国民年金基金 デメリット。 初めてでも安心!国民年金基金のメリットとデメリットがわかる

国民年金基金とは?国民年金との違いは?

国民年金基金 デメリット

国民年金基金とは 国民年金基金制度は、国民年金法の規定に基づく公的な年金であり、国民年金(老齢基礎年金)とセットで、自営業者など国民年金の第1号被保険者の老後の所得保障の役割を担うものです。 簡単に言えばサラリーマンの方は老後資金として厚生年金や厚生年金基金がありますが、自営業者の場合にはそれらがありません。 つまり、将来受け取る年金額に大きな差がでてしまうってことです。 これでは自営業者の老後が心配になりますよね。 そこでその差を緩和するために創設された公的な年金制度です。 2017年から会社員や公務員にも開放されたも同様な意味合いをもっています。 出典: 国民年金基金の掛け金額 国民年金基金上記の図のように自営業の方のための制度で国民年金合わせ年金制度の上乗せとして機能します。 会社員の方の厚生年金や厚生年金基金の代わりの部分ってことですね。 と合計して月に6万8千円まで掛けることが出来ます。 つまり、イデコに5万円加入していれば1万8千までしか国民年金基金には加入できないことになります。 また、どちらでも満額掛けていれば片方しか加入できません。 国民年金基金のメリット 国民年金基金のメリットとしては下記の2つがあります。 特に税金の節税効果は大きいですね。 所得税と住民税の節税効果 まず1つ目が所得税と住民税の節税が見込めることです。 個人型確定拠出年金(イデコ/iDeCo と同様に国民年金基金も全額が所得控除となります。 そのため払った金額が所得から控除して税金を計算することができます。 結果、所得税及び住民税が減ります。 例えば課税所得が500万の自営業者の場合でみてみましょう。 毎月満額の6万8千円を国民年金基金に積み立てたとします。 すると 年間で81万6千円の掛け金です。 それがそのまま 全額所得控除となり 24万4千8百円もの節税となります。 国民年金基金はあらかじめもらえる金額が確定しています。 そのため運用や経済状況に影響されません。 (基本的に) 終身年金であること もう一つが終身年金であることが挙げられます。 終身年金とは死ぬまでもらえますってことです。 こちらも個人型確定拠出年金(イデコ/iDeCo と大きく違う点になります。 公的なトンチン年金といってもよいかもしれません。 インフレに対応が微妙 もう一つのデメリットがインフレ対応が微妙なことです。 インフレとは物価があがっていくことで、予め年金額が決まっていることのデメリットといえます。 例えばこんなケースが考えられます。 月10万円の年金を国民年金基金からもらえることになった。 しかし、物価が現在と比較して将来は倍となっていれば実質的にもらえる年金の金額は5万円の価値ということになります。 こんなことないだろう?と思われるかもしれませんが、20年前の商品の値段と今の商品の値段を比較してみてください。 かなり上がっていると思います。 現在政府が年2%の物価上昇を目指して取り組んでいることもありますし、この部分はかなり大きいですね。 の場合、インフレの場合それに見合った運用で大きく資金が増えている可能性が高くなります。 インフレを考えるならイデコのほうがおすすめですね。 原則として60歳まで引き出せないこと 個人型確定拠出年金(イデコ/iDeCo と同様に原則として60歳まで引き出すことはできません。 もし、自由に引出したいのならば来年からスタートするがおすすめですね。 つまり、ある程度の余裕資金でやりなさいってことです。 同じような制度でというのもあります。 こちらは社長が退職金を作るための制度ですがこちらはイザというときに引き出せます。 小規模企業共済を使うのも一つの方法です。 また、同じくイザというときにお金が使え、かなり自由度が高く節税(税の繰り延べに近い)ができる制度にというのもあります。 こちらは健康保険を減らす効果もありますのでうまく使えば得をすることができます。 詳しくはこちらをご覧ください 準備金不足 国民年金基金の最大の問題がこれでしょう。 それが 準備金不足です。 準備金とは年金の支払いのために用意しているお金のことでそれが足りていないのです。 そのため 将来の給付に不安が残されているんですね・・・ これは過去契約者へ高い利率を約束していたことに起因します。 まあ、つまり設計上がどうだったかって話なんですよね・・・ 一般の生命保険等でこの状態はありえないんですよね・・・そうなる前に募集を中止します。 そのため加入にはかなりの不安がどうしても生じてしますのです。 加入時期による不公平感 もう一つが直接のデメリットというか心情的デメリットですが、加入時期による不公平感がすごいことがあります。 昔に加入した人の中には6.5%の利率や5.5%の利率で契約した人が多数います。 しかし、今加入すると1.5%の利率しかなく、かなり不公平感のある契約となっています。 つまり実質的に その人達の部分も支えてあげなければいけない契約ってことです。 そこに不満を感じる方はのように個人ごとの勘定になっている方が良いかもしれません。 (一応、国民年金基金も個人勘定とはいっていますが実質そうなってはいないようです) 個人型確定拠出年金(イデコ)についてはこちらをご覧ください。 国民年金基金に加入するには 国民年金基金は職業別と地域別が用意されています。 職業別なら引越ししても特に手続きは必要ありませんが、転職した場合に手続きが必要になります。 地域別は引越しした場合に手続きが必要ですが職業を変えても(自営のままなら)特に手続きは必要ありません。 どちらかの協会に申し込みをする形となります。 しかし、地域別は解散して一つとなることが決まっています。 まとめ 国民年金基金は確定拠出年金と並んで有利な制度です。 しかし、個人型確定拠出年金 iDeCo と合わせて上限が決められているためそれぞれのメリット・デメリットを加味した上でどちらに加入するか、それとも両方に分けて加入するか決める必要があります。 個人的には インフレの問題、不公平感の問題、準備金不足の問題を加味すると 個人型確定拠出年金(イデコ/iDeCo)の方がおすすめです。 付加年金に入れないことも大きいですしね。 iDeCo(イデコ)との比較はこちら.

次の

国民年金基金とそのメリット、デメリット

国民年金基金 デメリット

com) 国民年金基金は、国民年金法にもとづく公的年金です。 <加入できる人>• 自営業やその家族、学生、自由業など国民年金の第1号被保険者(農業者年金加入者と国民保険料免除者除く)• 任意で国民年金保険料を払っている60~65歳の人と海外居住者 以上の人が対象となりますが、国民年金や厚生年金と違い加入は任意です。 毎月払う「掛金」は口数制で、選択する給付の型(終身型、確定型)、加入口数、加入時の年齢、性別により掛金額が決まります。 掛金の上限は6万8000円。 年金の種類は60歳または65歳から支給される老齢年金と、遺族に支給される遺族一時金があります。 国民年金基金のメリットとデメリット (写真=PIXTA) 国民年金基金のメリットは、自分で掛金を調整しながら一生支給される年金を確保できることです。 また、掛金が全額所得控除、将来の年金も公的年金控除になる点も見逃せません。 加入時の運用利回りである予定利率がずっと適用されるのもメリットのひとつです。 一方、デメリットもあります。 半額負担の厚生年金と違い、掛金が全額自己負担となる点は大きなデメリットといえるでしょう。 また、運用利率が年々下がっているのも気になります。 しかし、現在も運用利回りは1%を超えています。 年利0. 01%ほどの銀行定期預金に比べれば、かなりの高金利です。 そのことから、現状ではメリットの方が大きいと言えます。 com) なにかとメリットが多い国民年金基金ですが、破綻のリスクが気になる人も多いでしょう。 国民年金基金は公的年金で国の管理のもとで運用が行われています。 また、各種報道からもわかる通り、国は現在進行形で公的年金の存続を模索しています。 近年、少子高齢化の影響で年金財政が揺れています。 国民年金基金が破綻しない可能性がゼロとは言い切れませんが、民間の保険会社が運用する個人年金保険などに比べると破綻リスクは小さいと言えるでしょう。 完全なる破綻のリスクは低い一方、国民年金や厚生年金と同様に、年金の繰り下げ支給や支給額の減額の可能性はあります。 それに備えてより貯蓄に励んだり、シニアになっても働いたりするなど、老後資金の確保はしておいた方がより安心でしょう。 アラフォーなら国民年金基金に20年以上加入できる (写真=PIXTA) 年金支給年齢まで20年以上あるアラフォーの人は、国民年金基金への加入をおすすめします。 公的年金である国民年金基金は、低コスト、低リスクで将来の年金額を終身、増やすことが可能です。 たとえば、年収400万円で40歳0ヵ月の女性がすぐ加入した場合、毎月約1万5,000円の掛金で国民年金に上乗せできる年金は年間で18万円、月単位だと1万5000円です。 また、掛金は所得控除、年金として受け取る際は公的年金控除の対象となり、確定申告で税金や社会保険料も減額されます。 ただ、40代後半になると掛金は高くなり、反比例して将来もらえる年金額は大きく減ってしまう傾向です。 それを考えると、加入を検討中の人は早く決断した方がいいかもしれません。 アラフィフなら国民年金基金とiDeCoとの併用もあり (写真=PIXTA) アラフィフは、加入期間が短くなる分、掛金の金額が上がり、年金額は下がります。 ただ、国民年金基金は65歳まで加入できるため、一生現役で自営業を続けるなら65歳まで掛金を払う選択肢もあるでしょう。 加入すれば確実に年金額を増やすことができ、それが一生続きます。 それだけでも、国民年金基金に加入する意義は十分にあるといえます。 また、多少リスクは上がりますが、国の私的年金制度であるiDeCoとの併用も検討するとよいでしょう。 iDeCoは自分で運用商品を選び、運用する必要がありますが、積み立てた金額は全額所得控除の対象です。 また、受給時に公的年金控除や退職一時金控除がある点も見逃せません。 ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。 国民年金基金は破綻リスクよりメリットの方が大きい (写真=PIXTA) 自営業などの老後を支える国民年金基金は、デメリットや破綻のリスクよりもメリットの方が大きい公的年金です。 特に、一生国民年金に上乗せでき、掛金が全額所得控除の対象となる点は、預貯金や投資商品などにはない大きな魅力でしょう。 特に、年金受給年齢まで20年ほどある場合は、国民年金基金に加入すれば、低リスク、低コストで年金を増やせます。 ぜひ前向きに加入を検討してみましょう。 iDeCo(個人型確定拠出年金)を始めてみる iDeCo(個人型確定拠出年金)は「じぶん年金」の決定版であり、老後の資産づくりのための最強の制度です。 iDeCoの魅力はたくさんありますが、特に次の3つが大きな魅力です。 ・税金の面でとても優遇されている ・毎月5千円から始められる ・投資信託の手数料がとても安い 老後に向けた準備としてiDeCoを始めるのに、おすすめのネット証券をご紹介致します。 1で10 年の実績をもつネット証券 最大手 ・iDeCo専用ロボアドバイ ザーによって好みに合った 商品を選択できる 資産運用しやすい管理画面 と無料セミナーなどの充実 したサポート 残高に応じてau WALLETポ イントが貯まる(一部商品) ロボアドバイザーによるiDe Co専用無料ポートフォリオ 診断があり、簡単な質問に 答えるだけで最適な資産運 用が可能 「iDeCoシミュレーター」で iDeCoを利用した場合の節税 額を簡単にチェックできる 文・大岩楓 【こちらの記事もおすすめ】 > > > > >.

次の

国民年金基金とそのメリット、デメリット

国民年金基金 デメリット

国民年金基金は自営業者にとって、老後の生活費を確保するための主要な手段の1つです。 そこで、今回は国民年金基金に加入すべきかどうかを判断するために必要な点について解説します。 国民年金基金とは 国民年金基金とは、国民年金法の規定に基づいて作られた公的な年金制度です。 自営業者などの第1号被保険者が老後に受け取れる年金は、何もしなければ1階部分にあたる老齢基礎年金のみです(会社員や公務員だった期間に相当する分は老齢厚生年金も受け取れます)。 2019年4月1日現在、老齢基礎年金の年額は満額で78万100円なので、月額にすると約6万5000円にすぎません。 生活費として決して十分な金額とは言えませんので、何らかの形で不足分を補うことが必要です。 ただし、保険料を免除されている人や農業者年金の被保険者は加入できません。 ・60歳になったとき(海外に転居し国民年金に任意加入している場合を除く) ・国民年金の任意加入被保険者でなくなったとき ・会社員になったなどの理由で、国民年金の第1号被保険者でなくなったとき ・加入者本人が死亡したとき ・国民年金の保険料を免除されたとき 国民年金基金に加入するメリット 国民年金基金には、以下の2つのメリットがあります。 支払った掛け金は全額が所得控除の対象となるので、所得税や住民税がその分、安くなります。 将来受け取れる金額があらかじめ分かっているので安心できます。 国民年金基金のデメリット 国民年金基金のデメリットとしては、以下の2点を挙げることができます。 また、掛け金として支払ったお金を引き出すこともできません。 そのため、物価が上昇したときは実質の価値が下がってしまいます。 あなたの掛け金と年金額はいくら? 国民年金基金に加入して支払う掛け金は、受け取りたい年金額と加入時の年齢等によって決まります。 国民年金基金は最低1口から加入でき、1口目について受け取れる年金は1万5000円、2口目以降は5000円と決められています(加算額を除く)。 この場合の掛け金総額は以下のように計算します。 50代の掛け金と年金額は以下のとおりです。 (国民年金基金「掛金月額表」より筆者作成) (国民年金基金「掛金月額表」より筆者作成) 仮に、52歳1月の男性が月に約2万円の終身年金(保証期間なし)を受け取りたいと考えた場合、掛け金は以下のように計算します。 まとめ 老後の資金を作る方法としての国民年金基金はiDeCoと並び、税制面のメリットが大きいです。 国民年金基金は終身年金とすることができるので、長生きしたときの生活費を確保するうえで有力な手段になります。 そのため、自営業者なら一度はしっかりと検討してみることをおすすめします。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の