全国情報サービス産業厚生年金基金 解散。 厚生年金基金が解散!年金はどうなるの? [年金] All About

基本プラスアルファ部分の年金について

全国情報サービス産業厚生年金基金 解散

企業年金は基礎年金や厚生年金などの公的年金に上乗せする私的年金だ。 「厚生年金基金」「確定給付企業年金」「確定拠出年金」と3つある企業年金のうち厚生年金基金は代表的な存在であったが、現在は解散が相次いでいる。 厚生年金基金は老齢厚生年金の給付を国に代わっておこなう「代行給付」を担っており、私的年金でありながら公的要素が強いことが大きな特徴であった。 また、国に代わって徴収した保険料に独自の積立金を加算し、スケールメリットを生かした資産運用をすることで、社員に対し厚生年金のみの給付よりも豊富な年金を支給することを可能にしてきた。 しかし、高齢化で年金受給者が増える一方なのに対し、保険料を払う現役世代は減少している上、資産運用の環境が高度成長期に比べて非常に難しくなっている。 そのため多くの厚生年金基金では財政状況が悪化し、解散を余儀なくされている。 国から年金の管理運用を任されているにも関わらず、代行給付をおこなうために最低限必要な資産が足りなくなる「代行割れ」が問題となった事件だ。 AIJに限らず、多くの厚生年金基金で約束した年金額を支給できないところが続出し、社会問題化した。 この状態を受けて、国は2014年4月1日以降の厚生年金基金の新規設立の禁止を決定した。 早期に解散すれば有利になる特例が設けられたこともあり、2015年時点には471基金のうち8割に該当する基金が解散する方針であることを表明している。 長く従業員の福利厚生に貢献してきた厚生年金基金は、「お役御免」となったのである。 解散となってしまった厚生年金基金の加入者の年金はどうなってしまうのだろうか?2013年3月末時点では厚生年金基金の加入者数は420万人と少なくない。 年金がもらえなくなってしまうのではという不安の声も多いが、厚生年金基金が解散しても年金の1階部分の老齢基礎年金と2階部分の老齢厚生年金は予定通り支給されることはおさえておこう。 3階部分の企業年金がどうなるかについては、どのような解散方法を採用するのかによって異なる。 年金はもらえる? 存続が困難になった基金がとるべき選択肢としては、「解散」と「代行返上」がある。 解散して資産を分配 基金のすべての業務をやめてしまうのが解散だ。 国の代わりに行っていた代行部分の年金原資は国に返上し、余った財産は加入者や受給権者の一時金として分配する。 基金はその後消滅する。 これまで基金が代行給付していた老齢厚生年金は国からきちんと給付されるので心配ない。 ただし企業独自の上乗せ給付は原資を一時金として分配してしまっているので、年金として支給されることはない。 なお、5年間の時限措置である「特例解散」を選択した基金の加入者には上乗せ部分の一時金の支給もない。 なぜなら、特例解散は代行割れをした基金が対象だからだ。 代行割れの基金は代行返上の際に国へ返す年金原資が不足している状態なので、加入者の年金に上乗せできる状態ではない。 特例により返却額を減らしてもらう代わりに、加入者への上乗せ給付は全額停止だ。 企業と折半とはいえ基金に支払ってきた積立金は、まるまる大損というわけだ。 代行返上 比較的財政に余裕がある基金が選択できるのが代行返上だ。 国の代わりに行っていた老齢厚生年金の代行部分の年金原資を国に返上し、上乗せ部分は確定給付年金(DB)に移行する。 確定給付年金は確定拠出年金とは違い公的年金のように給付額が決まっている年金だ。 この方法なら、基礎年金や厚生年金は国から支給され、企業年金も金額に変更はあるものの制度は残ることとなる。 いったん解散してからDBを導入するケースと異なり、これまでの掛け金がムダになることはない。 短期間のみ加入していた場合は 厚生年金基金に短期間だけ加入していた人は「中途脱退者」と呼ばれる。 中途脱退者への年金給付は、国ではなく企業年金連合会に引き継がれる。 どのくらいの期間加入していたら中途脱退者になるのかは基金によって条件が異なるが、一般的には10年未満の加入者が企業年金連合会に引き継がれる対象だ。 厚生年金を受け取れる年齢になった際、上乗せの企業年金も受け取れる。 加入期間が10年以上または55歳以降加入期間がある場合など、企業年金連合会の引継ぎの対象とならない場合は、先ほどのように解散か代行返上か、元の基金が選択した方法に従うことになる。 中途脱退者に対しては、基金及び事業者は移換について説明をする義務があり、企業年金連合会からは「引き継ぎのお知らせ」の通知が届くはずである。 なお、日本年金機構が提供する「ねんきん定期便」や「ねんきんネット」の情報は、国が支給する年金の見込み額なので、厚生年金基金や企業年金連合会が支給する年金が含まれていないので注意したい。 (篠田わかな フリーライター) 【合わせて読みたい「老後・年金」シリーズ】 ・ ・ ・ ・•

次の

全国情報サービス産業厚生年金基金(JJK)の残余財産について、一時...

全国情報サービス産業厚生年金基金 解散

企業年金連合会から終身年金を受け取れる? 厚生年金基金が解散をする場合、その基金が支払う予定であった『国の年金分』の支払い原資は全額国に返還される。 国に資金を返還した後、基金に財産が残った場合は、基金から年金をもらっていた人、あるいはもらえる予定だった人に、一定のルールに基づいて残った財産が分配されることになっている。 これを分配金と言い、基金が解散した後の清算事務を行う団体から一時金で支払いが行われる。 つまり、終身でもらえるはずであった『基金独自の年金』が、厚生年金基金の解散により一時金で精算されてしまうことになる。 しかしながら、この一時金で支払われる「分配金」を使い、企業年金連合会という別団体から終身年金を受け取れることはあまり知られていない。 企業年金連合会とは、厚生年金基金を短期間で脱退した方などに対して年金をまとめて支給することを目的に、昭和42年2月に設立された団体である。 設立当初は厚生年金基金連合会という名称であったが、平成17年10月に現在の企業年金連合会という名称に変更され、現在に至っている。 厚生年金基金が解散する際に年金の受給者などに支払われる分配金は、一時金で直接受け取ることも、直接受け取らずに企業年金連合会に預けることも可能である。 もしも、企業年金連合会に預けることを選んだ場合には、預けた資金を元手に企業年金連合会の独自の年金制度である「通算企業年金」が受け取れることになっている。 厚生年金基金の清算団体から分配金を直接受け取ることを選んだ場合には支払いを1回受けて終わりだが、企業年金連合会の「通算企業年金」を選べば、終身での年金受取りが可能になるという大きなメリットを享受できることになる。 通算企業年金における注意点 ただし、企業年金連合会の通算企業年金で受け取る場合にも注意点がある。 はじめに、「必ずしも、今までと同額の年金がもらえるわけではない」という点である。 分配金の額が少なければ、当然、通算企業年金として受け取れる年金額も少なくなる。 また、厚生年金基金と企業年金連合会では予定利率が異なるという事情もある。 予定利率とは将来の運用利回りのことで、この数値が大きい制度ほど受取り年金額も大きくなる。 厚生年金基金では『基金独自の年金』の予定利率は平均で4. 38%だが(企業年金連合会平成26年度財政・事業運営実態調査)、企業年金連合会の通算企業年金はそれよりも低い1. 50〜2. 25%であるため、一般的には今までよりも受け取り年金額は少なくなってしまう。 また、企業年金連合会に分配金相当額を預ける場合には手数料が発生する。 さらには、以上のような制度が利用可能なのは、あくまで、厚生年金基金が解散するにあたって『国の年金分』の支払い原資を国に返還した後に財産が残った場合、に限定される。 財務状況が芳しくない基金では国に資金を返還した後、財産が残らないケースもあるため、そのような場合にはこの方法を利用することができない。 企業年金連合会の通算企業年金制度は、残念ながら、解散した厚生年金基金の『基金独自の年金』の支払いを必ずしも100パーセント保証する仕組みではない。 しかしながら、「終身で年金を受け取れる」というのは老後の生活設計を考える上で、極めて大きなメリットである。 分配金の支払額が決定した厚生年金基金は、分配金の支払い対象者に対して「分配金を直接受け取るか、企業年金連合会に預けるか」の意向確認を行うケースが多いので、どちらが有利かをじっくりと検討したいものである。 コンサルティングハウス プライオ 代表 大須賀信敬 (中小企業診断士・特定社会保険労務士).

次の

「厚生年金基金」解散するとどうなるの? 短期間しか加入していない場合は?

全国情報サービス産業厚生年金基金 解散

厚生年金基金解散による分配金はいくら? 分配金金額決定のお知らせでは私の場合、 分配金額は約68万円。 パッと見、嬉しい金額ではありますが、ざっと計算したころところ基金に納めた金額は、これの2倍以上3倍近くの金額です。 (本人と会社負担分合わせて) 厚生年金に返金された代行年金もあるので、この分配金が多いか少ないかの判断はできません。 同僚は全く期待していなかったようで、とても喜んでいました。 一方、厚生年金保険料が増えたので、結局同じ金額を払い込んでいます。 つまり個人負担の 厚生年金保険料+厚生年金基金保険料(基金解散前)=厚生年金保険料(基金解散後) となり、私たちが基金に払ってきた保険料は、厚生年金へ代行年金として返金されたと考えることができます。 そうなると、会社が社員にために支払ってきた保険料がマイナスとなっているとなるわけで、結局は私たち被保険者への給付額は減っているのですが・・。 分配金の一時金受け取りと通算企業年金への移換はどちらが得かを再検討 この分配金の受け取り方ですが、金額が決まった今、 一時金で受け取るか年金として受給するかを、今回はっきりと決める必要があります。 少しでもお得な方を選択したいもの。 それで、税理士さんにも相談し、一時金で受け取った場合の税金や移換事務手数料を計算してみることにしましたよ。 分配金を一時金で受け取る場合に支払う税金は? 分配金の受け取り方法を1回限りの一時金として受け取る場合、一時所得となります。 一時金の収入金額が、他の一時所得も含めて50万円を超える場合は確定申告が必要です。 所得の計算方法 一時所得の金額は、次のように算式します。 nta. htm) 私の場合の分配金にかかる税金を計算してみました。 年金(通算企業年金)として受け取る場合の年金額は? 企業年金連合会に移換した場合は、年金として自給することができます。 年金額は、連合会のサイトでシミュレーションできますよ。 さっそく、私が移換した場合の年金受給額をシミュレーションしてみました。 シミュレーションの方法は簡単です。 必要事項である生年月日や分配金、性別、資格喪失年月日、予定移換申出年月、すでに連合会に移換している通算企業年金があるかどうかを入力するだけ。 ・ 年金として受給した場合は終身年金となります。 厚生年金基金解散の分配金は一時金で受け取ることにした理由 去年いろいろ調べた時には、分配金を年金として受け取ろうかと思っていましたが、分配金の金額を知った今、主人も私もすっかりその気がなくなりました。 その理由は3つ。 ひとつ目が、 一時金として受け取る場合の税金よりも、移換事務手数料の方が高いこと。 ふたつめに、 年金を年間37,000円を受給するとして、一時金の68万円を超えるのがなんと82歳。 つまり、83歳以降からが儲けというわけですね。 予定利率が昔のように高ければ魅力ですが、今は55歳で1. 75%程度ですから、期待はできません。 そして3つめの理由。 いくら終身年金とは言え、 先のことわからないので、もらえるお金はさっさと貰っておこうという気持ち。 厚生年金基金解散後、分配金の受け取りはいつ? 分配金の受け取りですが、解散してから約8ヶ月後となっています。 解散することが分かってからすでに2年以上が経過しています。 去年、通算企業年金のお知らせがきてからすでに半年。 分配金がもらえることはすっかり忘れていました。 全くもらえないことを考えたら、ホントありがたいと思えてくるから、ものは考えようですね。 分配金がいつ振り込みになるのかは「振り込み予定日」だけ、分配金お知らせの用紙に記載されていました。 「予定」なので変更があるかもしれませんね。 すでに数か月遅れているし、遅くなっても金額が変わらないのですから、もらえるものは早めにもらいたいものです。 また進展があったら書きたいと思います。 解散した厚生年金基金分の配金が振り込みされた(追記) 分配金を一時金として受け取る手続きをしてから数か月が経ちますが、あれから基金からはなんの音沙汰もありまません。 気になって、お知らせにあった「分配金予定日」前日に厚生年金基金に電話してみました。 すると、まだ事務員さんが電話に出てくれて、ちょっと驚きました。。 「分配金の一時金選択者の振り込みはいつですか?」と尋ねると、「明日です。 」と教えてくれましたよ。 つまり予定通りです。 次の日、入金を確認するために、さっそく銀行に行って通帳の記帳をしてきました。 通帳を記帳すると、ちゃんと分配金は振り込みされていましたよ。 心配性の私は、ほっと一安心です。 とはいってもできれば、一部のお金を使って旅行にでも行きたいですね。 「がんばったね、自分!」とご褒美に。 (何かにつけて自分にご褒美してますけど・・笑) 一時給付金のお知らせと一時金の支払調書が届いた 追記) 厚生年金基金からの一時金が私の口座に振り込まれた同じ日、「一時金給付のお知らせ」および「一時金の支払調書」が郵送で届きました。 支払調書がなぜ同封されているかというと、先に述べたように、一時金の給付額によっては税金がかかる可能性があるからですね。 税金についてはやはり、「 一時所得として所得税の対象となるため、ほかの所得と合算して確定申告をしてください」と書かれてあります。 一時所得課税対象額を算出する方法は、上に記述した計算方法と同じものが書かれていました。 (支払調書の「既払込保険料等」は確定申告時の「必要経費」にあたる) 私の一時金支払調書の「既払込保険料等」の欄は「0円」となっています。 ということは、やはり私が厚生年金基金に納めてきた保険料(事業主負担分ではなく、被保険者負担分)は、厚生年金のほうへ移されたと考えて間違いないようですね。 厚生年金基金解散後、分配金を一時金で受けとったので確定申告した(追記) 一時金を受け取り、「一時所得」として確定申告したので、追記しておきます。 去年までも確定申告していたのですが、いつもすべて手書きで作成していました。 それを今年初めて ネット上の国税庁ホームページで作ってみたら、 すごく簡単にできて感動ものでしたよ 笑 必要事項の入力さえしてしまえば、面倒な計算をすべてやってくれるので、 計算間違いしてないかな?と何度も試し算をしなくてよいのでホント楽なのです。 作成した申告書はプリントアウトします。 ) 国税庁の確定申告作成ページで申告書を作ると、• 「収入金額等」の「一時」㋚の欄に「一時金給付額ー特別控除(50万円)」が自動計算されて入力されていました。 生命保険契約等の一時金の支払調書は確定申告書に添付する必要はあるのか? 確定申告する際に、基金から送られてきた一時金の支払調書を添付する必要があるのかどうかが分かりませんでした。 それで、税務署から送られてきた封筒の裏側に「電話によるお問合せ」の方法が書かれていたので、そこに電話して尋ねてみましたよ。 税務署の答えは 「一時金の支払調書は確定申告書を作成するさいに金額を確認するだけのものであって、 添付する必要はない」といったものでした。 自分で保管しておいてくださいとのことです。 確定申告に関する電話相談の方法 確定申告に関する相談の方法を念のために書いておきます。 以前も電話して尋ねたことあるのですが、以前も今回も丁寧親切でありがたかったです。 税務署というと、ちょっと怖いイメージあるのですが、そういった感じはまったくないので安心して相談してみてくださいね。 いろいろと相談できるみたいですが今回は「確定申告に関する相談」ですね。 税務署に電話すると自動音声案内が流れるので 「0」を選択します。 すると確定申告相談センターにつながり、担当のオペレーターさんが出て、質問に答えてくれました。 まとめ 厚生年金基金解散による分配金はいくら? 基金から届いたお知らせでの私の分配金の金額は、約68万円。 分配金の一時金受け取りと通算企業年金への移換はどちらが得かを再検討 税理士さんにも相談し、一時金で受け取った場合の税金や移換事務手数料をシュミレーションすることにした。 分配金を一時金で受け取る場合に支払う税金は? 所得税率が10%とすると、68万円の分配金の場合の税金は9000円ほどと分かった。 年金(通算企業年金)として受け取る場合の年金額は? 企業年金連合会のサイトで年金資産シュミレーションした結果、68万円の移換金での年金額は、年間37,000円であることが分かった。 移換事務手数料は16,000円。 年金で受け取る場合は、終身年金。 厚生年金基金解散の分配金は一時金で受け取ることにした理由 ・一時金で受け取るときの税金よりも移換事務手数料が高いこと ・年金で受給した場合、おおよそ83歳からが儲け ・先はわからないので、もらえるものは早めにもらっておきたい 厚生年金基金解散後、分配金の受け取りはいつ? 厚生年金基金が解散した月から約8か月後。 分配金の受け取りとなる予定日が分配金決定通知書に記載されていた。 一時金(分配金)が振り込まれた 振込予定日に分配金が振り込みとなったのを通帳記帳して確認できた。 振り込みと同日に郵送で「一時金給付のお知らせ」と「一時金の支払調書」が自宅に届いた。 厚生年金基金解散後、分配金を一時金で受けとったので確定申告した 分配金を受け取ったら確定申告する義務があるので、一時金所得として行った。 一時金の支払調書は確定申告書に添付する必要はない。 子供はすでに手を離れて気楽になったけど、ちょっぴり淋しいかな、夫との二人生活。 40代は夫と別居したくて迷走してたけど、今はどーでもよくなった(笑)。 40代で持ち家ローン完済済み。 実家の近くにマンション買おうかともくろんでるけど、通帳の残高が減るのが嫌で躊躇中。。 老後はグレイヘアの素敵なマダム目指して健康美を追及してみたり。 損することが嫌いで、貯金大好き。 方向音痴なので主要都市の駅周辺の素敵なホテルでひとりまったりするのが趣味。 よろしくです。 カテゴリー•

次の