さくせい びょう とう。 糖尿病(性)腎症〔とうにょうびょう(せい)じんしょう〕|家庭の医学|時事メディカル

作品(さくひん)について勉強(べんきょう)しよう− 岩田千虎(いわたかずとら)作(さく)樺太犬慰霊像(からふとけんいれいぞう)

さくせい びょう とう

画像提供 :。 小青竜湯は、体の水気を巡らし体内を温めることで、くしゃみ、鼻水、咳などを改善します。 飲んだ時の酸っぱい味は配合生薬の五味子の特徴です(店主談) 麻黄(マオウ科の地上茎)、桂枝(クスノキ科のケイの若枝や樹皮)、白芍(シャクヤクの根)、甘草(マメ科などの根やストロン)、乾姜(ショウガの根茎を乾燥したもの)、細辛(ウスバサイシンなどの根や根茎)、半夏(カラスビシャクの塊茎)、五味子(チョウセンゴミシの成熟果実)。 「小青竜湯」が合わない人 乾いたせきや、粘っこい痰がでるような症状には合いません。 また、発汗作用があるので、慢性的な症状や、根本的な治療をする場合は、ドクターなど漢方の専門家に相談しましょう。 胃腸が荒れやすい人には食後、排便をうながすタイプの漢方には、空腹時の服用を勧める場合もあります。 なお、食間に飲み忘れたときは、食後でいいので飲みましょう。 生薬の有効成分を抽出して乾燥・加工した「エキス剤」の場合、お湯に溶かしたり、水と一緒に飲んでください。 「小青竜湯」の副作用 胃腸虚弱、体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質などの場合、不快な症状が出ることがあります。 ちょっとおかしいな、と思ったらすぐ服用をやめ、漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。 「小青竜湯」が買える場所 漢方薬局や病院、診療所、ドラッグストアなどです。 代表的な商品名:(アイウエオ順)• エスタック漢方「小青竜湯」エキス顆粒 (エスエス製薬)• コタロー小青竜湯エキス細粒 (小太郎漢方製薬)• 小青竜湯エキス顆粒 (山本漢方製薬)• 小青竜湯エキス顆粒クラシエ (クラシエ薬品)• ツムラ漢方小青竜湯エキス顆粒 (ツムラ) 「小青竜湯」の漢方的メカニズム<中級者向けトリビア> 「外寒内飲」といって、もともと水の巡りが悪いタイプが、寒気のする風邪をひくような場合に有効的な処方です。 なので、喘息の症状があっても痰があまり出なかったり、水分代謝に異常がなければ麻黄湯の方が合います。 芍薬と甘草は麻黄や桂枝の働きをサポートし、調和する役目になっています。 乾生姜、細辛、五味子、半夏がカラダを温めながら水分代謝を改善し、痰やせきを鎮めます。 なお細辛と五味子は「一散一収」の働きがあるので、呼吸器の機能をバランスよく回復させたり、芍薬と五味子のコンビが体液や気のエネルギーが消耗したり、発散する力を抑えるような配合になっています。 「小青竜湯」のおまけのエピソード 青竜とは四方を守る神獣のひとつで、東の青竜、西の白虎、南の朱雀、北の玄武が挙げられます。 対応する漢方薬もそれぞれあり、小青竜湯以外には、熱を冷ます働きのある白虎湯、むくみや腹水、胸水などにいい朱雀湯(十棗湯)、カラダを温めて水はけをよくする玄武湯(真武湯)があります。 主薬である麻黄の採取したばかりの色が青いことも関連していますが、陰陽五行では、季節と色も深く関わりがあるとされ、青色は春にリンクしています。 春に起こりやすい病といえば、風邪などの感冒や花粉症もそのひとつですね。 ちなみに、大青竜湯という処方もあります。 小青竜湯とは作用や程度が異なり、発汗作用だけでなく、こもった熱や不安感を取り除く働きがあります。

次の

大田区ホームページ:介護保険・総合事業サービス利用の手順

さくせい びょう とう

画像提供 :。 小青竜湯は、体の水気を巡らし体内を温めることで、くしゃみ、鼻水、咳などを改善します。 飲んだ時の酸っぱい味は配合生薬の五味子の特徴です(店主談) 麻黄(マオウ科の地上茎)、桂枝(クスノキ科のケイの若枝や樹皮)、白芍(シャクヤクの根)、甘草(マメ科などの根やストロン)、乾姜(ショウガの根茎を乾燥したもの)、細辛(ウスバサイシンなどの根や根茎)、半夏(カラスビシャクの塊茎)、五味子(チョウセンゴミシの成熟果実)。 「小青竜湯」が合わない人 乾いたせきや、粘っこい痰がでるような症状には合いません。 また、発汗作用があるので、慢性的な症状や、根本的な治療をする場合は、ドクターなど漢方の専門家に相談しましょう。 胃腸が荒れやすい人には食後、排便をうながすタイプの漢方には、空腹時の服用を勧める場合もあります。 なお、食間に飲み忘れたときは、食後でいいので飲みましょう。 生薬の有効成分を抽出して乾燥・加工した「エキス剤」の場合、お湯に溶かしたり、水と一緒に飲んでください。 「小青竜湯」の副作用 胃腸虚弱、体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質などの場合、不快な症状が出ることがあります。 ちょっとおかしいな、と思ったらすぐ服用をやめ、漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。 「小青竜湯」が買える場所 漢方薬局や病院、診療所、ドラッグストアなどです。 代表的な商品名:(アイウエオ順)• エスタック漢方「小青竜湯」エキス顆粒 (エスエス製薬)• コタロー小青竜湯エキス細粒 (小太郎漢方製薬)• 小青竜湯エキス顆粒 (山本漢方製薬)• 小青竜湯エキス顆粒クラシエ (クラシエ薬品)• ツムラ漢方小青竜湯エキス顆粒 (ツムラ) 「小青竜湯」の漢方的メカニズム<中級者向けトリビア> 「外寒内飲」といって、もともと水の巡りが悪いタイプが、寒気のする風邪をひくような場合に有効的な処方です。 なので、喘息の症状があっても痰があまり出なかったり、水分代謝に異常がなければ麻黄湯の方が合います。 芍薬と甘草は麻黄や桂枝の働きをサポートし、調和する役目になっています。 乾生姜、細辛、五味子、半夏がカラダを温めながら水分代謝を改善し、痰やせきを鎮めます。 なお細辛と五味子は「一散一収」の働きがあるので、呼吸器の機能をバランスよく回復させたり、芍薬と五味子のコンビが体液や気のエネルギーが消耗したり、発散する力を抑えるような配合になっています。 「小青竜湯」のおまけのエピソード 青竜とは四方を守る神獣のひとつで、東の青竜、西の白虎、南の朱雀、北の玄武が挙げられます。 対応する漢方薬もそれぞれあり、小青竜湯以外には、熱を冷ます働きのある白虎湯、むくみや腹水、胸水などにいい朱雀湯(十棗湯)、カラダを温めて水はけをよくする玄武湯(真武湯)があります。 主薬である麻黄の採取したばかりの色が青いことも関連していますが、陰陽五行では、季節と色も深く関わりがあるとされ、青色は春にリンクしています。 春に起こりやすい病といえば、風邪などの感冒や花粉症もそのひとつですね。 ちなみに、大青竜湯という処方もあります。 小青竜湯とは作用や程度が異なり、発汗作用だけでなく、こもった熱や不安感を取り除く働きがあります。

次の

要介護認定

さくせい びょう とう

合併症と糖尿病とは?合併症と糖尿病について解説〜高齢者の生活習慣病 合併症 糖尿病 - 合併症と糖尿病について解説。 合併症 糖尿病 当サイトでは、様々な生活習慣病の中でも高齢者に見られる病気を中心に解説紹介しています。 このページでは、糖尿病 (とうにょうびょう)について解説しています。 糖尿病は誰でもなりうる病気ですが、特に中年から高齢になると注意したい病気です。 そして、糖尿病はとても危険な病気の発症につながる可能性があります。 ですから糖尿病について理解して、糖尿病の症状・原因・治療・検査やさらに気になる色々な情報などから、糖尿病を早期発見・予防できるようにしましょう! 糖尿病について知りたい方のために当サイトが少しでもお役にたてると幸いです。 これらの 3大合併症は、糖尿病の方によくみられる合併症なのですが、糖尿病の合併症は、他にもさまざまなものがあります。 下記は、糖尿病の合併症の一例です。 ・糖尿病性網膜症 (とうにょうびょう せい もうまくしょう) ・糖尿病性腎症 (とうにょうびょう せい じんしょう) ・糖尿病性神経障害 (とうにょうびょう せい しんけいしょうがい) ・糖尿病性昏睡 (とうにょうびょう せい こんすい) ・低血糖性昏睡 ・脳梗塞 (のうこうそく)・脳出血 ・白内障・緑内障 ・顔面神経麻痺 ・歯周病・歯槽膿漏 (しそうのうろう) ・起立性低血圧 (きりつせい ていけつあつ:立ちくらみのこと) ・狭心症 (きょうしんしょう)・心筋梗塞 (しんきん こうそく) ・肺炎・肺結核 ・腎盂腎炎 (じんうじんえん) ・下痢・便秘などの便通異常 ・膀胱炎 (ぼうこうえん)・尿路感染症 (にょうろ かんせんしょう) ・手足の痛み・しびれ ・勃起障害(ED) ・皮膚感染症 ・下肢閉塞性動脈硬化症 (かし へいそくせい どうみゃくこうかしょう) ・こむらがえり・むくみ(浮腫) ・潰瘍 (かいよう)・壊疽 (えそ) ・水虫 ・カンジダ症 まだある!糖尿病のリスク 高血糖は動脈硬化を発生・進行させます。 動脈硬化とは、血管(動脈)が硬く、もろくなってしまう病気です。 糖尿病から動脈硬化になると、そこから動脈硬化により起こるさまざまな病気(脳梗塞 (のうこうそく)・心筋梗塞 (しんきんこうそく)など)が発症する確率も高くなってしまうので、とても危険です。 また、糖尿病になると、細菌への抵抗力が低下するので、いろいろな「感染症 (かんせんしょう)」になりやすくなってしまいます。 合併症への対処が重要 糖尿病の恐ろしさは、上記の様なさまざまな合併症にあります。 ですから、糖尿病では、いかに合併症を発症させないようにするか、また、発症してしまった合併症をいかにこれ以上進行させないようにするか、が重要なのです。 次のページ「」へ進む 前のページ「」へ 一覧へ トップページへ 高齢者の生活習慣病 脳卒中 心筋梗塞・狭心症 がん(癌) 種類別のがん 種類別 女性のがん 種類別 男性のがん Copyright C All Rights Reserved.

次の