私 の 決断。 決断力がない人が失うもの。決断できない理由と鍛え方

決断力がない人が失うもの。決断できない理由と鍛え方

私 の 決断

「苦渋の決断」の意味と使い方は? 「苦渋の決断」の意味は「辛く大変な決断を出す」 「苦渋の決断」は「苦しみと辛さが伴う大変な決断を下す」ことを意味する言葉です。 「苦渋」は「苦=にがい」「渋=しぶい」つまり「苦くて渋い決断」となります。 一般的な人なら人生の中でも、苦渋を感じて決断を下すことはさほど多くはないのではないでしょうか? 辛い決断に「にがさ」「苦しさ」「辛さ」「苦悩」などの要素を含んだ言い回しであり、眉間にしわが寄るような、本当に大変な決断を下する時に言葉の威力を発揮します。 「苦渋の決断」の使い方と例文 「苦渋の判断」はちょっとだけ考えた上での判断や、夜通し考えて簡単に答えが出たとうような判断の場合には用いるべきではないでしょう。 むしろ、「苦渋」という言葉が示すように「苦しみもがいて、大変な思いをしてやっと絞りだした決断」を表現するときにだけ使ようにするのがベストです。 このような背景から「苦渋の決断」を多用してしまうと言葉の持つパワーが減退してしまう可能性があります。 使い過ぎには注意をして、決断をするのに身を削るような辛さを経験した時にだけ使うようにしましょう。 ヘッドハンティングで2倍の給料を提示され、現行の会社に留まるか苦渋の決断を強いられた。 苦渋の決断だが、しばらく家を出ることにした。 「苦渋の決断」と似た意味合いの言葉とその違い 「苦渋の決断」と 「断腸の思い」との違い 「苦渋の決断」に近い意味を持つことわざに「断腸の思い」があります。 「断腸の思い」は「腹を断ち切るほど辛く苦しい思い」を指す言葉で、強弱をつけるなら「苦渋の決断」より重い言葉となります。 「腹や腸を切り裂く」とはどれほどの痛みなのでしょうか。 計り知れない辛さと苦しみが伴うに違いありません。 辛い判断や苦しい思いを表は、過酷な状況の程度に応じて「苦しい決断」や「断腸の思い」などの言葉を上手に使い分けてみて下さい。 「苦渋の決断」と「苦渋の判断」は近い意味 「苦渋の決断」と同じような言葉に「苦渋の判断」や「苦渋の選択」などもあります。 これらも「苦渋の~」として日常や職場でよく使われる慣用句で、「大変な思いをして決断する、選択する」という意味で「辛く苦しい決断や選択」を経験した時に使われる表現です。 軽い決断というが、ランチでオムライスにするか、スパゲティにするでかなり悩む。 週末を犠牲にしてボランティア活動をするのは、私にとっては他愛無い決断でもあります。 部下を助けるために自ら残業をするのは、たやすい決断さ。 「苦渋の決断」の英語表現 「苦渋の決断」は英語で「agonizing」 「苦渋の決断」を表現するときに、シンプルに「difficult decision(難しい決断)」としても良いですが、さらに状況を詳しく相手に伝えるなら「辛く痛い」「苦しくて大変」という形容詞が適切です。 適切な単語は「agonizing=辛くて苦しい」で「agonizing decision(苦渋の決断)」となりますが、この表現を使えば相手は「そこまでして自分を苦しめて絞り出した決断」と、深刻に事を受け止め、真剣に話を聞いてくれるはずです。 ビジネス英語で「苦渋の決断」を使った例文• Choosing one out of 3 companies to close the deal with is such agonizing decision. 3社から1社を選ぶのは、苦渋の決断だ。 It would be surely agonizing decision whether we keep or fire him. 彼を解雇するかは、やはり苦渋の決断であろう。 まとめ 「苦渋の決断」とは「苦しく辛い思いをして決断をする」ことです。 少しばかり悩んで下す決断ではなく、「大変な思いを経験して、悩んだ末にやっと出す決断」というニュアンスで使われます。 「苦渋の決断」は言葉の威力を維持するためにも、むやみやたらに多用しない方が無難です。

次の

「女医フォスター 夫の情事、私の決断(原題:Doctor Foster)」シーズン1(エピソード1)レビュー:夫の浮気を疑った妻の驚くべき行動

私 の 決断

「苦渋の決断」の意味と使い方は? 「苦渋の決断」の意味は「辛く大変な決断を出す」 「苦渋の決断」は「苦しみと辛さが伴う大変な決断を下す」ことを意味する言葉です。 「苦渋」は「苦=にがい」「渋=しぶい」つまり「苦くて渋い決断」となります。 一般的な人なら人生の中でも、苦渋を感じて決断を下すことはさほど多くはないのではないでしょうか? 辛い決断に「にがさ」「苦しさ」「辛さ」「苦悩」などの要素を含んだ言い回しであり、眉間にしわが寄るような、本当に大変な決断を下する時に言葉の威力を発揮します。 「苦渋の決断」の使い方と例文 「苦渋の判断」はちょっとだけ考えた上での判断や、夜通し考えて簡単に答えが出たとうような判断の場合には用いるべきではないでしょう。 むしろ、「苦渋」という言葉が示すように「苦しみもがいて、大変な思いをしてやっと絞りだした決断」を表現するときにだけ使ようにするのがベストです。 このような背景から「苦渋の決断」を多用してしまうと言葉の持つパワーが減退してしまう可能性があります。 使い過ぎには注意をして、決断をするのに身を削るような辛さを経験した時にだけ使うようにしましょう。 ヘッドハンティングで2倍の給料を提示され、現行の会社に留まるか苦渋の決断を強いられた。 苦渋の決断だが、しばらく家を出ることにした。 「苦渋の決断」と似た意味合いの言葉とその違い 「苦渋の決断」と 「断腸の思い」との違い 「苦渋の決断」に近い意味を持つことわざに「断腸の思い」があります。 「断腸の思い」は「腹を断ち切るほど辛く苦しい思い」を指す言葉で、強弱をつけるなら「苦渋の決断」より重い言葉となります。 「腹や腸を切り裂く」とはどれほどの痛みなのでしょうか。 計り知れない辛さと苦しみが伴うに違いありません。 辛い判断や苦しい思いを表は、過酷な状況の程度に応じて「苦しい決断」や「断腸の思い」などの言葉を上手に使い分けてみて下さい。 「苦渋の決断」と「苦渋の判断」は近い意味 「苦渋の決断」と同じような言葉に「苦渋の判断」や「苦渋の選択」などもあります。 これらも「苦渋の~」として日常や職場でよく使われる慣用句で、「大変な思いをして決断する、選択する」という意味で「辛く苦しい決断や選択」を経験した時に使われる表現です。 軽い決断というが、ランチでオムライスにするか、スパゲティにするでかなり悩む。 週末を犠牲にしてボランティア活動をするのは、私にとっては他愛無い決断でもあります。 部下を助けるために自ら残業をするのは、たやすい決断さ。 「苦渋の決断」の英語表現 「苦渋の決断」は英語で「agonizing」 「苦渋の決断」を表現するときに、シンプルに「difficult decision(難しい決断)」としても良いですが、さらに状況を詳しく相手に伝えるなら「辛く痛い」「苦しくて大変」という形容詞が適切です。 適切な単語は「agonizing=辛くて苦しい」で「agonizing decision(苦渋の決断)」となりますが、この表現を使えば相手は「そこまでして自分を苦しめて絞り出した決断」と、深刻に事を受け止め、真剣に話を聞いてくれるはずです。 ビジネス英語で「苦渋の決断」を使った例文• Choosing one out of 3 companies to close the deal with is such agonizing decision. 3社から1社を選ぶのは、苦渋の決断だ。 It would be surely agonizing decision whether we keep or fire him. 彼を解雇するかは、やはり苦渋の決断であろう。 まとめ 「苦渋の決断」とは「苦しく辛い思いをして決断をする」ことです。 少しばかり悩んで下す決断ではなく、「大変な思いを経験して、悩んだ末にやっと出す決断」というニュアンスで使われます。 「苦渋の決断」は言葉の威力を維持するためにも、むやみやたらに多用しない方が無難です。

次の

決断力がない人が失うもの。決断できない理由と鍛え方

私 の 決断

こんにちは。 スギムーです。 () 今から100年近く前のアメリカで当時、2番目の大富豪だった鉄鋼王「アンドリュー・カーネギー」という人物がいます。 この人物に、当時、貧乏だった学生記者が取材をした時、「ある提案」をされました。 「私は君に、これから億万長者になると見込んだ500人を紹介しよう。 彼らの共通点をまとめて成功哲学としてまとめて欲しい。 期限は20年。 」 さらに、こう付け加えました。 「しかし、資金の援助は一切ない。 」 つまり、無給で20年間働くということ。 これに対して、なんと答えますか? 青年は、これに対して「イエス」と答えました。 君が答えを出すために29秒かかった。 私は1分を超えたら 君を見込みのないただの人間としてあきらめるつもりだった。 これによってこの青年、ナポレオン・ヒル博士は近代の成功哲学をまとめ、自分自身も大富豪になったわけです。 Contents• 決断をすれば変化が訪れ、 決断しなければ今のままがずっと維持される。 と考えての決断をしないという決定ですが、 そんなわけがないのです。 決断をしないということは、決断を先延ばしにする という意味では現状が維持されます。 しかし、 現状が維持されることはありません。 例えば、付き合っている彼女が「そろそろ結婚して欲しい」と言っているけれど、男が結婚を決断しないとして、それは結婚するかどうかの返事を先延ばしにしているだけですよね。 でも、その恋人の状態が永遠に維持されますか? といえば、無理なのです。 彼女に愛想をつかされたり、どこかで決断しなければならなくなります。 目の前のラーメンを食べなければ、すぐにのびます。 だから、決断をしないというのは「現状維持」ではないのです。 「現状悪化」でしかないのです。 決断をすれば、「成功」あるいは「失敗」にしろ、 何かしらの結果が出ます。 その 「結果」という未来を失うことが、決断していない状態です。 誰もが失敗したくないから、なかなか決めないわけです。 逆に、どんな良い条件の、どんな名誉ある仕事だろうと、興味がなかったり自分のスタイルに合わなければ即答で断ります。 仕事に関してだけは決断が早いです。 早く決めたものは、早く結果がわかりますから、失敗しても修正が効きます。 逆に、起業したいけどできない人、などの決断できない例ですが、 あるビジネスがあって、月商150万くらいのウェブサイトだったのですが、やりたい人がいなくなったので、周囲の人に「誰かやる?」と言ったら、誰も返事をしなかったので、そのビジネスを潰したことがあります。 また、先日も「誰か社長やってくれないかな?」という案件がありましたが、周囲にふれる人がいなかったので話は流れました。 他にも、いろんなチャンスがあって、その度に、例えばビジネスの話なら起業したい人に話を振ったりしますが、ほとんどそういう人は決断をしません。 やる人はとっとと自分でやっていますからね。 情報を持っている人の近くにいれば、多くの機会を得られますが、決断力がなければ、チャンスをものにすることはないということです。 「信頼」を失うわけです。 カーネギーはこう言いました。 「私は1分を超えたら 君を見込みのないただの人間としてあきらめるつもりだった。 」 その人にとって大きな機会を正当な理由もなく決断できなければ、 「見込みのない人間」として相手からの信頼は失われます。 もう二度とその人に機会を与えようとは思わなくなるでしょう。 それが一番の問題です。 決断しなければ、• 現状は維持できない• 結果という未来が手にできない• 信頼を失う可能性がある• 他者に貢献できるかもしれない という広範囲に物事を見れないからこそ、 今と自分だけを見て「やれないかも」「難しいかも」「大変かも」「心配」と言った感じで、とりあえず判断を保留しようとするわけです。 例えば、ナポレオン青年の話で言えば、無給とは言え、多くの成功者に会える機会を得ることで、自分自身が勉強になり成功に近づくことは想像できますし、そこから価値を生み出すこともできそうだから、やると答えられたわけですよね。 それは時間軸や、他者、自分の成長の可能性など、広範囲に物事を見れたからこそ、判断ができたわけです。 (2)情報が足りないから それを決断することによって得られるメリット・デメリットをはっきりさせていれば、多くの情報の中で、判断ができます。 「考える」ということは、調べること、情報を集めることによって集まったパーツを組み立てることに過ぎないので、情報がなければ組み立てること(この場合、決断すること)ができなくて当然。 しかし、情報が少なく、考える枠組みも持っていなければ、何がメリットで何がリスクなのか?ということすら分かりません。 決断力が低い人は、情報を集めることをあまりしません。 具体的には• 質問をしない• 勉強をしない• 本を読まない• 情報を持っている人の近くにいない ということが言えます。 (3)目的がないから なぜ情報も集めず、視野を広く持てないのかと言えば、そもそも 主体的な目的がないからです。 「これこれこういうことのために、こういうことが必要だ」ということを理解していれば、その目的に対して視野を広く物事を見て、アンテナを張り、主体的に情報を集め、有益なものを採用する決断を日々行えるわけです。 ゴールを持たないということは自分の人生のリーダーシップを自分でとっていないということ。 目的を最初に理解することで、その判断に必要な情報を集めて、組み立てて、決断をし、行動をするという、「考える」ことができます。 (4)信念体系が誤っている ではなぜに主体性の欠けた状態なのかと言えば、なん度も書いていますが、 「信じているもの」が自分を不幸にするものを信じているから。 「思い込み」「偏見」「プライド」と言った論理的な思考の欠如は、信じているものそのものを変えなければいけません。 論理で捉えられないから、自分の人生を他人に預けてしまい、主体性が欠如し、目的を持てず、視野が狭くなり、情報を集めるモチベーションもなく、決断が鈍ります。 例えば、「決断したら失敗するかも」と言った思考は、「失敗」という言葉の定義が、イコールで挫折のようなイメージを持たれているからですよね。 しかし、挫折するほど状態が悪くなるまで問題を放置しなければいいだけであって、まず決断して、ここまでやってみてダメなら違う決断にしよう、でもいいわけですよね。 これは 「失敗の向こうにしか成功がない」ということがわかっておらず、イメージで失敗=全てを失う、みたいなことを恐れているから起きている現象です。 主体的な目的を持ち• 視野を広く持ち• 情報を集めることによって• 決断ができる ということ。 よく決断力のある人は自信がある、と言いますが、 自信がある状態というのは上記のことをしているから、確信を持って判断、行動ができるだけなんです。 最初から、「勝てるゲーム」だとわかっているとか、 最初から、「やめ時」を決めているからとか、 そういう思考が裏側にあるから自信を持って決断ができるだけです。 「自信家」という性格が決断力を決めているわけではなく、自信を持って決断ができるくらいの、「目的」「情報」があるということ。 ここで言っているように、 抽象度で人間力は決まるでしょう。 勉強ができるできない、能力があるとかないとかではなく、抽象度が高いかどうか? これが人間の基礎の全てです。 「自分」を抽象的に捉えれば「自分=人類」です。 そうなれば、人類にプラスになるように考えるという視野がもてる。 こうした視点が視野の広さというものです。 「時間」も抽象的に捉えれば、「時間=人生」です。 そうなれば、今現在、中途半端なことはできませんよね。 「ビジネス」も抽象的の捉えれば、「ビジネス=資産」です。 こうして抽象的に捉えれば、「自分はアパレルは関係ないから」と最初から情報を切り捨てることはしないはずです。 メリットやリスクや、自分の今の状況を考えて判断できます。 例えばこのように、あらゆることを抽象的に捉えれば、本質に近づきます。 本質に近づくからこそ、「思い込み」や「プライド」などを捨てて、決断力が上がるわけです。 無鉄砲に決断したものは、「リスク」なんかではなく、ただの間抜けがすること。 リスク以前に最初から良い結果は出ません。 決断の早さは、持っている目的と情報量によって変化します。 なぜ決断ができないのか?という原因を取り除いて、一つずつ潰すようにしましょう。

次の