ドッカン ベジットブルー 体。 ドッカンバトル体ベジットブルー最強パーティーは?ポタラやかめはめ波|ドッカンバトル(ドラゴンボールZドカバト)攻略リセマラガチャまとめブログ

【ドッカンバトル】LRベジットブルーの作り方(4凸技レベルMAX)

ドッカン ベジットブルー 体

体属性ベジットブルーは今回の極限Z覚醒で特にカウンターが強くなりました。 なので、会心確率を高める時の界王神とアタック上昇のサポートをするゴワス&ザマスをいれました。 超サイヤ人2ケフラは気玉変換をすることができるので、うまくハマればベジットにたくさん気玉をとらせることができます。 超ベジットは自身が80%の軽減を持ちながら必殺技で仲間のアタックを上げてくれる効果もあるのでいれました。 ケフラとゴワス&ザマスは体属性である上、回避能力も高いのでバトルロードや悟空伝でも活躍できます。 以下、各キャラの特性ですが、リーダーの孫悟飯(少年期)はATKとDEFの無限上昇持ちで最強キャラの一つです。 ターン経過ごとに能力値が上がり続けるので、悟空伝などの長期戦には有効です。 次に超サイヤ人孫悟空(天使)&超サイヤ人ベジータ(天使)と超サイヤ人孫悟空&超サイヤ人ベジータは基本能力値が高い上、6ターン経過とHP50%以下で一度だけ変身し、能力が強化されHPも全回復します。 次に、セル(完全体)ですが、こちらも基本能力値が高い上、HP30%以下で一度だけ変身し、能力が強化されHPも全回復します。 潜在能力スキルに連続攻撃を付けることで必殺技が発動すれば、早い段階でかなりのDEFを持つことになります。 このパーティーに超サイヤ人ゴッドSSベジットが加わることで、かなりのDEFに特化したパーティーになると思います。 ドッカンバトル体ベジットブルー最強パーティーまとめ 今回は「ドッカンバトル体ベジットブルー最強パーティーは?ポタラやかめはめ波」についてまとめていきました。 ベジットブルーを使ってみていつも思うのが、反撃がえぐすぎ。 笑 極限がきたことでかめはめ波カテゴリもさらに強くなりましたし、本当にの一角と言っていいでしょう。

次の

【ドッカンバトル】最強パーティランキング【最新版】

ドッカン ベジットブルー 体

極まりしブルーの力・超サイヤ人ゴッドSSベジットの基本情報 【極まりしブルーの力】超サイヤ人ゴッドSSベジットの入手方法 【奇跡の合体再び】超サイヤ人ゴッドSSベジットをドッカン覚醒する。 【極まりしブルーの力】超サイヤ人ゴッドSSベジット 極限Z覚醒 の入手方法 極限Zバトル「超サイヤ人ゴッドSSベジット」で入手可能な覚醒メダルで極限Z覚醒を行う。 ATK1000万オーバー• DEF15万オーバー という超極力なキャラです。 さらに、追撃スキルが先制カウンターと追撃パッシブの影響で、かなりの高確率で発動可能なので、ガンガン敵にダメージを与えることができます。 1ターン目からATK500万〜1000万クラスの火力を出せるので、序盤はだいたいベジットブルーの力でガンガン攻略を進めることができると思います。 なので、攻撃だけでなく、守備面でもしっかり活躍してくれます。 高DEFとダメージ軽減の両輪で、パーティーの壁として活かすのもありですね。 この極限体ベジットブルーを持っていない人は、フレンドのキャラで使ってみるとヤバさがわかると思います。 私も初めて、このベジットブルーを使った時は、「いやいや、強すぎでしょ・・・笑」と初心者ながらに思いましたね。 笑 その動画を今回紹介させていただきますね! 完全にぶっ壊れてますね。 笑 パーティーにこのベジットブルーがいたら、どれだけ心強いことか! ベジットブルーを持っていない場合は、フレンドさんのベジットで使うのが癖になっちゃいますね。 笑 極まりしブルーの力・超サイヤ人ゴッドSSベジットの性能や評価まとめ 今回は、「極まりしブルーの力・超サイヤ人ゴッドSSベジットの性能や評価」についてまとめていきました。 この極限体ベジットブルーは、使ってみれば一発でその性能の高さを感じることができます。 は、相性がいいキャラで組むとよろベジットのぶっ壊れ具合を体感できると思います。

次の

LR変身ベジットブルー・超激戦「超究極バトル!!」攻略パーティ

ドッカン ベジットブルー 体

「そしてこれが、ベジット…ブルー!」 「さあ、決着をつけようぜ!!」 概要 悟空とベジータがで合体したがに変身した姿。 上記の通り変身時に 「こいつが超ベジット!」を意識したような台詞を発しており、「ベジットブルー」は公式自称である。 作の漫画版では 「こいつはブルーベジットだ」と発言している。 と合体したと互角以上に戦う程の力を誇るが、超サイヤ人ブルーに変身したことと、大技ファイナルかめはめ波を使用したことにより、合体に使う力を使い果たしてしまい、1時間が経たない内にポタラの効力が切れてしまった。 活躍そのものは少なかったが、期待を裏切らない戦闘描写や青を基調としたパワーアップとの親和性の高さからストレートに「かっこいい」という評価が相次いだ。 ゲームにおいて DRAGON BALL Z DOKKAN BATTLE のドッカンバトルにて、アニメ登場のわずか4日後の2016年11月17日に期間限定開催のフェス限定キャラクターとして、ガシャ排出最上級レアであるSSR(体属性)として、と共に電撃実装。 ドッカンバトルプレイヤーに衝撃を与えた。 名義はではなく。 同時開催の、と戦う超激戦イベントをクリアすることで手に入る覚醒メダルを一定数集めて使用することで、レアリティ「限界突破UR」となり、性能が更に強化される。 性能は、リーダーに据えることで超属性(速・力・体・知・技の5属性とは別の、正義キャラを指す属性)を大幅に強化するリーダースキルを持つ。 また、バトル中、自身に対する「通常攻撃の」ダメージを20~30%カットしつつ、反撃行動をし、更に自身の攻撃の後に最大2回の追加攻撃(中確率で必殺技に変化)をするパッシブスキルを持つ。 (必殺技に対してはダメージカットも反撃も発動できない) 自身の攻撃力を大幅強化するパッシブスキルが主流のゲーム内において、一切攻撃力を強化しないパッシブスキルでありながら、そのトリッキーなスキルで最上級の攻撃力を発揮する。 現在のゲーム内においては、1ターン最大で反撃6回、通常行動必殺技1回、追加攻撃必殺技3回が理論上発動可能 潜在能力スキル「追撃」を含む で、その場合の攻撃ダメージについてだけ述べれば、文句なしに最強の戦士。 (ただし、反撃は攻撃を受ける必要があるので、高難易度ではダメージ30%カットといえど、防御サポート無しで6回も攻撃を受けるのは自殺行為。 なお、同年夏に実装されたも同様の反撃スキルを持つが、あちらは通常攻撃のダメージを最大80%カットする超性能。 ただし追加攻撃スキルが無い) ドラゴンボールレジェンズ の二周年にて登場。 これ引くだけで環境パーティである未来編が機能するようになる キャラ性能 LEGENDS LIMITED]のスパーキングキャラとして登場。 青属性の打撃タイプとなっている。 ・打撃アーツヒット時、打撃アーツを次にドローする 回数二回 交代時発動回数がリセット 〇射撃アーツ ・特になし 〇必殺アーツ「ファイナルかめはめ波」 ・敵に衝撃属性の特大ダメージを与える。 ・発動時敵全体に交代禁止を3秒間付与。 狙いたい相手を確実に狙うことが可能。 〇特殊アーツ「サベージストライカー」 ・ヒット時、以下の効果が発動する 1. 敵の能力強化を消去 発動回数2回 2. 〇究極アーツ「ファイナルインパクトラッシュ」 ・敵に衝撃属性の超特大ダメージを与える。 ・発動時、自身に以下の効果を発動。 攻撃時、敵の「体力が0になった時一度のみ回復する」踏ん張り効果を無効化する 3秒間 4. 敵がカバーチェンジ時に発動する専用のアクションを無効化する 3秒間 ボージャックの「役に立ってみせろ」やセルの救出みたいな専用カバーチェンジなど。 ・ランダムで手札を一枚破棄し究極アーツをドローする。 能力消去で消去は可能だが時間制限はない 2. 能力低下・状態異常の発生を無効化 15秒間。 ただし消去可能なバフなどは消せる 4. 特殊アーツを次にドローする 発動回数1回 ・射撃アーツの攻撃に対してカバーチェンジした場合、敵を遠距離まで吹き飛ばす 専用アクション。 また必殺アーツのみ追撃が可能。 打撃アーツや究極アーツに射撃アーマーがあるから強気でいけるのも魅力的で1対3などでもPSによっては勝機があるレベル ZENKAI覚醒したビルスやブウなどの硬い緑属性は流石に厳しい 未来編では黄色未来悟飯と相性が良く、未来悟飯の死にバフの恩恵を受けやすいのも魅力。 スーパードラゴンボールヒーローズ 1弾ではラディッツ超サイヤ人3と共にシークレット枠として登場。 HPは低く、ガードも並程度だが、パワーはそこそこ高い。 エリートタイプ。 必殺技はファイナルかめはめ波。 アビリティもファイナルかめはめ波。 ロックオン「狙いを定めた一撃」は狙った敵のチャージインパクトスピードを速くして必殺ダメージを3倍にするという効果。 つまりエナジー10個でロックオンを決めれば6倍ものファイナルかめはめ波を放てるということである。 …と、ここまで言えばいいように見えるが、必殺技ダメージ2倍にするのにエナジーを10個も溜めるのはかなり困難であり、おまけに必殺技ダメージを 10倍にする「最強のかめはめ波」と比べるとどうしても見劣りしてしまう。 というか6倍ダメージを叩きだしていたら相手のエナジーを0にしたところでだいたいKOできているので意味がない。 また、アビリティの性質上エナジー妨害、チャージインパクトの妨害に弱く、いわゆると言える。 第一6倍ダメージならと老化したで簡単に出来てしまう。 おまけに向こうの方が6倍にするのが簡単である。 といっても、最強のかめはめ波は発動するのがラウンド3以降のうえ、連携アタックでは発動しないので単独攻撃の必要があるが、ファイナルかめはめ波はエナジー10あればラウンド1からでも発動するうえ、単独・連携は関係ない点はある。 キャラ人気や性能も相まって値段が相当張る 5000円前後 ため、簡単には入手できない。 ユニバースミッション3弾で合体してこの形態になれる悟空がURで登場。 プロモーションカードにもこういうカードはあるので初ではないが、こちらのURは服装が少し変わり、技がゴッドファイナルかめはめ波となっている。 ベジットの方も状態で再びシークレットで登場。 こちらは技が瞬間移動ファイナルかめはめ波となっている。

次の