いとう 脳神経 クリニック。 いとうまもる診療所 │ 大阪府泉南郡熊取の脳卒中専門医による脳神経外科

いとう横浜クリニック(横浜市青葉区/たまプラーザ駅)|ドクターズ・ファイル

いとう 脳神経 クリニック

脳神経外科外来 1. 脳神経外科外来の診療内容• ・脳卒中の予防• ・脳卒中の内科的治療• ・頭痛、めまい、しびれなどの症状• ・脳腫瘍• ・水頭症• ・認知症• ・頭部外傷• ・頚椎ヘルニア、頚椎症 などの診断や治療を脳神経外科専門医が行います。 頭痛で来院された患者様の頭部MR画像 症状は軽度でも、巨大な脳腫瘍が指摘されました。 軽い症状でもまずは医師にご相談ください。 脳神経外科受診の際のご注意• ・初診の方、MRI検査をご希望の方は、午後の診療終了時間の30分前までにご来院ください。 ・脳神経外科外来を行っていない時間帯でも検査は行えますが、結果説明はその日の夕方、もしくは後日となりますのでご了承ください。 ・脳神経外科外来の担当医については、診療時間のページをご参照ください。 ・不明な点はお電話にてご相談ください。 脳ドックのご案内 脳も40歳を過ぎると老化のスーピードが速いといわれています。 最終的には脳卒中として、言語障害や運動障害などの症状を起こすことになります。 ご承知のように脳が一度故障すると、後遺症として社会生活が不自由なものになります。 脳卒中をはじめ、脳の病気は特に早期発見、早期治療が必要な病気です。 脳の断面と脳血管をMRIでチェックして、生活習慣の改善や早期治療を行い、脳の病気を未然に防ぐことが脳ドックの目的です。 脳ドック検査内容 頭部MRI検査(脳断面、脳血管) 所要時間約15分 検査結果はその日のうちにご説明いたします。 オプションで心電図、胸部レントゲン検査、血液検査なども承っております。 関連ページ•

次の

担当医と診療時間|横浜市 青葉区 脳神経外科 内科 乳腺外科 いとう横浜クリニック

いとう 脳神経 クリニック

原因に応じた薬物療法を行います。 痛みの発生時期や部位、痛みの程度、症状の持続時間や動きの制限等を問診し、神経学的検査と画像診断を行うことによって、痛みの原因を特定し、適切な治療を行います。 当院では、X線と脊椎MRIを用いた画像診断検査を行います。 薬物療法は、その時期と重症度によって変化します。 急性期には、いわゆる痛み止めである非ステロイド性鎮痛薬(ロキソニンやボルタレンなど)を用います。 また、湿布などを併用することも多いです。 しかし、頑固な腰痛の場合には、これらだけでは十分でないことが多く、オピオイド(トラムセットやトラマールなど)といわれる薬物も併用します。 また、最近開発された神経障害性疼痛薬(リリカ、タリージュ)や抗うつ薬も効果が認められます。 薬剤療法の選択肢が増えたことで、神経の障害による頑固な腰痛が良くなる可能性が広がっています。 ぜひ、一度受診してください。

次の

担当医と診療時間|横浜市 青葉区 脳神経外科 内科 乳腺外科 いとう横浜クリニック

いとう 脳神経 クリニック

今まで経験したことのない頭痛(左側)で夜も眠れず困り果てて、このクリックで診察していただきました。 先生はとても優しく腰の低い方で気持ちが楽になりました。 なんと言ってもMRIを予約なしで直ぐ撮ってくださ... 今まで経験したことのない頭痛(左側)で夜も眠れず困り果てて、このクリックで診察していただきました。 先生はとても優しく腰の低い方で気持ちが楽になりました。 なんと言ってもMRIを予約なしで直ぐ撮ってくださるのは大変有り難いことでした。 たいていは大きな病院へ紹介状を持って行くのが常ですが、ここはMRIの設備が整っていて結果も即、分かり安心です、説明も丁寧でよく理解できました。 異常は見つからず痛み止めを処方して頂きました。 MRIが異常ないことが一番の薬になりました。 リハビリの機器も備わっていて内科も診てくださいます。 地域のかかりつけ医として心強い先生です。

次の