緑茶 痩せる。 緑茶ダイエットのやり方は?【ペットボトルで持ち歩いて習慣にしよう!】

【緑茶コーヒーダイエット】効果的な方法と注意点は?実践して25kg減量した医師が解説 (1/1)

緑茶 痩せる

<目次>• カフェインはダイエットに効果的? カフェインで痩せるのか 「脂肪燃焼に働きかける」と言われるカフェイン。 ですが、「痩せない」とダイエット相談にいらっしゃるお客様の多くは、カフェインを多く摂っていたり、水の摂取が少ないことがほとんどです。 あれ?おかしいですね。 カフェインで、交感神経が刺激される(=交感神経が優位になる)と、血管に密着している神経によって体中にはり巡らされた毛細血管が収縮します。 それによって、利尿作用が促進。 排出された尿量により一時的に体重は減りますが、ここでの体重の変動の多くは、数百グラム程度の微々たるもの。 体脂肪率はどうかと言えば、家庭用の体脂肪計は電気抵抗から算出するため、身体から水分が減れば、むしろ高く出てしまいます……。 ですので、カフェインでどんどん脂肪が燃焼するわけではなく、あくまで「働きかけ」ということ。 実際は運動量や食生活が重要です。 カフェインの興奮作用を、行動の火付け役としてサポートに利用するのは一つの手です。 カフェインの利尿作用から水分不足が起こるとどうなる? カフェインに利尿作用があることは前述の通り。 水分が不足してくると、脂肪燃焼に影響が出てきてしまいます。 脂肪が燃焼するときには、加水分解といって水が必要です。 水は栄養素を細胞に運び、使い終わったものを回収する血液の重要な要素。 燃焼したい脂肪の運搬もしているので、水分の不足は脂肪燃焼の妨げになってしまうのです。 睡眠不足の時、目の周りがショボショボする、頭がスッキリしない、便秘、ふくらはぎがだるいという経験はありませんか? これらは、脳の酸欠状態によって起こるとも言われています。 水は酸素の運搬にも関わるので、特に睡眠不足の状態で、カフェインを重ね過ぎるのは、ダイエット以前に身体を思えば考えものであることも加えさせてください。 カフェインが体に与える影響 カフェインの摂取に偏っている人から、「気になる部分が減らない」という声をよく耳にします。 女性の気になる部分といえば、主に、皮下脂肪が存在感を表す、腕、ももや膝下、腰周り。 ここで考えられる理由の一つに、冷えがあげられます。 「カフェインは身体を冷やす」と、聞いたことはありませんか? カフェインで交感神経が刺激され、血管が収縮することが、冷えの一因になります。 身体の中が冷えることで胃腸の調子が崩れ、女性はむくみが、男性はお腹周りが気になることが多いよう。 カフェインで「太る」ことはないのですが、このような間接的なボディラインへの影響を、多くの人はこれを「太った」と捉えがちです。 ふくらはぎの血色が悪く、筋肉がパンパンに張って重く感じる人は、身体が冷えていないか、に意識をむけてみてください。 カフェインは1日何杯まで大丈夫? では、カフェインは何杯まで飲んでもいいかと言いますと、よく見聞きする量は「1日3杯まで」。 体格や体質がみなさん異なりますので、一概にどれくらいという量はいえません。 カフェインを摂ったときには、せめて同量の水を補いましょう。 ただし、水分をたくさんとることを推奨している訳ではないです。 過剰に何かに偏ることで、目に見えず感じにくいホルモンバランスを崩しかねません。 食品からも水分は摂取しています。 何事もほどほどな生活を心がけましょう。 カフェインも水分も、摂るときはほどほどに カフェインの過剰摂取で、水などが飲めない状態になる可能性も カフェインの摂取量を見直そうとしても、慣れ親しんだ飲み物を変えることは、そう簡単ではありません。 「水が飲めない」「味のないものが飲めない」という人は、本当に多いです。 抵抗感が大きいのでしょう。 例えば、毎日飲んでいたお味噌汁をコップの水に切り替えるとしたら……そうしたくてした人は切り替えられると思いますが、お味噌汁命!でコップの水を望んでいない場合はがっかりしますよね。 ですので、自分がやりたくなった時に切り替えることがベスト。 「完璧にやろう」「こんな生活はいけない」と思い過ぎると出る抵抗感もあります。 気楽にやってみるのも一つです。 同じカフェインを含む飲み物、ペットボトルと茶葉の違いとは? 同じカフェインを含む飲み物であっても、ペットボトルのお茶と、急須で淹れたお茶は違います。 「宵越しのお茶は飲むな」と言いますが、これは、お茶の成分に多く含まれるタンパク質が酸化しやすい(腐りやすく)ので、「時間がたったお茶を飲むと具合が悪くなることがありますよ」という話。 ペットボトルでお茶が長持ちするということは、それなりに添加物が入っています。 お腹に合わないものを摂取すると、下っ腹が出たり(内臓壁もむくみます!)、脚のむくみを感じることはあります。 ペットボトルと茶葉、飲んだ後の違いを身体で感じれば、どちらがよいか選べるでしょう。 カフェインはダイエットの敵か、味方か 体脂肪率を順調に下げたい、部分痩せしたいときには敵、行動の火付け役にしたいとき、香りを楽しみほっとする時間を持ちたいときには味方と言えるでしょう。 決して、カフェインが何もしなくても痩せさせてくれる訳ではないので、痩せる効果を期待してたくさん飲んだ方がいいもの、ではありません。 摂りすぎが気になったときハーブティーやカフェインレスの飲み物を選択肢に加えることもおすすめです。 摂れば摂るほど摂りたくなるカフェイン……。 もしかすると、調子が悪いと感じるとき次々摂りたくなっていて……多くの場合、摂り過ぎが問題になっているかもしれません。 情報だけの「身体にいい」より、あなたのコンディションがいい生活を実体験で知っていくことを大切にしましょう。 【関連記事】•

次の

痩せるだしの作り方。だしでダイエット、味覚改善になるレシピ。

緑茶 痩せる

【1】緑茶のダイエット効果 緑茶に入っている成分といえばカテキンですが、カテキンはポリフェノールの一種です。 カテキンにはたくさんのダイエット効果があります。 脂肪燃焼効果 身体に蓄積された脂肪を燃やしてくれます。 運動前に飲むとより発揮されます。 脂肪分解促進効果 食事で摂取した脂肪や糖質の分解を促します。 脂肪吸収抑制効果 脂肪や糖の吸収を抑制することができます。 コレステロール減少効果 血液中のコレステロールを減らす効果があります。 エネルギー消費量増加効果 温かくして飲めば代謝も上がり自然に消費してくれるエネルギーがアップします。 老廃物排出効果 身体の中の余分な水分や老廃物を排出効果があります。 むくみやすい人にはとくにおすすめです。 【2】緑茶で痩せる正しい方法 効果的に痩せる飲むタイミング 〈食後〉 食事をすると血糖値が必ず上がってしまうのですが、血糖値の上がり方が激しければ激しいほど身体に脂肪を溜め込みやすくなります。 また血糖値が一気に下がった時にお腹が空いてしまうのです。 食後に緑茶を飲むことによってカテキンが血糖値の上昇をゆるやかにしてくれるので、脂肪を溜め込むのを防いでくれたり、お腹が空きにくくなります。 〈運動前〉 運動前に緑茶をのむことによって新陳代謝が活発になり、運動時の脂肪の分解や燃焼が促進されたり、汗をたくさんかいたりします。 痩せるための適量 カテキンを1日で400〜500mgを目安に摂って下さい。 痩せるための飲み方 ホットで飲んだほうが体温か上がり新陳代謝が上がり効果的です。 食後、運動前には必ず1杯ずつ飲み、残りは普段飲む要領で好きな時に飲んで下さい。 ダイエットに効果的な緑茶の種類 緑茶といっても種類はさまざまあります。 一番効果があるのが煎茶です。 次に番茶、その次が玉露です。 玄米茶やほうじ茶はカテキン量が少なくあまり効果がありません。 スポンサードリンク 【3】緑茶ダイエットで痩せやすい人 効果には個人差がありますが、緑茶ダイエットでとくに痩せやすい人の特徴を紹介します! 普段ジュースやアルコール類を多く飲んでいる人 普段から水や緑茶などは飲まずに、ジュース(カフェなどのドリンクも)などを飲んでいる人は、それを緑茶に変えると簡単に体重が落ちるようです。 まず緑茶はゼロカロリーです!そしてジュースやアルコールは糖質が多量に含まれていて、糖質を多量に取ると血糖値が一気に上がり、その後一気に下がった時にお腹が減ってしまいます。 糖質がない緑茶にかえると間食や食事量を減らすことができます。 運動を定期的にしている人! 運動の前に緑茶を飲むようにしたら効率的に脂肪燃焼でき、今までそんなに運動で体重が落ちることがなかったのが一気に減るようになるようです。 その他普段から緑茶を飲んでいる人は長い目でみて少しずつ痩せていきます。 飲む時間、カテキン量、ホットで飲むなど意識して飲めば必ず効果は出ます。 【4】緑茶ダイエットの注意点 緑茶を飲み過ぎるとカフェインを必要量以上に摂取してしまうため利尿作用が過大に働き、身体に必要な栄養素や水分まで排出してしまいます。 さらに肝臓障害をおこしたり興奮作用により不眠、吐き気、めまいまでおこしてしまう可能性があるので、早く痩せたいからといって飲み過ぎないようにして下さい。 また緑茶に含まれるタンニンには植物性鉄分の吸収を抑える効果があるため貧血気味の人には注意が必要です。 そして妊婦のかたは極力カフェインを摂取しないほうとされているので緑茶は飲まないほうが良いです。 お〜いお茶濃い茶 こちらは500ml中に420mgカテキンが含まれていてこちらも1本で1日のカテキン量が摂取できます。 500ml程度なら1日あれば飲みきれますよね。 単純に味が濃いものはカテキン量も多いととらえて大丈夫です。 またダイエット茶を飲むのと違ってコストがかからないのでずっと続けられます。 気がついたら体重が減っているという体重減少が緩やかなダイエットなのでリバウンドもありません。 続ければ続けるだけ効果は持続します。 健康にも良いので是非読んだかたみなさんに緑茶を毎日飲んでいただいてほしいなと思います。

次の

緑茶コーヒーダイエットの方法!脂肪燃焼で痩せれる効率的な飲み方も!

緑茶 痩せる

スポンサーリンク お茶が美容健康ダイエットに良いと言われて久しいですが、具体的にはどんな効果があるのでしょうか? また、お茶にはたくさんの種類があるので、それぞれに特性も違ってくるでしょう、そこでここでは、「緑茶」を活用した「緑茶ダイエット」をご紹介していきたいと思います。 緑茶ダイエットは文字通り、緑茶を効果的に飲んでダイエットに役立てる方法のことです。 実際、平安時代より中国から日本にやってきたお茶は、もともとは薬として用いられていました。 「お茶」には、概して緑茶、紅茶、ウーロン茶といった種類が存在します。 では、どうやったらお茶に違いが出てくるのでしょうか? その違いは、発酵の度合いにあります。 つまり お茶の葉をどれくらい発酵させるかによって、色・香り・風味に違いが出てくるのです。 たとえば、わたしたちに馴染み深い 緑茶は、不発酵と呼ばれる方法で作られています。 これは、茶葉が発酵するまえに釜炒りや茶葉蒸しを行い、酸化酵素の働きを完全に抑える製法です。 一方の紅茶はどうでしょう?こちらは、緑茶とは真逆の方法で作られています。 つまり、 酸化酵素を十分に活性化させて完全発酵するのが紅茶なのです。 そして 烏龍茶は緑茶と紅茶の中間、すなわち半発酵という製法で作られます。 トクホの「ヘルシア緑茶」で一躍有名になったカテキンの働きを見てみましょう! 「これらの報告は,茶カテキン類の抗肥満作用が,消化管内における脂質や糖質の吸収抑制,即ちエネルギー摂取抑制に基づくのみではなく,茶カテキン類が生体に吸収された後の代謝冗進活性,即ちエネルギー消費促進に基づく可能性を強く示唆する。 」 引用: 論文は結論だけを引用していますが、カテキンには• 脂質・糖質の吸収抑制• エネルギー消費促進 と2つの効果があるのです。 ダイエットは摂取カロリー < 消費カロリー の関係が成立すると成功にグッと近づきます。 この カテキンは、カロリー(糖質・脂質)の入り口と出口の両方で良い仕事をしてくれるのです。 また、肥満には• 内臓脂肪型肥満• 皮下脂肪型肥満 の2種類がありますが、厄介なのは糖尿病、高脂血症、高血圧などの生活習慣病を引き起こしかねない 内臓脂肪型肥満です。 このカテキンは、特に、 内臓脂肪型肥満の脂肪の減少により大きな効果を上げるというのです。 これらの働きからすると、「トクホ」に認定されるのも当然と言えますね! カフェインの脂肪代謝作用 「寝る前にお茶を飲むと寝付けなくなる」よく言われますよね?皆さんもご存知のように、 緑茶にはカフェインが含まれています。 「Hoolandらによれば,カフェイン投与は明らかに呼吸量と熱発生量を増加させる. Achesonらは,この熱源は血中の脂肪酸が増加することから,皮下脂肪と断定した. 従って,食事の取り方とカフェイン飲料をうまく組み合わせれば,皮下脂肪の低減を図ることができると考えられる. 」 引用: カフェインには中枢神経を興奮させる作用がありますね?これが眠れなくなるという理由になるのですが、 「興奮」という状態は身体の動きを活発にします。 そのために熱発生量が増えるのですが、その際に エネルギーとして利用されるのが皮下脂肪なのです。 皮下脂肪は健康状態に悪い影響を及ぼす危険性は内臓脂肪と比べると少ないですが、それでも脂肪であることに変わりがありません。 カテキンの内臓脂肪減少作用、カフェインの皮下脂肪減少作用と、緑茶は2種類の脂肪の減少に良い結果を残してくれるのです。 その理由は、 脂質や糖質の吸収を抑える働きがカテキンにあるからです。 なので、運動時に飲むのもその効果を上げるうえでおすすめです。 ただ、「茶カテキン継続摂取」と「習慣的な運動」の組み合わせが条件なので、飲用も運動も継続して行うことがダイエット効果を向上させるポイントになるようです。 緑茶は低カロリーで知られる飲み物です。 なので、時間や場所を選ばずに飲むことができます。 暑い時期の水分補給にペットボトルに入れて持ち歩くのも良いですね! 確実なのはヘルシア緑茶!急須で淹れたお茶で薄めるのもアリ? ヘルシア緑茶はその脂肪燃焼効果が認められたことから「特定保健用食品」に認定されているお茶です。 高濃度のカテキンが含まれているのがその特徴です。 「ただし、今回の検討において、LDC群 筆者注、カテキンを低用量摂取した群 では肥満 1度、BMI:25~<30 被験者の体重、BMI、ウエスト周囲長及び内臓脂肪面積における有意な変化が認められなかったことから、ヒトにおける肥満・内臓脂肪型肥満改善作用の発現には一日当たり118. 5mg以上の茶カテキン類の摂取が必要と考えられる。 」 引用: 驚くべき抗肥満効果を上げるカテキンですが、その 効果を実感するには1日に最低でも118. 5mg以上のカテキンの摂取が必要になるようです。 この点、ヘルシア緑茶には1本350ml当り540mgのカテキンが含まれています。 摂り足りないということはありませんね! 確実にカテキンを摂取するには、ヘルシア緑茶を利用するのもおすすめです。 ただ、論文の数値とヘルシア緑茶のカテキン含有量には差がありますね?論文の数値にウェイトを置いて考えると、急須で入れたお茶でヘルシア緑茶を薄めて飲んでも問題ないような感じがします。 清涼飲料水として考えると割高感があるので、 緑茶で薄めて続けるのも賢い方法と言えます。 飲み過ぎても大丈夫? 緑茶は嗜好品なので1日に何杯も飲むという方もいるかと思います。 緑茶の飲み過ぎによる悪い影響はないのでしょうか? 肥満の指標として知られるBMIですが、BMI22が最も疾病合併率の低い標準値とされています。 BMIは高すぎるのはもちろん、低すぎるのも問題なのです。 」 引用: 強力に脂肪に作用するこのカテキンですが、標準的なBMI値の被験者には影響を及ぼさなかったそうです。 茶カテキンの安全性を物語る研究結果ですね! ダイエット食材の中には、薬ほどの厳格さはないとはいえ、摂取量に制限があるものも少なくありません。 この緑茶には研究によってもその高い安全性が確認されているので、安心して続けることができますね! 引用した論文にもありましたが、 習慣になるくらい続けるのが緑茶ダイエットのポイントになります。 緑茶は飲む場所・時間を選ばない飲み物なので、水筒に入れて持ち歩いて「飲む習慣」を作りましょう! 30秒でわかる!「緑茶ダイエット」ダイジェスト版! 日本人に馴染み深い緑茶には、飲むだけで嬉しい効果がたくさんあります。 緑茶のダイエット成分として真っ先に思い浮かぶのはカテキンではないでしょうか? このカテキンには 脂質・糖質の吸収抑制、エネルギー消費促進と2つの効果があります。 また、カテキンには脂肪の減少にも効果があります。 肥満には内臓脂肪型、皮下脂肪型がありますが、特に内臓脂肪型肥満により大きな効果を上げるというのです。 より身体に悪影響を及ぼすのは内臓脂肪型肥満なので、この効果はメタボにお悩みの方には特に嬉しいのではないでしょうか? さらに、 含まれているカフェインにも脂肪代謝作用があるので、脂肪にダブルパンチというわけです。 寝る前に飲むのは控えたほうがいい程度で、飲むタイミングに制約はありませんが、運動と組み合わせることでさらに効果が向上するのが明らかになっているので、 運動時に飲むのがオススメです。 もちろん、 食後に飲むのもアリですよ! 高濃度カテキンと言えばヘルシア緑茶が有名ですが、飲料水としては割高です。 緑茶で割るなど工夫して継続して飲んでみて下さい。 花王株式会社「ヘルシア緑茶」.

次の