うるか ちゃん 横綱。 「ぼくたちは勉強ができない」、アニメではうるかエンド なぜか火の丸相撲の刃皇関がトレンド入り・・・情報がSNSで拡散される

ぼくたちは勉強ができないで『うるか』が話題に!【ぼく勉】

うるか ちゃん 横綱

第13話 「祭の終わりは寂しくも華やかに[X]どもを祝福する」 そんなの…うるかちゃんが幸せだよねぇ…! そんなわけでまさかまさかのうるかEND。 これにはもビックリ。 いやまだ原作でもこうなるかは確定ではないしそもそもアニオリで文化祭以降全部すっ飛ばした超展開だったのでこれを鵜呑みにするのは危険なのだが。 ただ少なくとも文化祭で花火の時に手を取ったのはうるかちゃんで確定かなーと。 流石にあの場面は勝手に改変しないだろうし。 それ認めると結局将来的にうるかちゃんEND確定ってことになってしまうのだが結局のところ原作がどうなるかは原作を待ってみないことには。 と言うかここまでがっつり展開カットされるとは思わなかった。 合格や卒業飛ばした以上3期は確実にないってことなんだろうけどもうちょっと気を持たせる終わり方をするとばかり。 ぶっちゃけ最後があまりにも衝撃的だったせいで今回前半部分ほとんど頭からスっぽ抜けてしまったじゃあないか…! まぁそこまで内容があったわけでもないただのドタバタでしかなかったのだが。 それこそ花火の時の相手は誰だったのかくらいしか気にならなかったし。 しかしアニオリにせよ原作先取りにせようるかちゃんルートがほぼほぼ見えてる終わり方になるとは散々ネタにされ…もとい愛されてきた甲斐があったと言うべきか。 正直うるかファンですら勝ち目があるとは思ってなかった気がするし。 行動がいちいち失恋敗北者ルートそのものなので。 これで原作は別の子ですとかなったらあの黙っていませんね…いやそれやったら本当にうるかファンを無駄に傷つけるぞ。 誰ENDになるかはひとまず置いといて、2期は1期で培った人間関係中心のラ寄りになってワチャワチャ感が増えたのが良かったかなと。 初期は理系も文系ももうちょっと距離あってうるかちゃんくらいしか身近な感じではなかったのだが1期で距離を縮めてからの2期はそりゃラブラブがコメコメもするわなと。 そこに先生や先輩の出番も増えて必然的に1人辺りの尺が減ってしまうのはご愛嬌。 2期部分で1番ワリ食ったのは多分理系ちゃんだろうけど。 逆に文系ちゃんは2期部分で圧倒的ヒロインポイント稼ぐ形で終わったけど恋を自覚する話はまさにアニメで飛ばされた辺りの話なのでちと片手落ち感が。 どちらにせようるかちゃんが勝利するなら意味のない自覚ではあるのだが!自覚した2~3ヶ月で失恋するのも残酷ではある。 先生END?先生好きだけど多分ないでしょう。 アリシゼーション War of 第12話 「一筋の光」 4000のが。 一応分割前半の最終回だと言うのにまったく終わる感のない最終回であった。 もうここまで来たらどこが節目ってこともないだろうし既に後半発表してるしで取り繕う必要もないのだろうが。 そんな肝心の後半は春からだっけ、ならそんなに待つ必要もないし続きもすぐ見られるかな。 本編の方は海外プレイヤーがおよそ数千だの数万だの言ってるのにほんの少数のネームドキャラが暴れるだけで人がゴミのような無双ゲーに早変わり。 敵も味方も気軽に別ーの高レベルキャラをコンバートしてくるものだから一般参加の人が悲しいことに。 大量生産モブキャラは画一的に全身鎧を着込んでるけど見た感じ豆腐のような防御力しかなさそうだしヘタすれば全員レベル1なのでは。 ただ油断していたらと言えど腕を斬られる程度にはダメージを与えることが出来るようだしどういうバランスなんだろうこのゲーム。 そもそもシミュレーターであってゲームではないのか。 一般ユーザー的には大して変わりないようだけど。 しかしまぁ現状男衆が昏睡キリトさん、おじさん、覚醒したての若者、あとくらいしかいないせいなのかなぜかダークサイド側の拳闘士ボーイが主人公ムーブするハメになるとは。 自力で目の封印打ち破って第二のアリスみたいになってるけどは遠くのアリスより身近な拳闘士から味見すべきだったのでは…。

次の

【ぼく勉】「うるかエンドに納得できない人」向けに、可愛いうるかをまとめてみたよ【横綱以外も大満足】

うるか ちゃん 横綱

第13話 「祭の終わりは寂しくも華やかに[X]どもを祝福する」 そんなの…うるかちゃんが幸せだよねぇ…! そんなわけでまさかまさかのうるかEND。 これにはもビックリ。 いやまだ原作でもこうなるかは確定ではないしそもそもアニオリで文化祭以降全部すっ飛ばした超展開だったのでこれを鵜呑みにするのは危険なのだが。 ただ少なくとも文化祭で花火の時に手を取ったのはうるかちゃんで確定かなーと。 流石にあの場面は勝手に改変しないだろうし。 それ認めると結局将来的にうるかちゃんEND確定ってことになってしまうのだが結局のところ原作がどうなるかは原作を待ってみないことには。 と言うかここまでがっつり展開カットされるとは思わなかった。 合格や卒業飛ばした以上3期は確実にないってことなんだろうけどもうちょっと気を持たせる終わり方をするとばかり。 ぶっちゃけ最後があまりにも衝撃的だったせいで今回前半部分ほとんど頭からスっぽ抜けてしまったじゃあないか…! まぁそこまで内容があったわけでもないただのドタバタでしかなかったのだが。 それこそ花火の時の相手は誰だったのかくらいしか気にならなかったし。 しかしアニオリにせよ原作先取りにせようるかちゃんルートがほぼほぼ見えてる終わり方になるとは散々ネタにされ…もとい愛されてきた甲斐があったと言うべきか。 正直うるかファンですら勝ち目があるとは思ってなかった気がするし。 行動がいちいち失恋敗北者ルートそのものなので。 これで原作は別の子ですとかなったらあの黙っていませんね…いやそれやったら本当にうるかファンを無駄に傷つけるぞ。 誰ENDになるかはひとまず置いといて、2期は1期で培った人間関係中心のラ寄りになってワチャワチャ感が増えたのが良かったかなと。 初期は理系も文系ももうちょっと距離あってうるかちゃんくらいしか身近な感じではなかったのだが1期で距離を縮めてからの2期はそりゃラブラブがコメコメもするわなと。 そこに先生や先輩の出番も増えて必然的に1人辺りの尺が減ってしまうのはご愛嬌。 2期部分で1番ワリ食ったのは多分理系ちゃんだろうけど。 逆に文系ちゃんは2期部分で圧倒的ヒロインポイント稼ぐ形で終わったけど恋を自覚する話はまさにアニメで飛ばされた辺りの話なのでちと片手落ち感が。 どちらにせようるかちゃんが勝利するなら意味のない自覚ではあるのだが!自覚した2~3ヶ月で失恋するのも残酷ではある。 先生END?先生好きだけど多分ないでしょう。 アリシゼーション War of 第12話 「一筋の光」 4000のが。 一応分割前半の最終回だと言うのにまったく終わる感のない最終回であった。 もうここまで来たらどこが節目ってこともないだろうし既に後半発表してるしで取り繕う必要もないのだろうが。 そんな肝心の後半は春からだっけ、ならそんなに待つ必要もないし続きもすぐ見られるかな。 本編の方は海外プレイヤーがおよそ数千だの数万だの言ってるのにほんの少数のネームドキャラが暴れるだけで人がゴミのような無双ゲーに早変わり。 敵も味方も気軽に別ーの高レベルキャラをコンバートしてくるものだから一般参加の人が悲しいことに。 大量生産モブキャラは画一的に全身鎧を着込んでるけど見た感じ豆腐のような防御力しかなさそうだしヘタすれば全員レベル1なのでは。 ただ油断していたらと言えど腕を斬られる程度にはダメージを与えることが出来るようだしどういうバランスなんだろうこのゲーム。 そもそもシミュレーターであってゲームではないのか。 一般ユーザー的には大して変わりないようだけど。 しかしまぁ現状男衆が昏睡キリトさん、おじさん、覚醒したての若者、あとくらいしかいないせいなのかなぜかダークサイド側の拳闘士ボーイが主人公ムーブするハメになるとは。 自力で目の封印打ち破って第二のアリスみたいになってるけどは遠くのアリスより身近な拳闘士から味見すべきだったのでは…。

次の

横綱とは (ヨコヅナとは) [単語記事]

うるか ちゃん 横綱

・まだどんでん返しが残されていて、そこで告白させる ・告白することでヒロインが余計に傷つくことを回避した の2つが挙がった。 でも、この前のページにあるとおり、 文乃が 「心のままに動いた」 結果だから受け入れたい。 ちなみに、文乃の心の中のセリフは、 アニメ2期OPの歌詞からきている。 原作 大好きな君の「答え」を 笑顔で受け取るよ アニメ 君から出した答えだから 笑顔で受け取るよ つらすぎる… もう明るい気持ちで聴けないぞこの曲 さて、告白の機会が与えられなかった理由として 思いついた2つめのことについて。 賛否両論あると思うが、 「告白することでヒロインが余計に傷つくことを回避」 したのかな、と思う。 「ぼく勉」は基本的に 優しい世界。 卒業旅行回のうるかを見てくださいよ 繰り返しになるけど、ぼく勉は基本的に優しい世界。 ニセコイでは不遇な小野寺をマジパテで救った。 童話で悲しい結末を迎える人魚姫をぼく勉で救った。 理珠と文乃に親指姫や眠り姫を使ったのは、元の童話できちんと恋愛でハッピーエンドを迎えてるからなのではないでしょうか… — 洋菓子 YougashiYogashi これは説得力がある ホントに優しい世界だよ.

次の