履歴 書 送付 方法。 履歴書や職務経歴書の送付マナー ~郵送(送付状、英文カバーレター、封筒の書き方)/メール/手渡しの場合 |転職ならdoda(デューダ)

履歴書の提出方法:封筒の宛名の書き方

履歴 書 送付 方法

コールセンターのお仕事を探している人へオススメページPICK UP! 履歴書を書くのには、けっこう神経を使いますよね。 では、履歴書を入れて送る封筒のあて名書きには、神経を使っていますか? 実は、けっこう見られているのが送付のマナーです。 「大切なのは、中の履歴書でしょ!」と思っていても、採用の担当者は、履歴書を目にする前に、送られてきた封筒をまず見ることになるからです。 第一印象で損をしないように、封筒の書き方と送り方をぜひ知っておきましょう。 封筒の書き方は覚えておくと便利な社会人マナー 封筒の書き方や送付のしかたは、履歴書のためだけに覚えるのではありません。 釈迦人になると、さまざまな書類を取引先に送付する機会が増えます。 手紙や書類の送付方法というビジネスマナーは、一番初歩でありながら社会人になってからもずっと使える、便利なマナー知識です。 この機会に知っておくと、ビジネスシーンでも、親戚づきあいでも役立ちますから、ひととおり覚えてしまいましょう。 履歴書の送付には封筒・切手・送り状・黒ボールペンを用意 まずは、必要なものを準備します。 履歴書の送付に必要なものは、封筒、切手、送り状、ボールペンです。 封筒は、白いものがベストです。 茶封筒がダメという理由はないのですが、白いワイシャツが清廉潔白なイメージを持たせるのと同様に履歴書送付では一般的に白い封筒を使用します。 こういう場面では奇をてらわず正統派で行きましょう。 サイズは履歴書を3つ折りにしてちょうど入るものを使いましょう。 2つに折った履歴書がA4判であれば長形3号、B5判であれば長形4号が標準です。 切手は、履歴書一枚なら82円で済むでしょうが、他に必要書類が多ければ、念のため郵便局に持ち込み、測ってもらいましょう。 うっかり料金不足で先方に届いてしまい、返送になればまだいいものの、先方が負担してくれるといったような事態にはならないよう注意します。 送り状の紙は、パソコンで作成するなら、2つに折った履歴書と同じサイズでけっこうです。 手書きであれば、シンプルな便せんか、一筆箋を用意します。 ボールペンは黒が基本です。 字に自信のある方で、普段から使い慣れているのであれば万年筆を使って書くのもアピールになるかも知れません。 住所よりも担当者名をやや大きく、中央に書く 宛名を書くときに気をつけたいのが、字の大きさとバランスです。 社名と担当者名が封筒の中央に来るように意識して住所を書きます。 社名と担当者名は、住所よりもやや大きく書くと全体のバランスがよくなります。 はじめに、封筒中央に大きく社名と担当者名を書いてしまい、そのうえで右側に住所を書いていくのもいいでしょう。 担当者の所属部署は、名前の右側にやや小さく書き添えます。 大きい会社では特に、所属部署は必須です。 「御中」、「様」の使い分けに注意 担当者名を書いたら、最後に敬称を入れます。 「御中」と「様」はきちんと使い分けましょう。 「様」は、人名の後につける敬称です。 担当者の名前がわかっているときには、宛名に名前を書き入れた後、「様」をつけます。 また、「採用担当者あてに送ってください」と言われた場合には、「採用ご担当者 様」と書きます。 名前と「様」の間は、一文字分ほど空けましょう。 「御中」は会社名や部署名の後につける敬称です。 部署名と「御中」の間は、一文字分ほど空けましょう。 子どもが書いたのかと見間違えられるほど大きな字で書くことは避けたいですが、あまりにも控えめすぎる字や、クセの強すぎる字はそれだけでご自身の印象につながりますので気をつけましょう。 差出人の欄には住所を略さず書く 封筒の裏側に、自分の住所と名前を書きます。 省略することなく、都道府県名から丁寧に書きましょう。 階数もきちんと調べて記入すれば送り間違いを防げます。 宛名には絶対に修正液を使わない 基本的に、封筒の宛名には修正液を使わないのがマナーです。 相手の名前を書き間違えることが、最も失礼であるという考えからきています。 書き損じてしまったら、新しい封筒を用意しましょう。 すでに切手を貼ってしまっていた場合には、切手の部分を水で湿らせてしばらく待てば、簡単にはがせます。 封筒の左下に「履歴書在中」と赤ペンで書き、四角で囲む 封筒の中に何が入っているかを相手に知らせましょう。 左下に赤ペンで「履歴書在中」と書き、四角で囲みます。 こう書かれていることで、配達員の方にも中身がわかりていねいに扱いをしてくれる可能性があります。 市販の履歴書には、あらかじめ朱書きが印刷されている封筒が同封されていることもあります。 送り状はシンプルに書く 履歴書に送り状を添えると、さらにていねいな印象を与えることができます。 送り状の目的は、直接顔の見えない相手にきちんと挨拶をすること、「こういった書類を送付させていただきます」とことわり書きをすることです。 よって、送り状での過剰なPRはやめ、シンプルに徹しましょう。 自己PRをするにしても、2~3行にとどめます。 封をしたら〆を書く 宛名書きを終え、履歴書と送り状を封筒に入れたら糊付けします。 その後、封をした部分の中央に「〆」と書きましょう。 密封を知らせるマークです。 〆切りに余裕をもって投函を 郵便物は、日本国内であれば1~2日で到着してしまいますが、油断は禁物です。 締め切りには余裕を持って投函しましょう。 「当日消印有効」の締め切り日になってしまったら、ポストに投函せず、郵便局の窓口へ直接持ち込むのが確実です。 近くに24時間開いている郵便窓口があるかどうかも事前に確認しておきましょう。 おわりに せっかく履歴書を完璧に書いたのだから、送付だってスマートに行いたいですよね。 マナーを守り、ていねいに送付を行えば、あなたの気持ちは必ず採用担当者に伝わります。 最後まで気を抜かず、確実に採用をゲットしましょう!.

次の

【履歴書の郵送完全ガイド】封筒の書き方から切手や送り状の疑問・簡易書留の有り無し・電話での催促方法まで徹底解説

履歴 書 送付 方法

これは、ビジネス社会のマナーです。 添え状は、応募書類に興味を持ってもらうためのものであり、採用担当者に読みたいと思わせるように、注意をひきつけるよう自己PRや志望動機などを盛り込んで作成します。 添え状は、つけて当然のビジネスマナー FAXやビジネス文書を送るときは、必ず添え状をつけます。 いきなりそれだけを送りつけるのはマナーに反する行為で、社会人としての常識を疑われます。 履歴書・職務経歴書を送るときもまったく同様で忘れずに添付したいのが添え状です。 これを応募書類につける人は少ないようですが、相手は面識のない採用担当者です。 簡単な挨拶状を送付するのは、礼儀の点でも当然です。 自己PR文の利用価値が上がる 礼儀上欠かせない添え状ですが、ただそれだけのものではありません。 それは自己PRとして活用すべきものでもあります。 履歴書や職務経歴書に書ききれなかった自分のアピールポイントは、この添え状を利用して書きましょう。 自分について知っておいてほしいことなど、職務経歴書に書くのはちょっと、と思われるようなことも、添え状になら無理なく書くことができます。 熱意を伝える『もう一つの手段』とも言えるのではないでしょうか。 応募書類に興味を持たせるインパクトを! ただ、添え状に自己PRをくどくど書くのは逆効果という場合があります。 添え状は、最初に目を通す物なので、長いと煩わしい印象を与えてしまい、履歴書や職務経歴書を熱心に読んでもらえなくなります。 添え状は、あくまでも応募書類を読んでもらうためのものです。 それには、書類に書いた自分のアピールポイントを拾い上げ、添え状の中に適宜入れ込んで採用担当者の注意を引きつけるようなメッセージを載せて纏めてみることが大事です。 添え状作成の心得 手書き・パソコンのどちらでもよい。 手書きの文字は印象的だが、最近は添え状もパソコンで作成する人が多く、どちらにするかは自分の考えで決めて構いません。 同封書類を手書きで作成されている場合には、手書きにするなど同封書類には合わせましょう。 用紙はA4サイズで1枚が基本 職務経歴書はA4サイズが一般的ですので、それに合わせて選定しましょう。 横書きにするのが一般的 ビジネスレターとして記載事項に数字や英字が含まれる場合を考慮すると、横書きを選ぶのが無難といえます。 文体は『です』『ます』調で統一 面識のない採用担当者へのあいさつも兼ねているので、『です』『ます』調を使った丁寧な書き方を心がけましょう。 関心を持たせる語句を入れ強弱をつける。 採用担当者は、関心を持った応募者の履歴書・職務経歴書はじっくりと目を通すものです。 文面には担当者の注意を引くような語句を入れて、自分に関心を持たせるようにしましょう。 添え状の基本スタイル 添え状は、例のとおり、表題に続いて『拝啓』などの頭語から書き始めます。 手紙を書きなれていないと堅苦しい感じがするかもしれませんが、正式な文書である以上、こうした決まり事を無視するわけにはいきません。 「前略」というのは、『あいさつは省略する』の意味なので、添え状で使うと採用担当者に失礼になります。 丁寧に『拝啓』で始め、終わりは『敬具』で締めましょう。 こうしたことは、社会人としての常識的なマナーです。

次の

履歴書を簡易書留で送るのは失礼?履歴書の郵送マナー解説|転職Hacks

履歴 書 送付 方法

【このページのまとめ】• ・これまで履歴書の提出は、手渡しや事前郵送が一般的だった ・管理のしやすさから、メールでの送付を求める企業が増えている ・求職者にとっても、情報を整理しやすい、作成時間の短縮が望める、すぐに送れるといったメリットがある ・その反面、送信後にミスが発覚するケースも多いので内容の確認は必須 ・履歴書ファイルを作成するには、手書きの履歴書をスキャナーで取り込む方法と、テンプレートを利用してWordやExcelで書き込む方法がある ・企業からの指定がある場合、それに従って作成しよう ・顔写真は、写真をスキャンする、またはデータ化サービスを実施している写真店を利用する ・履歴書の顔写真貼付け欄にデータをトリミングして貼り付ける ・履歴書ファイルには必ずパスワードを設定する ・パスワードを明記したメールは、履歴書ファイルと別に送信する 就活で「履歴書をメールで送ってください」と言われ、戸惑った経験はありませんか?特にパソコンに慣れていないと、履歴書の作成方法や顔写真の貼付方法、メールの書き方がわからないなど、基本となる要素でつまづいてしまう人がいるようです。 履歴書をメールで送る時の注意点をまとめたので、参考にしてみてください。 コンテンツ目次• しかし、インターネットサービスやパソコンツールなどが発達したことにより、最近では管理しやすいメール送付での履歴書提出を指定する企業が増加。 履歴書をパソコン上で作成・管理することは、応募者にも企業情報を整理しやすい、作成時間が手書きよりも短く済む、すぐ送れるといったメリットがあり、メールでの履歴書提出が一般的になりつつあります。 しかし、手軽さがある反面、送った後にミスが発覚することもあるため注意が必要です。 送る前には記載内容の確認以外にも誤字脱字など入念にチェックしておきましょう。 1つは、手書きで書いた履歴書をパソコンでスキャニングして作成する方法。 スキャン後の保存は、JPEGフォーマットを選びましょう。 もう1つは、履歴書のテンプレートをインターネットサイトからダウンロードしてWordやExcelで書き込む作成方法です。 こちらは、pdfに変換して送りましょう。 基本的にはどちらの方法で作っても大丈夫ですが、企業から指定があればそれに従ってください。 顔写真は、事前に撮った写真をプリンターを使いスキャニングして自分のパソコンに取り込むか、データ化サービスのある写真店を利用するなどして用意します。 パソコンに保存した顔写真は別のメールに添付するのではなく、手書きの場合と同様履歴書の貼付け欄にデータをトリミングして貼付けましょう。 また、履歴書は個人情報が記載されている書類です。 メール添付での送付であっても、部外者に漏れないよう注意しなければなりません。 送る時には必ず履歴書のファイルにパスワードを設定しておきましょう。 その際、履歴書のファイルと同じメールにパスワードを記載してしまうと、そのメールを見た人が簡単に開くことができてしまいます。 履歴書ファイルを添付したメールと、パスワードを記載したメールは分けて送るのが鉄則です。 パスワードを設定する方法は、使用するアプリケーションのバージョンによって違うため自分の使用しているパソコンの設定方法を確認しましょう。 自分の名前、このメールに履歴書を添付しているということ、ファイルにはパスワードを書けているため後でパスワードを明記したメールを送ること、連絡先などを記載しましょう。 「続けて送信するから」とパスワードを明記したメールでは名乗らないという選択は止めましょう。 人事担当者には多くのメールが届きますから、メールを送る際は必ず自分の名前を添えてください。 また、添付するファイルの名称も、履歴書や職務経歴書であること、誰の書類であるかが一目でわかるようにしましょう。 下記に例をご紹介しますので、参考にしてください。 ご指示いただきました履歴書と職務経歴書を、本メールに添付させていただきます。 お手数ではございますが、ご査収の程よろしくお願い申し上げます。 尚、応募書類にはパスワードを設定しております。 後ほどパスワードをお送りいたしますので、併せてご確認ください。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、何卒、よろしくお願い申し上げます。 先ほど送付させていただいた履歴書ファイルのパスワードをご連絡いたします。 ———————————— フルネーム 郵便番号: 住所: 電話番号: メールアドレス: ———————————— 履歴書をメールで送付する際のポイントをご紹介してきましたが、いかがでしたか? ハタラクティブでは履歴書の作成方法も詳しくアドバイス。 志望動機や自己PRの作成も合わせて指導しています。 就活に関することであれば、どんな小さなお悩みもお気軽にご相談ください。 おすすめ記事• 履歴書をメールで送る場合のルールとマナー• それでいいの?履歴書をメールで送る時• 【履歴書を送付するとき】郵送メールのやり方とは• 写真は必要?履歴書をメールで送るときの注意• 履歴書にメールアドレスを書く際のポイントと注意点• 履歴書をPDFで送りたい!メール作成時のマナーは?• 履歴書をメールで送るとき、写真データはどう準備する?• パソコンor 手書き…どちらの履歴書が適している?• 「採用ご担当者様」は間違ってる?宛先・宛名の正しいマナー• 履歴書の日付はいつが正しい?• 書類選考の合否メールがきた時、返信が必要なパターンは?• 履歴書を郵送する時のマナーとは?.

次の