セレーション 加工。 会社紹介

よくある質問

セレーション 加工

スプラインシャフト セレーションシャフト) スプラインは軸のまわりにキー状の山と谷を等間隔に数条削りだしたものです。 ボスにはこれとはまり合う溝(スプライン穴)が切られ、動力を伝達します。 キー溝のものと比べると数条の歯で分担するので、はるかに大きなトルクを伝えることができます。 主な特徴としては 1、数条な歯で分担するので、キーに比べ、同一径でも大きいトルクを伝導することが出来る。 2、トルク伝達と軸の役目をもつ 3、すべりキーと同様、すべらせて使用が出来る。 などであり、工作機械、自動車、航空機、油圧ポンプなど幅広い用途に使用されています。 スプラインには、角形スプラインとインボリュートスプラインがあります。 下記にスプライン形状の種類を載せさせて頂きますので、ご参照下さい。 角形スプライン 角形スプラインは歯の側面が直線的で互いに平行な形状をした歯を持つスプラインです。 軸のトルクを伝達させる目的に使用され、軽荷重用の歯高さが低い規格と重荷重用の歯が低い規格の2タイプがあります。 (JIS B 1601) JISではみぞ数6, 8, 10の3種類があります。 インボリュートスプライン インボリュート歯形を削り出したもので、角スプラインよりも精度がよく、大きなトルクの伝達が可能です。 自動車の変速装置などにおいて、歯車を軸に沿ってスライドし、変速する用途などに使われます。 JIS D 2001に、自動車インボリュートスプラインが規定されています。 セレーション みぞ形を三角形の山にしたもので、歯元が広いことと、噛み合わせに遊びがない為、等径のスプラインよりも、さらに大きなトルクを伝えることが出来ます。 通常、60mm以下の小径のシャフトに使用されております。 (歯数28から42) また、ボスをセレーション軸にしっかりと固く取り付けて使用するため、スプライン軸のようにボスを自由に移動させることができせん。 一般的な用途としては、スプラインはトルク伝達に、セレーションは位置固定に使われることが多いです。 当社は特殊ねじ・シャフトを中心に機械部品のオーダーメイド品を製作、販売している会社です。 ものづくりの町 東大阪には100社以上の協力会社様とお付き合いさせて頂いており、 ベトナムにも同様のネットワークがございます。 国内外の生産拠点で最適なコーディネイトと小回り の利いた対応でお客様だけの特注シャフトを1本から提供させて頂きます。

次の

技術計算製作所:スプライン設計 ==機械設計に必要な情報とWebアプリ、ソフトウエアを公開しています

セレーション 加工

切削力一定形ブローチ 特長• 荒刃での切削力均一化で、安定した加工を実現• 設定切削力の低減で、現有機に優しく、従来に比べ1ランク小型機での加工も可能• 独自の切刃構成により、バリの発生を最小限に抑える• 高硬度で研削性に優れた独自材を使用し、シャープな切刃エッジを持続 事例 ワーク :m2. :同心円の縞は加工順序を示す。 ワークの硬さ ブローチ加工に適する被削物の硬さは一般にHB200-230 HRC14-21 ですが、HB300 HRC32 程度までは広く使用されています。 極端に柔らかい鋼の場合は、刃の側面やランド部に溶着を起こす傾向があり、引裂きやむしれなどが生じ、仕上げ面が悪くなることがあります。 また、HB300以上の被削物は、ブローチの寿命が短くなる場合があります。 切削速度 切削速度はブローチ加工の精度や仕上げ面に影響するほか、工具寿命にも影響を与えます。 以下に示す各被削材の推奨切削速度を参考にして切削速度を決定します。 実用的には、症状が現れるまでの被削材加工個数を目安とします。 ブローチ• 刃先に摩耗によるランドが白く見え始めた時• 刃先に異常摩耗、チッピング、刃欠を生じた時• 切粉が刃溝に圧着し始めた時 被削物• 被削寸法が小さくなった時 通りゲージが入らなくなった時• 被削面粗さが悪くなった時• 切削終了時に過大に発熱した時 ブローチ盤• 切刃部の溶着等を除去してください• 曲がりが大きい場合は、矯正を行ってください• 刃付盤に正確に、しっかりと固定してください 刃付で除去できない刃欠がある場合は当社にお問い合わせください 砥石• 切味のよいCBN砥石をご使用ください• 研削能率を高めるため、なるべく大きな径の砥石をご使用ください• こまめにドレッシングしてください 研削条件• 研削量:各刃とも均一量を研削して、摩耗部を取り除いてください• インターナルブローチの場合、工具と砥石が干渉しないように注意してください• よくメンテナンスされた刃付盤をご使用ください• 以下に示すブローチ形状 外径、すくい角 との関係を、実作業時の参考にしてください。

次の

ANSI等のフランジにはセレーション加工が施されていますが、何の...

セレーション 加工

切削力一定形ブローチ 特長• 荒刃での切削力均一化で、安定した加工を実現• 設定切削力の低減で、現有機に優しく、従来に比べ1ランク小型機での加工も可能• 独自の切刃構成により、バリの発生を最小限に抑える• 高硬度で研削性に優れた独自材を使用し、シャープな切刃エッジを持続 事例 ワーク :m2. :同心円の縞は加工順序を示す。 ワークの硬さ ブローチ加工に適する被削物の硬さは一般にHB200-230 HRC14-21 ですが、HB300 HRC32 程度までは広く使用されています。 極端に柔らかい鋼の場合は、刃の側面やランド部に溶着を起こす傾向があり、引裂きやむしれなどが生じ、仕上げ面が悪くなることがあります。 また、HB300以上の被削物は、ブローチの寿命が短くなる場合があります。 切削速度 切削速度はブローチ加工の精度や仕上げ面に影響するほか、工具寿命にも影響を与えます。 以下に示す各被削材の推奨切削速度を参考にして切削速度を決定します。 実用的には、症状が現れるまでの被削材加工個数を目安とします。 ブローチ• 刃先に摩耗によるランドが白く見え始めた時• 刃先に異常摩耗、チッピング、刃欠を生じた時• 切粉が刃溝に圧着し始めた時 被削物• 被削寸法が小さくなった時 通りゲージが入らなくなった時• 被削面粗さが悪くなった時• 切削終了時に過大に発熱した時 ブローチ盤• 切刃部の溶着等を除去してください• 曲がりが大きい場合は、矯正を行ってください• 刃付盤に正確に、しっかりと固定してください 刃付で除去できない刃欠がある場合は当社にお問い合わせください 砥石• 切味のよいCBN砥石をご使用ください• 研削能率を高めるため、なるべく大きな径の砥石をご使用ください• こまめにドレッシングしてください 研削条件• 研削量:各刃とも均一量を研削して、摩耗部を取り除いてください• インターナルブローチの場合、工具と砥石が干渉しないように注意してください• よくメンテナンスされた刃付盤をご使用ください• 以下に示すブローチ形状 外径、すくい角 との関係を、実作業時の参考にしてください。

次の