て づか 動物 病院。 てづか動物病院の評判・口コミ

猫のアレルギー

て づか 動物 病院

てづか動物病院への編集部紹介コメント てづか動物病院は大阪市浪速区桜川にある動物病院で、大阪市営地下鉄千日前線の桜川駅3番出口からは徒歩4分、阪神なんば線の桜川駅からは徒歩4分 、JR環状線の芦原橋駅から徒歩8分ほどの場所にあります。 院長の手塚先生は温厚なお人柄で、動物や飼い主さまへの愛情に満ちた方です。 素晴らしいのは人柄だけでなく向上心にも富まれ、学界や勉強会に積極的に出席されて日々技術や知識を磨かれるなど、人柄と能力の両面にわたってとても信頼できる先生です。 症状の説明においても、飼い主さまが納得されるまで懇切丁寧に行われ、ペットの体調に関してわずかな異常も見逃さないよう最善の努力をしてくださいますので、飼い主さまも安心してご相談いただけるかと思います。 てづか動物病院は親しみやすい動物病院を目指しています こんにちは、大阪市浪速区桜川にあるてづか動物病院院長の手塚 史章です。 当院はちょっとしたお買い物のついでや、お散歩の合間になど気軽な理由で来院できるような親しみやすい動物病院を目指して日々努めています。 動物病院というと用事がないと何となく入りにくいと思われるかもしれませんが、当院はそんな気兼ねを払拭できるよう心掛けていますので、ペットが病気でなくてもいつでもいらしてください。 日頃から来院していただいていると思わぬ症状の早期発見に繋がることもあり、少しでも苦しい思いをせずに済むかもしれません。 当院にはペットサロンやペットホテルも併設しており、飼い主さまと同じ様により近い立場で様子を確かめることが可能です。 こちらの施設をご利用の際は健康チェックも実施していますので、単なるお預かりだけで終わるのではなく幅広いサービスをご提供できます。 当院は土日祝日も診察を行っていますので、平日お忙しい方、仕事で来るのが難しい方は土日祝日をご利用ください。 また、直接来院されるのが困難な方は往診や送迎をいたしますのでご希望の方はお問い合わせください。 当院では一般内科・外科診療のほかに、眼科、循環器科、アレルギー科などを得意とし、いずれの科でも予防、診療、治療を適切に対処しています。 勤務医時代にはCT などの設備が整った病院に勤務し、眼科の専門医の元で研修を受けるなど専門的な知識や経験がありますので、安心してペットをお預けいただけるかと思います。 また、院内の設備としてレントゲン装置・超音波検査装置・スリットランプなどの検査機器のほか電気メスや超音波メスなどの手術機器や人工呼吸器も揃えており、できるだけ負担の少ない最善の治療ができるように配慮しています。 より高度な治療が必要と判断した場合は適切な病院をご紹介させていただきます。 夜間対応については大阪どうぶつ夜間急病センターと連携し、そこから必要に応じて当院にも情報が来ますので、安心してその後の治療を受けることが可能です。 併設施設にはトリミングサロンとペットホテルがあります 病気が酷くなってから動物病院へ行くのではなく、早い段階で症状を見つけて病気になる前に予防することが最も肝心です。 そのため日頃からの健康診断に関しては当院でも推奨しています。 「健康診断を受けるのは高齢になってからでもいいのでは」と考える飼い主さまのお気持ちもわかりますが、普段から検査をしておくと健康時のデータと比較することで些細な変化にも気付くことができ、より早く対処できます。 人間では1年に1回健康診断を受けるかと思いますが、人間より早く年をとるワンちゃんであれば3~4カ月に1回で私たちと同じぐらいになりますので、ぜひ定期的に健康診断を受診なさってはいかがでしょうか。 また診察のときだけでなく、ペットサロンやペットホテルをご利用の際に思わぬ病気が発見されることもよくありますので、単に美容目的やお預かり目的だけでなく健康チェックの場としてもご利用ください。

次の

てづか動物病院の評判・口コミ

て づか 動物 病院

インターネット この漫画、トイプードルの飼い主であり漫画家である、道雪 葵さんがツイッターに投稿したもの。 「動物病院での私のひそかな楽しみ」という1ページ漫画に、そのちょっとした楽しみを描いています。 動物病院での私のひそかな楽しみ — 道雪 葵 michiyukiaporo 動物病院では、受付窓口で飼い主の名前とともに、獣医さんに診てもらうペットの名前を書く必要があります。 で、多くの動物病院ではファミレスの順番待ちの様に表に名前を書いていく方式が取り入れられています。 その名前を書く時に、どうしても一覧となっている受付用紙のペットの名前が目に入ってしまうんですよね。 たまに、「どうしてその名前に!?」といったペットの名前があったりして、ついどの子がその名前の持ち主なのか、ひそかに待合室にいるペットたちをチラチラ見てしまったり。 そして、病院慣れっこな子だと、呼ばれても嫌がらずに堂々と診察室へ入っていく姿も見られたり。 「ハイ、私を呼びましたね(キリッ)」な表情とともに飼い主さんと診察室に入っていくワンコに、ついふふっとなるものです。 この漫画を見た人たちからは「分かる」のコメントが続々。 そして自分の家のペットの名前にまつわる話、自分の名前なのにペットの名前と勘違いされて呼ばれた事があるという人、ペットの名前欄にうっかり自分の名前を書いてしまって終始「ちゃん」付けになってしまった人などなど……。 ペットの具合が悪い時は心配でたまらないので、なかなかそんな余裕もない時もあるのですが、予防接種や定期健診の時など、自分のうちの子が元気な時はつい、よそ様のペットも気になってしまいがちですよね。 筆者の場合はずっと猫を飼っているので、同じ柄の猫と隣り合わせた時には、つい「この子と同じ柄ですね~」なんて話しかけてしまいがち……。 そして、人懐っこい犬がこちらを目をキラキラしながら見上げてきた日には、つい構ってしまいがち。 漫画を描いた道雪さんも、他のワンコが構って欲しそうにしていると、つい構ってしまうそう。 犬って、「この人は構ってくれる」という直感がすごくあるような気がします……。 道を歩いていても、散歩中の見知らぬ犬に寄られてくる事が多い筆者。 飼い主さんは気を使って「ダメよ」と言いながら犬を引き寄せて「ごめんなさいね~」などと通り過ぎていこうとするのですが……「むしろ私が構って欲しい!」となってしまう筆者。 たまに犬のナンパに成功され、飼い主さんともおしゃべりしてしまったりなどって、動物好きあるある、ですよね?犬の心理に上手い事引っかかってしまう、人間のサガというか。 そんな犬の気持ちや本音が分かる、「いぬほん 犬のほんねがわかる本」(西東社)で、道雪さんが漫画を担当しています。 「犬のなぜなにがわかる」本、犬を飼っている人には「あー!そうなのか!」「それ分かる!」な内容が詰まっていますよ。 <記事化協力> 道雪 葵さん( michiyukiaporo) (梓川みいな).

次の

ささづか動物病院

て づか 動物 病院

無料でカンタンに受付・予約ができます、是非お試しください。 てづか動物病院院長の手塚 史章です。 お散歩のついでにお立ち寄りいただけるような、親しみやすい動物病院づくりを心がけております。 日頃からご来院していただいくと、思わぬ症状の早期発見に繋がることもあります。 ペットサロンやペットホテルを併設していますので、飼い主さまのようにより近い立場で様子を見ることもできます。 サロンやホテルをご利用されるときは健康チェックも実施していますので、お預かりだけではなく幅広いサービスもご提供できます。 土日祝日も診察をしております。 ご来院されるのが困難な方は、往診や送迎をいたしますので、お問い合わせください。 編集部のここがオススメ!👉 大阪市浪速区桜川にあるてづか動物病院は、大阪市営地下鉄千日前線の桜川駅3番出口から徒歩4分、阪神なんば線の桜川駅から徒歩4分 、JR環状線の芦原橋駅から徒歩約8分の場所にあります。 院長の手塚先生は温厚なお人柄で、動物や飼い主さまへの愛情に満ちています。 学界や勉強会に積極的に出席されており、日々技術や知識を磨かれています。 飼い主さまが納得されるまで丁寧に説明を行いますので、安心してご相談できるでしょう。 交通アクセスは、各線桜川駅 大阪府 徒歩5分です。

次の