 書留に追跡調査をつけた郵送方法がお薦めです。 基本的に商品券は現金や信書ではないため、どんな方法で送っても法律上の問題にはなりません。 紛失や盗難等のリスクも考えて、郵送する際には追跡調査ができたり、保証のつけることのできる郵送方法をお薦めいたします。 1番商品券を送る際に、紛失保証もつけられて安心な方法であれば、一般書留か簡易書留で贈るのがお薦めかと思われます。 商品券を自分で発送をする場合、書留に追跡調査をつけた郵送方法がお薦めかとおもわれます。 まず、お母様がお亡くなりになられた事、心からご冥福をお祈り申し上げます。 香典返しに商品券を贈られる方は多いですよね。 今回質問者様の場合は、包装に関してはデパートで行っていただいているので、大丈夫かと思われます。 基本的に商品券は現金や信書ではないため、どんな方法で送っても法律上の問題にはなりません。 ですが、紛失や盗難等のリスクも考えて、郵送する際には追跡調査ができたり、保証のつけることのできる郵送方法をお薦めいたします。 基本的には封筒に入れて発送をするのですが、水に濡れたり、潰れたたりすることも考えて、緩衝材の入っているような封筒に入れて、しっかりと包装をするのが良いかと思われます。 1番商品券を送る際に、紛失保証もつけられて安心な方法であれば、一般書留か簡易書留で送るのがお薦めかと思われます。 種類によっては、専用の梱包材がある場合もございますので、その場合はそれに入れて、手続きを行ってくださいね。 書留ならば、簡易書留の場合は310円で5万円まで、一般書留ならば430円で10万円までの、紛失保証をつけることができます。 さらに5万円ずつ商品券の金額が上がる場合は、21円の追加料金となります。 気をつけていただきたいのは、書留の場合はポスト投函はできず、郵便局での発送になることです。 また書留には追跡調査もつけることができますので、万が一途中で違うところに行ってしまった場合や、今どのあたりまで届いたんだろう?と、配送中の状況も把握できます。 商品券は現金ではないものの、同じようなものですし、何よりも贈り先様にきちんと安心して、届けて欲しいですよね。 ですので、商品券を郵送で送る際には、書留に追跡調査をつけて贈るのが、お薦めかと思いますよ。 結論として、この質問者様のお話ならば、• 基本的に商品券は現金や信書ではないため、どんな方法で送っても法律上の問題にはなりません。 紛失や盗難等のリスクも考えて、郵送する際には追跡調査ができたり、保証のつけることのできる郵送方法をお薦めいたします。 1番商品券を送る際に、紛失保証もつけられて安心な方法であれば、一般書留か簡易書留で贈るのがお薦めかと思われます。 ですね!! 香典返しに商品券を贈る事について。 お返しに商品券を贈るメリット 香典返しの品物選びって難しいですよね。 相手に喜んでもらいたいという気持ちもある一方で、もし相手のいらないものを送ってしまったらどうしようと心配になる方もいるかと思います。 そんな時に、商品券やギフト券をお返しの品物としてチョイスする方もいます。 商品券のメリットは、相手が好きな時に好きなものを購入できること。 自分で選んでいただける分、確実にいらないものを避けられたり、自分の好みのものを選ぶことができます。 そいういった面から合理的で良いと思ってくださる方も多くいらっしゃいます。 また、券なので大変コンパクトなところも魅力の一つです。 法要を行う会場へ、品物を持ち込みずらかったり、相手の持ち帰りの際の荷物になるか心配する時ってありますよね。 ですが商品券やギフト券ならコンパクト贈り物なので、その心配もないですので持ち運びの際もとっても便利なところが、魅力的でもありますよ。 商品券を贈る際のデメリット。 先ほどは商品券を内祝いとして贈る際のメリットを紹介しました。 ですがやはり、すべてが良いところというのではないのが少し残念な点です。 商品券を受け取って、合理的で良い。 と思っていただける方もいる一方で、 品物を選ぶ手間を省いた。 自分のことを考えてもらえてない気がして冷たく感じる。 現金を返されたような気持ちになる。 などという意見も多数あります。 商品券を贈る際は相手を選びましょう。 先ほどのメリットやデメリットでも記載したように、商品券に対する考え方は人それぞれなので、一概に良い!! と言うこともできません。 ですが、相手が気の知れた友人や親族等ならば、快く受け取ってくれることが多いでしょうし、贈る側としてもフランクに渡すこともできるでしょう。 ですが、避けた方が無難かと思われる方もいますので、注意してくださいね。 それは上司やお世話になった先生などの目上の方です。 目上の方に商品券や現金を贈ることは、『生活に困っているんでしょ。 』と言われているみたいと、誤解される可能性もあるかもしれません なので、目上の方には商品券や現金を贈ることは避けて、品物を贈るのが良いかと思われます。 どうしても相手の趣味や好みがわからない! 無駄になるようなものを贈りたくない! という場合は、カタログギフトがお薦めです。 カタログギフトならば、ある程度の品物に絞ってありますし、グルメや旅物、女性向けや男性向けとジャンルやターゲットによっても種類は様々です。 それならばきちんと相手のことを考えて選んでもらったと感じてもらうことができそうですよね。 最後に。 今回は香典返しに商品券を贈る場合についてのご紹介でした。 疑問等は少しは解決できたでしょうか? 香典返しは高額になることも多いので、1品で高額な品物になる、カタログギフトや商品券よく選ばれています。 ぜひ、今回の記事も参考にして、品物選びをしてみてくださいね。 香典返しのマナー 記事一覧•

次の

香典返しに商品券を贈る。商品券のメリットやデメリット。自分で郵送する際の、お薦めの発送方法について。

お返し 商品券

香典返しの品物には、お茶やお菓子、洗剤やタオルなどがよく選ばれています。 中には、商品券を香典返しの品物の選択肢として考えている方もいるのではないでしょうか。 この場合、商品券を贈るのは失礼にあたるのか、また、香典返しの品物として避けたほうがいいものについてご紹介します。 香典返しに商品券は避けたほうが無難 香典返しは、基本的にいただいたお香典の半分の金額である「半返し」が目安だとされています。 香典返しとして商品を贈れば、どのくらいかかったかはある程度ぼかすことができます。 しかし、商品券の場合は金額が分かってしまうため、露骨過ぎる印象になります。 また、香典返しに限らず、目上の方へ商品券を贈るのは、一般的に失礼にあたるとされています。 このような事情がありますので、香典返しに商品券を贈るのは、避けたほうが無難かもしれません。 ただし、若い人が喪主を務める場合、近ごろは商品券をお返しするケースも増えているといいます。 お通夜や葬儀の後は手続きなどやらなければいけないことが多く、バタバタしてしまうものです。 そのため、香典返しの品物を選ぶ時間を確保するのが難しいという場合も珍しくありません。 そうした時に商品券であれば、準備の負担を軽減することができます。 商品券をもらった相手にとっても、好きなものを自由に購入できるなどのメリットがありますので、絶対に送ってはいけないというものではなく、フレキシブルに対応するのがいいでしょう。 香典返しで商品券を贈る場合の一工夫 商品券を贈る場合は、一工夫するといいでしょう。 例えば、挨拶状を添えてみることが挙げられます。 額面が印刷されただけの商品券に感じる味気なさを、挨拶状が緩和してくれます。 挨拶文のひな型を参考にしながら、故人のエピソードを盛り込んだ文章を考えてみてはどうでしょうか。 もしくは、商品券だけではなく、タオルやカタログギフトなどの品物と組み合わせて送ることも一案です。 品物を添えることで、お返しという色合いがより強くなります。 また、商品券を選ぶ際は、どの地域でも使えるように、できるだけ日本全国対応の商品券を選ぶようにしましょう。 また、商品券によってはお釣りが出ないこともあるので、「五千円券を1枚」よりも「千円券を5枚」でお贈りしたほうが、使い勝手がよくなります。 なお、香典返しとして商品券を贈るときでも、のしは必要なので忘れないようにしましょう。 商品券のほかに香典返しで避けたほうがいい品物 香典返しは、いただいた香典へのお返しとなる贈り物です。 不幸に関わるため、商品券以外にも避けたほうがいいとされる品物があります。 理由とともに紹介しますので、香典返しを選ぶ際の参考にしてください。 肉や魚の生もの 香典返しの品物に「消え物」が好ましいとはいうものの、仏事では「四つ足生臭物」を避けるのが一般的です。 地域や宗教のならわしによっては、四十九日法要を過ぎるまで、食卓に肉や魚を出すのを控える家庭もあるため、香典返しで贈ることは控えましょう。 お酒(嗜好品) お茶やコーヒーなどの飲料品は、香典返しでよく選ばれる品物ですが、同じ飲料品でも、お酒は神事でお祝い事の際に飲まれるものです。 そのため、香典返しで贈る品物には適していないと言われています。 選ぶ際には注意しましょう。 商品券より香典返しでおすすめなものはカタログギフト 香典返しは、その性質上事前に準備をしておくことが難しいものです。 いざ必要になった場合にも、故人を偲んでくださった方に対して、どのようなものを選ぶのがいいのか悩んでしまったり、失礼にあたるものを選んでしまわないか心配になったりするものです。 そんな時に便利なのが、カタログギフトです。 商品券とは異なり、金額がはっきりと分かるものではないため、安心して贈ることができます。 予算や相手の年齢、性別、生活に合わせてカタログを選ぶことができ、生活雑貨やグルメなどジャンルも豊富です。 お悔やみいただいた方にも自由に品物を選んでいただけるため、生前お世話になった方への感謝の気持ちをしっかりとお伝えすることができます。 時代と共に、香典返しとして商品券を贈ることは失礼ではなくなってきつつあります。 それも踏まえてマナーを考えると「結局何を贈ればいいのか」と悩んでしまう香典返し。 迷ったときには、カタログギフトはいかがでしょうか。 カタログギフトなら相手を選びませんし、失礼にもあたりません。 ぜひ選択肢のひとつにどうぞ。

次の