お教えくださいますと幸いです。 「教えてください」の敬語表現!ビジネスで使える表現いろいろ

「教えてください」の敬語4つの言い方と使い方

お教えくださいますと幸いです

ビジネスの現場では、必ず、上司や先輩・同僚に、分からない点や疑問に思ったことをたずねる機会が発生します。 社内のみならず、取引先やお客さまに教えてもらわなければならない場面も起こりえます。 この場面ではさらに間違ったたずね方をしてしまったらNGです。 疑問点を解決したいと思った時、目上の人に「教えてください」とそのまま伝えるのは問題があるでしょうか。 やはり、ビジネスの現場では、より丁寧な言い回しが必要となってきます。 みなさんは「教えてください」の実務の現場での使い方をきちんと習得できていますか。 ここでは、「教えてください」の使用例を見ながら失礼のない使い方をおさらいしましょう。 ビジネスメールでの「教えてください」はこう使う 「教えてください」とビジネスの現場において依頼する場合、よく使われる文例を集めました。 下記の文例を参考に、その時々のシチュエーションや内容でもっとも適しているものを選び、用いるようにしましょう。 ・「お知らせいただけないでしょうか。 」 ・「お教えいただきたく存じます。 」 ・「ご教示くださいますよう、お願いいたします。 」 ・「早急なご回答をお待ち申し上げております。 」 ・「ご回答いただけましたら誠にありがたい次第でございます。 」 ・「お手すきの際で結構ですので、折り返しご回答をいただきたく、お願い申し上げます。 」 ・「引き続きご指導ご鞭撻くださいますよう、よろしくお願いいたします。 」 ・「こののちも色々とご指導を仰ぐ機会もあるかと存じますが、その際はなにとぞよろしくお願い申し上げます。 」 いかがでしたでしょうか。 ビジネスの現場における「教えてください」の使い方を、例を挙げながらいくつか見てきました。 口頭で目の前の相手に「教えてください」と伝えられる場面や一般的な内容に対して「教えてください」と頼む場面、専門的な知識などの教えを請う場面など、シチュエーションによっていくつか使い分けることができることをおさらいしました。 適切な表現で、相手へ教えて欲しい気持ちを表現できるようにしましょう。 ビジネスシーンでは、メールや電話で顔の見えない相手に「教えてください」と頼んだり、アドバイスの依頼をすることが多々あります。 社会人の礼儀として、顔を見ながら話せる相手でも、文書やビジネスメールなど顔の見えない相手とのやり取りでも、正しい敬語を使ってコミュニケーションをはかるように心がけましょう。

次の

「教えてください」の敬語・「ご教授」と「ご教示」の使い方

お教えくださいますと幸いです

「教えてください」 (教えて下さい)の意味 「教えてください」はそもそも敬語表現 「教えてください」は「教える」に「くれ」の尊敬語である「ください」が合わさったものです。 「ください」自体に尊敬の意味が含まれるので、「教えてください」も敬意のある表現ということになります。 ちなみに、このように他の動詞にくっついた「ください」は、漢字ではなく平仮名で書くのが普通です。 「教えてください」 の敬語表現 まずは、「教えてください」を少し変化させて敬意の度合いを上げる表現をご紹介します。 「お」をつけて丁寧に「お教えください」 尊敬や丁寧の意味の「お」を加えて「お教えください」とすると、より丁寧な表現になります。 「ます」をつけてより丁寧に「お教えくださいませ」 さらに、丁寧語の「ます」をつけると「お教えくださいませ」となり、より丁寧になります。 これを「お教えくださいますか」「お教えくださいませんか」と疑問形の形にすると、相手に判断の猶予を与えることになるので、一方的に頼むよりも丁寧だとされています。 また、ここに丁寧語の「です」を加えて「お教えくださいませんでしょうか」ということもありますが、これは二重敬語になっているので誤りです。 「いただけませんか」を使う:「お教えいただけませんか」 「くださいませんか」の代わりに「いただけませんか」を使うこともできます。 「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 謙譲語よりも尊敬語の方が敬意の度合いが高いという人もいます。 一方で、「いただく」の方が相手への感謝の気持ちが現れていると考える人もいるようです。 はっきりした大きな違いがあるわけではないので、使いやすい方を選べばよいでしょう。 また、この場合の「いただく」も「ください」と同じく平仮名表記にするのが一般的です。 「お教え願います」という表現も 「お教えください」「お教えくださいませんか」といった言い方の他に、「お教え願います」といった表現もあります。 教えてくれることを願うのですから、意味は「教えてください」ということになります。 「お教えくださいませんか」と同じように、「お教え願えませんか」と相手に判断をゆだねる形で使うこともできます。 「教えてください」の敬語表現例の一覧 ここまで「教えてください」を原型とした敬語表現を見てきました。 まとめると以下のようになります。 教えてください。 お教えください。 お教えくださいませ。 お教えくださいますか。 お教えくださいませんか。 お教えいただけますか。 お教えいただけませんか。 お教え願います。 お教え願えませんか。 「教える」の類語を使った敬語表現 続いて、「教える」の類語を使った表現をご紹介します。 さまざまな言い方ができるので、状況に合わせて選びましょう。 「ご教示」の意味と使い方 「教示」は、読んで字のごとく「教え示すこと」という意味の言葉です。 教えてもらうことの内容に関わらず使えます。 「教えてください」という意味で使いたいときは、「ご教示ください」と表現します。 また、「教えてください」と同じように、「ご教示くださいませ」「ご教示いただけませんか」「ご教示願います」といった表現もできます。 「ご教授」の意味と使い方 「教授」は、「学術・技芸について、継続的に体系だって教え授けること」という意味です。 「教示」に比べて、使える範囲はかなり限定されます。 使い方は「教示」と同じく、「ご教授ください」「ご教授願います」といった形で用います。 現在は「教示」とすべきところで「教授」とされているケースが多く見られます。 「大学教授」など「教授」の方が身近な言葉ということもあって混ざってしまったものだと考えられますが、本来なら「教示」と「教授」は違った意味の言葉です。 誤った使い方をしないよう、きちんと区別しておきましょう。 ビジネスメールや電話で使える表現一覧 「ご教示」や「ご教授」以外にも、「教えてください」の代わりに使える表現はたくさんあります。 一挙にご紹介しましょう。 ご教示ください。 ご教授ください。 ご指導ください。 ご連絡ください。 ご回答ください。 ご意見をお聞かせください。 伺ってもよろしいですか。 「~ください」という表現は、すべて「教えてください」のように語尾を変化させて使うこともできます。 聞きたい内容や相手によって上手に使い分けましょう。 「教えてください」の英語表現 何かを教えてもらいたいとき、英語ではどのように表現すればよいのでしょうか。 フォーマルな表現は「inform 人 of 物」 もっともフォーマルだとされているのが、「inform 人 of 物」という言い方です。 informの意味は「情報を与える」ですから、「(物)の情報を(人)に与える」という意味になります。 「人」には、教えてもらう人を入れます。 自分が教えてもらうときはme、会社として聞きたい場合にはusを使うのが普通です。 また、「物」には教えてほしい内容がきます。 実際に使うときは、「Please inform me of your address. 」や「Could you inform me of your address?」のように、pleaseやcould youをつけます。 日本語の「くださいませんか」や「いただけませんか」と同じように、Could you~?と尋ねる表現の方がよりフォーマルだとされています。 関係が築けてきたら「let 人 know(物)」 「inform 人 of 物」はフォーマルな分、少し堅苦しくもあります。 相手との関係が築けてきたら、「let 人 know(物)」を使いましょう。 「Please let me know. 」や「Would you let me know?」だけで「教えてください」ということもできますが、教えてもらいたいものを後ろにつけることもできます。 親しい仲なら「tell 人 物」 一番シンプルなのがこの言い方です。 「Please tell me~. 」や「Could you tell me~?」という表現を聞いたことがあるという人も多いでしょう。 簡単なだけに敬意の度合いは低く、親しい仲か、緊急のときに使われます。 仕事上のパートナーやお客様相手の場合は、上の2つを使いましょう。 まとめ 人に何かを教えてもらうのは、それだけでも少し緊張するもの。 そこで適切な表現が出てこないと、ますます混乱してしまいます。 まずは「教えてください」の基本形から変化させ、徐々に別の表現も身につけていきましょう。 正しい敬語で相手に伝えられれば、頼まれた相手も気持ち良く教えてくれるはずです。 ここでご紹介した表現をぜひマスターして、教わり上手になりましょう。

次の

「教えてください」の敬語表現!ビジネスで使える表現いろいろ

お教えくださいますと幸いです

おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 辞書で「教える」を検索すると類語が出てきました。 そこに お教えいただく お導きくださる お示しくださる お教導賜わる ご教示を煩わせる ご高示に接する ご指導を仰ぐ という言葉が出てました。 それを 「~いただけませんか」とか「~していただければ幸いです」の形に変えれば丁寧な感じになりませんか。 「お教えいただけませんか」「お導きいただければ幸いです」とか。 「~していただきたく、(よろしく)お願いいたします」と続けても丁寧ですね。 「ご教示いただきたく、よろしくお願いいたします」とか。 言葉で言うときは、「ご教示していただけますでしょうか。 」くらいでいいのではないかと思いますよ。 文法的に正しいかは?ですが、 基本は手紙を書くときに使う言葉だと丁寧になると思いますよ。 いかがでしょうか。 いつも一生懸命、勉強頑張っておられますね。 >「教えていただければ幸いですが。 」と「教えていただければ幸いです。 」の区別は何でしょうか。 「語尾」のところの微妙な「が」はどうも理解できません。 日本語って、語尾に含める意味合いとか、難しいだろうと思います。 「教えていただければ幸いですが」の「が」には、 「(もし、ご都合よろしければ)教えていただければ幸いですが・・(教えていただけなくても、仕方がないですが、教えていただけるならばうれしいです)」 ・・・のような、ちょっと相手の都合とかを気にした、遠慮も入った、そんな意味が含まれていると思います。 それに対して 「教えていただければ幸いです」 というのは、できれば教えてください。 教えていただければうれしいです、 ということをストレートに表現していると思います。 >具体的な会話の場面を挙げていただけないでしょうか。 (例1) いつも忙しそうにしているAさんと、どうしても分からないことを教えてもらいたいBさんがいるとします。 Bさん「Aさん、すみません。 どうしてもここが分からないのです。 お忙しいとは存じますが、教えていただければ幸いです」 (教えてもらったら、うれしいです) Bさん「Aさん、すみません。 どうしてもここが分からないのです。 お忙しいとは存じますが、教えていただければ幸いですが・・・」 (お忙しいようですので、無理でしたらよろしいのですが、もしできれば教えていただきたいです・・・) といった感じでしょうか。 しかし、上の例の場合はあまり差はないと思ってもいいでしょう。 (例2) 息子の帰りを心配している母親に、近所の奥さんが話をしている。 近所の奥さん「息子さん、すぐに帰ってきますよ」 母親「そうだといいんですが・・・」 (そうだといいんだけれども、そうじゃなかったら、どうしよう) といった、心配な気持ちが「が・・」に表れています。 このように、文末の「が」には、いろいろな意味があると思います。 ご参考になればうれしいです。 (これも、ご参考になればうれしいのですが、とかの言い方もありますよね) ご参考になればうれしいのですが、だと、参考になればうれしいけれども、 もしも参考にならなかったらごめんなさいね、というちょっと遠慮した気持ちを表せます。 いつも一生懸命、勉強頑張っておられますね。 >「教えていただければ幸いですが。 」と「教えていただければ幸いです。 」の区別は何でしょうか。 「語尾」のところの微妙な「が」はどうも理解できません。 日本語って、語尾に含める意味合いとか、難しいだろうと思います。 「教えていただければ幸いですが」の「が」には、 「(もし、ご都合よろしければ)教えていただければ幸いですが・・(教えていただけなくても、仕方がないですが、教えていただけるならばうれしい... その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社... Q 先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。 」という一文がありました。 相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。 自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか? また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。 」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか? 仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。 まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。 ちなみに私は下記のようにしています。 質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」 回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。 A ベストアンサー こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo. 回答の場合は、(「ご回答」を避けるために) 「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」 と書いたりします。 ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^; こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo.

次の