マイ ナンバー 住民 票 コンビニ。 マイナンバーコンビニで住民票をとる方法ややり方は?めんどくさい?簡単?

証明書のコンビニ交付サービス 目黒区

マイ ナンバー 住民 票 コンビニ

Contents• 住民票の写しや印鑑証明をコンビニで発行するメリット 実際に使ってみると、役所で発行するよりもコンビニ交付の方が圧倒的にメリットがあることがわかります。 役所(出張所)まで行く手間が省ける わざわざ役所(または出張所)まで足を運ばなくても、家や職場の近くにあるコンビニで発行できるというのは、大きな 時間の節約になります。 セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、サークルKサンクスといった大手コンビニがこのサービスに対応したマルチコピー機を設置しているので、ほとんどの人の場合、おそらく役所や出張所よりも俄然行きやすい場所で住民票の写しや印鑑証明を発行できてしまうというわけです。 【利用できるコンビニ】 ・セブンイレブン ・ファミリーマート ・ローソン ・サークルKサンクス ・セイコーマート ・セーブオン ・Aコープ北東北 ・イオンリテール ・コミュニティストア ・Aコープ鹿児島 *店舗によって設置してないところもあるので、必ず確認してください。 特に、Aコープ北東北、Aコープ鹿児島、イオンリテール、コミュニティストアは、設置してある店舗はまだかなり少ないようです。 早朝や夜遅い時間でも発行できる コンビニの端末(マルチコピー機)で発行できる時間は、 朝の6時30分から夜の11時(23時)まで。 急遽印鑑証明が必要になって、会社に行く前に取らなくちゃ~!なんて場合にも、残業続きで役所が開いている時間には絶対帰れないなんて場合にも、コンビニ交付を使えば、早朝でも夜遅くでも自分の都合のいい時間に住民票や印鑑証明を発行することができます。 もちろん、土日祝日でも発行できます。 ただし、 年末年始(12月29日~翌年1月3日)は端末もお休みのようなのでご注意を。 手数料が安い 実は住民票や印鑑証明の発行手数料は、 窓口よりもコンビニの方が安いのです。 たとえば東京都世田谷区の場合。 窓口での発行手数料は300円ですが、コンビニの端末(マルチコピー機)で発行すると250円で済みます。 東京都墨田区の場合は、窓口300円に対してコンビニ200円!日本全国すべての自治体を調べたわけではありませんが、このように窓口より50円~100円安く発行できるようにしている自治体がほとんどのようです。 コンビニ交付は圧倒的に楽でお得ですね。 コンビニで住民票の写しや印鑑証明を取るために必要なこと このサービスを受けるには、いくつかの条件が必要になります。 マイナンバーカード(個人番号カード)を持っている まず、当然ですが、マイナンバーカード(個人番号カード)を発行して持っている必要があります。 マイナンバーの通知カードでは利用できませんのでご注意を! 暗証番号を設定してある そして、そのマイナンバーカードに 「利用者証明用電子証明書」の暗証番号を設定してある必要があります。 これは 4桁の数字で、実際にコンビニで住民票などを発行するときには端末に入力しないといけません。 おそらくほとんどの場合は、マイナンバーカードを発行したときに暗証番号も設定していると思われますが、もし何等かの事情で設定していない場合には、まず役所へ行ってカードに暗証番号を設定してください。 印鑑証明をマイナンバーカード(個人番号カード)に登録してある(印鑑証明も取りたい場合) また、印鑑証明の場合には、 マイナンバーカードに印鑑証明の情報をカードにも登録するように申請する必要があります。 もしマイナンバーカードを発行したときに印鑑登録を申請していなかったり、あとから印鑑登録をした場合には、まずは役所へ行ってマイナンバーカードに印鑑証明の登録をしてもらってください。 自治体がコンビニ交付を実施している 最後に、当然ですが、お住まいの自治体でこのコンビニ交付サービスを実施している必要があります。 自分の住んでいる自治体がコンビニ交付サービスを行っているか確認したうえで利用しましょう。 コンビニ端末(マルチコピー機)で住民票を発行する具体的な手順 まず、「コンビニで住民票が発行できる!」と言っても、レジで店員さんにマイナンバーカードを見せて発行してもらうわけではないのでご注意を(笑)! コンビニに置いてある マルチコピー機を使って自力で発行するのです。 コンビニによってコピー機の種類は異なりますが、下の写真のように 「行政サービス」と書かれているコピー機でなら発行することができます。 ちなみに、これはファミリーマートのマルチコピー機です。 コピー機の画面にも同様に 「行政サービス」というボタンがあるので、これを押します。 「証明書交付サービス」ボタンが出るので、それをプッシュ! 利用上の同意事項がつらつらと出てきます。 しっかり読んで 「同意する」を押してください。 もし同意できなかったら「同意しない」を押して終了です… 当然、同意しないと発行されません。 マイナンバーカード(個人番号カード)をセットしてくださいという画面が出るので、 コピー機の指定された場所に自分のマイナンバーカードをセットしましょう。 カードの情報を読み取ります。 マイナンバーカードの情報をコピー機が読み取ると、行政の 「証明書交付サービス」に繋がります。 ここで 「お住まいの市区町村の証明書」を選択。 暗証番号を入力する画面になります。 設定した 4桁の数字を入力しましょう。 ちなみに、私はすっかり暗証番号を忘れてしまい、2回間違えて入力してしまいました!3回目でやっと正しい番号を入れることができたのでぎりぎりセーフでしたが、実は 3回暗証番号を間違えるとカードが使えなくなってしまうのでご注意を! 無事に暗証番号を入力できたら、 セットしたマイナンバーカードを取り外します。 カードを取らないと先へ進めないようになっている「取り忘れ防止」対策ですね。 カードをしっかりしまってから、先へ進みましょう。 必要な証明書を選択します。 私は印鑑証明を入れていないので、住民票しか選択肢がありませんでした。 「本人のみ」「世帯全員」「世帯の一部」と種類が選べますので、必要な種類のものを選択しましょう。 交付する証明書に記載する項目を設定できます。 「世帯主・続柄の記載」「本籍地・筆頭者の記載」をそれぞれ「有」「無」で設定します。 必要な部数を入力します。 最大10部まで一度に発行することができます。 発行内容の確認画面に切り替わりますので、正しい場合は 「確定する」、訂正がある場合は 「前画面へ」ボタンで戻って修正をしてください。 確定すると、書類がダウンロードされます。 料金が出ますので、 お金を投入して「プリント開始」を押します。 住民票をプリントしています。 プリントされた住民票の写しには「不正防止処理」「偽造防止処理」がされているせいか、少し時間がかかります(数十秒~1分くらい)。 コピーが出てくるところから住民票がプリントされて出てきます。 その後、領収書が発行されます。 領収書の発行が完了したら、すべての工程終了です! 取り忘れがないように注意しましょう。 無事、住民票の発行完了です。 もし 印刷が不良の場合には、領収証と引き換えに返金してもらえますので最後にきちんと確認しましょう! コンビニ交付を利用するときの注意点 このように、「簡単・便利・安い」と三拍子そろったコンビニ交付ですが、最大の注意点は 「取り忘れ」です。

次の

マイナンバーコンビニで住民票をとる方法ややり方は?めんどくさい?簡単?

マイ ナンバー 住民 票 コンビニ

証明書コンビニ交付サービス(コンビニ交付)は、全国のコンビニエンスストア等に設置されているキオスク端末(マルチコピー機)で、「住民票の写し」や「印鑑登録証明書」、「所得・課税証明書」などの各種証明書が簡単に取得できるサービスです。 証明書コンビニ交付サービスの利用には、マイナンバーカード(個人番号カード)とマイナンバーカードにあらかじめ搭載されている、利用者証明用電子証明書の4桁の暗証番号が必要です。 マイナンバーカードの取得については、下記の「マイナンバーカードについて」をご確認ください。 詳細は決まり次第お知らせします。 利用可能店舗• セブンイレブン• ローソン• ファミリーマート• ミニストップ• イオンリテール(イオン)• (都道府県「兵庫県」、市区町村「神戸市」を選択し、「検索」して下さい。 詳細は下記の「利用できる店舗情報」でご確認ください。 区役所でもコンビニ交付サービスが利用できます 神戸市にお住まいの方であれば、各区・支所・出張所に設置された証明書自動交付機にて、コンビニ交付サービスがご利用いただけます。 詳細は以下のとおりです。 取得できる証明書 住民票の写し、印鑑登録証明書、所得・課税証明書(神戸市に住所がある方のみ) 戸籍全部事項証明書、戸籍個人事項証明書、戸籍の附票の写し(神戸市に住所があり、かつ神戸市に本籍がある方のみ) 証明書コンビニ交付サービスで取得できる証明書について 住民票の写し、印鑑登録証明書、戸籍全部事項証明書、戸籍個人事項証明書、戸籍の附票の写しは、最新の証明書のみ発行できます。 (除票や除籍は発行できません。 ) 住民票の写し 神戸市内に住所がある方のみ発行できます。 証明書コンビニ交付サービスでは、住民票記載事項証明書は発行できません。 証明書コンビニ交付サービスで発行する住民票の写しには一部記載できない項目があります。 氏名の変更がある場合、変更前の情報は記載されません。 住所変更があった場合、最新住所と1つ前の住所のみ記載し、それ以前の住所は記載されません。 転出や死亡された方は記載されません。 住民票コードは記載されません。 (マイナンバー(個人番号)は記載可能です。 ) 印鑑登録証明書 神戸市で印鑑登録されている方のみ発行できます。 戸籍全部事項証明書・戸籍個人事項証明書・戸籍の附票の写し 神戸市内に本籍がある方のみ発行できます。 神戸市に本籍があり、住所が神戸市外の方は、あらかじめ「戸籍証明書交付の利用登録申請」が必要です。 登録については下記「戸籍証明書交付の利用登録申請について」をご参照ください。 ) 所得・課税証明書 神戸市内に住所があり神戸市が所得情報を把握している方のみ発行できます。 (発行可能な証明書は「所得控除」「扶養親族の人数」の記載があるもののみです。 ) 現年度・前年度の2年分発行できます。 (選択した年度の前年の1月~12月の所得が記載されます。 ) 市外へ転出、または市外から転入した場合は、転出入以前の証明書は発行できません。 また、市県民税申告書や給与支払報告書などの課税資料の提出が無い場合は発行できません。 (神戸市内にお住まいの方の扶養親族であることが確認できている場合には、課税資料の提出が無い場合でも発行できます。 ) 注意事項 マイナンバーカード(個人番号カード)交付後すぐや市外からの転入後すぐの利用について 証明書コンビニ交付サービスは、マイナンバーカード(個人番号カード)の情報が神戸市の証明書コンビニ交付サービスのシステムに送られてくるまでは利用できません。 そのため、マイナンバーカードの交付や市外・区外からの転入手続きが完了しても、すぐには証明書コンビニ交付サービスが利用できないためご注意ください。 戸籍届出・住民異動届出後の証明発行について 直近2週間以内に戸籍の届出や住民異動の届出をされた場合、届出内容が戸籍の証明書や戸籍の附票の写しに反映できていないことがあります。 届出後2週間以内にご利用の際は、予め本籍地の区役所市民課・支所市民課まで届出内容が証明書に反映されているかお問い合わせください。 また、同一戸籍の方が戸籍の届出をされると、届出後、事務処理が完了するまでは戸籍全部事項証明書(謄本)及び戸籍個人事項証明書(抄本)がコンビニ交付で発行できない場合があります。 返金・交換について 証明書コンビニ交付サービスで取得された証明書の返金・交換はできません。 内容をよくご確認のうえ、操作をお願いします。 利用できる方 下記1. または2. に該当する方• 神戸市内に住所がある15歳以上の方で、利用者証明用電子証明書を搭載したマイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちの方。 利用するには下記の利用変更申請書の提出が必要です。 戸籍証明書交付の利用登録申請について マイナンバーカードを使って事前にマルチコピー機や電子申請による「戸籍証明書交付の利用登録申請」を行うことで、神戸市外に住所がある方でも、本籍が神戸市内にあればコンビニ交付で「戸籍全部事項証明書(謄本)」「戸籍個人事項証明書(抄本)」「戸籍の附票の写し」が取得できます。 マルチコピー機での利用登録申請 コンビニエンスストア等に設置されている一部のマルチコピー機からも戸籍証明書交付の利用登録申請が可能です。 戸籍証明書交付の利用登録申請に対応しているマルチコピー機の画面の指示に従って操作していただくことで利用登録申請ができます。 (利用登録申請の詳細は下記リンク先「本籍地の戸籍証明書取得方法」のページをご確認ください。 ) 対応店舗 セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ等(対応店舗の詳細は、下記リンク先「利用できる店舗情報」の「本籍地への利用登録申請可否」の欄をご確認ください)• 電子申請での利用登録申請 下記の「戸籍証明書交付の利用登録申請サイト」から利用登録申請が可能です。 申請には署名用電子証明書が搭載されたマイナンバーカードとマイナンバーカードに対応したカードリーダーが必要です。 (利用登録方法の詳細等は下記リンク先「戸籍証明書交付の利用登録申請サイト」のページをご確認ください。 ) 利用変更申請について 15歳未満で証明書コンビニ交付サービスを利用したい方は、別途、利用変更申請が必要です。 下記の利用変更申請書(15歳未満)に必要事項を記載の上、法定代理人(保護者)が承諾欄に記載し、必要書類を添付の上、下記の送付先まで申請書を郵送ください。 また、証明書コンビニ交付サービスの利用を制限してほしい方は、利用変更申請書(15歳以上)に必要事項を記載し、必要書類を添付の上、下記の送付先まで申請書を郵送ください。 申請書到達後、開庁日で5日程度で変更します。 変更手続きが完了しましたら、15歳未満の方は法定代理人(保護者)宛に、15歳以上の方は本人宛に文書にて通知いたします。 送付先 〒650-8570 神戸市中央区加納町6丁目5番1号 神戸市役所1号館16階 行財政局住民課 証明書コンビニ交付担当 宛• 利用方法 利用の際にはキオスク端末(マルチコピー機)にマイナンバーカードをセットして、画面の説明に従い、利用者証明用電子証明書の4桁の暗証番号を入力してください。 暗証番号について 利用者証明用電子証明書の暗証番号(数字4けた)を通算して3回連続で間違えてしまうとコンビニ交付が利用できなくなります。 その際はお住まいの区役所・支所・出張所の窓口で暗証番号の再設定が必要となりますので、マイナンバーカードと本人確認書類をお持ちになってご本人が窓口までお越しください。

次の

神戸市:証明書コンビニ交付サービス(コンビニ交付)

マイ ナンバー 住民 票 コンビニ

証明書コンビニ交付サービス(コンビニ交付)は、全国のコンビニエンスストア等に設置されているキオスク端末(マルチコピー機)で、「住民票の写し」や「印鑑登録証明書」、「所得・課税証明書」などの各種証明書が簡単に取得できるサービスです。 証明書コンビニ交付サービスの利用には、マイナンバーカード(個人番号カード)とマイナンバーカードにあらかじめ搭載されている、利用者証明用電子証明書の4桁の暗証番号が必要です。 マイナンバーカードの取得については、下記の「マイナンバーカードについて」をご確認ください。 詳細は決まり次第お知らせします。 利用可能店舗• セブンイレブン• ローソン• ファミリーマート• ミニストップ• イオンリテール(イオン)• (都道府県「兵庫県」、市区町村「神戸市」を選択し、「検索」して下さい。 詳細は下記の「利用できる店舗情報」でご確認ください。 区役所でもコンビニ交付サービスが利用できます 神戸市にお住まいの方であれば、各区・支所・出張所に設置された証明書自動交付機にて、コンビニ交付サービスがご利用いただけます。 詳細は以下のとおりです。 取得できる証明書 住民票の写し、印鑑登録証明書、所得・課税証明書(神戸市に住所がある方のみ) 戸籍全部事項証明書、戸籍個人事項証明書、戸籍の附票の写し(神戸市に住所があり、かつ神戸市に本籍がある方のみ) 証明書コンビニ交付サービスで取得できる証明書について 住民票の写し、印鑑登録証明書、戸籍全部事項証明書、戸籍個人事項証明書、戸籍の附票の写しは、最新の証明書のみ発行できます。 (除票や除籍は発行できません。 ) 住民票の写し 神戸市内に住所がある方のみ発行できます。 証明書コンビニ交付サービスでは、住民票記載事項証明書は発行できません。 証明書コンビニ交付サービスで発行する住民票の写しには一部記載できない項目があります。 氏名の変更がある場合、変更前の情報は記載されません。 住所変更があった場合、最新住所と1つ前の住所のみ記載し、それ以前の住所は記載されません。 転出や死亡された方は記載されません。 住民票コードは記載されません。 (マイナンバー(個人番号)は記載可能です。 ) 印鑑登録証明書 神戸市で印鑑登録されている方のみ発行できます。 戸籍全部事項証明書・戸籍個人事項証明書・戸籍の附票の写し 神戸市内に本籍がある方のみ発行できます。 神戸市に本籍があり、住所が神戸市外の方は、あらかじめ「戸籍証明書交付の利用登録申請」が必要です。 登録については下記「戸籍証明書交付の利用登録申請について」をご参照ください。 ) 所得・課税証明書 神戸市内に住所があり神戸市が所得情報を把握している方のみ発行できます。 (発行可能な証明書は「所得控除」「扶養親族の人数」の記載があるもののみです。 ) 現年度・前年度の2年分発行できます。 (選択した年度の前年の1月~12月の所得が記載されます。 ) 市外へ転出、または市外から転入した場合は、転出入以前の証明書は発行できません。 また、市県民税申告書や給与支払報告書などの課税資料の提出が無い場合は発行できません。 (神戸市内にお住まいの方の扶養親族であることが確認できている場合には、課税資料の提出が無い場合でも発行できます。 ) 注意事項 マイナンバーカード(個人番号カード)交付後すぐや市外からの転入後すぐの利用について 証明書コンビニ交付サービスは、マイナンバーカード(個人番号カード)の情報が神戸市の証明書コンビニ交付サービスのシステムに送られてくるまでは利用できません。 そのため、マイナンバーカードの交付や市外・区外からの転入手続きが完了しても、すぐには証明書コンビニ交付サービスが利用できないためご注意ください。 戸籍届出・住民異動届出後の証明発行について 直近2週間以内に戸籍の届出や住民異動の届出をされた場合、届出内容が戸籍の証明書や戸籍の附票の写しに反映できていないことがあります。 届出後2週間以内にご利用の際は、予め本籍地の区役所市民課・支所市民課まで届出内容が証明書に反映されているかお問い合わせください。 また、同一戸籍の方が戸籍の届出をされると、届出後、事務処理が完了するまでは戸籍全部事項証明書(謄本)及び戸籍個人事項証明書(抄本)がコンビニ交付で発行できない場合があります。 返金・交換について 証明書コンビニ交付サービスで取得された証明書の返金・交換はできません。 内容をよくご確認のうえ、操作をお願いします。 利用できる方 下記1. または2. に該当する方• 神戸市内に住所がある15歳以上の方で、利用者証明用電子証明書を搭載したマイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちの方。 利用するには下記の利用変更申請書の提出が必要です。 戸籍証明書交付の利用登録申請について マイナンバーカードを使って事前にマルチコピー機や電子申請による「戸籍証明書交付の利用登録申請」を行うことで、神戸市外に住所がある方でも、本籍が神戸市内にあればコンビニ交付で「戸籍全部事項証明書(謄本)」「戸籍個人事項証明書(抄本)」「戸籍の附票の写し」が取得できます。 マルチコピー機での利用登録申請 コンビニエンスストア等に設置されている一部のマルチコピー機からも戸籍証明書交付の利用登録申請が可能です。 戸籍証明書交付の利用登録申請に対応しているマルチコピー機の画面の指示に従って操作していただくことで利用登録申請ができます。 (利用登録申請の詳細は下記リンク先「本籍地の戸籍証明書取得方法」のページをご確認ください。 ) 対応店舗 セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ等(対応店舗の詳細は、下記リンク先「利用できる店舗情報」の「本籍地への利用登録申請可否」の欄をご確認ください)• 電子申請での利用登録申請 下記の「戸籍証明書交付の利用登録申請サイト」から利用登録申請が可能です。 申請には署名用電子証明書が搭載されたマイナンバーカードとマイナンバーカードに対応したカードリーダーが必要です。 (利用登録方法の詳細等は下記リンク先「戸籍証明書交付の利用登録申請サイト」のページをご確認ください。 ) 利用変更申請について 15歳未満で証明書コンビニ交付サービスを利用したい方は、別途、利用変更申請が必要です。 下記の利用変更申請書(15歳未満)に必要事項を記載の上、法定代理人(保護者)が承諾欄に記載し、必要書類を添付の上、下記の送付先まで申請書を郵送ください。 また、証明書コンビニ交付サービスの利用を制限してほしい方は、利用変更申請書(15歳以上)に必要事項を記載し、必要書類を添付の上、下記の送付先まで申請書を郵送ください。 申請書到達後、開庁日で5日程度で変更します。 変更手続きが完了しましたら、15歳未満の方は法定代理人(保護者)宛に、15歳以上の方は本人宛に文書にて通知いたします。 送付先 〒650-8570 神戸市中央区加納町6丁目5番1号 神戸市役所1号館16階 行財政局住民課 証明書コンビニ交付担当 宛• 利用方法 利用の際にはキオスク端末(マルチコピー機)にマイナンバーカードをセットして、画面の説明に従い、利用者証明用電子証明書の4桁の暗証番号を入力してください。 暗証番号について 利用者証明用電子証明書の暗証番号(数字4けた)を通算して3回連続で間違えてしまうとコンビニ交付が利用できなくなります。 その際はお住まいの区役所・支所・出張所の窓口で暗証番号の再設定が必要となりますので、マイナンバーカードと本人確認書類をお持ちになってご本人が窓口までお越しください。

次の