三 回忌 家族 だけ。 三回忌の服装は? 喪服か平服か、男性・女性・家族のみの場合など

三回忌は家族のみで行える?家族のみの場合の香典や服装なども解説!|終活ねっとのお坊さん

三 回忌 家族 だけ

よろしくお願いします。 私の実家は兄が仏壇や墓守をしてます。 姉と私は地元を離れて結婚しています。 今年は実父の三回忌の筈なんですが、兄から連絡が無いので聞いてみたら、三回忌の事を知らなかったみたいです。 兄嫁さんも外国の方なので知らなかったらしいです。 命日は7月3日です。 もう間に合わない。 と云う事で三回忌はやらない。 と兄から連絡が有りました。 姉と私は文句の一つも言いたいのですが、兄は大変キレやすく、兄自身の気がすむまで怒鳴ってくるので、諦めました。 せめてお墓詣りは…と 命日は都合が悪く行けませんが、近々行きます。 でも、三回忌をしないと故人があの世で悲しむ。 と昔 何処かで聞いたことが有り、亡き父に申し訳ない気持ちです。 三回忌にお坊様を呼ばす、家族だけの墓参りは どうなんだろうか? と思いながら、墓参りに行きます。 三回忌をしなよ。 と兄に強く言えない私も、情けないですが お墓詣りだけって大丈夫でしょうか? もちろん、お寺の中にも行って手を合わせて来ます。 因みに実家は曹洞宗です。 「お墓参りだけで大丈夫でしょうか」という部分にお答えさせていただきます。 本当はご兄弟できちんと本堂やお仏壇でご法事をお勤めいただくことが望ましいのですが、サトコさまだけでお墓参りになったときはどうかこのようにお考えください。 ご法事は亡くなったお父さまが主役ではありますが、お父さまの御霊へ手を合わせる私たちにとってのご法事でもあります。 お父さまにお育ていただいた私のこの命と体、私は今日も正しい心でこの体を大切に使わせていただく、そのような気持ちをもつことがご法事の意義の1つです。 宗教は形からはいりますが、形がないのも宗教です。 お墓参りだけでも立派な仏事です。 お兄様とうまくいき、ご法事ができるといいですね。 失礼いたしました。 ご質問拝見いたしました。 3回忌について日が迫っているとの事、気が気でないことと存じます。 さて、ご法事に関してよくある質問の中に「法事は命日までに勤めたほうがいいのですか?」というのがあります。 答えは、NOです。 法事は命日に勤めるのが原則です。 7月3日が命日なら7月3日に勤めるものなのです。 が、私たち生きてる側の都合でその日に法事を勤めることができないのであれば、早かろうが遅かろうが関係ありません。 ですので、お父様のご命日にご法事ができないようであれば、命日を過ぎようが過ぎまいが、やらないよりはやったほうがいい。 ということになります。 お兄様のこと、大変お気遣いなさっているようでございますが、文句をいう必要はありません。 「やっぱり心が落ち着かないのでやりませんか?」と声をかけてみてはいかがでしょうか? 極論は、、、 お兄様がいなくても姉妹でやっても構いませんし、お墓参りだけされて貴女の心が落ち着くのならそれでも構いません。 あなたは、悩みや相談ごとがあるとき、誰に話しますか? 友だち、同僚、先生、両親、インターネットの掲示板など相談する人や場所はたくさんあると思います。 そのひとつに、「お坊さん」を考えたことがなかったのであれば、ぜひ一度相談してみてください。 なぜなら、仏教は1,500年もの間、私たちの生活に溶け込んで受け継がれてきたものであり、僧侶であるお坊さんがその教えを伝えてきたからです。 心や体の悩み、恋愛や子育てについて、お金や出世とは、助け合う意味など、人生において誰もが考えることがらについて、いろんなお坊さんからの癒しや救いの言葉、たまに喝をいれるような回答を参考に、あなたの生き方をあなた自身で探してみてはいかがでしょうか。

次の

3回忌法要は家族だけで済ませて大丈夫?

三 回忌 家族 だけ

例えば、旧家で総本家などの場合などは、家が裕福とか関係なく三十三回忌までやる家もありますし。 一周忌までは、親族を呼ぶけど三回忌以降は身内だけという場合もあります。 身内だけなら、わざわざ会食の場は無くてもいいのでは? 御自宅で、故人を偲べば良い事ですから、 尚、お坊さんが関わった場合は、お食事代と称して、読経していただいたり、卒塔婆の費用と別に、御渡しするのが常識かと。 元々、お坊さんが、一つの家の法事の会食に同席することなどありませんから。 これは、習慣的なものですね。 ただ、御主人を無くされて、わずかな時しか経ってないのに、何故お母さんは面倒だからやらないとおしゃったのか? やはり、寂しいですよね… お坊さんのお話に、お通夜・葬式・初七日・49日・一回忌・3回忌・・・残された人が故人への思いに区切りをつける意味もあるというのがありました。 人が亡くなったらら、無になるそうです。 天国も地獄もないそうです。 千の風になって 私のお墓の前で 泣かないでください そこに私はいません 眠ってなんかいません 千の風に 千の風になって あの大きな空を 吹きわたっています 秋には光になって 畑にふりそそぐ 冬はダイヤのように きらめく雪になる 朝は鳥になって あなたを目覚めさせる 夜は星になって あなたを見守る 私のお墓の前で 泣かないでください そこに私はいません 死んでなんかいません 千の風に 千の風になって あの大きな空を 吹きわたっています 千の風に 千の風になって あの大きな空を 吹きわたっています あの大きな空を 吹きわたっています 面倒だと言ったとしても 本音は違うのかもしれませんよ。 疲れちゃったんじゃないでしょうか? 3回忌でしたら親戚も呼ばれるのでしょうし、またそれも大儀ですしね。 もし「うるさい」親戚でもいれば、もっと大儀でしょう。 私の場合は母でしたが、ちょうど父の仕事が超多忙な時で海外に行っていることも多かったので 亡くなってからのあれやこれや(相続含む法律・保険・銀行などの手続きや親戚への連絡・形見分けなど)を私がしましたが 1年間位はとにかく色々やることがあって疲れました。 悲しむヒマもないほど、あわただしい1年でした。 なので、お母様がそうおっしゃるならそのお気持ちを大切にしていただきたいな、と思います。 もしスレ主さんが何かされたいのであれば、3回忌という名目でなくても 皆でお墓参りに行こうとか、その後お父様の好きだった〇〇を食べよう、というようなことで お母様を誘われてはいかがでしょうか? 習慣・因習・世間体より、残された者が心安らかに過ごすことが大切だと思います。

次の

3回忌法要は家族だけで済ませて大丈夫?

三 回忌 家族 だけ

三回忌の服装の考え方、施主と参列者 一般的に、葬儀や四十九日、一周忌の法要では、施主や遺族は、正式な喪服を着用することがマナーとなっています。 施主や遺族側が参列者よりも軽い服装となることは避けるべきなので、これは当然と配慮といえるでしょう。 では、三回忌はどのような服装にすべきでしょうか。 考え方としては、やはり 施主や遺族が参列者よりも軽い服装となることは避けたいものです。 しかし、三回忌ともなれば、施主や遺族もでは正式な喪服でなく、 略式の喪服を着用することが多くなります。 そこで、 三回忌の案内状に、参列者に「 平服でお越しください」といった文面でお知らせすることもあります。 施主の男性の服装 施主は、 基本的には正式な喪服を着用するのが望ましいところです。 男性の正式な喪服とは、洋装はモーニングで、和装は紋付羽織袴となります。 しかし、これらの正式な喪服(礼服)を自前で持っていれば別ですが、持っていない場合は、三回忌のためにわざわざレンタルする必要はありません。 現代では、 略式の喪服でも大丈夫とされています。 略式といっても、黒い礼服(スーツ)のことなので、冠婚葬祭用として一着ぐらいはお持ちの人が多いでしょう。 男性の場合、この黒の礼服に葬儀用の黒いネクタイに白の無地のワイシャツを合わせます。 靴や靴下も黒で統一します。 施主の男性の服装 モーニングや紋付羽織袴がない場合は、黒のスーツ・ネクタイに白の無地のワイシャツの礼服を用いる 施主の女性の服装 女性の場合も、施主は男性の場合と考え方は一緒です。 基本的には正式な喪服を着用します。 和装、洋装ともにブラックフォーマルとして衣料店で扱っています。 正式な喪服は、和装の場合は紋付、洋装の場合は、黒のワンピースやアンサンブル、ツーピースとなります。 男性と同様にやはり 略式の準礼装でも構いません。 ただし、できるだけ 肌の露出を抑えた服装にすることがマナーといえます。 なるべく長袖を着用し、夏季などの暑い時期は薄手のジャケットを羽織るようにし、ノースリーブのものは避けるようにしましょう。 ストッキングや靴、ハンドバックなどの小物も黒で統一します。 施主の女性の服装 黒のワンピースなど、肌の露出を抑えたブラックフォーマルを着用する 男性参列者の服装 まず、先にあげたように「平服でお越しください」と案内状に書いてあるからと、ラフな格好や普段着で参列することは絶対に避けるべきです。 平服とは「正式な服装でなくてもよい」という意味です。 かといって、参列者の場合、正式な喪服で行くのも考えものです。 三回忌では施主や遺族も、略式の喪服を着ることが多いので、施主や遺族よりも格上の服装になることは避けるべきだからです。 平服とは略式の喪服、または法事という場に合わせた 地味な服装のことと考えるようにしましょう。 男性の場合、一般的に 黒のスーツを着用するようにします。 黒の礼服を着るのが一番ですが、なければグレーや紺色などの地味な色で、できれば無地のスーツを着用します。 女性参列者の服装 女性の場合も参列者であれば、やはり施主よりも格上の服装となることは避けるべきなので、 正式な喪服は着用しない方が無難です。 もちろん「平服でもOK」とある場合でも、華美な服装は避けるべきです。 できれば準礼服、なければ黒や紺など地味な色のワンピースを着用しましょう。 女性の場合、注意したいのは履物です。 夏場はサンダルやミュールなどを履いてしまいがちですが、 つま先が出る履物は厳禁です。 ストッキングもできれば黒かグレー、靴は黒でかかとの低いパンプスが基本です。 また、アクセサリーも光るものは控えた方がいいので、ネックレスや結婚指輪以外の指輪、ネイルやマニュキュアの類も避けた方がいいでしょう。 子供の服装は? 子どもの服装には特にルールがあるわけでありませんが、法事という場を考えて、やはり華美な服装は避けるべきです。 小学生や中学生ならば、あれば 制服を着用するといいでしょう。 普段着であれば、柄物を避けて、黒や紺など、地味色の服、男児であればブレザーやズボン、女児であればワンピースやスカート、白を基調としたシャツなど、 大人に準じた色使いのものを選ぶようにします。 法事の子供の服装 制服がある場合は制服を、未就学児などの場合はなるべく無地の地味な色の服を使う まとめ ・三回忌の服装は、男女ともに、正式な喪服ではなく、略式の喪服でもよい。 ・喪主は参列者よりも格上、参列者は喪主よりも格下の喪服を選ぼう。 ・「平服」といえども、ラフな服装はタブー。 マナーにあった服装をしよう。

次の