若林 志穂 堺 雅人。 堺雅人

若林志穂の天まで届けの事件とは?PTSDの原因は堺雅人や目的事件の影響?

若林 志穂 堺 雅人

女性雑誌によると、若林志穂さんは5月19日放送の「爆報THEフライデー」について、ドラマの中で重要な役どころだった長女の待子が存在していないかのような番組作りになっていたと語り、「私には出演のオファーがありませんでした」と言っていました。 そして、放送された番組に対してネット上でファンから「待子はどこに?待子はなんで出なかったの?」などの声を目にした彼女は、引退した立場にいるけれど、なぜあの場所に呼ばれなかったのか疑問になったと思ったそうです。 そこで、「ファンの方たちになぜテレビに出演しなかったのか、報告しなければいけない。 」と今回の女性雑誌での告白を決意した理由を語っています。 TBS関係者は若林志穂さんに出演オファーをしなかった理由について、「実は番組ではPTSDのことなどを語ってもらおうと、何度か彼女に出演のオファーを出していたんです。 でも、ことごとく断られてしまい、今回もダメだと推測してオファーをしなかった」と語っていました。 ドラマのいじめの内容はこれだ 待姉役の若林志穂さんは、次のようにいじめの経緯を語っていました。 「天までパート3」のとき、「撮影現場でヘアーメイクさんの持ち物がなくなる」という事件が度々ありました。 その犯人は別の子役ということを共演者や一部のスタッフは分かっていました。 しかしプロデューサーさんたちは、公にせず、その子役に将来があるからと配慮してと犯人として追求まではしませんでした。 しかし5年後、「天までとどけ8」の打ち上げのときに、きょうだい役の男の子たちや、お父さん役の綿引さんのマネージャーさんもいる中で、突然スタッフの方から「おまえ、人の物を盗んでたんだって聞いたよ。 スタッフはみんな、おまえが泥棒かと思い撮影してきたんだよ。 」と若林志穂さんは言われました。 その時に隣にいた共演者たちは、みんな事情を知っているはずなのにも関わらず、誰一人として「待子はそんなことしないよ」と言いませんでした。 そのことにひどく彼女は落ち込みました。 大家族の人たちとの付き合い 「天までとどけ」の20周年のパーティーが開催された時の事です。 平成10年ごろに五郎役の須藤公一さんから食事会があるからと連絡が入りました。 ただの食事会だと彼女は思ったので、病気を治すことを優先して、行かない旨を伝えたました。 それが、大事な20周年パーティーだとは知らされていなかったそうです。 当日みんな集まっているパーティーに電話をしてみると、「待子なんでこんな大事な集まりにこれなかったの」と電話でいわれました。 「脚本家の方も目が見えてないのにわざわざ来ているんだ」とも言われました。 なぜそんなことを言われるのか理解できないまま、ほかの共演者と話している途中でいきなりブツッと五郎に電話を切られたそうです。 その後、ツイッターを見て、そのときの食事会が大事な20周年のパーティーだったと気づかれたそうです。 その後、五郎のメールで「みんな待子のことが嫌いだから」と送られてきたそうです。 それが本当ならば、あの大人気ドラマ「天までとどけ」がすごく好きだったファンは、がっかりで、残念な気持ちになる方が多くいるでしょう。 現在の若林志穂さんがどんな思いで語られたのかが気になります。 須藤さん回答は待姉とは違った 現在も若林志穂さんと交流があるかは分かりませんが、ドラマの撮影中は若林志穂さんが実の母親のように慕っていた、岡江久美子さんにも直撃取材していました。 自宅玄関前で、嫌がらずに答えておられます。 若林志穂さんが、イジメられたと告白していた事に関して岡江久美子さんは、「そんなことはないです。 可愛がっていたし、なんでそうおもっているのか。 」と困り顔で話されていました。 テレビのオファーが無かった事で、傷ついていると若林志穂さんが現在の心境を雑誌のインタビューで答えられている事に関して尋ねると、岡江さんは、「すごく繊細な子だったけど、お酒を飲む時はすごく陽気で、芝居も上手かった。 だからこそ、心配です。 」と答えていました。 五郎役の須藤さんから、いろいろ嫌がらせを受けていた事に関しては、「五郎が今でも本当に私たちの要になって声をかけてくれるし、いい子なんです。 ケンカはあったでしょうが、仲はよかったですよ。 」と若林志穂さんの現在を心配されていました。 現在引退してるの?.

次の

若林志穂の天まで届けの事件とは?PTSDの原因は堺雅人や目的事件の影響?

若林 志穂 堺 雅人

若林志穂がPTSDになった殺人事件の犯人は? 若林志穂さんは元々、ナイーブな感情の持ち主と言われていました。 そんな若林志穂さんの精神状態を破壊したのは、ある 殺人事件を目の当たりにしたからです。 2001年8月26日、東京・世田谷区で発生した殺人事件は強烈な全容と言えます。 ナイフを携帯してた男性が町内を大声で威嚇し続けながら暴れていて、この男性を制御しようとした警官と乱闘騒ぎとなったのです。 それから、驚くことに警官は男性の刃の前に倒れ込んだのです。 しかし警官の狙撃より男性も命を亡くすという殺人事件だったのだ。 この光景を近くで一部始終を目にしてしまった若林志穂さんは、PTSD 心的外傷後ストレス障害 になってしまったようです。 」 芸能界を引退を決断した際、女性週刊誌の取材で涙ながらこう述べていました若林志穂さん。 体験した人間でなければ、イメージができないでしょうが、この殺人事件でメンタル的に気が動転してしまったことが、その後の芸能活動にも大幅に影響する事態になりました。 そのストーリーもなかなか凄まじい内容です。 堺雅人さんと肉体関係を持ってしまう団地妻役をしていたのが、若林志穂さんとなっておりヒロインという立場で演技をしていたのです。 今の時代ではなかなか、あり得ない配役ですが、こちらの「張り込み」は未だにレンタルとかで借りることができる為に、興味深い方々は見てみるのも悪くはないでしょう。 奇しくも堺雅人さんと共演されたのちに、忌々しい殺人事件の現場を目の当たりにしてしまった若林志穂さん。 PTSDを患いながらも8年間は女優として、堂々たる演技派女優として大活躍していましたが、バランスを崩したマインドが原因で、業界内の交友関係も深刻化してしまったのです。 そうなったら、ますますストレスを溜め込んで、病んでいく一方だったのは誰の目にも明らかです。 何よりも2001年のあの殺人事件を目の当たりしてしまったことが、生涯を丸っきり変えて、芸能界の引退に繋がったのは間違いありません。 昨今、イジメによる自殺が多発していることで、若林志穂さんはこのうなコメントをしています。 「実は、これまで私は『天までとどけ』の出演者、あるいはスタッフさんにイジメられてきたんです」 涙ながらに告白していました。 09年に芸能界を引退てから、公で発言するっていうのは、実に実に8年ぶりです。 「今年5月、スマホで目に飛び込んできたのは『天まで』のメンバーが再会するニュースでした。 記事には《今夜、みんなが集合する》と書かれていて、私はここにいるのになんでなんだろうと。 父親役:綿引勝彦さん 母親役:岡江久美子さん この両親のもと、8男5女の子どもが織りなす大家族のホームドラマはブームとなり、最高視聴率は19%と、昼ドラにおいてはケタ違いのヒットを飛ばしました。 その兄妹たちのまとめ役が若林志穂さんが演じた長女の待子です。 また、最初のシリーズではナレーションも担当しているなど、ドラマにおいては重要な位置づけでした。 そもそも、私には出演のオファーがありませんでした。 イジメの全貌を若林志穂さんはこうコメントしています。 「 『天まで』パート3のときには、撮影現場で人の持ち物がなくなるということが多発しました。 ある日、メイクさんのフェイスパウダーがなくなって怪しいと思われる子のカバンを開けようという話になりました。 そしたら、そこにフェイスパウダーが入っていました。 周りの人たちと、本人に言ったほうがいいのではないかと、スタッフさんに相談したんです。 ですが5年後、パート8の打ち上げの時に、予想外の発言が若林志穂さんを襲います。 その瞬間、これまでひとつひとつ築いてきた『天まで』の8年間はなんだったんだと。 裏切られた気持ちでいっぱいになりました。 私は人の物を盗んだこともないのに、そんな終わり方ないでしょって。 ドラマの設定は家族なのに、なんでここまで温度差があるんだろうと思いました」 精神的ダメージを受けた状態で、ドラマはフィナーレ。 それから2年後には噂の殺人事件が起こり、PTSDになってしまったという流れです。 一見華やかな舞台に見える芸能界ですが、このようなイジメは以外に多いのではないでしょうか? 今回の若林志穂さんのコメントからそう思いしらされました。

次の

若林志穂

若林 志穂 堺 雅人

スポンサーリンク 若林志穂の経歴 東京都新宿区で生まれ育った若林志穂。 中学1年にオーディション『レブロン・アクアマリンイメージガール』で優勝して芸能界デビューする。 1985年にシングル『テレフォン・キッス』アイドルとしてもデビューした若林志穂は映画『生徒諸君! 』で女優としても活動している。 若林志穂の知名度を上げる作品となったのがドラマ『天までとどけ』であろう、1991年の放送以来1999年までにパート8まで続いた大ヒットドラマである。 その後もドラマに映画に数多く出演していった若林志穂ですが、2009年5月に所属事務所との契約を終えて芸能界を引退した。 2010年からは化粧品ブランドの『S』のプロデュースをするなどの活動をしている。 スポンサーリンク 『天までとどけ』でのいじめを告白! 若林志穂の代表作といえばドラマ『天までとどけ』ですが、引退されて8年ぶりに公の場に出てきた若林志穂が週刊誌に『天までとどけ』でいじめられていたことを告白されたようです。 以下、雑誌のインタビューを引用したものです。 「 実は、これまで私は『天までとどけ』の出演者、あるいはスタッフさんにイジメられてきたんです」 「 今年5月、スマホで目に飛び込んできたのは『天まで』のメンバーが再会するニュースでした。 記事には《今夜、みんなが集合する》と書かれていて、私はここにいるのになんでなんだろうと。 そもそも、私には出演のオファーがありませんでした。 ファンの方たちに報告するときが来たと思いました」 「 『天まで』パート3のとき、撮影現場で人の持ち物がなくなるということが多発しました。 ある日、メイクさんのフェイスパウダーがなくなって怪しいと思われる子のカバンを開けようという話になりました。 そしたら、そこにフェイスパウダーが入っていました。 周りの人たちと、本人に言ったほうがいいのではないかと、スタッフさんに相談したんです。 引用元: その後も五郎役の須藤公一から食事会の誘いがあり、出席したがその場でもプロデューサーから「コイツ、頭おかしいから」と言われるなどの仕打ちを受け、 出席した共演者の誰も若林志穂をかばうものはいなかったそうです。 このことに関して五郎役の須藤公一は所属事務所を通して、 何度も何度も、そんな事ないよ、そんな事誰も思ってないよ、そんな事誰も言ってないよと言っても待姉の気持ちを変えてあげること、待姉の誤解を解く事はできませんでした。 6年ぐらい前に、待姉に携帯番号を解約?変更?され、それからは全く連絡がつかない状態でした。 ずっと気にしていました。 「今幸せです」との事なのでホッとしてます。 嬉しく思います。 いつかまた家族皆で会えたら、食事ができたらと思っています 引用元: と返答している。 また母親役の岡江久美子は、 「 そんなこと、絶対ないですよ。 私も綿引さんも子どものように可愛がっていたし。 セリフは多かったし大変だったかもしれないけど。 待子はなんでそう思っているんだろう?」 引用元: とコメントされていました。 どこまでが真実かはわかりませんが、もし若林志穂の証言が本当ならば、当時のスタッフの仕打ちはあまりにも酷いものであるだろう。 最後に若林志穂は、 「 今まで誤解を解くような連絡をもらったことはありません。 でも、いまでは普通のことが幸せだと思える。 心が豊かになりました。 家族愛、兄弟愛を学んだのは『天まで』ですから、感謝はしています」 引用元: と語っている。 もし本当だとしたら悲しい。 普段ドラマはほとんど見ないけど、パート1から最終シリーズまでずっと見てたし、最近も再放送して欲しいって思ってたのに。 その事件とは2001年8月26日に東京世田谷区で起きた殺人事件である。 内容はナイフを持っていた男が大きな声を出しながら威嚇して暴れていた所を、取り押さえようとした警官が男に刺されて死亡してしまうという事件でした。 また警官を刺した男も警官の発泡により死亡が確認されています。 この一部始終を目撃してしまった若林志穂は体調を理由に事務所と契約を終えたと報じられていたが、実際のところは若林志穂が事務所に契約解除を申し入れたようです。 今後芸能界復帰について聞かれると、 「復帰するつもりはありません。 今日で私は芸能界を引退します。 なぜ?本物の殺人事件を見てしまったら、演技なんてできません。 本物を越えることはできないんです」 引用元: と語っていることから、復帰する可能性はゼロに近いだろう。 本物の事件現場を目撃してしまった若林志穂、少しでも彼女の心の傷が癒えることを祈りたい。 最後までお読みいただきありがとうございます.

次の