コロナ 神戸。 神戸市、新型コロナ対策案をスタートアップから募集

神戸市:新型コロナウイルスについて

コロナ 神戸

新型コロナウイルスの治療で重要な役割を果たす神戸市立医療センター中央市民病院(神戸市中央区)で院内感染が発覚し、まもなく1カ月を迎える。 5日午後5時現在で入院患者と看護師や医師ら職員計35人の感染が明らかになり、新型コロナの重症者を除く新規の外来や入院、3次救急の受け入れを再開する時期はまだ決まっていない。 【反橋希美】 「無策のまま広がっているということではない。 コロナを追い詰める成果が出ている」。 4月29日、新たに1人の感染者が判明した際の記者会見で、木原康樹院長はこう述べた。 院内感染の全容がおおむね把握できていることを強調した。 中央市民病院では感染症病床のあるA病棟で軽症と中等症、B病棟で重症患者を受け入れてきた。 もっとも多くの感染者を出したのがA病棟だ。 4月8日に初めに感染が分かった70代の女性患者もこの病棟にいた。 別の病気で入院し、退院間近に発熱し、PCR検査(遺伝子検査)を実施して陽性と判明。 治療で使っていた人工透析室やA病棟に出入りしていた職員や患者を検査したところ、感染の広がりが明らかになった。 全18病棟の半数にあたる9病棟と人工透析室、内視鏡センターに関わる人の感染が確認された。 感染経路は調査中だが、課題の一つとして挙げられるのが「コロナ疑いの患者」の取り扱いだ。 院内での感染者のうち少なくとも2人はコロナの疑いがあったが、いずれも当初のPCR検査で「陰性」に。 同病院では感染が疑われる患者を受け入れる際、職員らはフェースシールドなどの防護服を着用して対応するが、「陰性」が2回続くと隔離措置から解除していた。 1人は2回、もう1人は転院前の検査も含めて4回「陰性」となり、いずれも一般病棟に移った後に陽性と判明した。 一般病棟に移した判断について、木原院長は「PCR検査に頼り、総合的に臨床で判断しなければ問題が起こる」とPCR検査の限界を認める。 その一方で「(一定の基準で)患者を別の棟に移さないと、次の方が入れない。 押し寄せてくる新型コロナ患者に対し、どう医療資源を適切に運用するかジレンマにある」と苦渋の表情を見せた。 その一つが「コロナ疑い」の患者を収容する病棟を新たに決めたことだ。 病院は院内感染が分かった当初から、新型コロナの新規受け入れを重症患者に限定。 現在はA、B両棟で計50床を確保した。 「コロナ疑い」の患者はこの2棟とは別の病棟で経過観察し、他の患者と分ける隔離的な措置を取る。 対策本部では毎朝1時間程度、各部署のメンバーが出席する会議を開き、情報共有を一元化した。 職員にはささいな体調変化も上司に報告するよう求め、基本的な感染対策の徹底を指示している。 これまでに延べ約280人、5月1日時点も計約60人の職員が自宅待機となった。 本来は自宅待機の扱いだった人工透析室の看護師2人が職務の専門性の高さから休めず、防護服を着て勤務を続け、後に感染が分かったケースもあった。 病院は月平均で約860件(2018年度実績)をこなしてきた手術も原則として停止し、新型コロナ患者の治療に集中する。 大幅に縮小した病院機能を回復させるには、院内感染が収束し、神戸市内の感染者が大きく増えないことなどが条件となる。 市内では、医療従事者を支援するために民間の寄付を受け付けるファンドも設立された。 4月29日の記者会見で木原院長は職員の状況について、こう訴えた。 「自分たちへの期待や責任を一生懸命理解して、頑張っている。 しっかりと応援してやってほしい」 〔神戸版〕.

次の

【新型コロナ 】神戸、青い光でまち照らし医療関係者に「ありがとう」|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

コロナ 神戸

神戸市が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19、以下新型コロナ)対策として、スタートアップと組んだ施策を矢継ぎ早に打ち出した。 発表日当日から募集を開始した。 Urban Innovation KOBE(以下UIK)とは、スタートアップと神戸市の行政職員が一丸となって課題解決に取り組む官民連携のプロジェクトであり、2018年から本格運用が始まっていた。 自治体が抱える社会課題をテーマとして提示し、スタートアップが解決に資するサービスを提供するもので、2018年上期には6件、同年下期には7件を採択した。 そのうち9件が課題解決に結びつき、サービスの継続利用率は53%と一定の成果をあげている。 今回打ち出した新型コロナ対策の募集は、このスキームを応用したものとなる。 これまでのUIKは行政が課題を提示してスタートアップを募る方式を主としていたが、緊急性を鑑みて今回はスタートアップからの提案を吸い上げる形とした。 すべてをオンライン審査とし、2営業日以内に審査が完了。 実験に協力する部署との調整はおよそ1週間以内、実装については最短で即日。 およそ自治体とは思えないスピード感で進めるという。

次の

神戸市:新型コロナウイルスについて

コロナ 神戸

募集テーマは、「データ解析」「感染恐れ確認」「困窮事業者支援」「市民生活支援」などのための技術(具体例:IoT・AI・情報発信・支援プラットフォームなど)。 募集については随時から受け付ける。 締切については、応募状況に応じて設定するという。 同市によると、審査により選ばれたスタートアップには、開発支援金(上限50万円/件)を提供。 市担当部署とのサービス開発に向けた調整や実証実験の実施協力のほか、成功モデルについての早期実装をサポートするという。 市民によるテスト利用や市役所業務の中での試行導入・実証実験を経て、成功したモデルは同市での実装も検討するとしている。 また、スピードを重視し、(1)フルオンライン審査:最短2営業日以内、(2)関係部署との調整:最短1週間以内、(3)実証実験の実施から実装:最短即日を目指すとしている。 なお、神戸市は4月10日にも、新型コロナで打撃を受ける飲食店を支援する取り組みとして、フードデリバリーサービスの「UberEats」とのを発表。 神戸の飲食店の売り上げ機会の創出や、就労者の新たな収入の確保などを実現するとしている。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の