ソ連 国旗。 中国とソ連の国旗が似ているのはなぜですか?

ソビエト時代のプロパガンダポスターを翻訳してみた│おそロシ庵

ソ連 国旗

1944年から1955年まで歌われていた"ソビエト社会主義共和国連邦国歌"とは歌詞が違う。 ヨーロッパが4,236,843km 2、アジアが17,115,729km 2。 ヨーロッパが109,254,300人、アジアが37,759,300人。 複数のにより が形成された。 概要 [ ] ソビエト連邦は、を倒したのを起源とする。 の多数派であるは、を転覆させ、 、に改称 を設立した。 このを皮切りに、革命派のと反革命派のとの間にが始まった。 は複数の旧領に侵攻し、名目上およびの代表として振る舞ったを通じ、現地のの権力掌握を支援した。 、が勝利し、ロシア、、、などの各共和国を統合し、を形成した。 にが死去、の ()や短期間のが起こった。 その後、代中頃にが政権を握った。 は自らに対する政治的敵対勢力を抑圧し、自らが創造したを国家とし、を中心に始めた。 結果として、同国は急速なおよびの期間を経験した。 はを目指したの方針を転換し、と密告を活用した大規模で恣意的な逮捕を導入した。 当局は、軍事指導者、共産党員、一般市民のような大勢の人をへと移送、またはを科した。 で氾濫したを(現)の券で駆逐したが、券を導入した一人であるもの犠牲者となった。 、(現)という国民的金融機関が大蔵省の管轄となった。 国民の預金額とは相互に補完する関係となった。 勃発前、の率いるに対してとがソビエト連邦との同盟を拒否すると、ソ連はドイツとのに署名した。 同条約は両国間に束の間のをもたらし、多くの人々を驚愕させたが、ににされ、の利権を争いが開戦された。 ソ連は勝利してすぐによる増産を実行した。 一方、のような激戦でのに対する優勢確保のための犠牲において、 ()は同大戦の最大割合を占めた。 最終的には、にはのを破り、した。 ソ連は中央およびにおけるに制圧された領土を占領し、同領土はのになってにを築いた。 またにはを破りに対して攻撃を開始し、に制圧されていたと、や北部を占領し、にを築いた。 ではともに戦ったものの、やなどのとのおよび戦後処理をめぐる政治的意見の相違により、およびの形成に至り、最終的に核戦争と隣り合わせのへと発展した。 のスターリン死後、のが英仏のようなで運用されるようになった。 政権の下、「」として知られる穏健な社会的および経済的自由化が生じたのである。 その後、ソ連はの重要な技術的偉業を成し続け、打上げおよび、を行い、をもたらした。 のは米ソ両超大国間で極度に緊張した期間であり、核戦争寸前だと考えられた。 代、が生じたが、のの要請により、ソ連がでを始めた際に緊張は再度生じた。 同軍事作戦はとともに経済資源を消耗させ、有意義な政治的結果を成し遂げられずに長引いた。 のは、近代から欧州列強の投資が交錯したで起きた。 は地球規模に拡散し、がソ連経済へ干渉する機会を与えた。 後半、ソ連最後の指導者であるは連邦のおよび ()のの方向に向かうことを求め 、 ()の終焉と政府のを目標としておよびの政策を導入した。 この当時、()との経済は外国のによって経済を大規模に改造されつつあった。 これに追随しようとするソ連では、外資に強固な姿勢をとるが生じる一方で、外資の投下を受けやすい西部がソ連から分離独立しようと動き出した。 初頭にソ連は7800万ドル相当のを担保に市場へ参入、にから撤退した。 にはのあると和解し、翌月が行われ、冷戦の終結が宣言された。 ()は、ソ連をとして維持することについての賛成票が過半数を占める結果に終わったが、、、 今のジョージア 、がソ連への参加を拒否した。 同年8月、ゴルバチョフに対し政策を覆させようとする ()によりが企てられ、が鎮圧に貢献し、は解散を命じられた。 、ゴルバチョフは辞任し、残る12の構成共和国が独立したとして崩壊したソ連から現れた。 以前のであるは、ソビエト連邦の権利および義務を引き継ぎ、同国の継続する各種・上の国家として認識されている。 によるはのリスケジュールで一層ロシア経済を圧迫するようになった。 社がに報じたところでは、ロシアはソ連崩壊から25年を経て旧体制から引き継いだ対外債務をようやく完済する見込みとなった。 債務の大半は1985-91年に生じていた。 略称は 、またはラテン文字でSSSRとなるが、これは正式名称を音訳すると「Soyuz Sovietskikh Sotsialisticheskikh Respublik」となるためである。 表記では ソビエト社会主義共和国連邦が用いられる。 通称は ソビエト連邦(「ソビエト」は「蘇維埃」、「ソヴィエト」「ソヴィエット」「ソヴェト」「ソヴエト」「ソヴェート」より原語に近付けて「サヴィェート」とも)。 略称は ソ連邦、 、または単に ソビエトや ソヴィエトともする。 ソビエト連邦は、国名に()を含まない世界でも希有な例であるが、連邦を構成する各共和国のには「ロシア連邦共和国」など地名が含まれている。 一部の西側諸国ではソビエト連邦全体を指して「ロシア(Russia)」と呼び続ける例も多かった。 日本では 労農ロシア などとも呼ばれたが、「ソ連、ソビエト、ソビエト連邦」が一般化した。 表記では Union of Soviet Socialist Republics。 通称は Soviet Union が広く使用された。 略称は U. を使用するでは「蘇聯」(ソ連)、東側諸国では「ソビエト連邦」に相当する名称で呼ぶことが一般的であった。 歴史 [ ] この記事はの一部です。 同年8月に将軍による反乱が失敗した後、ボリシェヴィキに対する支持が高まった。 そこでボリシェヴィキは武装蜂起の方針を決め、同年11月7日(ユリウス暦10月25日)に権力を奪取した(十月革命)。 この11月7日が、ロシア革命記念日である。 同日には最初のソビエト大会が開催され、ソビエトによる体制の成立と、政府であるが成立した。 にあたる議長にはウラジーミル・レーニン、外務人民委員にはレフ・トロツキー、にヨシフ・スターリンが就任している。 ソビエト政権はモスクワ近郊を制圧し、11月10日には左派を政権に取り込んだ。 1918年1月10日からは第三回全国ソビエト会議が開催され、ロシアが労働者・兵士・農民のソビエトの共和国であると宣言され、連邦制をとるとした宣言が採択された()。 ボリシェヴィキは1919年に「共産党」と改称した。 とはによって講和したものの、によるの干渉戦争や、白軍とのロシア内戦に対処することになった。 一方でやのなどのソビエト政権が各地で次々に成立した。 この各政権は独立国であったが、ロシア・ソビエト政府の一部であると自らを定義することもあった。 経済政策では、内戦中にを導入したが、これは農業と工業の崩壊を招き、数百万人の餓死者を出した。 1921年より(新経済政策)が導入され、経済はようやく持ち直した。 ソビエト連邦の成立 [ ] 1936年のロシアの領土変更後におけるソビエト連邦の一部としてのロシアSFSR ロシア内戦が収束に向かうと、各地のソビエト政権の間では統合への動きが強まった。 ロシア共産党の手によって各地の革命政権との統合が進行し、1920年にはロシア連邦共和国との間で、緊密な軍事的・政治的な同盟条約が締結され、ウクライナ、白ロシア、グルジア、アルメニアとも同様の条約が結ばれた。 これらの国々は憲法を持つ主権国家ではあったが、最高機関は全ロシアソビエト大会と全ロシア中央執行委員会であり、ロシア連邦共和国の主導権は明確であった。 1922年5月にはレーニンが脳出血で倒れ、命は取り留めたものの影響力は急速に低下した。 4月にはスターリンがロシア共産党の書記長に就任、党組織を掌握し始めた。 8月にはソビエト政権の統合のための委員会が設置され、スターリンが主導者の一人となった。 スターリンは9月に各政権がとして、ロシア・ソビエト社会主義共和国連邦に加入するという統合形式を発表した。 この意見はの反対を除いて採択されたものの、各共和国にとっては不満の残るものであり、レーニンの指導によって10月の中央委員会では、各共和国が対等な共和国として連邦に加入するという形式が定められた。 しかしこの修正ではザカフカースの3共和国が一旦連邦となってから加入することが定められたため、グルジアでの猛反発を招いた()。 反対派は次第に追い詰められ、これによってザカフカース社会主義連邦ソビエト共和国が成立している。 12月には ()が開催され、12月30日にロシア社会主義連邦ソビエト共和国、ウクライナ社会主義ソビエト共和国、白ロシア社会主義ソビエト共和国、ザカフカース社会主義連邦ソビエト共和国の4国が平等な立場で加盟するとした ソビエト社会主義共和国連邦の樹立を宣言する (、)が調印された。 この連邦には各国が自由な意志で参加・脱退できると定められており、新たな最高機関の設立も決定された。 1924年1月31日には最初のが成立している。 1924年にレーニンが死亡したが、生前にはスターリンとトロツキーの対立を憂い、スターリンを警戒するようになっていた。 スターリンはまずトロツキーを孤立させ、次いでレーニンの側近だったやレフ・カーメネフ、らを攻撃した。 1927年にはトロツキー、ジノヴィエフ、カーメネフを党から除名したことで、明らかな優越者としての地位を確保した。 外交面では連合国の直接干渉自体は無くなったものの、ソビエト政権が旧ロシア帝国の債務支払を拒否したため、関係改善は進まなかった。 一方で国際的に孤立していた下のドイツはソ連と接近し、賠償の相互放棄を定めたの締結となった。 ドイツ軍はソビエト領内で軍事開発を秘密裏に行い、ソ連はそれによって情報を取得するという関係も築かれた。 この後、中東諸国やとの国交が成立したものの、1925年にはの成立によってドイツが西欧諸国側になったと受け止められた。 これに対してソ連は東欧諸国やフランスと不可侵条約を締結することで対抗しようとした。 一方では各国の共産主義運動を支援するを目指していたが、を唱えるスターリンの勝利によって、その運動はソ連を守るためのものとなった。 五カ年計画と農業集団化 [ ] ネップで農業生産は拡大したが、商品価値の高い生産に集中するようになり、穀物の供給が滞るようになった。 スターリンはネップを終わらせ、計画経済への転換によるソ連の工業化をはかった。 1928年からが始まり、鉄鋼生産の増強、農業の集団化、電化や機械化に重点を置いた工業化が達成された。 1928年と1937年を比較すると、石炭は3倍強、粗鋼は4倍強の生産高に達しており 、工業全体では第一次で2倍、で2. 2倍に達したと言われる。 同時期に欧米諸国がによって多数の失業者を出し、経済を縮小させたのと比較して、ソ連の経済成長率は世界最高を記録した。 しかし一方でコルホーズに代表される強引な農業集団化は農民層の強烈な抵抗に遭い、最終的にはソ連の農民層は大部分が工業労働者となったり集団農場に組織されたものの、弾圧や飢餓で多くの犠牲者がでた。 特に1932年から1933年の大飢饉の影響は悲惨であり、ウクライナで400万人から800万人()、ソ連全体で600万人から700万人とも言われる餓死者を出したとされる。 ソビエト政府はこれに狩りなどの強圧政策で臨んだ。 また、計画などの大規模インフラの建設には、集団化に抵抗した農民や弾圧された共産党員たちの、いわゆる囚人労働者が動員されていた。 レーニンから「党の寵児」と呼ばれ、穏健な計画を唱えたはこの時期に失脚している。 戦間期の外交 [ ] 外交面では、コミンテルンは当初を唱え、社会民主主義勢力への批判を強めていたが、やについてはむしろ容認していた。 しかし、成立後、1933年11月にアメリカと国交を樹立。 1934年9月にはに加盟し、となった。 おりしもドイツではナチ党政権が成立し()、1935年にはした。 ソ連はこれに対抗するために、フランスと手を結ぶ東方ロカルノ政策で対抗しようとし、1935年にが締結された。 コミンテルン第7回大会においてもの方針が確認され、戦術がとられるようになった。 赤軍は1934年には60万人から94万人、1935年には130万人に拡大され、1937年にの設置が行われるなど急速な拡大が続けられた。 しかしながら、アメリカ・イギリス・フランスなど資本主義陣営の中には、ナチスなどのファシズムより共産主義に対する懸念は依然として強く、むしろファシズムを共産主義に対する防波堤として利用しようとする向きもあった。 特にそのソ連敵視が如実に表れたのが、のでありファシズムのイタリアによるエチオピア侵攻という事態に対して、ソ連はイタリアに対する非難を行うもイギリス・フランスはイタリアとの戦争を懸念して何ら制裁を課すことはしなかった。 英仏の態度に失望したスターリンは、更ににおける両国のナチスに対する譲歩がソ連への侵攻を容認しているのではないかという疑惑を深めていく。 大粛清 [ ] 詳細は「」を参照 急進する集団化と工業化については、党内のやらといった勢力が穏健化を求めるようになった。 その最中に起こった1934年のキーロフ暗殺事件以降、スターリンにより党内の粛清が激化し、ブハーリン、、レーニンの後継人民会議議長であった、ジノヴィエフ、カーメネフらといった有力党員、らといった軍人が次々と処刑された。 その他多くの党員や軍人、国民がもしくはなどによりされた。 この粛清はスターリンの配下である粛清の実行者ですらその対象となり、、らもその犠牲となっている。 流罪の受け入れ先として大規模な(のなど)が整備された。 大粛清による犠牲者数には諸説があるが、当時行われた正式な報告によると、1930年代に「」で死刑判決を受けたものは約72万人とされる。 この粛清によりスターリンの体制はより強固なものとなった。 1938年以降、スターリンが1953年に死ぬまで党大会は一回、中央委員会は数回しか開かれず、重要決定はすべてスターリンによって行われた。 第二次世界大戦 [ ] 1938年の後、ソ連は「明日ではもう遅すぎるかも知れない」と、英仏に対してファシスト勢力への具体的な集団的行動による対応を求めた。 しかしによるドイツへの宥和政策は、英仏がドイツの矛先をソ連に向けようとしているというソ連側の疑念を強めさせた。 ソ連は軍事の拡大を急ぎ、世界最初のの整備を行うなどしていたが、大粛清で赤軍の幹部を失ったことでそのスピードは明らかに低下していた。 このため当時のソ連首脳はこの時期のソ連は経済建設期にあり、深刻な戦争には耐えられないと考えており、大戦争の先延ばしを基本政策としていた。 1939年、外相がに交代した。 ポーランド危機が切迫する中、英仏と同時進行してドイツとも提携交渉を行い、8月23日には独ソ不可侵条約を締結した。 9月のの際にはを一方的に破棄するとともに侵攻し、ポーランドの東半分を占領した。 ソ連側はに沿った範囲であり、ウクライナ人・ベラルーシ人が多数居住する地方であると主張している。 詳細は「」および「」を参照 に圧力をかけ、赤軍の通過と親ソ政権の樹立を要求し、その回答を待たずに3国に。 同時にソ連はにを割譲するように圧力をかけ、1940年6月にはソ連軍がベッサラビアと北に進駐し、割譲させた。 さらに隣国のをにより侵略して地方を併合した。 しかしフィンランドの抵抗で思わぬ損害を招き、国際連盟からも追放された。 ドイツとの関係は一定の協調関係となっていたが、細部ではきしみが生まれていた。 ソ連側はドイツ側を刺激しないよう対応し、ドイツ側の侵攻を警戒する情報は放擲された。 1941年6月にドイツはバルバロッサ作戦を発動し、独ソ戦が勃発した。 これをまったく予期していなかったスターリンは極めて動転した。 ドイツ軍の猛攻で開戦後まもなく首都モスクワに数十kmに迫られ、や等により軍民併せて数百万人の死傷者を出した。 スターリンは戦争を「」と位置づけて国民の愛国心に訴え、ドイツの占領地で民衆を中心としたを組織し敵の補給線を撹乱した。 また、味方が撤退する際にはと呼ばれる住民を強制疎開させた上で家屋、畑などを破壊して焼却する作戦を行い、ドイツ軍の手には何も渡らないようにさせた。 側であり西部戦線でドイツ軍と戦うアメリカやイギリスによる膨大な軍事支援()、また極東における日本による参戦が無かった事もあり、対ドイツ戦に専念できたソ連軍は気候や補給難に苦しむドイツ軍を押し返していった。 1942年のスターリングラードの戦いに勝利すると、これを契機にしてソ連は次第に戦局を有利にすすめるようになる。 やがて、ドイツ軍の後退と共にソ連軍は東欧各国を解放した。 東欧各国の民衆は、ドイツ軍の占領に対して抵抗の最前線に立った共産主義者たちを支持した。 東欧各国の共産党は、赤軍の圧力と民衆の支持を背景に、ソ連型社会主義をモデルにした社会主義政権を各地で樹立した。 1945年5月、ソ連軍はドイツの首都であるを陥落させ、ドイツ軍を降伏に追い込んだ。 1945年8月8日に、日ソ中立条約を一方的に破棄してした。 これは連合国首脳によるにおける密約()に基づくものであったが、完全な裏切り、不意打ちであった。 ソ連軍は日本のや、朝鮮半島北部、そして日本の同盟国のに対し侵攻した。 この際のソ連軍の行動は、中立条約の破棄や日本の民間人に対する暴虐、そして戦後の捕虜のなど、戦後の日ソ関係に大きなしこりを生む原因となった。 第二次世界大戦の期間中に2700万以上のソ連人が死亡するなど大きな犠牲を出した。 一方でその勝利に大きく貢献したことで国家の威信を高め、世界における超大国の地位を確立した。 大戦期間中にはヤルタ会談などの戦後秩序構築に当たっての会議にも深く関与している。 創設にも大きく関与し、のとなっている。 さらに占領地域であった東欧諸国への影響を強め、衛星国化していった。 その一方、ドイツ、ポーランド、チェコスロバキアからそれぞれ領土を獲得し、西方へ大きく領土を拡大した。 また、開戦前に併合した、、のバルト三国への支配、ルーマニアから獲得したベッサラビア(現在の)の領有を承認させ、これらの新領土から多くの住民を追放あるいはシベリアなどに強制移住させ、代わりにを移住させた。 では日本の領土であった南樺太および千島列島を占領し、領有を宣言した。 さらに、1945年8月14日に連合国の一国にあたる中華民国との間にを締結し、日本が旧に持っていた各種権益のうち、の・の両港のや旧(の一部)の管理権の継承を中華民国に認めさせた(建国後に返還)。 冷戦の開始とフルシチョフ時代 [ ] 1959年の以後および1961年の以前における、ソ連およびソ連をモデルとした政府下のその他国々 戦後ソ連はドイツの支配からソ連の支配圏とした東ヨーロッパ諸国の反対派を粛清し、的な政権を導入しこれらをソ連の衛星国とした。 ワルシャワ条約機構などにおける東側諸国のリーダーとして、アメリカ合衆国をリーダーとする(西側諸国)陣営に対抗した。 スターリン政権下ではなどの行動やなどの世界各地でのという形で冷戦と呼ばれる対立関係が形成された。 1953年、スターリンが死去し、ゲオルギー・マレンコフとニキータ・フルシチョフによる共同指導体制が始まった。 スターリン下で恐怖政治の主導者となったは処刑され、スターリン路線の行過ぎた独裁政策を大幅に緩められた。 1955年にはマレンコフが失脚し、フルシチョフによる指導体制が確立した。 1956年にはを行い、大粛清への告発と、スターリン体制からの決別が表明された。 これは東欧諸国にも強い衝撃を与え、各国では政治改革の動きや反体制運動(など)が発生したが、には武力介入してこれを鎮圧した。 また、反対派を殺害・処刑・投獄し、各国政権に圧力をかけ収拾させた。 一方で、スターリン批判は中華人民共和国の反発を招き、中ソ対立が進行することになった。 また、朝鮮民主主義人民共和国ではソ連型の社会主義体制を目指すが排除のクーデターを画策するが、失敗し、勢力が一掃された。 フルシチョフ時代にも軍拡は推し進められており、とミサイル兵器の配備が進んでいた。 1962年のキューバ危機は核戦争の危機を世界に知らしめることになり、その後はアメリカとの関係は改善が進んだ( ())。 しかしやアフリカ・南アメリカでの、代理戦争と呼ばれる紛争は継続していた。 フルシチョフは食料生産に力を注ぎ一時的には大きな成功を収めるものの、あまりにも急な農業生産の拡大により農地の非栄養化、が進み、結果、ソ連は食料を国外から輸入しなければならない事態に追い込まれた。 停滞の時代 [ ] 詳細は「 ()」を参照 1964年に、フルシチョフは農業政策の失敗と西側諸国に対しての寛容的な政策をとったことを理由に失脚させられた。 代わってレオニード・ブレジネフが指導者となった。 しかし中華人民共和国とは、中ソ対立が激化したことによって、両国の関係はほぼ断絶状態に近くなり、1970年代には米中国交正常化による中華人民共和国の西側への接近を許すことになった。 ソ連は東欧諸国を勢力圏下に置き続けるため、1968年には「」の名の下にの民主的改革()に対して介入し、ソ連は強い国際社会の批判を浴びるようになった。 この状況でソ連は西側諸国との協調を図るようになり()、などが行われた。 プラハの春を武力で弾圧した事実は、同じ共産主義陣営の中にも動揺を生んだ。 中華人民共和国は、ソ連を「」と批判しのやのも同様にソ連を批判した。 また、西側諸国の共産党においてもやがソ連型社会主義と決別するを採択するなど、国際共産主義運動は分裂状態に陥った。 1963年2月、仏ソ通商条約。 1965年、仏ソ原子力平和利用協定。 そしてにて率いるを支援した(旧)。 1970年1月と、2月と貿易協定。 1971年3月、仏ソ協定。 10月、仏ソ共同宣言・仏ソ新経済協力協定。 1972年、ソ連は凶作のためを頼った。 1974年5月、英ソ経済協力協定。 12月、仏ソ首脳会談で経済協力5ヵ年協定。 1975年1月、米ソ通商協定破棄を通告。 10月、米ソ穀物協定。 1976年3月、日米ソ3カ国が天然ガス探査協定。 11月、米ソ漁業協定。 1977年3月、を実施。 1979年12月、ソ連はのがアメリカと関係を結ぼうとしていると見て、アフガニスタンへの侵攻を行った。 これは、、等といった一部のおよび西側諸国、中華人民共和国による猛反発を受け、翌年に行われたの大量を招き、デタントの流れは終焉した。 アフガニスタンでの戦闘は泥沼化して1989年まで続き、国際社会からの孤立を招いただけでなく、多大な人命と戦費の損失を招いた。 さらにソ連を「」と名指しで批判する大統領政権下のアメリカとの軍拡競争がさらに激化するようになった。 1983年9月にはが発生したことで西側諸国との緊張はさらに増した。 ブレジネフ政権は、18年にわたった長期政権だった。 停滞しつつも安定し、はじめて飢餓も騒擾事件も粛清もなくなった。 その代わり、改革はまるで行われずによる党官僚の特権階級化()、ブレジネフ一族のなど体制の腐敗が進んだ。 そのツケは国民生活に回り、食料や燃料、生活必需品のや販売が滞るようになった。 を始めた中華人民共和国を除き、東側諸国全体の経済も1970年代後半から停滞していく。 1980年代に入り西側諸国の豊かな生活の情報がソ連国内で入手できるようになると、国民は体制への不満と自由な西側への憧れを強めていくことになる。 小麦の生産量は世界一だった農業も慢性的な不振となり、小麦をアメリカから輸入することが恒常的になった。 しかしデタントの終焉後は穀物輸入も逼迫し、さらに経済の悪化を招いた。 技術競争でもアメリカや日本に大きな遅れをとるようになり、ソ連崩壊の直前はも日本に抜かれて3位となる。 ペレストロイカ [ ] 米大統領と1対1で会談を行うミハイル・ゴルバチョフ・ソ連書記長 1982年に死去したブレジネフの後継者となったユーリ・アンドロポフ、アンドロポフの死後に後継者となったコンスタンティン・チェルネンコと老齢の指導者が相次いで政権の座に就いた。 しかし共に就任後間もなく闘病生活に入りそのまま病死したため、経済問題を中心とした内政のみならず、外交やアフガニスタン問題についてさえも具体的な政策をほとんど実行に移せず、ブレジネフ体制以来のを内外に印象付けることになった。 その後、この両名の時代においてますます深刻化した経済的危機を打開すべく、1985年3月に誕生したミハイル・ゴルバチョフ政権は社会主義体制の改革・刷新を掲げ、ペレストロイカ(改革)を推し進めた。 これにより長きにわたった一党独裁体制下で腐敗したの改革が進められた。 1988年にはそれまでのソ連に代わり創設が決定され、翌年3月26日にはソ連初の民主的選挙である第1回人民代議員大会選挙が実施された。 ゴルバチョフは人民代議員を国民の直接選挙で選ばせることによって、改革の支障となっていたを一掃しようと試みた。 また1986年4月のによってソ連の深刻な官僚主義体質が露呈すると、ゴルバチョフはグラスノスチを本格化させ、情報統制の緩和を進めた。 これを受けて、ソ連国民の間では歴史の見直しや、活発な政治討論などが行われるようになった。 グラスノスチの進展に伴い国民の間では民主化要求が拡大、それを受けてを定めたソ連憲法第6条は削除され、1990年にはによるの放棄、そしてとの導入が決定された。 同年3月15日、人民代議員によるによって、ゴルバチョフが初代ソ連大統領に選出された。 また同時期に当局のを廃止したが制定された。 しかしこれらの一連の政治経済改革は一定の成果を上げた反面、改革の範囲やスピードを巡ってソ連共産党内の内部抗争を激化させた。 特に保守派は、改革の進展により自らの既得権益が失われることに強く反発した。 そして、共産党はエリツィンら急進改革派とゴルバチョフら穏健改革派、そして保守派のグループに分裂した。 党内の分裂もあって国内の経済改革は遅々としたものとなり、経済危機を一層深刻化させた。 こうした状況の中では保守派が幅を利かせる共産党に見切りをつけ、1990年7月のソ連共産党第28回大会を機に離党し、、、、らと共に非共産党系の政治組織であるを結成、共産党に対抗した。 一方、穏健改革派のゴルバチョフは保守派と急進改革派の板挟みになり、抜本的な改革を推進できなかった。 また従来の中央集権型の指令経済を破棄し、市場メカニズムを導入することが図られたが保守派の抵抗などで経済改革は遅れ、国内ではと物不足が深刻化した。 市民の間では、事態を打開できないゴルバチョフらソ連共産党に対する批判が高まった。 こうした国民の不満を吸収したのがエリツィンら急進改革派である。 1991年6月12日にはが実施されてエリツィン・ ()議長が当選し、7月10日に就任した。 またロシア共和国大統領選挙と同日にモスクワ市長選挙、市長選挙がそれぞれ実施され、ポポフがモスクワ市長に、サプチャークがレニングラード市長に当選した。 こうした急進改革派の躍進は保守派を焦らせ、後のへと駆り立てる要因の1つとなった。 民族問題の再燃と連邦制の動揺 [ ] ペレストロイカは東西の緊張緩和や東欧民主化、そしてソ連国内の政治改革において大きな成果を上げたものの、改革が進むにつれて共産党権力の弱体化と、連邦政府の各共和国に対する統制力の低下という事態を招いた。 こうした中で、国内では封印されていた民族問題の先鋭化と各共和国の拡大を要求する動きが生まれた。 1986年12月にはペレストロイカ開始後初めての民族暴動であるがで発生した。 1988年からはの帰属を巡ってとアゼルバイジャンとの間に大規模な紛争が発生、グルジアやでも民族間の衝突が起きた。 また1990年3月11日には反ソ連の急先鋒と見られていたのが連邦からの独立を宣言、ゴルバチョフ政権は経済制裁を実施し宣言を撤回させたものの同年3月30日にはが、5月4日にはが独立を宣言した。 1990年5月29日にはロシア連邦共和国最高会議議長に急進改革派のエリツィンが当選、同年6月12日にはロシア連邦共和国が、7月16日にはが共和国の主権は連邦の主権に優越するという主権宣言を行い各共和国もこれに続いた。 こうした民族運動の高揚と連邦からの自立を求める各共和国の動きはゴルバチョフ自身が推進したペレストロイカとグラスノスチによって引き起こされたと言える半面、連邦最高会議で保守派との抗争に敗れた急進改革派が各共和国の最高会議に移り、そこでそれらの運動を指揮しているという側面もあった。 従来の中央集権型の連邦制が動揺する中でゴルバチョフは連邦が有していた権限を各共和国へ大幅に移譲し、の連合として連邦を再編するという新構想を明らかにした。 その上でまず枠組みとなる新連邦条約を締結するため各共和国との調整を進めた。 1991年3月17日には新連邦条約締結の布石として連邦制維持の賛否を問うが各共和国で行われ、投票者の76. この国民投票の結果を受け4月23日、ゴルバチョフ・ソ連大統領と国民投票に参加した9つの共和国の元首が集まり、その後各共和国との間に新連邦条約を締結し、を構成する各共和国への大幅な権限委譲と連邦の再編を行うことで合意した。 その際、国名をそれまでの「ソビエト社会主義共和国連邦」から社会主義の文字を廃止し、「ソビエト主権共和国連邦」に変更することも決定された。 冷戦終結 [ ] 終結後の国境の変化 1987年12月にはアメリカとの間でが締結され、翌1988年5月からはがアフガニスタンから撤退を開始した。 同時に東欧に駐留していたソ連軍の一部も、本国への引き上げを行った。 ゴルバチョフは1988年3月のの中での否定、諸国へのソ連の不干渉を表明していたがこれを受け1989年から1990年にかけてや、やチェコスロバキアなどの衛星国が相次いで民主化を達成した。 そのほとんどは事実上の無血革命であったが、ルーマニアでは一時的に体制派と改革派の間で戦闘状態となり、長年独裁体制を強いてきた大統領が改革派による即席裁判で死刑となりその結果民主化が達成された。 なお、ソビエト連邦はかつてのハンガリー動乱やプラハの春の時と違い、これらの衛星国における改革に対して不介入を表明し、これらの政府による国民に対する武力行使に対しては明確に嫌悪感を示した。 このような流れの中で、ソビエト連邦を含む東側諸国の相次ぐ民主化により東西の冷戦構造は事実上崩壊し、これらの動きを受けて1989年12月2日から12月3日にかけてのでゴルバチョフとのが会談し、正式に冷戦の終結を宣言した()。 崩壊 [ ] 詳細は「」を参照 国内では1991年8月20日の新連邦条約締結に向けて準備が進められていた。 しかし、新連邦条約締結が各共和国の独立と自らの権力基盤の喪失に結びつくことを危惧した副大統領、KGB議長、国防相ら8人のソ連共産党メンバーらによって条約締結を目前に控えた8月19日にクーデターが発生、ゴルバチョフを軟禁し条約締結阻止を試みたものの、ボリス・エリツィンら改革派がこれに抵抗し、さらに軍や国民の多く、さらにアメリカやフランス、日本やイギリスなどの主要国もクーデターを支持しなかったことから完全に失敗に終わった。 クーデターの失敗によって新連邦条約締結は挫折、クーデターを起こしたソ連共産党中央委員会メンバーらは逮捕された。 クーデターを起こしたメンバーはいずれも共産党の主要幹部でゴルバチョフの直属の部下だったこともあり、共産党とゴルバチョフの権威は失墜した。 8月24日、ゴルバチョフは共産党書記長を辞任し、同時に共産党中央委員会の解散を勧告、8月28日、ソ連最高会議はソ連共産党の活動を全面的に禁止する決議を採択し、同党は事実上の解体に追い込まれた。 連邦政府の中核を担い、そして連邦を一つにまとめ上げてきたソ連共産党が解体されたことにより、各共和国を統制することが出来る政府組織は存在しなくなり、各共和国の元首が独自に権力を持つようになった。 そして、これ以後実権は各共和国の元首から構成されるに移っていくことになる。 9月6日、国家評議会はバルト三国の独立をした。 新連邦条約締結に失敗したゴルバチョフ・ソ連大統領はこの間も連邦制維持に奔走し、11月14日、ロシア共和国とベラルーシ共和国、そしての5つの共和国の元首との間で主権国家連邦を創設することで合意、また連邦への加盟を拒んでいる残りの共和国への説得を続けた。 しかし12月1日にはウクライナ共和国で独立の是非を問う国民投票が実施され投票者の90. 同年12月8日のにおいて、ロシア、、白ロシア()が連邦を離脱して、新たに(CIS)を創設し、残る諸国もそれに倣ってCISに加入した。 12月17日、ゴルバチョフ大統領は1991年中に連邦政府が活動を停止することを宣言。 12月21日、グルジアと既に独立したバルト3国を除く11のソ連構成共和国元首がCIS発足やソ連解体を決議したを採択、これを受けて12月25日にゴルバチョフはソ連大統領を辞任し、翌日には最高会議も連邦の解体を宣言、ソビエト連邦は崩壊した。 ソビエト社会主義共和国連邦は当時において世界一の広さを誇った国であった。 そのために隣接している国は東ヨーロッパ、北ヨーロッパ、中央アジア、東アジア、アメリカ大陸など幅が広い。 陸続きで隣接する国は西は、フィンランド、ポーランド、チェコスロバキア、ハンガリー、ルーマニア、南は、イラン、アフガニスタン、、中華民国(1949年以降は中華人民共和国)、北朝鮮(1948年以降)、海を挟んで南は(1945年以前は樺太および当時日本領だった朝鮮半島で国境を接していた)、東はアメリカ合衆国である。 全域で寒波の影響が非常に強力なため、冬季はに面したところや内陸部を中心に、極寒である。 そのためなかなか開発が進まず、囚人を酷使した強制労働で多くの命が失われた。 長いのうちにはいくつかのを抱えており、1960年代には軍事紛争(中華人民共和国との間における)になったケースもある。 海を隔てた隣国の1つである日本とはを持っており、この問題はになった現在も続いており解決されていない。 またフィンランドにもカレリア地域の問題が残されている。 ソ連はヨーロッパとアジアを跨ぐ国であったことからやと呼ばれることが多い。 サッカーでカザフスタンは欧州の連盟に参加していることからヨーロッパとする見方があるが、トルコ、キプロス、イスラエルなどの西アジアも加盟しており、全くこれは論拠にならない。 ソ連時代にいわゆるも存在しなかった。 すなわちロシア語はソ連の公用語ではなかった。 レーニンがオーストロ・マルキシズムやカウツキーの影響のもと、1914年の論文『強制的な国家語は必要か?』において国家語の制定を批判し、スターリンも民族問題の専門家として民族語奨励政策を採用している。 構成国 [ ]• (現ヴォルゴグラード)• (現エカテリンブルク)• (現ビシュケク)• (現サマーラ)• モスクワ• (現サンクトペテルブルク)• (現ニジニ・ノヴゴロド)• 汚染地域 [ ] ソビエト連邦は超大国であったが軍事や核兵器以外の産業は遅れており、エネルギーの効率や環境対策も遅れていた。 そのため汚染地域が多く、、、スムガイト(現在はアゼルバイジャン)、(同ウクライナ)はきわめて汚染が酷かった。 特にでは広島型原爆の約500発分のがまき散らされ、多くの被災者が出た。 場のあった(現在は・)では120万人が死の灰を受け30万人が後遺症の深刻な被害を受けている。 政治 [ ] 一党独裁制 [ ] 1982年、議事堂の 間接代表制を拒否し、労働者の組織「ソビエト」(協議会、評議会)が各職場の最下位単位から最高議決単位()まで組織されることで国家が構成されていた。 ただし、ソビエト制度が有効に機能した期間はほとんどないに等しく、ソビエトの最小単位から最高単位まで全てに浸透した私的組織(非・国家組織)であるソビエト連邦共産党が全てのソビエトを支配しており、一党独裁制の国家となっていた(但し、ロシア革命直後のレーニン時代初期とゴルバチョフ時代に複数政党制であった)。 党による国家の各単位把握およびその二重権力体制はしばしば「党-国家体制」と呼ばれている。 このを張り巡らせると計画経済を基礎とするいわゆると呼ばれる体制は、アパラチキ(「器官」の意)による抑圧的な体制であり、言論などの表現や集会、結社の自由は事実上存在しなかった。 指導者選出のためのノーメンクラトゥーラ制度は縁故主義の温床となり、新たな階級を生み出した。 一般の労働者・農民にとっては支配者がのから共産党に代わっただけで、政治的には何の解放もされておらず、むしろロマノフ朝時代より抑圧的で非民主的な一党独裁体制であった。 そのため実質的最高指導者であるは「赤色皇帝」とも呼ばれる。 スターリン時代からゴルバチョフが大統領制を導入するまで、名目上のはであったが、実権はが握っていた(ブレジネフ以降は共産党書記長が最高会議幹部会議長を兼務するようになったが、最高会議幹部会議長の権限は儀礼的・名誉的なもので、彼らの権力の源泉は支配政党である共産党の書記長職であった)。 司法裁判 [ ] 建国者のレーニンは秘密警察のを設立し、即座に容疑者の逮捕、投獄、処刑などを行う権限を与えられ、これが粛清の引き金となった。 チェーカーは建前上、党に所属するものとされていたが、実質レーニン個人の直属であったといっても過言ではない。 チェーカーの無差別な処刑は、反体制派はともかく無関係の者までも日常的に処刑しており、時には罪状をでっち上げて処刑していた。 レーニンは「ニコライの手は血に塗れているのだから裁判は必要ない」という理由で一家共々処刑を行うなど法に対する姿勢が杜撰であったために、歴史家は「ボリシェビキが法を守る振りさえしなくなった」契機だと批判した。 スターリン時代にはが奨励されるなど、・国家としての色合いが強くなった。 など形式的な裁判により多くの人々が有罪の判決を言い渡され、処刑されるか各地のへ送られることになった。 スターリンは、トロツキーやキーロフなどの政敵たちや党内反対派を殺すためにチェーカーを改名した(ゲーペーウー)を用いた。 スターリン批判後には、このような抑圧的なシステムは幾分か緩和されることになったが、秘密警察のGPUが改編されたとして存続し国民生活を強く監視する体制は残った。 歴代指導者 [ ] 赤は社会主義国、薄い赤はその影響下にある国 外交関係では、社会主義国(東側)陣営の盟主としてアメリカを筆頭とする資本主義国()と対決(冷戦)していた。 成立当初はフランスやイギリス、アメリカなど大国の承認を得られず孤立したが、その後各国と国交を結び、さらに1930年代後半から1940年代にかけては日本やドイツと協定を結ぶ。 独ソ戦で侵攻してきたドイツを撃退・打倒した第二次世界大戦後に、東ドイツやチェコスロバキア、などの諸国を衛星国化させた。 さらにが主導する諸国と呼ばれる中華人民共和国・・・・・・などのと友好協力条約を結び、関係を持つ。 コメコンでは、、フィンランドといった非社会主義協力国もあった。 (、、北朝鮮など)、(、など)、(、、など)などでも「民族解放」、「反」、「植民地独立」を唱える共産主義政権(が行われた政権もある)の成立に協力し、アメリカや、イギリスやフランスなどの西ヨーロッパ諸国、日本などの資本主義国と対峙した。 対社会主義陣営 [ ] 中華人民共和国との関係 [ ] ソビエト連邦の軍事支援により、率いるとのに勝利したによって1949年に建国された中華人民共和国とは当初により同盟関係にあったが、1960年代の後半には領土問題による軍事衝突(ダマンスキー島事件などの中ソ国境紛争)や指導層の思想的な相違の問題から中ソ対立が表面化した。 両国間のこのような対立関係は、その後中華人民共和国における内乱である「」が終結する1970年代後半まで続くことになる。 そのような対立関係を見たアメリカは、ソ連を牽制する意図で1970年代に入り急速に中華人民共和国に接近し、1979年には樹立(中華民国とは国交断絶)に至ることになる。 一方、中華人民共和国もアメリカの接近に応える形で、東側陣営にも関わらず当時のモスクワオリンピックのボイコットとの参加という、西側と歩調を合わせる行動をとった。 また、や、などのように米中ソ三つ巴となる代理戦争も発生した。 その後は、独裁体制を敷きソ連と対立していた毛沢東の死去と文化大革命の終焉、ゴルバチョフの訪中といった要因により、ソ連と中華人民共和国の関係も再び改善に向かった。 キューバとの関係 [ ] 1959年1月に、アメリカの支援を受けていた独裁者のを政権の座から引きずり下ろしたは、当初米ソ両国との間で比較的中立な立場をとっていたものの、アメリカの政権は革命後に産業の国営化を進めたカストロを「社会主義者的」と警戒し距離を置いた。 同時にソ連が「アメリカの裏庭」にあるキューバの指導者となったカストロに援助を申し出たことから両国は急接近し、南北アメリカ大陸における唯一のソ連の友好国となる。 その後政権下でアメリカはキューバ侵攻を画策し、1961年に「」を起こしたことから、カストロはアメリカのキューバ侵攻に備えてソ連に武器の供与を要求しはじめた。 しかしソ連は表立った武器の供与はアメリカを刺激し過ぎると考え、ソ連武器のキューバ軍への提供の代わりに軍事顧問団を置く他、ソ連の核ミサイルをキューバ国内に配備する『アナディル作戦』を可決し、1962年にソ連製核ミサイルをキューバに配備した。 しかしこのことを察知したアメリカは、艦艇によりキューバ海域を海上封鎖し、キューバに近づくソ連船舶に対するを行うなど、キューバを舞台にしたアメリカとの軍事的緊張を引き起こした()。 その後もソ連はその崩壊まで、キューバに対する軍事的支援のみならず経済的支援も活発に行い、キューバの主要産業であるを破格の価格で買い取るバーターとして、キューバがその供給を完全に輸入に頼っているを与えるなど様々な支援を行い続けた。 対資本主義陣営 [ ] 日本との関係 [ ] 帝政ロシア時代、行っていたにより日本やイギリスと衝突し、イギリスとを結んでいた日本との間にが起きて敗北した。 第一次世界大戦時、ボリシェヴィキ政権成立後、他の連合国()を無視して対独単独講和を行ったため、ドイツ兵の通過を許可するのではないかとして、日本および中華民国から警戒されることとなった()。 ドイツへ資源供与するのではないかとして、イギリスおよびフランスからも警戒され、両国によってシベリア出兵を打診され出兵した日米と直接衝突することとなった。 その後、連合国の擁護するを打ち負かしたものの、その時に日本へと亡命した白系ロシア人らによって反ソ宣伝を広められてしまった()。 なお日本のは1922年の政変を受け、「露西亜政変及ビ西比利亜事変ノ為ヲ被リタル者等ノ救恤ニ関スル法律」を成立させ、ロシアとシベリアからの引揚者にや現金を支給する措置をとった。 ソビエト連邦成立後、コミンテルン支部の中国共産党によってを起こしたが、その後に運動を停止する方向で動いていた。 しかし、勝利後、中国共産党によって朝鮮共産党に対し満州にある日本領事館などへの襲撃を行わせた()ほか、中国共産党によって満州のソビエト化を計画していたが、関東州の日本警察によって計画を暴かれてしまう。 その後、日本によって満州事変を起こされ、満州国が建国されてしまい、満州国との国境などで度々日本と軍事的衝突を起こしていた()。 また、中国共産党が朝鮮地方の普天堡を襲撃したり()と、日本に対し赤色テロ活動を続けていた。 第二次世界大戦中の1941年4月に日ソ中立条約が締結され、枢軸国と連合国という対立する陣営に所属しながらも国交を保ち続けていたものの、ヤルタ会議において連合国間で結ばれた密約を元に、1945年8月にこれを一方的に破り日本に宣戦布告し、日本が連合国に降伏したにも拘らず侵略を続け千島列島なども占拠した。 その上多くの日本人を戦後長い間拘留し強制労働に処し、全収容者の一割以上が病気・事故により死亡している(シベリア抑留)。 このような経緯による日本の反ソ感情に加え、第二次世界大戦後に首相がアメリカとの同盟関係を主軸とした外交を採用したことから、日ソ関係はしばらく進展がなかった。 その後、西側諸国以外の国も重視した独自外交を模索するへ政権が交代したことで、日ソ間での国交正常化の機運が生まれ、1956年にを出して国交を回復し、ソ連が反対し続けていたために実現しなかった日本の国連加盟が実現した。 しかし、その後もソ連が北方領土を不法占拠し続けたことや、などの左翼政党や反政府組織に資金援助を行うなど内政干渉を行っていたこと、さらに日本がアメリカの同盟国で連合国軍による占領の終了後もアメリカ軍の駐留が続いたこともあり、関係改善は進展しないまま推移した。 その一方で、与党の所属の一部の議員は、自主的にソ連とのパイプを持ち日ソ関係が完全に断絶することはなかった。 や北洋材の輸入、機械や鉄鋼製品の輸出など両国の経済関係はソ連の崩壊に至るまで続いた。 東三省・満州国との関係 [ ] 亡命した白系ロシア人が満州のハルピンを中心に住んでいた。 崩壊した臨時全ロシア政府 オムスク政府 や白軍と関わりのある者によって、や等のソ連に批判的な白系露字新聞が執筆されており、また、白系ロシア人が中国や日本と共に反革命を計画していたため、ソ連は満州に住む白系ロシア人に手を焼いていた 例えば、中ソ紛争におけるには、白系ロシア人に対する条項が含まれている。 1945年、ソ連は満州国に攻め込み 、満州国を崩壊させ、満州を共産化させて白系ロシア人を満州の表舞台から追い出した。 イギリスとの関係 [ ] 1924年、事件により、イギリスから警戒される。 1927年、によって、秘密文書がイギリスに漏れてしまう。 1941年7月には独ソ戦を受けて軍事同盟の条約を結ぶ。 1960年にはイギリスに暗号文解読のためのアメリカの計画へと参加されてしまった。 この節のが望まれています。 アメリカとの関係 [ ] アメリカ合衆国とは、第二次世界大戦においては連合国軍における同盟国として協力関係にあり、武器の提供を受けるなど親密な関係にあった。 しかし、第二次世界大戦後は共産主義国陣営の盟主として、対する資本主義国の事実上の盟主となっていたアメリカ合衆国と「冷戦」という形で対立することになった。 この様な関係の変化を受けて、1950年代における朝鮮戦争や1960年代におけるベトナム戦争など、代理戦争という間接的な形で軍事的対立をしたが、全面的な核戦争に対する恐怖が双方の抑止力となったこともあり、直接的かつ全面的な軍事的対立はなかった。 しかしベルリン封鎖やキューバ危機などでは全面的な軍事的対立の一歩手前まで行った他、における領空侵犯を行ったアメリカ軍機の撃墜など、限定的な軍事的対立があったのも事実である。 このような対立関係にあったにもかかわらず、冷戦下においても正式な国交が途絶えることはなく、双方の首都に対する民間機の乗り入れが行われていた。 外国渡航制限 [ ] 外国、特に西側諸国への個人的理由での渡航は、亡命とそれに伴う国家機密の流出や流出等を防ぐ事を主な理由に原則的に禁止されており、渡航先の国と国交があるか否かに関わらず当局の許可がない限り渡航は不可能であった。 許可が下りた場合でも様々な制限があり、個人単位の自由な旅行は不可能であった。 これはソ連社会、および東側社会主義体制の閉鎖性の象徴として西側資本主義陣営から批判された。 さらに、外国から帰国した旅行者は必ずといっていい程諜報部から尋問を受けるので本人にはその意思がなくても外国で見たことを洗いざらい喋らねばならず、結果的にスパイをしてしまうというケースが多かった。 他にも、の様な民間航空会社や乗客が実際にスパイとしての役割を兼ねている場合もあった。 但し、コメコン加盟国同士での海外渡航は容易に可能であり、観光や就労、留学など様々な目的にて人的交流は存在した。 西側諸国人との交際やは多くの障害があり、幅広く指定された「国益に直接関係する者」や「国家機密に関わる者」の婚姻は禁じられていた。 それでも結婚は可能であったが(のナターシャ夫人やの母親のエレーナのように)、その時点でソ連社会での出世の道は途絶えた上、今度は配偶者の母国に出国するためのパスポート発給に長い年月を要した。 これは西側資本主義国に限らず、衛星国人との結婚でさえも当局からさまざまな妨害を受けたと言われている。 外国航路を運行する船舶や外国で演奏旅行をする楽団のみならず、海軍艦艇に至るまで、乗務員や楽団員の亡命を阻止し、外国における言論を監視するために必ず共産党のが同行していた。 それでもスポーツ大会や演奏会などでの亡命は個人・集団を問わず絶えなかった。 運良く移住できた場合でも、移住先の国家や社会からは「ソ連のスパイ」という疑念を持たれることが多く、決して安住の地とは言えなかった。 例外として、1950年代までのの出国がある。 ソ連政府はでのイスラエル建国(1948年)を支持し、戦争からの復興途上にある自国からユダヤ人を平和的に減らせるこの移住政策を積極的に推進した。 しかし、間もなくイスラエルがアメリカの強い支援を受け、対抗したアラブ諸国がソ連との関係を深めると、このユダヤ人移住も徐々に減っていった。 1967年ので両国の国交は断絶し、以後、冷戦の終結まで集団出国はほとんど行われなかった。 もう一つ、ソ連政府の意に沿わない人間に対する国外追放があった。 国家の安定や社会主義体制の発展に害となり、かつ国外での知名度が高いために国内での粛清や拘禁が困難な場合には、対象者の市民権やパスポートを奪い、西側諸国に強制追放した。 これによりレフ・トロツキーやはソ連から出国したが、追放者の帰国を認めない点では、外国渡航禁止と同一の発想に立った政策であった。 しかし政府の意に沿わない人間であっても、物理学者のアンドレイ・サハロフのような、軍事機密や技術の流出につながる人物は国外追放されずに、国内で軟禁、または流刑させる形を取った。 軍事 [ ] 詳細は「」を参照 強力な軍事力 [ ] アメリカを筆頭とする西側諸国への対抗上、核兵器や核兵器を搭載可能な超音速爆撃機、ICBMや大陸間弾道ミサイルを搭載可能な、超音速戦闘機やなどを配備し、強力な軍事力を保持していた。 1960年代に入り、核開発競争が過激化する中ソ連は超大型、AN602を製造する。 通称「」と呼ばれるこの爆弾は広島型の約3300倍、第二次世界大戦中に全世界で使われた総爆薬量の約10倍という単一兵器としては人類史上最大の威力を有していた。 この時期にソ連が運用を開始した自動報復システムは、ひとつの些細な判断ミスでも世界規模のを引き起こしかねないことから「滅亡装置()」と呼ばれた。 その危険性を示す実例として、がある。 こうした強力な軍事力の維持は軍事費の増大をもたらして国家予算を圧迫し、その分民生向けのや流通システムなどの整備に遅れをきたし、結果的に国民経済を疲弊させた。 1979年から10年続いたアフガニスタン侵攻は泥沼化し、何の成果も得られずに失敗。 多大な戦費を費やし多数の兵士の人命を失ったのみならず、ソビエト連邦の威信をも低下させソ連崩壊を早めたとされる。 軍事支援 [ ] ワルシャワ条約機構の中心国となり、東ヨーロッパ諸国にを置き、ハンガリー動乱やプラハの春など衛星国での改革運動を武力鎮圧し、ワルシャワ条約機構加盟国のみならず、中華人民共和国や北朝鮮、キューバやなど、世界中の反米的な社会主義、共産主義国に対して小銃から爆撃機にいたるまで各種の武器を輸出した。 現在でもには旧ソ連製の武器が大量に流通している。 それだけでなく、軍事技術をこれらの国に輸出した他、将校などを派遣して軍事訓練を行ないこれらの国における軍事技術の向上に寄与し、その中には、モスクワのや各種軍施設などにおけるスパイやの養成や資金供与、武器の供与なども含まれている。 朝鮮戦争やベトナム戦争などの代理戦争の際には、友好国側を積極的に支援した。 冷戦期間を通じて、アメリカ、ヨーロッパ諸国などの西側諸国や、、、、アフリカ諸国の非社会主義政権国における社会主義政党や反政府勢力、非合法団体やテロ組織を含む、反戦運動団体(その多くが事実上の運動であった)に対する支援を行い、その中には上記と同じく各種軍施設などにおけるスパイやテロリストの養成や資金供与、武器の供与なども含まれていた。 の軌道を示すソ連の切手 では、アメリカとの対抗上、国の威信をかけた開発が行われた(宇宙開発競争)。 人類初の「スプートニク1号」の打ち上げ成功、による人類初のの成功、「」の長期間に渡る運用の成功などの宇宙開発の他、世界初のを建設するなど、ソ連は人類のに偉大な足跡を残している。 現代のロケット工学や宇宙開発の基礎は、ソ連のが築いたものである。 でもミコヤン・グレビッチ設計局()、設計局、設計局などによって独創的な機構が開発されたが、経済効率や品質の向上には無頓着なままで、国内と衛星国以外ではほとんど採用されなかった。 これらの宇宙研究や原子力研究は、関係者以外の立ち入りを許さず、にも記載されないで行われることがあった。 一方で、工業以外の研究では遅れが目立った。 特にスターリン時代では、科学的見地よりイデオロギーが優先されることがしばしばであり、特にの提唱した等により、ソ連の農業は壊滅的な被害を受け、輸入国に転落した。 計画経済による工場の建設や開発は、時として実情を無視したものとなり、利益面や環境面で失敗することも度々であった。 このため、地域によっては土壌や河川に深刻な環境破壊が発生し、多くの人が健康被害を受けることになった。 さらにに代表されるような官僚的な隠蔽体質はこれらの被害を表面上は覆い隠し、被害を拡大させた。 特にの開発計画は20世紀最大の環境破壊と呼ばれる事態を引き起こした。 また、時には土木工事等に「」が使用されることすらあった。 など資源に依存する構造から産業を重視したために「軽薄短小産業」に対応できず、や、技術でも大幅に後れを取り、西側のようにコンピュータの急速な進歩と一般生活に至る本格的普及を実現することは出来ず、ハイテク分野で決定的に立ち後れることとなった。 軍事利用目的でやなどの日本の民間メーカーから製品や技術を導入することもあった()。 経済 [ ] 詳細は「」を参照 経済面では計画経済体制が敷かれ、農民の集団化が図られた()。 医療費等が無料で税が全く無いことでも知られた。 1930年代に世界恐慌で資本主義国が軒並み不況に苦しむ中、ソ連はその影響を受けずに非常に高い経済成長を達成したため、世界各国に大きな影響を与えた。 しかし、その経済成長はやを中心とした強制労働に支えられ、その富は共産党の上層部に集中して配分されていた実態がその後明らかになった。 は「資本主義諸国が1930年代に大恐慌と不況にあえいでいたとき、ソ連の社会主義経済は躍進に躍進を続け、アメリカに次ぐ世界第二の工業国になった。 そしてとをやってのけた」としながらも、1970年代には崩壊し始めたと総括している(しかし、1930年代当時のソ連経済の躍進の裏には、数百万人と言われる規模の強制労働従事者のほぼ無償の労働による貢献があった点を、ガルブレイスは見落としているか故意に無視していることに注意が必要である)。 実際、1960年代以降は計画経済の破綻が決定的なものとなり、消費財の不足などで国民の生活は窮乏した。 流通の整備が遅れたため、農製品の生産が十分にあったとしても、それが消費者の手元に届けられるまでに腐敗してしまうという体たらくであった。 そのために闇市場のようなや汚職が蔓延し、そのような中でがはびこるという結果になった。 そもそも計画経済を他の産業と比べて自然環境に左右され、成果が保障されない面が大きい第一次産業にも導入したのは大きな間違いであったといえる。 がで生態系や、経済の常識をまるで無視した増産計画で大失敗をしたのもこれに起因している。 消費財の流通 [ ] 東西対立の世界構造の中で、に高い技術と莫大な資金を投じることでが遅れ、や、やなどの国民生活に必要な電化製品や、や、や、やなどの一般消費財、やなどの嗜好品の開発と生産、物流の整備は疎かにされ、西側諸国に比べ技術、品質ともに比べ物にならない低レベルの電化製品でさえ、入手するために数年待たなければいけないというような惨憺たる状態であり、これはとのキッチン討論でもアメリカから槍玉にされた。 さらにほとんどの電化製品やの技術は、西側諸国の技術より数十年遅れていたといわれている上、その多くが(を参照)やなどの西側の企業と提携し、旧型製品の技術供与を受けたもの、もしくは西側製品の無断コピーや、第二次世界大戦時にドイツ国内から接収、略奪したの生産工場施設からの技術の流用であった。 また、電化製品や一般消費財、嗜好品や自動車は、市場における競争に勝ち残るために西側諸国では頻繁に行われていた新製品の開発や市場投入、改良や価格改定は殆ど行われず、なにも改良されないまま30年以上に渡り同じ製品が製造されていた。 自動車の個人所有は共産党幹部などの限られた階級の人間に限られ、それ以外の階級のものが手にするためには、電化製品同様数年待たなければいけない状態であった。 まして労働者階級がやなどのや、レオニード・ブレジネフなどが愛用したなどの西側諸国からの輸入車を所有することは事実上不可能であった。 貿易 [ ] 上記のように、や消費財、工作機械や自動車などの技術や品質が西側諸国のそれに対して決定的に劣っていたことから、西側諸国に対しての輸出は、やなどのや、やなどのが主であった。 また、の自体が、国外で通貨としての価値が低かったこともあり、エネルギー資源の貿易がある国を除いては、西側諸国との貿易収支はおおむね赤字であったか非常に少ないものであった。 それに反して衛星国や社会主義国との間の貿易は、それらの多くの国の外貨が乏しかったことや、などの貿易規制により西側諸国からの貿易品目が制限されていたことから、一次産品やエネルギー資源はもとより、西側諸国では相手にされなかった電化製品や消費財、工作機械から自動車、航空機などの軍事物資に至るまでが輸出された。 1975年の国別工作機械生産額でもソ連は世界3位である。 その多くが事実上の援助品とあるいは、相手国の一次産品とのバーター貿易など無償に近い形で供給された。 1930年からペレストロイカ実施まで、商業手形が廃止されていたので流通・割引がなく、取引は 国有銀行 で集中決済された。 輸入消費財 [ ] 西側諸国の電化製品や、衣類などの消費財の輸入、流通は原則禁止されていたものの、モスクワなどの大都市のみに設けられた「」などの外貨専用の高級で入手することが可能であった。 しかし、実際にそれらを購入することができるのは外国人か共産党の上層部とその家族だけであった。 そのため、のやのなど多くの西側製品が闇ルートで流通していた。 アメリカ合衆国との比較 [ ] 1989年時点における米ソの比較 1990年のに基づくデータ。 アメリカと対等レベルの核兵器を保有しているとみられていたために、直接対決だと共倒れを招くために自国の軍事行動にアメリカを介入させる事は出来なかった。 国民の生活レベルを犠牲にして、ひたすら重工業投資と、軍事支出に資源を集中していた。 に約15%だったソ連の投資率は、には30%に達し、軍事費率もある推定では1980年代中頃には16%に達していた。 以降、コンピュータや半導体といったハイテク部門の重要性が増すと、重工業優先のソ連ではその技術を導入するのが困難となり、技術進歩率は停滞、ついには設備の老朽化と相まって1980年代には技術進歩率はマイナスに陥ってしまった。 ソ連の経済は1950年代から1960年代の初頭まで目覚しいペースでアメリカの国力を追い上げており、「20年以内にアメリカを追い抜く」というフルシチョフの強気の発言も信じられていたが、1960年代に入るとそのペースは一服したものの、にソ連の相対的な国力は対米比45%と頂点に達した。 しかしその後は衰退局面に入り、逆にアメリカとの相対的な国力の差は拡大していった。 ソ連崩壊後、ロシアの軍事力と経済力は急激に衰え、アメリカとは一人当たりのGDPと軍事費において大きく差をつけられた。 さらに、経済混乱の影響で、国民は最低限の生活も保障されず貧しさで苦しんだため、親米的でペレストロイカを行ったゴルバチョフを、「アメリカに魂を売った売国奴」や「裏切り者」と酷評する声も多い。 農業 [ ] 1930年代のにて、綿花の収穫 ソ連のは、気候条件の厳しさから農業に適した地域は比較的限られており、また各共和国に的な生産を割り振ってきた結果、ウクライナやベラルーシ、ロシアの黒土地帯・コーカサス地帯などでは主要なは等のや作物(等)、、、、、シベリアでは穀類が中心、極東では、中央アジアは であった。 農業労働者たちは、とで計画経済のもとで定められた賃金でノルマを満たすだけの作業のみ従事させられていた。 農作物の価格は国家が決定し価格を調整するために補助金を支給していた。 これらが労働意欲を減退させ農業生産性を極端に低くし1970年代からは類、穀物の恒常的な輸入国になり農業はソ連のアキレス腱になった。 そのため1921年に穀物の強制徴発を廃止した新経済政策「ネップ」により、農業は戦前の水準を回復したが穀物の調達は困難になっていった。 そこで1928年、スターリンは、農業集団化を実施し低賃金で酷使される集団農場と国営農場に改編された。 とされた勤勉な農民900万人は追放され半数は処刑され残りは強制収容所に送られた。 穀物の調達量は増加したが生産は低下し1931年から1933年にかけて700万人が餓死した。 抵抗した農民たちも最終的には工業労働者となったり集団農場に組織された。 1941年に独ソ戦が始まると農村は壊滅的な打撃を受け、戦後も戦前と同様の経済体制を維持しながら戦後復興に着手したため、1946年から1947年かけて100万人以上が餓死し多くが離農した。 1953年、スターリンの死後、フルシチョフは、カザフスタンや西シベリアなどの未開墾地、耕作放棄地の開拓事業を提案し、処女地からの穀物の収穫が試みられた。 1955年から数年の間は処女地の収穫物によって穀物の不足は一時的に解消されたが、やので処女地が不作に陥ると穀物は再び欠乏し国外から輸入するようになった。 フルシチョフ失脚後も集団農場の生産性は上がらず、1980年代には集団請負制を導入するもコルホーズ内のわずかな自留地では支えきれない大量の食料をアメリカから輸入していた。 交通 [ ] 国民は自分の在住している地域以外への遠距離移動が事実上限られていただけでなく、国外からの旅行者のソビエト国内における移動に大幅な制限があったため、国内外の交通に対する需要は非常に限られていた。 鉄道網は、長距離や近距離を問わず軍事転用が容易なことから比較的整備が進んでいたが、西側諸国と違い個人所有の自動車の数が限られていたことから、や、などの自動車インフラは貧弱なままであった。 西側諸国への個人的理由での渡航は、亡命と外貨流出を防ぐということを主な理由に原則的に禁止されており、国交がある国であろうがなかろうが、当局の許可がない限り渡航は不可能であった。 許可が下りた場合でも様々な制限があり、個人単位の自由な旅行は不可能であった。 しかしながら、国力と友好関係を誇示することを目的に、国外への航空機や船舶による定期便は比較的整備されていた。 航空 [ ] アエロフロート [ ] 国内線 [ ] 尾部に銃座を残したアエロフロートのイリューシン 同じく国際線もアエロフロートによってのみ運行されていたが、ソビエト国民の海外渡航や国外からの旅行者のソビエト国内における移動には大幅な制限があった。 一方で、国力と友好関係を誇示することを目的に、イギリス、アメリカなどの西側の主要国や東ドイツやポーランド、ブルガリアなどの東欧の衛星国、キューバや、北朝鮮などの友好国をはじめとする世界各国に乗り入れを行っていた。 しかし、その目的から完全に採算度外視で運行していたこともあり格安な航空料金で提供していたものの、その空港、機内サービスは西側諸国のものには遠く及ばなかったことから、西側諸国の多くでは格安な料金と劣悪なサービスでのみ知られていた。 海外からは多くの友好国の航空会社がモスクワなどの大都市を中心に乗り入れていたほか、アメリカ、イギリス、西ドイツなどの西側諸国からも、、やなどの航空会社が乗り入れていた。 西側諸国に乗り入れた際には、航路から外れて軍事基地や港湾施設の近くを飛ぶことも多々あったと報告されている。 さらにイリューシンIL-76などは尾部に銃座を残したまま(銃は取り外されていた)運航されていた機材もある。 日本との間は日本航空とアエロフロートが(、)、()とモスクワ、ハバロフスク、イルクーツクとの間に定期便を運行しており、一部路線においては日本航空との運航も行われていた。 鉄道 [ ] シベリア鉄道を代表とする鉄道網によって各都市が結ばれていた他、衛星国を中心とした近隣諸国に国際列車も運行されていた。 なお、モスクワやレニングラード(現:サンクトペテルブルク)などのいくつかの大都市には防空壕を兼ねた網が整備されており、社会主義建設の成功を誇示する目的で、スターリン時代に建設された一部の駅構内はのような豪華な装飾が施されていた。 自動車 [ ] 個人による自動車の所有だけでなく、自分の在住している地域以外への遠距離移動が事実上限られていたこともあり、西側諸国で行われていたような高速道路による国民の自由な移動は一般的なものではなかった。 なお、大都市の市街地にはを含む路線網が張り巡らされていた。 言論・報道 [ ] 国内向け報道管制 [ ] 上記のように外国の放送の傍受が禁止されていた上、や、などのによる報道は共産党の管制下に置かれ、国家や党にとってマイナスとなる報道は、1980年代にグラスノスチが始まるまで流れることはなかった。 このような規制は外国の事件や、チェルノブイリ事故や大韓航空機撃墜事件のような国際的に影響がある事件に対してだけでなく、国内の政治、経済的な事件も、党幹部の粛清や地下鉄事故、炭鉱事故のような事件に至るまで、それが国家や党に対してマイナスの影響を与えると判断されたものはほとんど報道されることがなかったか、仮に報道されても国家や党に対して有利な内容になるよう歪曲されていた。 そのため、西側の国でオリンピックなどがあると、そこで初めて真実を知ったソ連の選手や関係者がそのまま亡命希望するケースが頻発した。 ロシア革命以前の支配者のやその家族を裁判なしに銃殺した真実を明らかにしようと、1979年に地質調査隊が皇帝一家の遺骨の発掘を行ったが、KGBに逮捕された事例がある。 しかしソ連崩壊後にロシアでは70年以上も隠蔽されたこの事実が明らかになり、ロシア革命から80年を経た1998年に葬儀が行われた。 外国向け報道管制 [ ] 西側諸国の報道機関の特派員は基本的に国内を自由に取材、報道することは禁じられており、事前に申請が必要であったがその多くは却下され、たとえ許されたとしても取材先の人選や日程は全てお膳立てされたものに沿わなければならなかった。 モスクワオリンピックなどの国際的や、西側諸国の首脳陣の公式訪問が行われる際にソ連を訪れた報道陣に対しては、このようなお膳立てされた取材スケジュールが必ず提供された。 西側諸国の報道機関で働くソビエト人従業員も自主的に選択することは許されず、当局から宛てがわれた者を受け入れるのみとされ、その多くが西側諸国の報道機関やその特派員の行動を当局に報告する義務を負っていた。 「クレムリノロジー」 [ ] 詳細は「」を参照 国内における報道管制の一環として、共産党書記長などの党の要人が死去した際には、党による正式発表に先立ち、テレビやラジオが通常の番組を急遽停止し、もしくは第二次世界大戦戦史などの歴史の映像に切り替わり、などの要所に掲揚されている国旗がになるのが慣わしであった。 このため、国民(と西側の報道機関)の多くは、テレビやラジオの番組が変更され、要所に掲揚されている国旗が半旗になる度に、モスクワ市内の政府の建物や病院、軍施設などを訪れ情報収集に努めた上に、これらの対応を見てどの階層の要人が死去したかを推測しあっていたと言われている。 さらに、党の要人がした(もしくは粛清された)際にはその事実が即座に政府より正式発表されることはまれで、このため西側諸国の情報機関員や報道機関の特派員は、などをはじめとする記念日のパレードの際にクレムリンのの台の上に並ぶ要人の立ち位置の変化や、新聞やテレビ、ラジオニュースでの扱い回数や順番を観測し、失脚などによる党中央における要人の序列の変化を推測し、これを「」と呼んでいた。 プロパガンダ [ ] ソビエト連邦のは現代の手法を先駆けるものであり、ソ連は世界初の宣伝国家と呼ばれる(のThe Birth of the Propaganda State;Soviet Methods of Mass Mobilization 1985)。 映画ではレーニンの「すべての芸術の中で、もっとも重要なものは映画である」との考えから世界初の国立映画学校がつくられ、がを編み出したことにより、当時としては極めて斬新なものになり、その精巧さは各国の著名な映画人や、後に政権下のドイツの宣伝相となるを絶賛させた。 宣伝映画を地方上映できるよう、移動可能な映写設備として映画館を備えた列車・船舶・航空機が製造・活用された(例:)。 看板やポスターではから発展した力強い構図・強烈なインパクトのが生まれ、これは世界各国でしきりに使われた。 特ににも例えられる世界最大最高層の超巨大建築物を目指したは後世の建築家だけでなく、形態的にはやドイツ、日本などの建築に大きな影響を与えた。 日本でもソビエト・パレスの計画を見てが建築家を目指すに至った。 当時世界一高い建造物であったも完成させた。 スターリンはモスクワをのようなにするため、の建物を多く建設した。 ソ連のプロパガンダはやなどの者の理論に基づいていた点で先駆的だったと評するものもいる。 他にもがを使ったテレビを世界で初めて発案するなど、テレビの研究も活発だった。 宗教 [ ] 正教弾圧 [ ] 1931年のモスクワにて、爆破される ロシア革命によって、、を奉じるソビエト連邦が成立すると、ロシア帝国のであった(組織としてはのほか、、などを含む)は多数の聖堂やが閉鎖され、財産が没収された。 後にとなるの修道院群は強制収容所に転用された。 聖職者や信者が外国のスパイなどの嫌疑で逮捕され、多数の者が処刑されした。 初代の京都主教を務めたことのあるは生き埋めの上で銃殺されるという特異な致命で知られる。 当初は無神論を標榜するボリシェヴィキに対して強硬な反発を示していたであったが、想像以上に苛烈な弾圧が教会に対して行われていく情勢に対して現実的姿勢に転換し、ソヴィエト政権をロシアの正当な政府と認め一定の協力を行ったが、教会の活動はなお著しく抑圧された。 1921年から1923年にかけてだけで、主教28人、妻帯司祭2691人、修道士1962人、修道女3447人、その他信徒多数が処刑された。 1918年から1930年にかけてみれば、およそ4万2千人の聖職者が殺され、1930年代にも3万から3万5千のが銃殺もしくは投獄された。 1937年と1938年には52人ののうち40人が銃殺された。 政府の迫害を恐れ多数の亡命者も出た。 亡命者達の中からは、、、(メリアは)など世界的に著名なが輩出され、20世紀初頭まであまり知られていなかった正教の伝統が海外に知られるきっかけとなった。 1931年にはスターリンの命令によってが爆破された。 1940年代に入ると、独ソ戦におけるドイツの侵攻に対して国民の士気を鼓舞する必要に駆られたスターリンは、それまでの物理的破壊を伴った正教会への迫害を方向転換して教会活動の一定の復興を認め、1925年にティーホンが永眠して以降、空位となっていたモスクワ総主教の選出を認めた(1943年)。 この際にそれまで禁止されていた教会関連の出版物が極めて限定されたものではあったものの認められ、1918年から閉鎖されていたモスクワ神学アカデミーは再開を許可された。 ただし、1940年代半ばには以後、のある地域がソ連領となったため、ヴァラーム修道院の修道士達はフィンランドに亡命し、この結果でが設立されるなど、ソ連における正教弾圧は亡命者が出る事がないほどにまで緩和されたわけではない。 の死後、フルシチョフは再度、正教会への統制を強化。 緩やかかつ細々とした回復基調にあったロシア正教会は再度打撃を蒙り、教会数は半分以下に減少。 以降、ソ連崩壊に至るまでロシア正教会の教勢が回復することは無かった。 イスラム弾圧 [ ] 広大な国土の中でも、中央アジア地域ではが大きな勢力を持っていたが、ソビエト連邦の成立とともに正教など他の宗教とともに弾圧されることとなり、によって国家統制された。 しかし人々の心の中の信仰心までは抑えることができず、他の宗教と同じくソ連崩壊後は教勢が回復した。 信仰されていた地域に偏りはあったものの、全ソビエト連邦領内におけるイスラム教徒の人口は最終的に7000万人前後にも達し、総人口の実に4人に1人がイスラム教徒(もしくはイスラムを文化的背景に持つ人)で占められていた。 この数字はイラン、トルコ、エジプトなどの総人口にも匹敵し、ソビエト連邦は総人口においても、国民に占める割合においても、非イスラム教国家としては最大級のムスリム人口を抱える国家となっていた。 イスラムが多数派の地域以外のロシア連邦等の諸州においても、イスラムを背景に持った諸民族、特に、が全土に居住し、ソビエト連邦内のどの地域においても一定数のイスラム社会が存在していた。 この点は同じ非イスラム教国でありながら全土にイスラム社会を内包しているインドや中国とも共通していた。 ただソビエト連邦におけるイスラムは、中国やインドとは異なり、多数派民族と、文化、言語、血統、形質などを共有する集団、具体的に言えば、のロシア人等と文化や言語を共有する集団の間にはあまり広まらなかった。 ソビエト連邦内のイスラムはあくまでや、などの、(多数派民族であるロシア人から見た)異民族の間で主に信仰されていた。 全土に幅広く分散していたイスラム系民族のうちタタール人の間にはが多く、アゼルバイジャン人の間にはが多いため、両派が近い比率で全土に散らばっていたこともユニークである。 この点はソビエト連邦崩壊後も、ロシア連邦において引き継がれている。 その他の宗教弾圧 [ ] 正教のみならず、(を含む)、、も弾圧を受けた。 創価学会との交流 [ ] 日本のに関しては、ソ連国内における布教活動自体は認めなかったが 、外交的及び経済的見地から友好関係を保っていた。 とりわけ、会長(後に)が1974年以降にソ連訪問を繰り返すようになると、政府や党の要人が面会に応じるのが慣例だった。 1974年・1975年の訪ソでは、1981年の訪ソでは、1987年の訪ソでは、1990年の訪ソではゴルバチョフと面会している。 ちなみに、池田名誉会長と最高指導者との面会が行われたのはゴルバチョフ政権時代の1990年だった。 文化 [ ] 芸術 [ ] 1930年代のソ連の流行歌である Enthusiast's March 言論・表現の自由がなかったため、文学者の中には亡命を余儀なくされるものや、受賞ののように受賞辞退を余儀なくされるもの、同じくノーベル文学賞受賞ののように国外追放されるものがいるなど、文化人にとっては受難が相次いだ。 革命直後のソ連では革命的なが流行し、やが生まれ、ロシア・アヴァンギャルドは共産党のいわば公認芸術として革命思想を宣伝するポスターに広く採用された。 当時のソ連は世界初の機器が作られ、モンタージュ理論が生まれるなど前衛芸術のメッカと化しており、外国から不遇だった多くの前衛芸術家がソビエト連邦の建設に参加した。 例えば、前述したソビエト・パレスの計画には、、、、といった新進気鋭の家たちが関わった。 レーニン自身もだったという学説も出ている(塚原史『言葉のアヴァンギャルド』)。 がアジ・プロ演劇手法の確立、古典の斬新的解釈に基づく演出、コメディア・デラルテ、などの動きと機械的イメージを組み合わせた身体訓練法「」の提唱などを次々と行い1920年代におけるソビエト・ロシア演劇はもとより20世紀前半の国際演劇に大きな影響を与えた(スターリン政権期にはがあった)。 スターリン政権下の1932年に行われたソ連共産党中央委員会にて「」の方針が提唱されて以降は、1930年代前半のうちに文学や彫刻、絵画などあらゆる芸術分野の作家大会で公式に採用されるに至り、これにそぐわぬものは制限され、次第に衰退することを余儀なくされた。 一方でなどのロシアの伝統的な芸術は政府により潤沢な予算が投じられたことで高い水準を維持し、クラシック音楽でも、当局による制限を受けながららが作品を残し、率いるなどが演奏を残している。 バレエ団やオーケストラは共産主義の理想を広めるためとして海外公演を行っていたが、実際には外貨の獲得が主目的だったとされる。 ソ連崩壊後は存続が難しくなり、オーケストラが改名したり団員が独立するなどしてが多数誕生した。 またのように当局に契合しない演奏家は海外公演を制限された。 ソ連を描いたもしくは題材にした映画 [ ]• (1925年、ソ連)• (1962年、ソ連)• (1979年、ソ連)• (1982年、アメリカ)• (1983年、アメリカ)• (1985年、アメリカ)• (1988年、アメリカ)• (1989年、アメリカ)• (1990年、アメリカ)• (2001年、アメリカ)• (2002年、ロシア)• (2002年、アメリカ)• シリーズ ソ連を描いたもしくは題材にしたゲーム [ ]• (日本)• ソ連を描いたもしくは題材にしたアニメ [ ]• (日本)• (作中では時代がまちまちなため「ロシア」として扱われ、ソ連は「皆で住んでいた家」となっている。 ) ソ連の社会主義体制が描かれている作品 [ ]• や等、40年代から90年代までの世界情勢を背景とするフィクション作品において、ソビエト連邦は頻繁に描かれている。 特に諜報機関の暗躍や、政府高官や科学者の亡命事件等がよく題材となる。 作成された国が西側諸国であるためと、ソビエト連邦の内部が不明であったために、ソビエト連邦の関係者は悪役として描かれることも多い。 () 外来文化 [ ] 西側諸国で人気のあったや、などの音楽や、などの大衆文化は、「商業的で、退廃を招く幼稚なもの」として規制され、わずかに諸国や西ドイツなどのポピュラー音楽や、衛星国や日本、イタリアなどの芸術的要素の高いのみが上映を許されていた。 また、外国のラジオ放送を傍受することも禁止されていた。 スポーツ [ ] 詳細は「」を参照 ステート・アマチュア [ ] 運動競技では国の威信をかけた強化策がとられ、選手育成プログラムによって育成させられた選手が、で数多くのメダルを獲得していた。 特にや、、などの強豪国として知られオリンピックの獲得数がほとんど首位であった(オリンピック初参加後のから)。 しかし崩壊後にそれらの選手の多くが違法などによる薬漬け状態であったことが当事者の告白により明らかになった。 それらの記録はいまもなお剥奪されずに現存している。 共産主義というシステム上、全てのスポーツ選手が国家の管理下におけるであるという位置づけであり、よって資本主義諸国のようなスポーツおよびプロ選手は存在しなかった。 モスクワオリンピック [ ] 1980年に、ソビエト連邦の歴史上唯一の夏季オリンピックであるモスクワオリンピックが行われた。 冷戦下ということもあり、国の総力を挙げてオリンピックの成功を目指したものの、前年に行われたアフガニスタン侵攻に対する抗議という名目で、日本や中華人民共和国、西ドイツ、アメリカなどがボイコットを行い事実上失敗に終わった。 しかし、これ以降ソビエト連邦の崩壊までの間夏季、冬季ともにオリンピックが再び行われることはなかった(ソ連崩壊後の2014年にはロシアのでが開催された)。 そして、次回1984年開催されたロサンゼルスオリンピックでは、1983年のアメリカ軍によるへの抗議という名目で、ソビエト連邦と東ドイツのメダル王国をはじめ、ソ連の衛星国である東側諸国の多くがボイコットした。 さらに国威発揚のため専門のトレーニングへの公的な補助が行われた結果、などの頭脳系スポーツでは強豪国となった。 しかし、第一回の国際数学オリンピックは「下から2番目の6位」をとってしまい、指導部から叱責を受けてしぶしぶと対策したおかげで、3年後の1962年からは高い成績を誇るようになった。 特にチェスは伝統的に盛んで、国民にとっても公認されている数少ない娯楽であったが、ソ連時代には国が管理するチェス学校が各地に建設され、体制が崩壊するまでは世界最高の水準を保っていた。 また国内選手権の開催や書籍の出版なども盛んだった。 ちなみにの研究も盛んで、第1回でもソ連のプログラムが優勝し、の権威と率いるMITとソ連のモスクワ理論実験物理研究所によって行われた世界初のコンピュータ同士のチェス対戦でも勝っている。 チェス界ではプロとアマの区別がないため、や、など、ソ連出身の選手が世界王者を長期にわたって 独占していた。 一時期は国際大会に出られなかった級の国内選手に対し、ソ連のチェス協会が「ソ連邦グランドマスター」という独自のタイトルを創設したこともあったが、次第にトップ選手ならば試合渡航も許可されるようになった。 しかし有力選手がこれを利用して亡命することもあった。 特には亡命後「西側の選手」としてらソ連代表と国際大会で対戦したことがあり、ソ連側から非難を受けることとなった。 ソ連代表と西側の選手がチームで対戦することもあったが、特にとアメリカ人のが対戦した1972年の世界王者決定戦は試合の進行を巡り、クレムリンやホワイトハウスが介入するなど、政治的な問題にまで発展することがあった。 また敗れたスパスキーはその後の待遇悪化などで、1975年にはフランスへ亡命した。 体制崩壊後は西側へ拠点を移す選手もいたが、など、ソ連時代のチェス学校で教育を受けた選手が多数活躍している。 旧東ドイツや近隣の東欧諸国でもソ連と似た状況にあった。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ただし独立志向を強めていたバルト三国、グルジア、アルメニア、モルダビアの6つの共和国では投票はボイコットされた• 西側で同様の役割を与えられていた航空会社としてのがある。 布教活動が認められたのは、連邦崩壊後の1994年 出典 [ ]• Bridget O'Laughlin 1975 Marxist Approaches in Anthropology Annual Review of Anthropology Vol. 4:pp. 341—70 October 1975 :. William Roseberry 1997 Marx and Anthropology Annual Review of Anthropology, Vol. 26:pp. 25—46 October 1997 :• Robert Service 9 September 2005. Picador. David Holloway 27 March 1996. Yale University Press. , p. Philip Whyman, Mark Baimbridge and Andrew Mullen 2012. The Political Economy of the European Social Model Routledge Studies in the European Economy. "In short, Gorbachev aimed to lead the Soviet Union towards the Scandinavian social democratic model. 2008. Iain McLean 1996. Oxford University Press. "Russia is now a party to any Treaties to which the former Soviet Union was a party, and enjoys the same rights and obligations as the former Soviet Union, except insofar as adjustments are necessarily required, e. to take account of the change in territorial extent. ] The Russian federation continues the legal personality of the former Soviet Union and is thus not a successor State in the sense just mentioned. The other former Soviet Republics are successor States. ", United Kingdom Materials on International Law 1993, BYIL 1993, pp. 579 636. 「」 Ref. C11080444900 、「」 Ref. B04120003800 など• 青木節一(国立国会図書館デジタルコレクション)、朝日新聞社、25頁• , pp. 48-51. , pp. , pp. 60-65. , pp. , pp. , pp. , pp. 74-75. , pp. 76-77. , pp. , pp. , pp. 107. 108. , pp. 104. , pp. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典• , pp. 114. , pp. 115. , pp. 118. 159. 122. , pp. 124. , pp. 125. 128. , pp. 129. 129-130. , pp. 133. , pp. 131. , pp. 141. 『標準世界史年表』 吉川弘文館• 井竿富雄、2008年。 山口県立大学付属図書館。 なお同「救恤」は、日露戦争を勃発させた日本政府の賠償責任を認めたものではないとされている。 京城日報 1931年3月21日• 田中壽雄 『ソ連・東欧の金融ペレストロイカ』 東洋経済新報社 1990年 p. 1990年. 2010年9月5日閲覧。 2010年9月5日閲覧。 2017年8月09日 ロシア・ビヨンド• 高橋保行『迫害下のロシア正教会 無神論国家における正教の70年』83頁、教文館、1996年• 前掲『迫害下のロシア正教会 無神論国家における正教の70年』125頁• 前掲『迫害下のロシア正教会 無神論国家における正教の70年』126頁• 1927年〜1935年、1948年〜1972年、1975年〜1999年、2000年〜2007年 参考文献 [ ]• 『増補版 ソ連の歴史』山川出版社、1996年。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 外部リンク [ ]• - カタログ.

次の

中国とソ連の国旗が似ているのはなぜですか?

ソ連 国旗

のは、金のと金の縁取りを持つを表示したである。 赤はとの構築へ向かう、に指導されたソビエト人民の果敢な闘争を、鎌と槌は労働者階級と農民との絶えざる団結を、赤い五芒星は五大陸における共産主義の最終的勝利を象徴する。 変遷 [ ] ソビエト連邦の公式な旗は、12月に開かれた ()において制定の方針が決められた。 ここでは「をのシンボルからのシンボルへと変え、その旗を囲んでソビエト共和国諸国の人民が一つの国家-ソビエト社会主義共和国連邦のもとに団結する」ことが合意された。 同月30日に締結された「 (、)」の第22条では「ソビエト社会主義共和国連邦は自身の旗、紋章、そしてを持つ」と定められている。 翌にはによって国旗・を制定するための特別委員会が設置され、その中で著名な紋章学者のK・I・ドゥーニン=ボルコフスキーは旗の中央にを配したデザインを提案した。 このデザインは委員会によって承認され、また海上での視認性を考慮して、黒地にを配したA・エヴェルリンクによる類似のデザインも提案された。 しかし、赤と黒の組み合わせは喪色を連想させるとして、委員会はこのデザインを否認した。 ソビエト連邦の国旗は、上部隅旗竿付近に金の鎌と槌のイメージを、その上部に金の縁取りを持つ赤い五芒星を表示した、赤い矩形の布である。 高さに対する幅の比は1:2とする。 鎌と槌は辺長を旗の高さの4分の1とする正方形に収まる。 鎌の鋭端は正方形の上辺中点に接し、鎌と槌の柄は下辺両端に接する。 柄を含めた槌の長さは正方形の対角線の4分の3とする。 五芒星は旗の高さの8分の1を直径とし、正方形の上辺に接する円に収まる。 星と鎌と槌の垂直軸から旗竿までの距離は、旗の高さの3分の1とする。 旗の上端から星の中心までの距離は、旗の高さの8分の1とする。 この法令は同時に、国旗の公的施設における掲揚日の規則や、船尾旗としての使用規則も定めていたが、全体としては1924年の規則と同内容であった。 この国旗は、その後改定されたや8月15日の新国旗法においても変更されることなく、まで使用され続けた。 Russian Centre of Vexillology and Heraldry, Orenburg branch of RCVH. 2018年10月2日閲覧。 : , 2001. 94-96. ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

全世界の国旗一覧

ソ連 国旗

アフリカ南部にあるの国旗は、というこれまたアフリカっぽい色彩のデザインです。 中央のマークは、どこかの国に似てるな~と思いました。 その国とは・・・今は消えてしまったあの国でした。 執筆:世界史好きのittetsu 国旗の中央のマークと似ているのは? まず、国旗の画像です。 んん? ・・・ 思い出しました! 1991年まで存在した国家、とそっくりです! では、の左上のマークはどんな意味でしょうか? 実はこれ、鎌と槌(つち、すなわちハンマー)を組み合わせたものです。 鎌が農民、槌が主に工員といった労働者たちの団結を表しています。 この鎌とハンマーのマークは、はの国旗に限らず、時代の国々の国旗にもあります。 () () 独立にが関係しているのか? は、昔の植民地でした。 1961年~1974年にかけてのを経て独立しましたが、この経緯がややこしいのです。 当時、3つの勢力が存在しました。 政党といっていいのか組織といっていいのか表現にとても困る勢力です。 は1975年にこれら3派とそれぞれ停戦協定を結びました。 この合意はこそ終わりましたが、複数民族の派閥などによってすぐに崩壊しました。 そんな中で、 MPLAは首都を防衛しての独立を宣言しました。 この時点で、武器弾薬などをから支援されていたかは定かではありません。 後述しますが、もし支援が当時あったとしてもよりはの可能性の方があるかもしれません。 国旗のマークの意味は? では、国旗のマークは何を意味するかと言いますと・・・ の「鎌と槌」に対し、は「鉈 なた と歯車」を意味します。 もちろんに似せたもので、の象徴とされています。 ただし!実は2003年に新しいデザインの国旗が提案させたそうですが、まだ承認されていません。 どんなデザインなのか調べてみましたが、漫画チックなものしか見つけていません。 画像: の内戦にがどんな形で関わったのか? 内戦が続くうちに、3派にそれぞれ支援する国が出てきます。 これがまた混乱する原因といえます。 MPLA: と(軍事面)、 経済面 FNLA: フランスとザイール UNITA: カと 独立宣言をしたのが MPLA主導ということもあって、 FNLAと UNITAが反MPLAで同盟を結びました。 当時は米ソ冷戦時代でした。 内戦は米ソの代理戦争のような一面もありました。 武器を売りたいがために生かさず殺さず的に内戦を長引かせようという意図もあったのかもしれません。 との支援を受けていた MPLAは、1976年に一度は FNLAと UNITAの拠点を陥落させました。 その後政策を推進します。 カビンダの石油など産業の国有化政策を行ないました。 更に FNLAを支援していたフランス及びザイールと国交を正常化したため、 FNLAは1980年代には弱体化します。 一方、 UNITAはゲリラ化し、一時は勢力を拡大して内戦は泥沼化します。 しかし支援国のとは、1988年に軍がとの連合軍に敗北したのをきっかけに交渉してお互いに条件付きで撤退しました。 このころ東西冷戦が大きく変わっていて、ついに1991年にが崩壊しました。 それと前後して1990年に MPLAは路線を放棄して、翌年に複数政党制となります。 さらに1992年にはを行って、国名をに変更しました。 この時点で支援とは違った形でがの政権に影響を与えたとも見受けられました。 この頃、なんとが仲介して MPLAと UNITAが和平協定に調印しました。 その後もまた内戦になったり、1994年にはの大統領によって和平協定を進めたり、国連の仲介でルスカ合意が締結された・・・と思ったら密輸ダイヤモンドをめぐって再び紛争になったり。 こんな感じで政府 実質 MLPA と UNITAは、何度も紛争と停戦を繰り返しました。 そして、ようやく27年にもおよぶ内戦に終わりを告げる時が来ました。 UNITAのトップのサヴィンヒ議長が戦死したのです。 ただこれは暗殺ではないかとも言われています。 の今後の課題は? では、ダイヤモンドや石油が採れます。 そのため、内戦後は経済は良い方向へ向かっています。 なまじ豊富な資源があるために政治の腐敗の心配と、全土に埋まっているおびただしい数の地雷の撤去が課題となっています。 MPLA、 UNITA、 FNLAはそれぞれ政党として現在も存在しています。 Special Thanks : 参考記事・文献 片山正人『現代アフリカの悲劇』 nazepi.

次の