尿道 カテーテル 痛い。 尿道カテーテル(尿道バルーン)でお困りの男性患者さんへ

尿道カテーテル|病気について

尿道 カテーテル 痛い

尿道カテーテル ども、ホルスタインおじさんです。 尿道カテーテルと他の管との痛み比較エントリを書いたところ、コメントで『尿道カテーテルの痛みについての質問』を一人の方から受けました。 質問には極力答える主義なので私の回答出来る範囲で受け答えさせていただきましたが、いやーー結構不安を抱えてるみたいでしたね。 質問を頂いた方は()さんで、一連のやり取りを今回のネタとして公表する事を了承していただけました。 という訳で、他にも不安を覚えてる人向けに書き直しましたので参考にしてください。 【実際の質問に答えたエントリはこちら】• カテーテルを外す時の痛みは? こんにちは。 初めまして。 尿道カテーテルのブログを拝見させて頂きました。 耳下腺腫瘍で手術を言われてますが、 尿道カテーテルも 人工呼吸器もするとのことです。 尿道カテーテルを付けるときは麻酔下と思うのですが、 付けてるときや外すとき、外してからの排尿痛は我慢できないぐらいの痛みでしょうか? 宜しくお願いします。 【回答】 手術嫌ですよね~ 尿道カテーテルを外す行為や外した後はそれぼと苦痛ではありませんでした。 ただ気になるのが人口呼吸器を付けるという事は鼻から胃にかけてのチューブが入る事となります。 むしろそちらの方が術後外すまでの間の不快感が凄かったのね。 とわいえ、私の場合術後の体調が悪い状況でしたのでチューブよりも手術の後の方に意識が行くので、相対的にそれほどつらく無いと感じと思われます。 手術うまく行くといいですね。 (補足)尿道カテーテルより他の部位が痛かったという話ですね。 排尿痛と付けてる時の痛み 排尿痛も全くなかったのですか? 外す時や付けてる時も痛み、違和感なかったのでしょうか? 【回答】 私は二回ほど手術しておりまして、尿道カテーテルは付けてる時は何も痛みは無く、外す時も痛みはほぼ無いです。 ただ17才の時は最初のオシッコがなかなか出なかった記憶がありますが、外した後は軽い違和感程度です。 人工呼吸器の痛み 人工呼吸器も外す時は目覚めてると思うのですが苦痛はなかったのですか? 【回答】 人口呼吸器も外す時はうっすら麻酔が効いてるので何も心配いりませんよ。 あくまで個人的な見解ですが、意外と大丈夫なものなので必要以上に心配せず手術してほしいのね。 オシッコが出にくい案件 17才の時にオシッコが出にくかったとありますが、大丈夫だったのでしょうか? 【回答】 オシッコが出にくかったのは、30分程度で水道の水が流れる音を聞いたら流れるようになりました。 カテーテルの使用期間は?トイレはいつから? カテーテルは術後どれぐらいで外されたのでしょうか? 【回答】 手術の内容によるかと思いますが3,4日程度で外れました。 自力で歩行してトイレに行けるのが目安かと思われます。 カテーテルの抜くタイミング 手術後の覚醒前にカテーテルを抜いてもらえますか? 【回答】 カテーテルの意味は麻酔状態や歩けない状態での排尿です。 麻酔が切れてから歩けるようになるまで必須なので多分無理でしょう。 カテーテルの不安 ブログとか見てたら酷い痛みだったとかそんなことばかりで、担当医に言うと「そんなことないから見ないようにね」さんのように言われました。 今、人工呼吸やカテーテル、排尿痛苦しいのではと思ってるほどではないんですね? 【回答】 痛みは個人差はあるかもしれません。 しかし、 二度手術した私からするとカテーテルを抜く行為は痛みの内に入りませんでした。 あんまり調べ過ぎても不安が増えるだけです。 いまさんに必要なのは 痛みを調べる事よりも医師の言葉を信じて手術を受ける事でしょう。 緊張すると意識してしまい痛みは増すだけですよ。 こんなことたいしたこと無いと思って受ければ本当にたいしたことありません。 安心して手術を受けられるといいですね。 度重なる不安 皆さんカテーテルは痛い痛いと書かれてたり言われるので意識が集中してしまいますね。 そんなに怖くも痛くもないと念じてみます。 でもあんなものが入ると思うと…(小心者です) 【回答】 注射がいやだなーと思ってる人ほど痛みを感じやすいように、意識を向けるからより痛く感じると思われます。 むしろ大したこと無いと認識してればあっさりしたものです。 排尿痛は焼いた鉄を刺される痛みか? 尿道カテーテル外すとき、外してからの排尿痛が焼いた鉄を刺されてるような激痛と書いてる人もいました。 こんな激痛ってあるのでしょうか? 【回答】 痛みの件ですが『痛かった人もいたのでしょう。 』と、ここでバッサリ終わらせてしまうのもそっけないので、別な考え方を教えます。 実際に痛かったと思う人の割合は知りませんが、仮に100人に3人いたとします。 97人の人はほとんどネットには投稿しないでしょう。 だって痛くも無いのですから問題意識が生まれません。 3人の内一人はブログをやってたとすると、痛かったと書くでしょう。 下手したら話を盛るかもしれません。 ネットの情報にはある程度自分のフィルターで取捨選択選択する習慣を身に付ける事も大切ですね。 術後のモチベーション低下について 色々書かせていただきましたが、手術後は出来ない事が増えてモチベーションが低下します。 しかし、しょげていても何も始まりません。 なので、落ち着いたら色々チャレンジする事をお薦めします。 病気で出来なくなる事を嘆くよりも、新たな事を行う事で出来る事が増える喜びに目覚める事の方が精神的に安定しますよ。 終わりに 今回は似合わないアドバイスを色々させていただきました。 ちょっと質問事項と異なる回答もしてたりもしましたが、やり取りをする事によって不安が少しでも払拭していただければと思います。 この文書を読まれた方で、私のブログに書かれた 病気や手術に限らず何か気になる事が有りましたら 質問してください。 その 質問は私の新たな気づきにもなりますのでむしろありがたいと思ってます。 質問方法は、ブログのコメント欄でも、Twitterでも、はてなブックマークでも何でも構いませんよ。 余談ですが、色々な事を考えて悩むくらいなら違う事に意識を向けた方が良いです。 あと、合わせて食生活の見直しは必須です。 私は暴飲暴食が原因としか思えません。 ご自分の食生活の改善を望まれるのであればこちらの記事をどうぞ。

次の

尿道カテーテル取り外し後の痛み。

尿道 カテーテル 痛い

今日の担当してくれている看護師さんから、「午後に 尿道カテーテル(尿カテ)を外すからねー。 」と軽く言われた。 「やっとトイレで"立小便"が出来るようになる」と率直な感想として思いました。 ちなみに、『 尿カテ』検索の入力予測は、 痛いが一番上にあります…。 尿カテの体験談を探すと、沢山ヒットしますが、「痛い」「辛い」などネガティブな内容がほとんどです。 昼過ぎにマッタリしていると看護師さん「始めましょうか?」と訪ねてきました。 痛くても一瞬だろうし、がんばろう?と心に決めて臨みますw 看護師さんからも「私には痛いの意味がわかりませんが、皆さん痛いと言われるので頑張って我慢して下さいw」とにこやかな笑顔で言われます。 緊張しながらも気を引き締めていたら、傷みも感じずポンっと外れましたw 本当に全然痛くもなくあっけなかったです。 ですから、検索予測で出てくる『 尿道カテーテルを外すときは痛い』の答えは人によるものだと経験者からはいえます。 多分ですが看護師さんの手腕だった思います。 ちなみに外してくれた看護師さんは注射もまったく痛くないのです。 これについては、『看護師さんの注射は上手い下手がある?』という仮説を立てていますので興味があればどうぞ。 何はともあれ 入院以来ずっと付けていた『尿カテ』がやっと外れた瞬間ですw 看護師さんからは「最初のおしっこは痛くなるかもしれないし、血が出たり痛かったらすぐに教えて」といって退出していきました。 早速試そうと思いトイレへ行きます。 ここの部屋は、一般病棟の中にある、ナースコールの傍に数部屋ある個室です。 トイレは無いので、部屋の外へ出なくてはいけません。 (大の時は、いままでもそうしていました) 尿カテや点滴は外れましたが、酸素(鼻カニュラ)はまだ外せないので、トイレに行くには、ベッドの頭の上の壁にある流量計から酸素チューブを外し、点滴スタンドに備え付けてある酸素ボンベへ付け替えて行くことになります。 久々の自力での小便だったので、若干苦労するのかと思っていたが… 説得されるまでもなく、もう決心はついていました。 チョッキ型の(除細動器)の件は断り、 ICD(植込み型除細動器)を埋め込む事に同意したのでした。 正確には、ICD(植込み型除細動器)は、一般の方が知っている ペースメーカーとは違う機器です。 心室頻拍や心室細動などの、いわゆる致死性の不整脈の治療を行う医療機器です。 ICDは、その本体と電気刺激を直接心臓に伝えるためのリードと呼ばれる電線から構成され、ペースメーカと同様に、体内に植え込みを行う電気刺激装置です。 ICD本体は、密封されたチタンの缶の中に非常に精密なコンピュータが内蔵されており、常に心臓のリズムが正常かどうかを監視しています。 異常が現れた時には、その異常な心臓のリズムがどのような不整脈なのかを診断し、その不整脈に合わせて設定された治療プログラムに沿った治療が行われます。 ペースメーカ機能も有しており、徐脈にも対応します。 引用: 簡単に説明すると、 街中で見かけるAED(自動体外式除細動器)が胸に埋め込んでいると同じ感じで、自動的に電気ショックを与えることが出来るようになっています。 危険な不整脈(致死性不整脈)を検出すると、秒単位で直ちに器械が探知し治療をしてくれます。 ちなみにペースメーカーというのは、徐脈(心拍数が少ない)を補助する役割をメインにした機器の事です。 (心臓に電気刺激を送り心臓を拍動させ、ある一定以上の脈拍を保つ機器) 埋め込む予定のICDは、これです。 画像引用: ICDを植込んだら制約だらけの生活になる? ペースメーカーと同じで 日常生活する上での制約は多いです。 注意しなければいけないもの。 (一部抜粋)• IH炊飯器・IH調理器• 体脂肪計付の体重計• 銭湯などの電気風呂• 全自動麻雀卓• 電気自動車の充電に用いられる急速充電器• 電子商品監視機器(EAS)(ゲートは立ち止まらず速やかに通る。 自動車運転 ペースメーカーには自動車運転の制限はありませんが、ICDの場合は、運転は原則禁止。 運転の許可には、半年毎の申請が必要。 運転免許を維持するには、医師の診断書を各都道府県公安委員会へ提出しなければなりません。 作動が生じた場合は、12か月間運転が禁止されます。 その他、たくさん 先生曰く、電車での電源をペースメーカー患者の為、携帯電話の電源お切りください云々は、昔々の機器の話だから携帯(スマホ)は気にしなくても大丈夫。 だそうです。 なお、 自身の申請により身体障害者の認定を受けることができます。 ICDを埋め込んだ場合は、最初1級(以前は1級のままだったらしいですが)、3年後再認定をする時にICDが作動してない場合やメッツの値などを考慮して、3~4級になるようです。 3級又は4級の認定を受けた者であっても、 手帳交付後にICDが作動し、再交付の申請があった場合は、1級と認定する。 ただし、再交付から3年以内に再認定を行うこと。 抜粋: 現在は、心室細動に特化し心臓にリードを留置する必要がない、皮下植込み型除細動器(S-ICD)の埋め込みが多いみたいですが…。 両方の機器の説明を受けましたが、私の場合は、ICDを埋め込むことになりました。 有名人の方だと、なかにし礼さんも2016年にICDを埋め込んたと記事にあります。 なかにし氏は1992年に心室細動を原因とする心筋梗塞で緊急入院した経験があり、元々心臓の能力が健常者の約半分しかない。 心室細動が再発する不安がつきまとっていたといい「薬でうまく抑えていたけど、怪しい時もあった。 胸が苦しいなど、異変が来たなと思ったら静かに嵐が過ぎ去るのを待つ。 でも、それで終わらなかったらヤバイ」と振り返った。 心室細動は心室の筋肉が不規則にけいれんし、血液を送る心臓のポンプ機能が停止。 3~5秒で目まい、5~15秒で失神、3~5分で脳死状態に陥る。 突然死の恐怖と常に隣り合わせの状態だった。

次の

尿道カテーテル挿入が困難な場合に、陰嚢周囲を触る理由が知りたい|ハテナース

尿道 カテーテル 痛い

やあやあ、ホルスタインおじさんだよ。 ちょっと前に尿道カテーテルを入れる時の痛さについて、ブロガー界隈で賑わってたのね。 きっかけとなったのが、ガンダムーンさんのこの記事。 このおっさんも色々病気で苦しんでるみたいだけど、そんな苦しみまで楽しんでるようにしか見えないのねw という訳で病院経験が多い牛のおじさんからも、一番痛い管の抜き差しについて個人的な評価を付けてみたのね。 暇潰しにどうぞ。 抜く行為は、割と一瞬で終わるから痛みも一時的なんですよね。 しかし本当に痛いのは入れる時。 10代の頃に半身麻酔の必要な手術をして、尿道カテーテルを麻酔無しで事前に入れました。 その時の痛みは『ムリ!ムリ!ムリ!』を連呼して、 その後はズキズキした痛みと、何か大事なモノを失った気持ちで放心状態なのね・・・ 最近の全身麻酔の手術では、術中にカテーテルを挿入してくれたからなのか、抜くだけで楽勝でした。 (10代の頃はその後なかなか尿が出ず困りました・・・) まー中年のおじさんには痛みより、看護士さんにしてもらった清掃(おにんにんを泡々でキレイキレイにしてもらいました)の褒美感が勝ってたのね。 長い管なので、抜くときはツーーンとした鼻の痛みが有ったのね。 入れる時は結構大変で、鼻から喉の先にまで入れてもらった後は、あとは『ゴクゴク飲む感じでチューブを入れて下さい~』って言われ、涙目なかがら喉の痛みと違和感に耐えつつ飲み込みます。 地味につらいのは、管が喉を通ってる時に会話をする事。 術後の辛さが倍になるのね・・・抜けたときの爽快感は半端ない。 そしてそのチューブが抜け無いように、お尻に糸で縫い付けられます。 挿入している感じはそれ程苦じゃ無いのだが、付けている期間が一番長いから、糸を縫い付けられた部位が腫れたり、痒かったりと日に日に不快度が増ばかり! でもこれねー。 付けてる間定期的に外れてないか看護師さんがチェックに来るのよね。 若い看護師に、ケツ毛で密林と化した場所をかき分け、ケツの穴(のチューブ)をチェックされる背徳感・・・ ゾクゾクするのねw 結論 おケツとおにんにんは、 看護師さんのケアを心の支えに、脳内で痛みを喜びに変換すると良い。 (注意:看護師さんはは真剣に医療行為としておこなってくれてるので、そういう場面では冷静にお願いします。 決して心の 喜びを垂れ流してはいけませんよ) 鼻チューブは苦痛のみのため、今にして思うと鼻チューブが一番の苦痛かな。 健康な状態だと違うのかもしれないし、鼻チューブを常用している人ごめんなさい。 でもね、本当に術後は辛かったのね。 その時の辛さはこちらです。 割りとマジな話なので、辛いのが苦手な人は読まない方がいいかもね。 では、全国の看護師さんありがとう!そして不謹慎でごめんなさい!! 【追記】本エントリのコメント覧で問い合わせ型がありまして、せっかくなのでまとめてみました。

次の