ツイッター 動画 100。 ツイッター動画の保存ツール!

浜辺美波 100万人突破がヤバい!ツイッターで動画プレゼント

ツイッター 動画 100

自民党の甘利明選対委員長のツイッターが話題を集めている。 芸人をまねた動画の投稿は3カ月弱で108万回以上再生される異例の反響を呼んだ。 親近感の演出が狙いで、参院選では候補者の応援にも活用した。 「ヒロシです…じゃなかった、甘利です」。 甘利氏は6月1日、自虐ネタで人気を集めたお笑い芸人ヒロシさんの物まね動画を投稿し、インターネット上で話題を集めた。 7月には米大リーグ・ドジャースのロバーツ監督と自分の顔写真を並べ「似てるって」と書き込むなど、親しみやすさをアピールしている。 参院選を統括した甘利氏は、候補の訴えを次々とリツイート(転載)した。 自分のツイッターでの注目を得票につなげる思惑もあったようだ。 投開票日の7月21日のネット番組では「若者と政治の距離を縮めたかった」と狙いを語った。 一部から、2016年に金銭授受問題で閣僚を辞任した経緯の説明を求める批判的な投稿も寄せられるが「従来の自民党支持層以外の人にメッセージが届くことが重要」(周辺)として、今後も発信を続ける。

次の

のぞき見ドキュメント100カメ「ツイッター社」再放送・見逃し配信動画 Twitter Japanにカメラが潜入!

ツイッター 動画 100

自民党の甘利明選対委員長のツイッターが話題を集めている。 芸人をまねた動画の投稿は3カ月弱で108万回以上再生される異例の反響を呼んだ。 親近感の演出が狙いで、参院選では候補者の応援にも活用した。 「ヒロシです…じゃなかった、甘利です」。 甘利氏は6月1日、自虐ネタで人気を集めたお笑い芸人ヒロシさんの物まね動画を投稿し、インターネット上で話題を集めた。 7月には米大リーグ・ドジャースのロバーツ監督と自分の顔写真を並べ「似てるって」と書き込むなど、親しみやすさをアピールしている。 参院選を統括した甘利氏は、候補の訴えを次々とリツイート(転載)した。 自分のツイッターでの注目を得票につなげる思惑もあったようだ。 投開票日の7月21日のネット番組では「若者と政治の距離を縮めたかった」と狙いを語った。 一部から、2016年に金銭授受問題で閣僚を辞任した経緯の説明を求める批判的な投稿も寄せられるが「従来の自民党支持層以外の人にメッセージが届くことが重要」(周辺)として、今後も発信を続ける。

次の

ツイッター動画保存リアルタイム100とかいう宝の山 4RT

ツイッター 動画 100

弾き語りは、量 下手くそ弾き語り投稿『夜にうたおう』 昨年 2019 の夏頃からだったか、ツイッターに『夜にうたおう』とシリーズタイトルを付けて、弾き語り動画の投稿をはじめた。 どうしてやろうかと思い立ったかというと、ツイッター投稿のコンテンツとして、つぶやくとか、リツイーとばかりじゃ面白くないだろう、と言う考えからだった。 イラストとか、マンガとか、自分がやってることとか、ツイッターに投稿している人がいる。 それで、そのひとがどんな人だとかわかることになるし、そのひとのそんなツイートがそのアカウントの売りになるのだと思う。 自分の場合、ライブハウスのオープンマイクにうたいにいくことも近頃ほとんどなくなったし、それでもうたいたい気持ちはあって、浜にうたいにいったりしていて、じゃあ、弾き語りが投稿コンテンツとしていいんじゃない? ということになった。 絵とかイラストでもよかったかなあ、とは思う。 それでも弾き語りの投稿をやろう、と決めたのでやらないといけない。 はじめはぼちぼちとというペースだったのだが、昨年末辺りから投稿頻度が増して、ほぼ毎日投稿するようになっていった。 ツイッターでは、そのまま動画を投稿する場合、2分半まで、と時間が決まっている。 その長さを超える動画の場合、自分のサイトや動画投稿サイトなどにあげて、そのリンクを貼るとかのやり方がある。 なので、一曲通してやる必要がないので、YouTube に投稿することを思うと楽だったし、YouTube に投稿するときのような手続きもいらないので、気軽で、撮り溜めもできるし、なかなか楽しく投稿しつづけていた。 それでも、数が増していくと、うたいたいうたがなくなっていくので、そこが苦しいところだなあ、ということになって、100曲で、その投稿頻度をストップすることになった。 100曲達成後も、まだ続けていっているのだが、ペースは落とした。 で、100曲やって気づいたことがあるので、そのことを書いておきたい。 弾き語りをはじめたひとなんかの参考になればいいと思う。 ひとことで言ってしまうと、弾き語りは、量だよ、ってことになる。 YouTube に、『夜にうたおう』以前に弾き語り動画を上げていたのだが、どうも、かしこまって動画を作ったりで神経を使ったりするので、『夜にうたおう』以前はそんなに弾き語り動画を上げてこなかった経緯がある。 ツイッター『夜にうたおう』の投稿は、じゃんじゃんやれて、へたくそで良しとしているので、それはもちろん弾き語りのクオリティも大切だが、投稿頻度、量も大切なので、スピーディに進められた。 で、立ち止まることなく100曲に向かうというスタンスになっていったので、思いつくまま曲を決め、ちょっと弾いて、できそうだったらすぐ録音、というふうにやっていた。 一曲一曲の完成度をあげて録音、ということではなかったのだが、自分が歌いたいと思っている曲のすべてができるものではない、とやりたい曲とできる曲について考えることができたのがよかったと思う。 また、うたえるだろう、と思ってやってみて、この曲はやって面白くないな、と気づくこともできた。 曲と自分。 自分の好みと曲。 また、やりたいのだが自分の技術的に無理だった、なんて曲もあった。 100曲続けて、いろいろとわかった。 これまでだったら、この曲は、ここで決めのフレーズを入れないととか、バッキングのアルペジオができないと、とか思って、それができるようになったらやろう、とかいうことになっていたと思うのだが、そう思うことができるまでの時間、けっこう長くなりそうで、その練習をするのはよくても、できるまで立ち止まってるより、ボロい箇所が多くても、それも踏まえてやっていると、身につくことは多いので、どんどんやって、やりながらうまくなるってやり方がいい、って思えた。 あと、録音機材についても、自分の少しの機材だが、使い方の理解が深まったこともある。 弾き語りで悩んでいるひとがこの記事を読んでくれたなら、そのあなたに言いたいのは、とにかく量だよ、ってことを言いたい。 また、SNS や YouTube に録音して上げるのも、気づくことが多いので、やれば、ってススメたいです。 自分の Youtube サブチャンネル camera ohara に『夜にうたおう』の動画を10本づつまとめてあげています。 よかったら、どれだけへたくそなのか、見て確認してください 笑)。 153• 122•

次の