うわさ の ツインズ。 ダヴ・キャメロン、「うわさのツインズ リブとマディ」で初のエミー賞を獲得

ダヴ・キャメロン、「うわさのツインズ リブとマディ」のオーディションを断ろうとしていた! その理由は…

うわさ の ツインズ

米ディズニーチャンネルで放送されている人気青春ドラマ「うわさのツインズ リブとマディ」最終話の撮影が終わったことを、番組関係者たちがSNSで明かした。 「うわさのツインズ リブとマディ」は、米ディズニーチャンネルで2013年7年から放送されている、正反対の性格の双子の女子高生が主人公の人気青春ドラマ。 ダヴ・キャメロンが、ハリウッドスターのリブ役とボーイッシュなスポーツガールのマディ役の一人二役を演じており、シーズン4で終了することが決定している。 6月28日、「うわさのツインズ リブとマディ」のクリエーター、ジョン・D・ベックがインスタグラムに、「とうとうこの日を迎えたよ。 『うわさのツインズ リブとマディ』最終日だ」と投稿。 撮影を終え、キャストが一列に並んだ写真を公開した。 johndbeckさん johndbeck が投稿した写真 - 2016 6月 28 7:34午前 PDT アメリカでは、6月19日にシーズン3のファイナル・エピソードが放送されたばかりだが、シーズン4の撮影はすでに行われていたとのこと。 ジョンは写真に、「この特別な制作グループをどれだけ愛しているのか、表現する言葉が見つからない。 会えなくなることが、どれだけ寂しいかもね」「彼らとは、あと100話ぐらい、楽勝で撮影できるよ。 本当に悲しいよ」と感傷的なメッセージを添えていた。 ダヴも同日、「マディのラストシーンを演じたわ! 」とツイート。 その2時間後に「それと、リブのラストシーンを演じたわ」とつぶやいた。 I just played Maddie for the last time— Dove Cameron DoveCameron And now I just played Liv for the last time— Dove Cameron DoveCameron ダヴは先週にも、インスタグラムに、「『うわさのツインズ リブとマディ』最後の台本読み合わせ。 感情が高まっちゃう」という言葉と共に、泣きながらアシスタント・ディレクター 以下、AD と抱き合う写真を投稿。

次の

「うわさのツインズ リブとマディ」ジョーイ&パーカーのトゥトゥペディア(プロフィール&トリビア)

うわさ の ツインズ

写真はイメージです リッジウッド高校で、ドラマ「ボルテージ」の撮影をしているジョシュ。 そう、リブが主役を務めるドラマが、彼女の通うリッジウッド高校でロケ中なんです。 撮影に不用意に割り込んでしまったマディ。 ジョシュの初対面シーンです。 そのことを いちおう 謝るマディですが、それでも強気の態度。 ジョシュも「リブと見分けるのは簡単だね…」とたじたじです。 場面は変わり、リブとマディの両親たちが 「カウベル・ウィーク」の始まりを告げます。 年に一度、スポーツの授業がない週に行われるイベントです。 全校生徒を巻き込んで行われます。 「首にカウベルのついた首輪を、他の誰かにかけられたら脱落」というシンプルなルール。 かけられたら「モ~」って鳴かなきゃいけないルールです。 早速アンディがカウベルを首にかけられます。 お察しの通り、マディとウィローは強敵です。 しかも マディは、昨年・おととしのチャンピオン。 パーカーが「 今年は僕がいるから、思い通りにはさせない!」と意気込むも、ダンプカーとの連携プレーで早々にカウベルをかけられてしまう。 マディは「 3連覇の邪魔をしたら承知しないよ!!」とますます意気込む。 一方、ボルテージ撮影スタジオを見学中のリブ、アンディ、ウィロー、パーカー。 セットに興味津々の3人。 ここで、 リブも早々にカウベルをマディにかけられてしまったことが判明 笑 撮影終了後のジョシュに、このあとの過ごし方を聞くリブ。 すると「 何もすることがない」と答えが返ってきます。 どうやら彼は、LAで友達とやっていた「ボクスラティス」が恋しいらしい。 それを知ったリブは、アンディやウィローに「 ジョシュが街になじめてないの…楽しくやれるようにしてあげたいんだけど…」と本音を漏らす。 3人はジョシュが街になじめるよう「ボクスラティス」をさせてあげることに。 アンディは、おじさんのこわれた納屋をリングに作り直そうと息巻いてます。 リブは付け加えて「 ジョシュにはカウベルをかけないであげて。 イベントに参加させるのは無理よ…」と二人に頼みます。 まだ街になじめないジョシュを、戸惑わせたくないようです。 ジョシュのために「ボクスラティス」の準備をするリブたち。 アンディが作り変えたというボクスラティスのリングが運び込まれている。 彼の相手はダンプカー。 わくわくしているジョシュに、いきなりダンプカーの左フックがクリーンヒット。 彼は見事に崩れ落ちる。 それを見てたまらず、リブは 「ジョシュの相手をして!って言ったんだけど…」。 あくまでも彼を楽しませたかっただけ。 ダンプカーは手加減の仕方がよくわかっていないようで、リブの作戦は失敗です。 次の台本をまだ読めてないのは、ダンプカーとの件が原因だとジョシュがおどけてみせます。 「 ブルドーザーのパンチが効いたよ…」って、パンチの相手はダンプカーなんだけど。 その様子を見たリブは「昨日はごめんなさい。 でもLAっぽいことを持ち込みたかったの」と答えます。 ジョシュはそれが意外だったようで。 でも、リブのサポートの甲斐あって、 LAよりもこの街 スティーブンスポイント に興味を持ち始めたジョシュ。 「何かイベントないの?」と目を輝かせます。 最初は不安がってたリブも、ジョシュにカウベル・ウィークのことを紹介します。 ジョシュはもちろん興味津々で、彼もカウベル・ナイト目指して参加することとなりました。 いざイベントに参加すると、ジョシュは大張り切り。 変装して気配を消し、生徒たちに次々とカウベルをかけていきます。 一方のマディも敵ナシ、ダンプカーも威圧感でカウベルをかけていく。 残ったのは3人だけ。 ジョシュを狙ったダンプカーでしたが、アンディの作ったびっくり装置でそれを阻止。 隙をついてダンプカーにカウベルをかけます。 カウベル・ナイトで戦うのはマディとジョシュに! ここまでがんばったジョシュだけど、百戦錬磨のマディに勝てるわけもなく。 あえなく、 マディの3連覇が決まってしまいます。 優勝を誇らしく自慢するマディを、やれやれという目で見つめるリブとジョシュ…と思ったら、ジョシュは「 マディには付き合ってる人はいるのかな?」とリブに聞いてきます。 その質問から、彼のマディに対する気持ちを察したリブ。 「 ジョシュはマディのことが好きなのね!」と興奮気味です。 「 あんなにかわいい子はほかにいないよ…」という目線の先には、優勝でやけにテンション高く、トロフィーを見せびらかしているマディでした。 ジョーイと猫シャツとパーカー 写真はイメージです リビングにはパーカー。 そこにジョーイが「 猫シャツにさよならする!」と言いながら、大量の猫シャツを手にやってきました。 どうやら、ダンプカーをはじめ全校生徒に「猫シャツ」と呼ばれていることを知り、恥ずかしくてイヤになったようです。 猫シャツをぜんぶ寄付したいとのこと。 イメージを変えたい!と言っています。 しばらくして、ジョーイが猫シャツを卒業したシャレオツな姿で現れます。 そのジョーイをみて、本当に未練がないかを確かめるために「 シャツ以外の猫グッズも処分して」と発破をかけます。 無理だろうとふんでいたパーカーの前で、 ジョーイはお気に入りの靴下を捨てました。 パーカーも驚き。 「 あんな簡単に…!だけど僕は、ジョーイにまた猫シャツを着せる!」と本気になります。 好きなものは好きだというのが、ジョーイなのだから。 ジョーイが中庭を訪れると、猫シャツの山と「猫さよならマシン」。 これを使って、パーカーはたたみかけます。 決心がついてるのなら、このマシンにシャツをぜんぶ入れろ、と。 実際に猫シャツを1枚投入したところ、見事に粉砕。 ジョーイは大量の猫シャツとマシンを前にスイッチを押そうとするものの「 無理!できない!僕は猫を愛している!!」と叫びます。 かっこ悪いのが嫌で猫シャツとおさらばを決めたはずでも、実は猫シャツが好きすぎるんです。 そんな情けない兄に「 いいだろ、猫シャツって呼ばれても。 ジョーイらしく猫ライフを送りなよ」と声をかけたのでした。 「カウベルをかけろ!」まとめと感想• 高校では「カウベル・ウィーク」が開催!• 「 あんなにかわいい子はほかにいない」とマディに惹かれるジョシュ• アンディとダンプカーの雰囲気がいい感じ。 くっつきそう。 猫シャツを捨てたがるジョーイ。 それを阻止しようとするパーカー。 「ボルテージ」でリブの相手役になったジョシュの存在がフィーチャーされたストーリーですね。 そりゃLAから来たら、スティーブンスポイントになじめないのもわかる… 結局街になじめて、イベントに参加したことでマディと急接近。 ジョシュはただの脇役キャラではなかったようです。 彼は「かませ犬」で終わってしまうんでしょうか。 そんなことないだろ!でもマディはまだディギーのことひきずってるみたいだしな…気になります。 ジョーイの猫シャツってとても派手。 それがジョーイらしいと思うから、無理やり捨てなくて安心しました。 CSチャンネルの「 ディズニー・チャンネル」で放送中です。 月1980円払えば、ディズニー・チャンネルを含め好きな有料チャンネルが5つ見放題。 だから、映画チャンネルと併せてイヴは契約しています。 映画とディズニー・チャンネル、まるっと楽しめてかなり満足度が高いです。 いちおうBSの無料放送「Dlife」でも見れるけど、ディズニー・チャンネルのドラマは数えるほどしか放送してません。 有料のディズニー・チャンネルはとにかくドラマの数が多い。 ディズニー・チャンネルのドラマが好きなら外せないよね。

次の

うわさのツインズリブとマディ #44「コンサートでダブルデート(SPARF

うわさ の ツインズ

楽天で購入 ちなみにスパーフの去年のゲストは ワン・ダイレクション。 ジョーイはゼインと一緒に写真を撮ったらしいけど「 なんで脱退したの…ぼく、大ファンだったのに」と振り返ってます。 今年は アンディ・グラマーに会いたいらしい。 もちろんママは、勝手な裏庭キャンプに大反対。 みんなに帰ってもらうだけじゃなく、ジョーイを1週間外出禁止にしました。 この「スパーフ」が物語のカギをにぎります! 破局したマディとアンディの「スパーフ」 次の日の学校。 マディとアンディが同時に、リブに話しかけてます 笑 ふたりとも、リブに「 彼とスパーフのチケットを買ったのに、別れちゃった」という相談です。 マディはディギーと、アンディはホールデンと行く予定だったけど、ふたりとも別れちゃったもんね。 アンディは「 行きたいんだけど、行ったら彼に会いそうだし、行かなくてもつい彼のことを考えてもやもやする」って相談しています。 その様子を見て、リブは「 じゃあ、私が立ち直らせてあげる。 チケットはホールデンに渡して。 私もスパーフにはいかないわ。 うちでもっと楽しいことしましょ!」と提案しました。 彼女の口グセは「 想像がつく~?」です 笑 いっぽうマディは、まだディギーといっしょに行きたいかはっきりしない。 でも「わ かってるくせに」ってリブもアンディも。 すると「 まだディギーと一緒に行きたい。 でも、もしこっちから誘って断られたら…まぬけみたいでしょ?私はフラれたんだよ?」って。 これが理由だったのか。 そんなマディに「 わざわざ誘う必要ないんじゃない?ふつうに話しかけて、気持ちをさぐれば?」ってリブ。 ささっとさぐるなんて、むりでしょ 笑 そこに登場したトッド・ステッドソン。 超自信家。 彼の腹筋なんて誰も見たくないよ! 笑 今日で腹筋が6つに割れて、丸4年がたつんだって 笑 もちろん、女子3人組もドン引きです 笑 ディギーに未練たらたらなマディ ディギーの気持ちをさぐろうと、ぎくしゃくした態度のマディ。 だって、一緒にスパーフに行きたいか確かめなきゃだし。 「 ささっと、探るだけ」っていうけど、実際は「 どうする…?スパーフのチケット…」って。 めっちゃ不自然。 でもね、ディギーも 「もちろん俺はマディとコンサートに行きたいよ!」って思ってる。 「 マディの気持ちを探りたい」ってね。 彼も不自然な接し方になってます 笑 お互いに探ろうとしすぎて不自然。 探ろうとしすぎたあまり「 別に誘いたい相手がいる」みたいなことを言っちゃうディギー。 マディもいじっぱりで「 あっそ!じゃ私もほかの相手と行く!」って。 !? 「じゃあそいつと行け!」「じゃあそうしちゃうよ!」「ならなんでチケットくれるなんて言ったんだ!」「伝えるため…私に相手がいるのをね!」と口喧嘩 笑 「 だったら言えよ!そいつが誰なのか!」ほんとはディギーなんだけど… たまたま通り過ぎたトッド・ステッドソンが相手だと伝えてしまったのです! もう、ふたりとも意地っ張り! スパーフでのディギーとマディは… スパーフの会場は大盛り上がり!ピエロもいるし、みんな楽しそう! トッドは「 マディ!スパーフ最高だな!」っていうけど、マディは彼の荷物持ちみたいに扱われてる。 だって、彼は自分の筋肉にしか興味ないもん。 一緒に来たのは間違いだった、と帰ろうとするマディ。 するとディギーと出会います。 「 私がトッドといるのを見るとつらいはず!」と思ったのもつかの間、彼が連れてきていたのは、なんとサウス・サラマンカ! リブの元共演者です。 前にリブが彼女をホームパーティーに招いたとき、ディギーのこととろうとした! とマディは根に持ってる さすがに傷ついたマディ。 サウスの異様なテンションにもついていけないし。 いつの間にかトッドは「 ダブルデート撮るぞ!」って4人のセルフィー撮り始めた 笑 ふたりのすれ違い、どこまでも続いていきそうです… ディギーもいじっぱり でもディギー、ほんとはサウスのこと「 貯金をはたいてロサンゼルスから呼び寄せた」らしい。 マディへのあてつけとしてね。 この状況をマディは「 燃えるマディ、ドジった…完全にね」と分析。 ディギーは、サウスの独特な高い声に「 小さいハンマーでたたかれてるみたいに頭に響く…自業自得だな、ディギー」と分析。 お互いに、あてつけとしてスパーフを楽しんでる。 しまいには 「ほんと、私すっごく楽しんでる!このコンサートを!」「いいや、俺の方がずっとずっと楽しんじゃってる!」と言い合いに。 お互い、ダンスでどっちが楽しんでるか?勝負をつけることに。 二人とも負けずぎらいで、倒れるまでダンスしつづけて 笑 結局、イイ感じになったのはトッドとサウス。 ま、お互いぶっ飛んでるもんね… 笑 なんだったんだこの時間… 笑 結局、お互いの相手はどこかに行っちゃった、マディとディギー。 ディギーは会話の口実に 「ほら、これ飲まない…?」ってレモネード渡しちゃって。 「ごめん、本当はトッドなんかと来たくなかった」 「俺もサウスは苦手だよ…想像がつく~?」 って、お互い意地を張ってたことを伝えました。 元通り、まではいかなくても、緊迫した雰囲気はなごやかに。 「あのさあ、コンサート一緒に見ない?私たちカップルじゃ、ないけど…」 おっ、素直に誘えたマディ。 まだぎこちなさはあるけど。 そこで、ジョーイのお目当てでもあった 「アンディ・グラマー」がステージへに登場。 会場のボルテージも最高潮!ふたりも、一緒に盛り上がりました。 時間はかかるだろうけど、少しずつ素直に向き合えたらいいよね、ふたりとも! 楽天で購入 パーカー、ジョーイも驚きの発明 ママに怒られてチケット代稼ぎはできなくなったけど、アンディからの「おこぼれ」のチケットをもらったジョーイ。 たぶん、パーカーと行くことになりそうです。 「ジョーイが泣くところも見たいけど、だんぜんスパーフのほうがおもしろそうだ!」ってね。 楽しみでこおどりする二人だけど、そこに来たパパとママがチケットを取り上げました。 だって、ジョーイは外出禁止中。 もちろんスパーフにも行っちゃダメです。 しぶるジョーイに 「外出禁止は延長もあり得る。 会場に一歩足を踏み入れたらな!」とパパがとどめをさしました。 これで、スパーフへ行けるのはパーカーだけ。 ジョーイが会場に足を踏み入れる方法はない。 でも、パーカーは 「脳みそを試すチャンスだ」と何かをたくらんでいるみたい…!? スパーフにはいかないことにしたリブとアンディ。 おうちでふたり女子会をすることに。 でも、お互いのやりたいことって全然違う。 リブは 「今まで塗った事のない色のペディキュアをためしたい」し、ホールデンが持参したのはなんと…!? こちらも爆笑間違いなしです!.

次の