ヒース レジャー 死亡。 ヒース・レジャーの死因まとめ ジョーカーを怪演!

映画『ダークナイト』シリーズを襲った数々の悲劇:今週のクローズアップ

ヒース レジャー 死亡

俳優の故ヒース・レジャー(Heath Ledger)の死は、ジェイク・ギレンホール(Jake Gyllenhaal, 35)の人生の見方に大きな変化をもたらした。 ヒースとジェイクは2005年の映画『ブロークバック・マウンテン』での共演がきっかけで親友となったが、ジェイクはヒースが2008年にドラッグの過剰摂取で急死したことで深いショックを受け、彼の死について公の場で語るのがつらくなったと打ち明けた。 「個人的に、その話題をどうしても言葉にしたり、公の場で語ったりすることができないほど影響を受けたんだ」とジェイクは米Entertainment Weekly誌で心境を語っている。 「プロとして言うなら、人が死ぬということを必ずしもよく分かっていない年齢だったと思う」 またジェイクは、ヒースの死でハリウッドでの成功について考えを改めるようになったと認め、若くして亡くなった人と一緒に仕事をした経験で、興行的な成功を素直に受け止められなくなったと告白した。 「僕らは映画を作るというバブルの世界に生きている。 でも実際には生身の友人がいるし、本当のコミュニティがある」とジェイク。 「(彼の死で)『これはいつか消えてなくなるんだ』という経験を得たような気がする。 そして、映画の成功による世間の注目や偽りの愛は、本当に意味を失ってしまった」 「本当に大切なことは、映画を作る時にできる人との関係であり、役作りの時に知り合った人たちなんだ。 僕の中では大きな変化があった」 ジェイクは以前、2人のカウボーイの同性愛関係を描いた『ブロークバック・マウンテン』でのヒースの演技を絶賛したことがある。 「僕とヒースにとっては親密で、同時にとても怖いものだった。 特に出演を決めたことがそうだった」とジェイクは2015年、米非営利公共ラジオ局「NPR」で語っている。

次の

渾身の役づくり! ヒース・レジャーが住んでいたアパートが「まるでジョーカーの神殿」のような場所だったことが判明!!

ヒース レジャー 死亡

マジですか!!?? Yahoo. comを見ていた所、「ブロークバック・マウンテン」や新バットマンのジョーカーをやる事で話題になってたヒース・レジャースが死亡と言うニュースが。 ちょっと信じられません。 ちょっと前に、ブラット・レンフロ死亡のニュースでかなり驚いたのですが、今度はヒース・レジャー…。 ブラット・レンフロに関しては、前からヘロイン摂取やアルコール中毒の話しがあったので、さほど驚かず、「似ている」と評判だったリバー・フェニックスと同じ運命をたどった事が皮肉だと感じたものですが、まさかヒース・レジャーとは…。 まだ28歳だったそうですよ…。 いい俳優さんで、脱アイドルを頑張ってたのに、残念な事です。 「ブロークバック・マウンテン」で一躍演技派として脚光を浴びましたが、そのネタを楽しみ平気でゲイネタや女装ネタとかをやっていたジェイク・ギレンホールとは逆に、ゲイ系の話題なんかにはかなり敏感な反応を見せたりして、繊細っぽいとは思っていたのですが。 逆にジェイクはほんっとに図太くて、役に寄っては超オラオラの体育会系だったりして(イラクの海兵隊を主人公にしたジャーヘッド等)、良い意味でプロの俳優さんなのですが。 「ブロークバックマウンテン」で奥さん役をした女優さんと結婚して、去年離婚したのですよね。 お子さんも居た筈なのですが、残念な事です。 遺体のそばには睡眠薬があったそうですが、睡眠薬の過剰摂取による事故なのか自殺なのか…。 本当に残念です。

次の

ヒース・レジャーの死から10年…ミシェル・ウィリアムズが交際半年で婚約!

ヒース レジャー 死亡

Rex Features/アフロ 2008年1月、28歳という若さでこの世を去った。 死の数カ月前から極度の不眠に悩まされていたというレジャーは、服用する睡眠導入剤の量を徐々に増やし続け、ついに過剰摂取で亡くなった。 将来を嘱望された才能溢れる俳優の突然の死から約8年半。 彼の父親がオーストラリア版『Daily Mail』紙に、「息子の死はすべて本人の責任だ」と語った。 「誰のせいでもない。 あいつが薬に手を出し、自分から飲み下した。 あの状況について、他の誰をも責めることはできません。 受け入れるのは辛かった。 私は息子を心から愛していたし、誇りに思っていたから」 死亡した年に公開された『』では、彼のキャリアの中でも白眉の出来であったジョーカー役でアカデミー助演男優賞を獲得。 天国の本人に代わり父と姉がオスカー像を受け取った。 姉のケイトは、生前のレジャーに薬の服用について苦言を呈していたという。 「あの日の前日、ヒースの姉は電話で睡眠薬と処方薬を一緒に飲んではダメだと伝えていました。 『ケイティー、ケイティー、僕は大丈夫だよ。 自分が何をしているかはわかっているさ』と答えていましたが……」 結局彼は翌日、死体となって発見された。 検視では、トヨタの重役が逮捕された原因ともなった鎮痛剤オキシコドン、同じく強い鎮痛剤のヒドロコドン、抗不安薬のジアゼパム、アルプラゾラム、睡眠薬のテマゼパム、ドキシラミンの成分が検出され、薬物の過剰摂取による事故死と結論づけられた。 外部サイト.

次の