三つ目がとおる。 三つ目がとおる

≪新商品情報≫「秘伝のイケだれ〜三つ目がとおるver.〜」|虫ん坊|手塚治虫 TEZUKA OSAMU OFFICIAL

三つ目がとおる

赤いコンドルとは、の『』の主人公・の使用するである。 概要 三つ目族の遺産で、その王族だけが扱うことのできる万能アイテム。 もともとはの遺跡から発掘され、博物館に所蔵されていたが、写楽の覚醒によって博物館を飛び出し、以後は覚醒した写楽のシンボルマークとしてその手元に置かれることになる。 物を溶かす強力なを出す強力な兵器として使われるほか、写楽が作った機械や三つ目のその他の遺産のスイッチにも使われる。 また原作では地面を這って写楽の下に来たが、アニメ版では真っ赤な光のとなって飛んで来るかたちに変更された。 呼び出しの呪文は…… アブトル・ダムラル・オムニス・ノムニス・ベル・エス・ホリマク 我とともに来たり、我とともに滅ぶべし 外見 全体が真っ赤に染まっており、のように長く、かのような先端をしている。 また全体には古代文字が敷き詰められるかのように並んでおり、何かしらの呪文かなにかと思われる。 白兵戦用武装に使っているシーンも無いわけでは無いがどちらかと言えば主用途から「超能力用の触媒(ex. 魔法の杖)」としての傾向が強い。 補足 pixiv内ではとして槍使いが赤いコンドル持っているイラストが存在する。 また見た目的ににされたりもする。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

写楽保介 (しゃらくほうすけ)とは【ピクシブ百科事典】

三つ目がとおる

赤いコンドルとは、の『』の主人公・の使用するである。 概要 三つ目族の遺産で、その王族だけが扱うことのできる万能アイテム。 もともとはの遺跡から発掘され、博物館に所蔵されていたが、写楽の覚醒によって博物館を飛び出し、以後は覚醒した写楽のシンボルマークとしてその手元に置かれることになる。 物を溶かす強力なを出す強力な兵器として使われるほか、写楽が作った機械や三つ目のその他の遺産のスイッチにも使われる。 また原作では地面を這って写楽の下に来たが、アニメ版では真っ赤な光のとなって飛んで来るかたちに変更された。 呼び出しの呪文は…… アブトル・ダムラル・オムニス・ノムニス・ベル・エス・ホリマク 我とともに来たり、我とともに滅ぶべし 外見 全体が真っ赤に染まっており、のように長く、かのような先端をしている。 また全体には古代文字が敷き詰められるかのように並んでおり、何かしらの呪文かなにかと思われる。 白兵戦用武装に使っているシーンも無いわけでは無いがどちらかと言えば主用途から「超能力用の触媒(ex. 魔法の杖)」としての傾向が強い。 補足 pixiv内ではとして槍使いが赤いコンドル持っているイラストが存在する。 また見た目的ににされたりもする。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

三つ目がとおる

三つ目がとおる

最初は、月1回の読み切りとして掲載されましたが、その後、毎週連載となりました。 当時の「週刊少年マガジン」は、「おれは鉄兵」 ちばてつや や「野球狂の詩」 水島新司 など劇画路線が中心だったため、手塚マンガの味わいはひじょうに新鮮に映りました。 また、写楽保介の魅力的なキャラクターのおかげで、少年雑誌の連載でありながら、多くの女性読者の心をつかんだという点も『ブラック・ジャック』と共通しています。 同級生の男まさりの和登千代子は、歯がゆくて写楽を助け、味方になる。 不良グループのボス鬼胴はひどく写楽をいじめるが、写楽の額のバンソウコウをはがすとそこには第三の目があった。 三つ目人となった写楽は、脳ミソをトコロテンにするというグロテスクな機械を校庭に作り、手はじめに鬼胴一派に使った。 その後、鬼胴たちは学校に来なくなり、写楽は再び額にバンソウコウを貼って登校し、以前通りの学校生活をおくる。 和登サンは科学博物館で三つ目の絵の描かれた槍のような武器を見つける。 偶然、額のバンソウコウが取れた写楽は、槍を呼び寄せ、夜のビル街で何事かを始める。 槍は超古代の全面戦争の方法が書かれた危険な案内書だった。 犬持は養父の威厳で写楽を説得し、危機は去る。 バンソウコウの取れた悪魔の写楽は病院に侵入し、それを追う和登さんと院長に次々と赤ん坊が襲いかかる。 看護婦殺しの犯人は赤ん坊だったが、写楽は赤ん坊を操る敵と対決する。 古代の遺跡の酒船石が、さまざまな薬を調合する道具だと発見した写楽は、人間を奴隷にしてしまう薬を作り、生徒に飲ませようとする。 しかし和登サンの機転で危機を逃れる。 犬持に頼まれ、調べに行った写楽と和登サンは、屋敷の地下深くで三つ目人の作った優れた道具類を発見する。 寿命院家も三つ目人の家系だったのだ。 写楽が動かした護衛のからくり人形で一行は窮地に立つが、和登サンの活躍で危機を脱する。 グループは写楽の能力でピラミッドの秘密の力を手に入れようと考えた。 ピラミッドは宇宙のエネルギーを地上に集める装置だった。 実験を行ったグループは、写楽の機転で宇宙エネルギーによって自滅する。 琵琶湖の湖底だとつきとめた写楽と和登サンは、玉の中に入っていた天人鳥を案内役に財宝探しの冒険に出る。 財宝をねらうゴブリンという怪人から逃れ、冒険の末に写楽が手に入れたのは小さな1枚の金属の板だった。 板には三つ目人の遺言が書かれていた。 見かねた和登サンは反撃できるよう写楽のバンソウコウをはがすが、それが上底のねらいだった。 2人をアメリカに連れていった上底は、夫のナバホ・インディアンの学者と共に、インディアンの遺跡であるグリーブという巨大な人工丘 マウンド の謎を写楽に解かせ、その力をインディアンの解放に使う計画だった。 ところがグリーブは三つ目人の作った重力を操る装置で、扱いきれない巨大な力が出て計画は自滅する。 さらにCIAが、この装置を写楽に作らせようとするが、写楽はとんでもない機械を作ってCIAを混乱させ、和登サンと共に日本へ脱出する。 今まで見えなかった岩の接触面に超古代の文字が発見される。 写楽はその文字を解読し、岩を自在に操る秘法を知る。 そしてめおと岩を元どおりにしようとするが……。 娘たちは蛇の霊能波に操られており、写楽たちも実験台にされそうになる……。 調べるために写楽に剣を持たせるが写楽は大暴れを始めた……。 和登サンに呼ばれて現場に走った写楽は、それが母船から放たれた通信円盤だと見ぬく。 三つ目族伝統の円盤捕獲法で、小形通信円盤を手に入れた写楽は、円盤が発する高熱の利用法を考えるのだが・・・。 写楽と和登サンも同行するが、怪物の正体は……。 その地中で三つ目人が栽培した知性を持つ植物ボルボックを発見する。 実は超古代の三つ目人の国があった大陸は、このボルボックによって海へ沈められたのだった。 ボルボックは自然を汚す三つ目人に怒ったのだ。 写楽は超古代の知恵でボルボックに戦いをいどむ。 体にくっついて、よからぬ事を考えると爆発するのだ。 このツボが大臣にくっついた……。 写楽は文福の家の地下室を借り、不思議な機械を作って、刑務所からの脱走を手伝ってやるが……。 三つ目となった写楽は、墓あらしのノロイをよそおってスケバンたちを追い出すが、ノロイは写楽の身にも……。 写楽は超能力で機械をいじり、大騒動となる。 確かに写楽は悪魔のプリンスと名乗って、自分の発明した恐ろしい武器を世界にバラまこうとしていた。 和登サンは写楽のバンソウコウをはがした犯人を見つけるが……。 写楽と和登サンはその山奥の学校へ調査に行き、不思議な粉を作る設備を見つける。 粉の製造法は古文書に書かれた秘法で、写楽と和登サンは、古代の仕掛けで海へ運ばれてしまう……。 そしてビルの中庭で、設計した人物が変死する。 事件を調べてくれと頼まれた写楽は、ビルの構造が中庭に真空状態を作る事をつきとめるが、写楽にも犯人の魔の手が……。 額にやはりバンソウコウを貼っていて、まちがわれたのだが、写楽はこのホクサイを使って三つ目犬を作ってしまう。 しかし逆に三つ目犬の攻撃を受け、写楽はピンチに立つ……。 危険な箱抜けの魔術で、写楽は興奮して暴れ出してしまった。 写楽の額にバンソウコウを貼るために、ガランプッタは魔術を使って協力する。 三つ目人の町に迷い込み、写楽そっくりのランギロアという少年と結婚式をあげるという夢だ。 夢からさめた和登サンは、写楽はランギロアの生まれ変わりかもしれないと思う。 この事件はパンドラと名乗る、日本人に恨みを持つ怪人の犯行だった。 パンドラは失われた人類の先祖、ポキ族を使って日本に復讐しようとしていた。 事件を捜査する警視庁の雲名 うんめい 警部と写楽は、パンドラ一味の船に捕らえられ、いくつもの島で力を試された後、イースター島でモアイ像を使った復讐計画に協力させられる。 しかしポキ族の女王ポゴの協力で、たくらみは打ち砕かれる。 悪臭で誰も近づけないが写楽は平気だったので、物体を調べさせられる。 何とそれは古代三つ目人が海中に捨てた巨大なゴミ袋だった。 物体は再び海中に沈められる。 雪男が実在するとしてスキー客と賭けてしまった和登サンは写楽の超能力の助けで雪男を調べようとするが、意外な正体を知ってしまう。 4500年後、壺は須武田 すぶた 博士の手に渡り、ゴダルの魂は和登千代子の肉体を借り復活する。 しかし三つ目人写楽の超能力に押さえられ、おりしも世界首脳会議の開かれる京都に連れて行かれる。 このコンビをノラ猫の体を借りた和登サンが追う。 ゴダルは京都で発見した三つ目人の兵器ゴモラを使って人間を脅 おど し、世界征服の足がかりにしようとするが、写楽はゴダルを押さえ、三つ目人国建設のため、会議に集まった首脳を人質に取ろうとする。 しかし計画は失敗し、追って来た須武田博士と犬持医師の努力で、和登サンは体を取り戻し、写楽は額にバンソウコウを貼られ、ゴダルはノラ猫の体に押し込められ、事件は解決する。 その町の財宝を盗掘から守って欲しいと古代人の幻影から頼まれた写楽は、バンソウコウをとらず、つまり超能力も使わず独力で盗掘犯を追い出すという手柄をたてる。 犬持は手術で写楽の第三の目を取って、普通の子にするつもりだったが、反対する和登サンに手術をしなくても写楽はまともにやっていけると説得される。 再び盗掘に来た犯人は、バンソウコウを取った写楽に撃退され、写楽は和登サンに約束どおりバンソウコウを貼ってもらい、2人の信頼は深まる。 それは超能力を持つロボットカーだった。 ところがこの車は男を殺し、捜査に来た警官にも抵抗する。 雲名警部は解決のため写楽を連れてくるが……。 そのヒナ鳥を写楽は連れ帰って育てるが、ケツアルという殺し屋がヒナ鳥を殺そうとつけねらう。 この鳥は南米の古代トルテカ人が飼っていた生き残りで、おかげで、トルテカ人の隠した財宝を見つける事ができた。 動物学者の須武田行佐 すぶた ぎょうざ と成長した鳥と共にメキシコへ行った写楽は財宝を資金源にナチを復活させようとするナチの残党に命をねらわれる。 メキシコ人の少女セリーナと巨鳥の助けで、写楽は残党をやっつけ残党に雇われていた殺し屋ケツアルも一騎打ちの末、倒す。 和登さんは写楽の超能力でUFOを調べようとするが、三つ目となった写楽は、捕らえたUFOを破壊兵器に使おうとする。 古代文字を読める事から、写楽は遺族たちの遺産争いに巻き込まれ、次々と殺人事件が起きる。 写楽が探し当てた浦島太郎の財宝とは……。 調査隊に見つかるのが恥ずかしくて、和登サンと写楽はイカヅチ山の岩の中に入って探すが、そこには超古代の発電機があった……。 しかし駄盤は、たちの良くないプレイボーイだった。 写楽は三つ目となって、不思議な機械を使って駄盤とテニスの試合をして、徹底的に打ちのめす。

次の