チェリオ 自販機。 チェリオコーポレーション

チェリオ (飲料)

チェリオ 自販機

チェリオコーポレーション本社(2012年) 本社所在地 〒601-8141 上鳥羽卯ノ花70-2 設立 (昭和36年) 事業内容 清涼飲料水の製造及び販売 代表者 菅春貴 代表取締役社長 資本金 8000万円 売上高 92億1300万円(2018年3月期) 従業員数 290名(2018年10月現在) 関係する人物 創業者 外部リンク 株式会社チェリオコーポレーション( Cheerio Corporation)は、に本社を置くのメーカーである。 業界では珍しい、商品が全て100円というサービスとなっている。 また、一部の自販機ではかつてフランチャイズだった縁でなど他社製品の飲料も販売している。 (2009年)• 日本のサイダー• セーフガード• アミノセーフガード• ジャングルマン-X• アクアガードウォーター()• チェリオ有機緑茶• チェリオ有機紅茶• チェリオ健康茶• Blues(缶コーヒー) - 1989年、無炭酸(缶コーヒー)で世界初となるアルミ缶を使う• Blues BYGコーヒー• バイオニックエース()• FOR - と同じ頃に発売された入り炭酸飲料*2019年7月より再発売• なんちゃってクリームソーダ(調味料であるのボトルをパロディ化した商品)2020年6月より再発売 かつて存在していた商品 [ ]• BYGシリーズ(ビィグ - ) - 500ml缶中心でラインナップしていた炭酸飲料のブランド。 500mlPETが主流になってからはチェリオに置き換えられていった。 2009年9月までBYGコーラの500mlPETのみ販売していたが、後継商品となるチェリオコーラの発売により消滅。 ちゃんこ風スープ どすこい - 頃発売 ちゃんこ鍋をイメージした、和風スープ飲料。 砂漠の嵐 ダイハード - 頃発売 オレンジ風味の炭酸飲料。 KISSコーヒー - 頃発売 コーヒー飲料、ジョージアMAXコーヒー同様に甘みが強調された味だった。 なんちゃってオレンジ(調味料であるのボトルをパロディ化した商品) 2019年7月より再発売 工場 [ ] 滋賀工場 鯰江町200番1号 小牧工場(チェリオ中部) 大字河内屋新田字下岩倉杁510番1号 グループ会社 [ ]• チェリオ中部 - 東海、北陸地方担当。 かつては中部ペプシコーラボトリングというのボトラー会社だった。 チェリオ沖縄 - 沖縄県担当。 かつてはセブンアップ飲料 沖縄 という商号で営業していた。 チェリオジャパン - 本社は。 チェリオグループの統括会社及び担当。 ラベルや缶記載の販売者名は当社名義で記載される。 脚注 [ ] []• ライフガード500mlPETなど一部100円でない商品もある。 また、同社のアルコール飲料もこの限りではない。 「2012年8月号」 p042-p049 チェリオ50の秘密• 公式ページの紹介文に『シャレです。 ギャグです。 見ての通りウケ狙い。 』と記載されている。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 1976年から1990年まで関西におけるフランチャイズだった。 提携解消後も2005年前後まで自販機でペプシコーラのみを扱っていた。 - のが販売する炭酸飲料。 チェリオの自動販売機で販売されている。 - 唯一の提供番組だったが、2006年3月末で終了。 - かつて同球場の外野方面に同社の「世界の飲料 チェリオ」と書かれた広告大看板が設置されていた。 チェリオ中部がスポンサーだったため、中部ペプシ時代はペプシコーラの看板だった。 - 2015年度よりオフィシャルスポンサーとして協賛し、選手らに「ライフガード」をオフィシャルドリンクとして提供するほか、会場での観客・応援団向けサンプリングも行われる。 - 三代にわたり社長を兼任。 - 当社とのコラボ広告を企画・展開。 外部リンク [ ]•

次の

三流コーヒー自販機 @香川・善通寺 謎の三流ドリンクを売る自販機『ナニコレ珍百景』で紹介

チェリオ 自販機

そこそこ寒いなあ、などと思いながら歩いていたところ 自動販売機にて『ただのお湯』を発見した。 何を言っているのかと思うかもしれないが、そのままの意味で「ただのお湯です」と注意書きがついたペットボトル『天然水 ホット』が売られていたのだ。 まあ水も売られているくらいだ。 お湯があっても不思議ではない……のかもしれないが、え? マジでただのお湯なの?? 気になり過ぎたので、とりあえず買ってみたのだが、やはりただのお湯。 しかしそのお湯により、新たな可能性に気付いたので、ちょっと聞いてくれ。 ・自販機で100円 『ただのお湯』こと『天然水 ホット』を売っているのは、チェリオの自動販売機だ。 過去にで紹介した、大阪に本社を構えるあのチェリオである。 思わず「またお前か」と呟かずにはいられなかったが、まあいい。 そういう関西のノリ、嫌いじゃないぞ。 自販機に100円を入れ、ポチっとボタンを押して出て来たペットボトルは……あったかい~!! 寒い時には手に持ったり顔にくっつけたりするだけでも良いな。 封を開けて口に入れると、じんわり温かい。 ゆっくりと体の中が温まる。 今まで自販機で水を買うことはよくあったが、お湯もいいじゃないか。 むしろ、なぜ今までなかったんだ。 冬なんて特に、水よりお湯だろう。 ・体に優しいね しかし何故お湯を売ることにしたのだろう。 チェリオに問い合わせてみたところ 「おいしい・たのしい・あたらしい」をモットーに商品開発をしているチェリオですが、冷たい天然水があるのであれば、温かい天然水もあっていいのではと。 美容健康に気を使われる方は冷たい飲み物を避けますし、カフェインを控えている方は ホットドリンクの選択肢が少ないことなどから、喜んでいただけるのではないかと考えました。 とのことだった。 確かに言われてみれば、その通りだ。 過去にはチェリオの商品ではないが、コンビニなどでも白湯が売られていたこともある。 『ただのお湯』を求めている人は、少なくないのだろう。 飲んでみて今さらながら気づいたが、お湯って優しいのだ。 刺激がなく、すんなり体に入っていく感じが良い。 記者は日ごろカフェインがガツンと効いたドリンクを飲みがちだが、たまにはこうやって体を労わるのも大事なのかもなと思わされたぞ。 こちらの『天然水 ホット』は、500mlのペットボトルが温められる機種限定で、冬季(3月頃まで)投入予定という。 ただし 中部地方・関西地方のみの数量限定だ。 現在はテスト販売期間であり、その結果を元に今後の販売方針が決まるらしい。 個人的にはロングセラーになるのでは、という予感がしているぞ。 Report: Photo:Rocketnews24.

次の

2015年5月西日本レトロ自販機巡り⑮【岡山その2~愛知完結編】手打ちうどん自販機もみぢの里!おかもとの西日本では珍しい自販機うどん!最後の1台瓶チェリオ自販機!

チェリオ 自販機

チェリオの自動販売機で、なにが売っていようと「まあチェリオだしな」と思うようになった。 や、を通して、記者もチェリオ耐性がついてきたと言えるだろう。 ちょっとやそっとの商品で、驚くことはないと思っていた。 思っていたのだが……またもや、してヤラレてしまったではないか。 なんで、マヨネーズ型のボトルに入っとんねん。 関西をはじめ中部、沖縄エリアのチェリオ自動販売機や、チェリオ公式オンラインショップなどで購入することができる。 記者は自販機(100円)で手に入れた。 ラベルには「なんちゃってクリームソーダをまねてマヨネーズ(本物)をジュースのように飲むのは絶対にやめてください!」という注意書きまで、プリントされている始末。 おちょくるのもいい加減にしてほしい。 そんなことをするのは、某真選組の副長くらいである。 ・楽しそうなチェリオ なぜ、このような商品を販売するに至ったのか。 冗談半分で企画が持ち上がるところまでは想像できるが、止める者はいなかったのか。 どうして、このまま世に放とうという話になったのか。 不思議でならなかったため、問い合わせてみたところ以下のような答えが返って来た。 マヨネーズ型のデザインは 『おいしい たのしい あたらしい』をモットーとして商品開発を行っているチェリオとして、飲んでいる人を見かけたら思わず二度見してしまうようなジュース、話題になるようなジュースを作りたいと思い、ペットボトルの形とデザインをマヨネーズに似せました。 ふむ……なんと言うか、底抜けに明るい返事をいただいてしまった。 記者は企業に入るどころか商品企画などしたことがないのでわからないが、最近の会社ってみんなこんなハッピーな感じなの? なんだか、この言葉だけでこちらまで楽しくなって来るじゃないか。 ・泡がすごい ホッコリしたところで、実際に飲んでみるとしよう。 液体が白濁しており、見た目もマヨっぽいワケではない。 グラスに注ぐとよくわかるが、あわあわした部分がとってもクリームソーダっぽい。 口に入れると、カスタード風味で優しい味わいだ。 もっとマヨ並みにこってりているのかと思いきや、サッパリ目で飲みやすい。 うん、美味しいやん。 氷を入れたグラスに注いで、上にバニラアイスを乗せたりしてもイケそうだぞ。 まんまと、チェリオが目指すところの『おいしい たのしい あたらしい』を体感させられてしまった。 ボトルを見るとやはり「なんでやねん!」と思わずにはいられないが、そんなところも楽しいではないか。 記者がすすめるまでもなく、街中で見かけたら思わず手に取ってしまうこと必至だ! Report: Photo:Rocketnews24.

次の