キュレル ミノン 比較。 アトピーの私がミノン・キュレルをリピートしない理由!デメリット解説

ミノンVSキュレルのシャンプー敏感肌の私の使用感レビュー。痒みやフケに効くのは?

キュレル ミノン 比較

コンテンツ• ミノンの薬用シャンプー&コンディショナーレビュー 薬用ヘアシャンプー サラッとしたテクスチャーで色は透明ですね。 香はありますがそこまで強くなく、シャンプーを嗅ぐとほのかに香るような感じです。 ドライヤーで乾かした後も香りが残らないタイプなのではないかと。 無香料が良い方はミノンは違うので気をつけて下さい。 泡立ちは良くしっとりとした泡ですね。 髪を洗う時も泡がへたると言うことはありません。 洗いあがりは良く言えばさっぱりしていますが、若干のきしみはありますのでコンディショナーは必須です。 薬用コンディショナー コンディショナーは少し固めのテクスチャーで色は白です。 個人的には結構しっとり系だと思います。 シャンプーがさっぱりしているのでバランスがとれているのかも。 べたつく訳ではないですが、程よくしっとりで乾かした時もいい感じです。 しかし、このコンディショナー固めだからか量が少なくなってくるとポンプからなかなか出て来ません。 蓋を外して振って出そうとするもこちらも時間がかかります。 かと言って思い切り振るとドバっと出てくるのが気になりますね。 改善して欲しいです・・・。 スポンサーリンク キュレルのシャンプー&コンディショナーレビュー シャンプー キュレルのシャンプーも泡立ちは良いです。 ミノンはしっとりとした泡ですが、キュレルの方がふわふわしている感じで個人的にはこちらの方が洗いやすいなと感じます。 無香料なのも嬉しいですね。 洗いあがりはキシキシせずにうるおいも残っていると感じます。 コンディショナー コンディショナーはプルっとしたテクスチャーの半透明(?)です。 クリームではなくジェルのような感じでべたつき感はほとんどありません。 ミノンとは違いさっぱり系のコンディショナーですね。 成分にどんな違いがあるの? ミノンとキュレルはどちらも敏感肌の方や頭皮が荒れやすい方に人気のイメージ。 お値段もドラッグストアで買える他者の一般的なシャンプー&コンディショナーに比べるとお高めですね。 フケ・痒み・乾燥を防ぐというコンセプトは両者に共通していますが、気になる成分をまずは比べてみました。 ミノン ヘアシャンプーの成分表示 こちらはコンディショナーです。 どちらも有効成分グリチルリチン酸2Kとあります。 キュレル シャンプーの成分表示 コンディショナーの成分表示 どちらも有効成分はグリチルリン酸2Kですね。 急性の皮膚炎に対して効果がある成分だそうです。 わが家がミノンからキュレルに変えた理由 ミノンを約3年間使用しました。 その間特に頭皮のトラブルはなく気に入っていましたが、夫の枕にフケが付いている事に気付きミノンから評判の良いキュレルに変えてみました。 キュレルに変更して約1年、夫のフケは改善しました。 シャンプー&コンディショナーを変えたから良くなったとは断言出来ません。 体調だったのか季節だったのか何か理由があったと思いますが今は良くなっているのでこのままキュレルを使う予定です。 私はどちらを使っても頭皮の状態は良いですが、使用感はキュレルの方が好きですね。 どちらも小さなお子様から使用でき、家族で使えるので購入を考えている方はまずは小さいサイズから試してみてはいかがでしょうか?.

次の

【比較】キュレル、ミノン、アルージェの化粧水から乳液、クリームまで!敏感肌スキンケアを比べてみました。

キュレル ミノン 比較

CMで話題の製薬会社が作ったスキンケア「アルージェ」 最近、CMでよく見かけるようになったスキンケアブランド 「アルージェ」。 風邪薬の「ジキニン」で知られる全薬工業(株)が手がけたスキンケアブランドで• 敏感肌向け• バリア保湿 といったキャッチコピーを掲げています。 敏感肌向けのスキンケアブランドとあれば、試さない手はない!ということで気になっていたのですが、先日全薬工業の営業さんとお会いする機会があり、運良くサンプルまでもらっちゃったので、早速使ってみました。 今回私が頂いたのは、• 洗顔石けん:1個• エクストラモイストクリーム:1包• トラブルリペアリキッド(化粧液):1包• ウォータリーシーリングマスク:1包 の計7アイテムです。 ちなみに、500円で販売されている「お試しセット」の中身は2日間分の中身が入ったもので• 洗顔石けん:1個• モイストクレンジングミルクジェル:4包• モイストトリートメントジェル:4包• エクストラモイストクリーム:2包 と、今回私が頂いたサンプルとは内容が異なりますのでご注意ください。 バリア保湿&肌荒れケア成分&低刺激処方に注目 では、アルージェの特徴を簡単に紹介します。 まず1つめは、 「バリア保湿」です。 ここでいうバリアとは、角層が整った状態で、きちんと肌内部に水分を保持し、外的刺激から肌を守ることができる機能を指しています。 そのバリア機能を高めるために、アルージェは ナノ粒子化した天然セラミドを全商品に配合。 肌すみずみまで素早く保湿成分が行き渡る工夫がされています。 そして2つめの特徴は、 「2種の肌荒れケア成分」です。 季節や環境の変化によって起こりやすい敏感肌の肌荒れをケアするため• グリチルリン酸2K(または)グリチルレチン酸ステアリル• そして3つめに、敏感肌用スキンケアには欠かせない 「低刺激処方」にもこだわっています。 無香料• 無着色• 鉱物油無添加(一部商品を除く)• 界面活性剤無添加(一部商品を除く)• エチルアルコール無添加(一部商品を除く)• パラベン無添加• 表示指定成分無添加 と、肌に刺激を与える7成分を使用していないほか、• 敏感肌の方によるパッチテスト済み• アレルギーテスト済み• コメドテスト済み と、3つの安心テストもクリアした製品が揃っています。 使用感レポ!クレンジングと洗顔はよく落ちるけど潤いはゼロ では、早速使ってみた感想を紹介します。 まずは、 「モイストクレンジングミルクジェル」です。 手に出してすぐは結構固めなジェル状でしたが、肌の温度とメイクと馴染むうちに柔らかくなり、肌に馴染んでいきました。 ジェルなので洗い上がりはサッパリ!ただ、 クレンジング後の肌に潤いが残る感じはなく、「メイクも潤いも綺麗さっぱり根こそぎ落とした」という感じでした。 ここで、いつも恒例のメイク落ちチェックもしています。 使用したのはいつも通り、上から• ファシオのリキッドアイブロウ(結構落ちにくいコスメ)• ファシオのウォータープルーフマスカラ(絶対に落ちないコスメ)• リンメルのリップ(これが落ちなきゃやばい!というくらい、簡単に落とせるはずのコスメ) です。 では、敏感肌用クレンジングの実力はどうだったのでしょうか!? 【クレンジングだけで30秒マッサージ】 まずは、乾いた肌にクレンジングをつけて30秒間クルクルとマッサージした状態がこちらです。 早くもリキッドアイブロウとリップは落ちています! ミルクタイプにしてはこのクレンジング力は凄い!! 【水を加えて乳化後30秒】 続いて、水を少量加えて乳化させながら30秒間マッサージした状態です。 さすがにマスカラは残っていますが、アイブロウとリップは綺麗さっぱり落ちています。 【すすぎ洗い後】 そして、仕上げのすすぎ洗いをした後がこちらです。 マスカラ以外は綺麗に落ちました! そしてマスカラも、かなり頑固なウォータープルーフにしては結構落とせてる方だと思います。 続いて使用したのが、洗顔石けんの 「モイスチャークリアソープ」です。 透明な固形石けんでした。 まずは、「どんな感じの泡立ちかな〜?」と思って、泡立てネットなしで作ってみた泡がこちらです。 キメはそこまで細くないですが、柔らかくてフワフワな泡が作れました。 次に泡立てネットを使ってみたのですが… 泡の量は増えていますが、 泡の質は手で泡立てた時と変わらず、キメ粗めの柔らか泡でした。 コシがある硬めの泡が好きな人には物足りないかもしれませんが、洗顔中に泡がヘタってなくなることはなく、最後までしっかりと泡が残りました。 そして、肝心の洗い上がりはというと… なんとガッサガサ!!! 水分も油分も奪われたような洗い上がりは悪い意味でびっくり! 肌表面の角質もかなり剥がれてしまったのか、治りかけていた吹き出物の部分が皮剥けを起こしてしまい、かなりガッカリ。 しかも、 翌日には普段ならできないような場所にポツポツと赤ちゃんニキビが誕生していました…。 これ、最初に紹介した「低刺激処方のための7つの無添加」で大々的に謳ってたやつー! なんか騙された感ありますよね(笑)。 無色透明で、テクスチャーは水みたいにサラッサラなタイプでした。 成分を見てみると• カンゾウ葉エキス• 米ヌカエキス なんかが使われていました。 使用感としては、 たったこれだけの量で十分なくらい、しっかりと潤いを感じることができました。 ただ、 すーっごくアルコール臭いです! 確かに「エチルアルコールは無添加」ですが、代わりにフェノキシエタノールというものが配合されていました。 そのせいなのか、 つけている間に酔ってしまいそうなくらいプンプンとアルコール臭がしました。 続いて使ったのは ジェル乳液の「モイストトリートメントジェル」です。 柔らかい、まるでミルクのようなジェルタイプで、こちらも化粧水と同じ• 濃グリセリン• カンゾウ葉エキス• 米ヌカエキス に加えて• スクワラン が配合されていました。 使用感としては、 スッと肌に馴染んでいく感じで、ジェル系に多い「パリッとつっぱるような使用感」は全くありませんでした。 使用後もずっと潤っていましたし、日中に乾燥を感じることもありませんでした。 ただこれも、 アルコール臭かった!!! そして、夜のケアに使用したのは 保湿クリームの「エクストラモイストクリーム」です。 こちらは有効成分に• 濃グリセリン• 植物性スクワラン• カンゾウ葉エキス• シア脂• ビオセラミド• マカデミアナッツ油脂肪酸コレステリル• 水添ホホバ油 が配合されていました。 変にベタつくこともないのに、しっかり潤う感じは好きですが、このクリームにはフェノキシエタノールに加えてベヘニルアルコールが使われているからなのか、 すごくアルコール臭がきつかったです。 アルージェのスキンケアラインは、潤いや使用感は悪くないのに、終始アルコール臭に包まれてしまうのが本当にもったいないです。 使っていて肌ヒリついたり、赤みが出たりということはなかったので、使われているのは少量なんだと思いますが、それでもこの臭いは癒しを得たいスキンケアタイムには向かないです。 「キュレル」や「ミノン」と何が違う? 薬局で買えて、しかも製薬会社が作ったスキンケア商品ということで、第一三共ヘルスケアの「ミノン」や、花王の「キュレル」と似た印象を持つ人も多いと思います。 この2つのブランドは、肌がとにかく弱い私の強い味方で、常に何かしらのアイテムが自宅にはストックしてあるくらい、信頼しています。 現在は、キュレルのボディウォッシュと、ミノンの乳液を使っています(ちょっと前まではボディウォッシュもミノンでした)。 かといって、スッキリしない訳でもないという、絶妙な洗浄力を持っているのが魅力的。 一方の アルージェは、クレンジングも洗顔石けんも、肌の水分を根こそぎ取っていくような強烈な洗い上がりだったので、キュレルやミノンに慣れた敏感肌さんには洗浄力が強すぎると思います。 実は、ミノンもキュレルにもアルージェと同じく、フェノキシエタノールやステアリルアルコールなどが使われています。 が、ぜんぜんアルコール臭がしないから、使っていて不快に思うことはまずありません。 なぜアルージェの製品がここまでアルコール臭いのか、逆に不思議に思ってしまうほどですが、スキンケア中の臭いや香りは、毎日のケアにおいてとっても大切な要素の一つ。 我慢するくらいなら使わない方が絶対に良いです。 オルビスのアイテムは、どの商品も 完全オイルフリー&アルコールフリーと、敏感肌にとっても優しく作られています。 このほか、 スキンケアアイテムもオイルフリーなのにとっても潤って、使い続けるうちに自然と内側から潤う強い肌を育てていってくれます。 しかもオルビスはコスパも良い! 化粧水の「モイストアップローション」は2,800円、日中用乳液の「デイメモリーモイスチャー」は2,700円と、 どれも3,000円以下で買えるアイテムばかりなので、スキンケア代が財布を圧迫するということがまずありません。 サンプルも、 アルージェは2日間分のお試しセットが500円ですが、オルビスなら1週間たっぷり試せるセットが1,200円なので、断然お得です。 オルビスユーのお試しセットに興味のある方は公式サイトをご覧ください。 敏感肌のスキンケアって難しい! アルージェの商品を使ってみて、改めて敏感肌のスキンケアって難しいなぁ…と思いました。 「敏感肌用」と謳ってはいても、実際には結構刺激が強いものが多かったりするし、そういうものをうっかり使ってしまうと、一発で肌荒れを起こしてしまうのが敏感肌なんですよね。 ちなみに、今回アルージェの洗顔料が肌に合わなかったせいだと思われる吹き出物は、3日経ってようやく落ち着いてきたようです。 これからも、敏感肌が本当に安心して使える「真のNo. 1コスメ」を見つけるまで、諦めずに頑張るぞ! こちらの記事も読まれています.

次の

アトピーの私がミノン・キュレルをリピートしない理由!デメリット解説

キュレル ミノン 比較

その二つは迷いますよね。 人それぞれなのでどちらが良いというのは無いです。 言えるのはその人の肌質による感想だけです。 これは全ての製品に言えることです。 ミノンとキュレル、どちらも合わない、どちらも悪い、どっちも迷うくらい良い、どっちもかぶれた、なんて人もいます。 キュレルの乳液は大丈夫だけど化粧水ではかぶれた、という人もいますし、 ミノンとキュレルの製品のそれぞれ合う方をアイテム別に分けて選んでる人もいます。 肌質的にも良し悪しの実感が質問者さんと間逆の人もいるので、あまり他人の評価を参考にしすぎるのはナンセンスですし、損します。 まず両方のサンプルでパッチテストして大丈夫だったら、顔で試してみて下さい。 日によって、またはホルモン周期によって肌コンディションが違うので、同じ日に顔の右半分と左半分をキュレルとミノンで分けて試してみるのと、最も差がハッキリ判ると思います。 あと、いい感じがしても数日使って経過観察するのもコツですね。 面倒くさいですけどね。 ^^ 成分的には少しミノンの方が肌に優しめ処方かな~とも感じますが(どちらにも一般的には肌に良くないと言われてるものが添加されちゃってますけど)、ほんと個人差あるので必ずご自身の肌で確認して納得してくださいね。 どっちも無料サンプルがあるといいのになあ。

次の