今 しばらく お待ち ください 意味。 「お待ちください」は敬語?メールでの使い方と返信方法を解説

「今しばらく」の意味と使い方・例文

今 しばらく お待ち ください 意味

同じ意味で「ちょっと待って」などとなり、親しい間柄であればこちらが自然です。 では、どのような表現があるのでしょうか? 下記がその一例です。 Wait a minute. Just a moment. 」より多少丁寧な言い方です。 これも「a minute」や「a second」に変更しても意味はさほど変わりません。 Give me a second. 」という表現もあります。 また、「ちょっと待って、すぐに戻るから」などの場合は 「Wait a second. 」の表現もよく使います。 それと、少し怒り気味の時は、 「Wait a minute, will you? 」など少し声のトーンを上げて言うと相手に伝わります。 「Relax! (落ち着いて!)」という表現なども場面によっては「ちょっと待って」と同じ意味で使えますね。 『』でも解説していますので参考にしてみて下さい。 2.接客やビジネスメールで丁寧な使える「少々お待ちください」の英語 飲食店、販売店(アパレルなど)、または様々な職種でも「少々お待ちください」という時はありますね。 口頭で言う場合とメールで「少々お待ちいただけますでしょうか?」など、相手に丁寧にお願いする場合は、どのような表現がいいのでしょうか? 先ほどのカジュアルな表現では相手に不快感を与える場合があるので注意しましょう! それではネイティブがよく使うフォーマルで丁寧な「少々お待ちください」をご紹介します。 丁寧でフォーマルな「少々お待ちください」の英語 例えば、販売店などの接客で、「在庫を確認してまいりますので、少々お待ちください」という場合は丁寧な言い方が必要でが、次のような表現を使います。 Just a moment, please. 「Just a second, please」などでも同様です。 Would you wait for a moment? この最後に「please」を付けても構いません。 また、 「Would you mind waiting for a minute? 」(あなたは少しの間待つことを気にしますか?=少々お待ちいただけますでしょうか?)という表現もあります。 また、待っていただいた後には必ず「Thank you very much for waiting. 」、イライラせずに待つことを理解して頂いた場合は「Thank you for your patience. 」という英文を言って感謝の気持ちを伝えるのがマナーですね。 「数日お待ちください」の英語 ビジネスの取引先に、「ご回答まで数日お待ちください」とメールなどで伝える場合もあります。 I would appreciate if you could wait for a few days. :数日間お待ちいただけるのであれば感謝申し上げます。 I will get back in a few days. 」(どうか数日間お待ちいただけますでしょうか?なるべく早く回答いたします)という表現もできます。 「確認中ですので少々お待ちください」の英語 「確認中ですのでしばらくお待ちください」とメールする時もありますよね。 実はこれも「数日間お待ちください」と同じような表現でもOKです。 あえて「確認中」という表現を使わなくても相手に通じます。 あえて「確認中」という英語をつかうのであれば、下記のような例文を参考にしてみて下さい。 Please kindly wait for a moment. We are still checking. I really appreciate your patience. We are in the middle of checking. また、直訳で「あなたの我慢には大変感謝しております」という表現を付けることで感謝の気持ちを相手に伝えています。 「お時間がかかりますので少々お待ちください」の英語 「時間がかかりますので、そこに座って少々お待ちください」とう場面もありますね。 これも先ほどの「確認中」と同じで、あえて「お時間がかかりますので」を伝えるのが必須ではありません。 伝える場合は、下記の例文を参考にしてみて下さい。 Please kindly wait for a moment. Would you mind waiting for a moment? It takes a while. 「some time」や「a while」は少々という意味の時に使う表現です。 また、「時間がかかる」の英語は『』の記事で詳しく解説しています。 3.ビジネス電話でも使える「少々お待ちください」の英語 相手が外国人で電話に出て第三者に電話を取り次ぐときによく使いますね。 その時は次のような表現があります。 Please hold on. 」でもOKです。 Please hang on a second. Hold on the line, please このようにあまり長くならずに 簡潔に短く「少々お待ちください」を伝えるのがポイントです。 また、電話での対応など詳しく知りたい方は、『』の記事も参考にしてみて下さい。 まとめ:「少々お待ちください」を使い分けるのがポイント このように、電話なのか、今現在相手が目の前にいるのか、ビジネスメールで伝えるのかで表現が多少異なります。 また、カジュアルとフォーマルに丁寧なのかにより文頭、文末にくる単語も違いますね。 単純に「少々お待ちください」を言うのか、または感謝の気持ちを伝えた方がベターなのかなど、その場面により使い分けるようにしましょう!• 」 あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか? また、英語をマスターした人だけが知っている 「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか? そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。 2つの資格とも一発取得です。 本来、英語は一番カンタンな言語です。 それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。 今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた 「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」を 無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。 ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。 これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。 短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。 机に30分も座れない・・・ テストは常に赤点(偏差値40)・・・ 英語とは無縁の人生だった・・・ そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、 正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。 興味がある方に、 今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。 このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

次の

「今しばらくお待ちください」の使い方や注意点

今 しばらく お待ち ください 意味

「今しばらくお待ちください」の「今しばらく」とはどのくらい待つのでしょうか。 似たような意味の言葉には「少々」「しばし」といった言葉もあり、それぞれの言葉によって待つ時間や期間が変わってきます。 「今しばらく」は「少しの間」を指すのですが、「少しの間」とはどれくらいの期間なのでしょうか。 「今しばらくお待ちください」と言われた時に「すごく長い時間待たされる」のか、それとも「ほんの少しの時間だけ待たされるのか」、イメージは人により、また状況により変わってくるかと思います。 そもそも待つ時間が5分と分かっていれば「5分程お待ちください」という言い方になるかと思います。 「今しばらくお待ちください」と言われている場合の「今しばらく」は、少なくとも具体的な時間や期間を示せないからこそ使われる期間と言えるかと思います。 相手に対しての気遣いの気持ちがあるなら、なるべく待たせないということ、また相手の予定もあるので分かる限り正確な待ち時間を伝えようと努力をするでしょう。 「今しばらくお待ちください」の期間はどのくらい?状況によります 「今しばらく」の期間は状況により変わってきます。 具体的に約何分、約何日という定義はありません。 「今しばらく」という言葉には相手への気遣いが示されています。 前提としては「今しばらくお待ちください」という言葉には「お待たせして申し訳ありませんができるだけ早く対応します」という意味合いも込められています。 そういった意味では「今しばらく」という言葉を使うにあたっては相手への気遣いがある前提になるので、相手方もその言葉に対して悪い印象は持たない言葉で、これはビジネスを円滑に進める言葉であると言えるでしょう。 とはいえ相手方と想像する意味や期間のイメージがずれてしまうと、ビジネスを円滑に進めるツールとしての「今しばらくお待ちください」という表現の活用が難しくなってしまいますので、それぞれのワードについてどのくらい待ってもらうのか、その期間とワードの使い方を見ていきましょう。 「今しばらく」と「少々」「しばし」「もうしばらく」の違い 「今しばらく」と意味はほぼ同じ 「今しばらく」「少々」「しばし」「もうしばらく」はどのくらいの期間を指す言葉なのでしょうか。 結論から言ってしまうとどの言葉もほどんど指す期間については変わらないということになります。 意味は同じ言葉になります。 ただし、状況によってどの言葉を使うかで、相手に与える期間の印象は変わってくる言葉になります。 もう少し詳しく説明をすると「今しばらく」「少々」「しばし」「もうしばらく」はそれぞれ使うシチュエーションによって5分程度を指す場合もありますし10分程度を指す場合もあります。 また長ければ数日、あるいは数ヶ月を指すこともあります。 どのくらいの期間になるのかは本当にケースバイケースなのです。 ただし「今しばらく」「少々」「しばし」「もうしばらく」にはそれぞれに含まれるニュアンスによって使い分けることで、具体的にどのくらいの時間を要するのかをはぐらかしつつ、相手の機嫌を損ねないようなコミュニケーションの取り方が可能になりますので、ひとつひとつのワードを見ていきましょう。 「少々」の意味と期間 「少々」待っていただき「しばし」待っていただいた、それでもまだ待っていただかなければならない場合、「今しばらく」お待ちいただくことになります。 しかしながらもっと待っていただかなければならない場合はこの「もうしばらく」を使うことになります。 もうここまで説明すれば、期間のイメージは湧きましたよね? つまり、「少々」<「しばし(しばらく)」<「今しばらく」<「もうしばらく」という順番で期間がどんどん長くなっていきます。 また、ここで言及すべきは最初に使う言葉は「少々」か「しばし(しばらく)」であり、その次に使う言葉が「今しばらく」もしくは「もうしばらく」になります。 「もうしばらく」という言葉を使う段階になると、ただどの言葉を使うかを考えるだけでなく、相手方に対しての気遣いもして、しっかりとアフターケアをしなければなりません。 敬語全般に言えることですが、敬語にはそれに相応する気遣いの言葉や行動が必要になるのです。 「今しばらくお待ちください」は正しい敬語? 「今しばらくお待ちください」は正しい敬語です 期間や使い方の注意点は上述していますので、ここからは例文を見ながら使い方をマスターしていきましょう。 敬語を使いこなすポイントは前後の文脈にも誠意を込めることになります。 そういった使い方を文例にしていきます。 ・ご提出が遅くなりまして申し訳ございません。 今しばらくお待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・〇〇のご訪問が遅れており大変申し訳ございません。 ただ今赤坂を通過したと連絡を受けております。 今しばらくお待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・回答が遅れており申し訳ございません。 明日までに回答致しますので、今しばらくお待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・〇〇はただ今席に戻るかと思われます。 申し訳ありませんが、今しばらくお待ちいただけますでしょうか。 ・〇〇からのメールがまだ届いていなのですね。 大変申し訳ありませんが〇〇へ催促いたしますので、今しばらくお待ちいただけますでしょうか。 ・書類が届いていないとのことですね。 お待たせして申し訳ありません。 確認致しますので、今しばらくお待ちいただけますでしょうか。 折り返し担当からご連絡をさせていただきます。 「今しばらく」を使うシチュエーションとしては、指定した期限を過ぎている場合になります。 そのため、謝罪と今後の対応や再度期限の設定をした上で「今しばらく」という言葉を添える必要があります。 次のアクションに移せる目途が立っている場合は少々を使います。 ・担当よりすでに送信をさせていただいているのですがファイルが重いため、メールの到着が遅れているものと存じます。 少々お待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・すでに青山には到着していると連絡を受けておりますので、そろそろ到着するものと思われます。 少々お待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・確認しましたところ、レターパックは本日到着予定になっております。 配送中かと思われますので少々お待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・資料は概ね完成しているのですが、修正にお時間をいただいているところでございます。 しばしお待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・〇〇は今週中海外出張になりますので、来週月曜に戻り次第対応をさせていただきますので、しばしお待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・郵送物は本日お送りいたしますので、来週の頭には届くかと思われます。 しばしお待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・〇〇は今、訪問先から帰社しているとことでございます。 しばしこちらの方でお待ちいただけますでしょうか。 15分から20分程度で戻るかと思われます。 ・大変失礼致しました。 ただ今オーダーのお品は調理中でございますので、しばしお待ちいただけますでしょうか。 あと10分程度でお出しできるかと思います。 ・お荷物が今、別の支店に届いてしまっているようです。 こちらの支店に届きましたらご連絡いたしますので、しばしお待ちいただけますでしょうか。 遅くても明後日にはお受け取りいただけるかと思います。 ・先週一杯お時間をいただいたにもかかわらず、まだ部品が届かずに修理に着手できていない状況です。 もうしばらくお待ちいただけますでしょうか。 修理が完了しましたら、こちらからご連絡をさせていただきます。 「今しばらく」の類語を使い分けてビジネスを有利に進めよう 「今しばらく」「少々」「しばし」「もうしばらく」の使い分けについてはもうマスターされたと思います。 文例の使い方も踏まえて、ワンランク上のステージで活躍できるように、こういった微妙なニュアンスの敬語をしっかり使いこなしていきましょう。

次の

「今しばらく」の意味と使い方・例文・「もうしばらく」の違い

今 しばらく お待ち ください 意味

「今しばらく」はどれくらいの期間? 「今しばらく」は何分といった時間や何日といった期間ははっきりとはしていませんが、それほど長い時間でないことを表します。 「今しばらく」と言っておいて、長い間待たせてしまうと、相手が思っている以上に待たせることになってしまい、大変失礼になります。 一ヶ月以上の長時間もしくは長期間待たせてしまう場合は使用しないようにしましょう。 もし、長時間待たせてしまう場合には「多少お時間をいただきます」「お時間拝借してもよろしいでしょうか」などと、長く時間を要することがわかるフレーズを使うようにします。 「今しばらく」の使い方と例文 「今しばらく」は「すぐではないけれど、さほど時間がかからないさま」という意味合いで、やや短い期間相手を待たせる場合や、少しのあいだ時間がほしい場合に用います。 「現在サイトをリニューアル中です。 今しばらくお待ちください」「ダウンロード中です、今しばらくお待ちください」といったように使われますよね。 「今しばらく」は「もう少し」と同じ意味ですが、「今しばらく」は丁寧な言い方なので、目上の人に対して使うことができます。 ただ、「今しばらく」を使用するときは、相手に待機や保留を求める状況のことがほとんどです。 それにより、相手に迷惑をかけている可能性があるので、「今しばらく」を用いる際は「申し訳ありませんが、今しばらくお待ちください」などと お詫びの言葉を付けるようにしましょう。 例文 ・ただいまダウンロード中です。 今しばらくお待ちください。 ・ありがとうございます。 すぐにお返事いたしますので、今しばらくお待ちいただけますでしょうか。 ・乗っていた電車が事故の影響で止まってしまい、今しばらくは動きそうにない。 ・資金不足で、今しばらくはこの計画もこれ以上は進められそうにない。 ・今しばらくはこのまま隠れていて、脱走する機会をうかがうしかなさそうだ。 ・それが現実になるには、今しばらく時間がかかりそうだ。 こちらにおかけになって今しばらくお待ちください。 ・大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。 現在ウェブサイトのメンテナンスを行なっております。 終了予定は午後4時となっていますので、今しばらくお待ちください。 「今しばらく」の類語との使い分け もうしばらく 「もう」は 「あとわずかの時間で、ある事態になるさま」「間もなく」「やがて」を意味します。 「もう終わります」「もう帰ります」などと言いますよね。 「もうしばらく」はすでに待たせた後にも関わらず、予想以上に時間がかかる場合に使います。 「今しばらく」と言うよりも「もうしばらく」と言った方が、待たせる時間が長いイメージになります。 少々 「少々」は 「すくないさま」「わずかなこと」「少し」を意味します。 「少々不満があります」「塩を少々、胡椒を少々」などと使いますよね。 「少々」は主に、 ほんのしばらくの間、主に数秒間から数分間の間、相手に時間を求めるときに使用します。 主に2分間〜3分間、長くても5分間をイメージする感じです。 ですので、極端に長く待たせてしまう場合には「少々」は使用しません。 会話や接客用語など、「少々」は幅広く使われている言葉です。 「少々」は「今しばらく」と似ていますが、「少々」の方が「今しばらく」よりも、相手を待たす時間が短いイメージになります。 「今しばらくお待ちください」の使い方 「お待ちください」は、 ・「お」=尊敬を表す接頭語 ・「待つ」 ・「ください」=丁寧語 で成り立っています。 「今しばらくお待ちください」といった場合は、 「すぐではないけれど、少しの間待ってほしい」というときに使います。 例えばメールなどで、相手からの問い合わせに回答する場合、まだ回答がはっきりしないときに「お急ぎのところ大変恐縮ですが、今しばらくお待ちください」と使用するのが一般的です。 「お待ちください」は敬語として正しい表現です。 ただ「お待ちください」は待つことを強いるようなニュアンスのため、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 「今しばらくお待ちください」のその他の言い回し 今しばらくお待ちいただけますか 「お待ちいただけますか」は、 ・「お」=尊敬を表す接頭語 ・「待つ」 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「お待ちください」は「相手が待ってくれる」という意味で、「お待ちいただく」は「相手に待ってもらう」という意味です。 「ください」の場合は動作の主体は相手になり、「いただく」の場合は動作の主体は自分になります。 「今しばらくお待ちください」だと相手に待つことを強いているようなニュアンスになりますが、 「もう少しの間、お待ちいただけますか」は相手の意向を確認するような言い方のため、非常に丁寧な表現です。 ちなみに「お待ちいただけますでしょうか」としてしまうと、「ます」と「です」で二重敬語になってしまうため誤りになります。 今しばらくお待ちいただけると幸いです 「幸いです」は、「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」ということを意味しています。 「幸いです」はビジネスメールなどで、相手に何かを依頼するときに用いることが多いです。 依頼をするときに使う「幸いです」は、「〜してくれるとありがたい」を意味します。 「今しばらくお待ちいただけると幸いです」は 「もう少しの間、待っていていただけるとありがたいです」という意味合いになります。 「今しばらくお待ちください」と頼むよりも「今しばらくお待ちいただければ幸いです」といった方が、柔らかい印象を与えられます。 今しばらくお待ちいただいてもよろしいでしょうか 「よろしいでしょうか」の意味は「問題ないでしょうか」「差し支えないでしょうか」です。 「よろしいでしょうか」は、「いいですか」「いいだろうか」と同じ意味ですが、これらより丁寧な表現になります。 「よろしいでしょうか」は相手の意志を確認したり、同意・許可を求めるときに使う表現です。 「今しばらくお待ちいただいてもよろしいでしょうか」は「もう少しの間、待ってもらってもいいですか」と相手に確認したり、同意を得る表現となります。

次の