伊藤沙莉 衣装。 伊藤沙莉のブランドは?ファッションやアイテムお気に入りをチェック

千葉雄大が光源氏に? 伊藤沙莉&桐山漣ら出演で「いいね!光源氏くん」ドラマ化

伊藤沙莉 衣装

『これは経費で落ちません!』始まった!!!みんな見てるかな?…どうだったかな?…面白かったかな?…つまらなかったかな?…他の人の感想が知りたい!!! 気になってる方、いますか? 私です。 自分が面白いドラマを他の人はどう思っているのか。 自分がつまらないドラマを同じくつまらないとブーブー文句垂れてる人はいないか。 共感を求めて、ネットで検索しちゃいます。 脚本家としては四流でしたが、視聴者としては超一流。 子どもの頃からドラマオタクの 「プロ視聴者」。 「F2層」「元脚本家」の視点から、 今回は、 「『これは経費で落ちません!』の感想」を記します。 『これは経費で落ちません!』感想 最終回 (写真:NHKより) 終わってしまいました~。 登場人物が魅力的に描かれていたこと• 役者さんが役にハマっていたこと• 伊藤紗莉が最高だったこと• 森若さんと山田太陽のラブコメが覚悟してたほどサムくなかったこと いいところたくさん。 とにかく面白かったです!!! 個人的に、「神回」は、第5話でしょうか。 森若さんの仕事に対する姿勢、矜持。 心に響きました。 原作未読なのですが、まだネタはあるのかな? だったら絶対パート2が作られそう。 見たい見たい。 3か月、素敵なドラマをありがとうございました。 感謝です! 第9話 (写真:NHKより) 今週は面白くなかったです。 開始10分のダラダラを見て、「脚本がベテランに戻ったな」と思いました。 やはりそうでした。 ベテランの「慣れ」「貫禄」が悪い方に出ていたと思います。 手抜きでも台本を成立させられる。 周囲が意見を言いづらい。 「手抜き」は言い方が悪いです。 「もっと面白くできるところでも、エネルギーを注いでいない」と言った方が正しいかもしれません。 毎回エネルギー全力でやってたら大変ですもんね。 割に合わないですもんね。 脚本家が新人の場合は、監督やプロデューサーも、「ここ、もうちょっと面白くできそう」と指示して粘ることができます。 ベテランには言いづらい。 そんな妥協が、随所に感じられる回でした。 (妄想) 来週ついに最終回でしょうか。 今回の続きだとしたら、あまり期待はできません。 が、森若さんを始め、ドラマのキャラクターがここまで魅力的になったのは、明らかにベテラン脚本家が初回で世界観を築いてくれたおかげ! 毎週楽しませていただいて、ありがとうございました。 最終回も楽しみです~ 第8話 (写真:NHKより) 今週も面白かったです。 ゆうさん、なにげにメンタル図太すぎ。 筧美和子さん、どのドラマでも同じような役で出てくる。 桐山漣さんを贅沢に使っている。 あ、でも今週は、部長対決と伊藤沙莉様の見せ場が足りなかったのか。 それでも、大満足です! 今までに見たことないお仕事ドラマ、経理謎解きドラマ、NHKらしいドラマ、多部ちゃんハマリ役。 来週も楽しみです~ 第6話 (写真:NHKより) 今週はいまいちでした~、散漫でした~ 題材が難しいですよね。 森若さんというキャラクターに、タイガーというキャラクターをかぶせる。 本来、森若さんが主人公としてやるべきところを、タイガーがやってしまう。 その上で、さらに森若さんに見せ場を作らなきゃならない。 例えば、『ドクターX』なら大丈夫です。 強烈なキャラクターの大門未知子(米倉涼子様)がいるところに、同じタイプの女医がやってきて、わちゃわちゃやって、最後は大門未知子が見せ場を作ってカタルシス、というのは成立する。 なぜなら、大門未知子はぶれないヒーローキャラだから。 しかし、森若さんはヒーローではない。 一見ヒーローっぽいけど、等身大の悩みや葛藤もある、共感タイプの主人公。 そこに、似たタイプの女が現れると、キャラが混乱する。 そのキャラの混乱(迷い、葛藤)を描くなら、タイガーを出す意味あるけど。 そうではないし。 役割が分散されて、カタルシスが薄まっただけでした。 片瀬那奈様の不正を見逃せなかった森若さんが、ベッキーの不正に、あんなにも鈍感なわけがない!!! あと、ラブコメ部分はやっぱりサムかったです。 ドラマのキャラクターが、「ドラマみたい」とかセリフやモノローグで言っちゃうやつ、サムすぎて震えるのは私だけでしょうか。 でも、まあ、ラブコメ部分は、好みの問題ですよね。 キュンとくるポイントは、人それぞれですもんね。 よかった点は、 伊藤沙莉、最高!!! 来週も楽しみです~ 第5話 (写真:NHKより) 面白かったです! 予告の感じからして、今週はサムイラブコメを見せられるのかと覚悟してました。 が、違いました! 「お仕事ドラマ」として、めちゃめちゃ見応えありました! 森若さん、かっこよかったです。 せつなかったです。 コメディパートも、伊藤沙莉様と部長のやりとりが最高でした。 東京03の方の部長も素敵でした。 ところで、山田太陽。 地に足ついた登場人物たちの中で、彼だけ浮きまくってる気がします。 社会人男性としてのリアリティがない。 思考や行動が幼すぎる。 そんな山田太陽と森若さんの恋愛は、どう考えても、ドラマとして面白くなさそうです。 そこを心配しながらも、来週が楽しみです~ いやあ、今週は面白かった! 第4話 (写真:NHKより) うーん、いまいちでした。 手動派vsサーバー派• 怪しいセミナー• 自分探し 面白そうなネタと雰囲気はあるものの、 面白くはなかったです。 たぶん、視聴する自分が、期待のハードルを上げてしまったからだと思います。 1、2話を面白く感じたのは、期待してなかったからでしょう。 「経理でラブコメとか地味でサムそう」と思いながら見てました。 昨今のドラマ視聴は、期待しないで見ることが、本当に大切! 来週は、視聴のハードルを下げておけるようがんばります。 予告を見る限り、ついに、恐怖のラブコメパートが動き始めてしまうのか。 ラブコメは、制作側のセンスがよっぽど壮絶によくないと、漏れなくサムイ… 第3話 (写真:NHKより) 今週はぎこちなかったです。 サムイシーンも多かったです。 演出家が代わったと予想しましたが、代わったのは脚本家でした。 ストーリー。 もうちょっとわかりやすく、メリハリをつけることができたのではないか、と思いました。 キャラクターも、1話2話の貯金があったからよかったけど、危なかったです。 恋愛をコミカルに描こうとすると、どうしても登場人物が幼稚になっちゃいます。 恋愛はなるべく最小限にして欲しい。 あと、森若さん。 できれば、「説教好きの主人公」にはならないで欲しい。 でも、結末はすっきり爽快でよかったです。 来週も楽しみです~ 第2話 (写真:NHKより) 面白かったです~! 経理ネタってそんなになさそうだし、2話で失速するかと思ったら、全然でした! 勝因は、• 森若さんが、女子社員たちから妙に慕われてるところ!(わかる~、ああいうタイプは意外と同性から好かれるんですよね。 安定の同僚役、伊藤沙莉!• いつになくコミカルな平山浩行!• お約束の部長バトル!(吹越満vs東京03)• 森若さんを好きになる山田太陽の、イケメンなのか何なのか、なんとも言えない感じ! 演出のセンスがいいのでしょうか。 やりすぎず、やらなさすぎず、ちょうどいい! 終わってみると、「あれ?どういう話だったっけ?」「何のドラマだっけ?」って、ストーリーの記憶はボンヤリしています。 でも、シーンやセリフは心に残ってます。 満足度高いです。 森若さんの仕事に対する姿勢、かっこいいですよね。 それが、「経理」という地味な部署で描かれるのが最高!NHKならでは!! 今期の掘り出しものドラマです。 来週も楽しみです~ 第1話 (写真:NHKより) 面白かったです! 経理の謎解きドラマって、見たことありません。 新しい! 多部ちゃんのキャラ好き。 営業部vs経理部の部長対決も、役者さんの自己満足になる手前の、ほどよい感じ。 藤原紀香姐さんが出てたのもうれしい。 しかし、なんといっても、よかったのは、 伊藤沙莉(さん)!!!!! 安定の同僚役。 寝坊電話のリアルっぷりが最高。 多部ちゃんに妙になついてるのも面白かったです。 なんでしょう、あの存在。 若い女性には珍しい、味のある名脇役? 題材に興味がなかったので、全く期待しないで見たのもよかったです。 ドラマは、ハードル下げて見ることが本当に大切。 そんな中、森若さん(多部未華子)たち経理女子は、マリナの過去の経理履歴から買収に関わるあることを見つけ? (NHKより) 第9話(9月20日) 森若さん(多部未華子)は誕生日に山田太陽(重岡大毅)と花火を見に行くが、雨に降られスマホが濡れて壊れてしまうは、風邪で熱が出てしまうはで最悪の状態に。 翌朝、太陽が森若さんの弟のふりをして会社に休暇願いの電話を入れるが、一方で広報の織子(片瀬那奈)のもとに、公表前の売り上げデータが情報漏えいしたことを匂わす電話が入る。 社内で調べたところ、漏えい時のアクセス履歴に森若さんのパスワードが・・・ (NHKより) 第8話(9月13日) 森若さん(多部未華子)は、山田太陽(重岡大毅)が樹菜(筧美和子)という可愛い女性と抱き合っているのを目撃して悩む。 社内では営業の中島希梨香(松井愛莉)がキャンペーンのノベルティとしてトートバッグのサンプルを作り、真夕(伊藤沙莉)たち経理女子に配布。 一方、営業部では天天ガールズという新しい広告塔のオーディションを催す。 そんな中、社長の息子・円城格馬専務(橋本淳)が海外から戻ってきて波乱が!? (NHKより) 第7話(9月6日) 会社の功労者を表彰するマイスター授賞式を前に、石けん作りのレジェンドと呼ばれる仙台工場の留田(でんでん)が珍しく経理部に領収書を持ってくる。 留田は藤見アイ(森田望智)という正社員になりたての女子とくっついてパンケーキの店に夢中で、森若さん(多部未華子)たちから見るとレジェンド感が薄い。 そんな頃、留田が責任者として作っている新発売の石けんについて、質が落ちていると言う口コミが入り・・・ (NHKより) 第6話(8月30日) 欠員状態だった経理部に麻吹美華(江口のりこ)という中途採用の新メンバーが加入。 しかし美華は、完璧な正義を目指しちょっとした辻褄合わせにも目くじらを立てる性格で、さすがの森若さん(多部未華子)も辟易し互いの持論を戦わせる。 そんな折、日ごろ経理部の言うことを聞かない秘書の有本マリナ(ベッキー)が、地方の旅館に商品を売った代金を経理部に持ってくる。 秘書が扱う経費は、社長案件のため特別枠という名目で経理部でもアンタッチャブルとされていたが・・・ (NHKより) 第5話(8月23日) 勇さんこと、経理部の田倉勇太郎(平山浩行)が、静岡工場勤務で単身赴任している熊井(山中崇)と高校時代同じラグビー部員同士だったことがわかる。 森若さん(多部未華子)は、この二人が今でも仲がいいだけでなく、熊井の経理処理を勇太郎が代わりにやっていることを見つける。 不審に思った森若さんは熊井の過去の経理データを調べたところ、社員が支払いのために前払いでもらう仮払い金の申請が、精算を後回しにしながら立て続けに行われている自転車操業状態だったことを発見し・・・ (NHKより) 第4話(8月16日) コーヒーメーカーのコーヒーを皆に淹れて回る横山窓花(伊藤麻実子)に対して、コーヒーサーバーをリースする稟議書を出そうとする平松由香利(平岩紙)。 この総務女子の争いに森若さん(多部未華子)も巻き込まれ、由香利は自身が通う女性の生き方セミナーに森若さんを誘う。 講師の三並愛美(須藤理沙)は、未来の可能性に投資することを聴講者に説くが、一方で三並が由香利の稟議書のコーヒーサーバーのリース先の社長であることがわかり・・・ (NHKより) 第3話(8月9日) 山田太陽(重岡大毅)の熱烈なアプローチに根負けし、2人で食事に出かけた森若さん(多部未華子)。 しかし、後輩の真夕(伊藤沙莉)らと店で鉢合わせになり、営業部の希梨香(松井愛莉)の愚痴を聞かされる。 彼女が、怒りの矛先を向けるのは、一緒に新商品のデザインを企画している先輩社員・馬垣(岡崎体育)。 森若さんは、企画の責任者である山崎(桐山漣)から「馬垣は逃げる男だから気をつけて」と忠告されるが・・・ (NHKより) 第2話(8月2日) 森若さん(多部未華子)は、広報課の皆瀬織子(片瀬那奈)から求人誌の取材対象になってほしいと頼まれる。 仮名で写真なしを条件に引き受ける森若さんだが、実際の取材では堅苦しい受け答えしかできず、その場を凍らせてしまう。 一方、織子は会社の広告塔であることをいいことにメディアに出演するときの衣装を経費で購入しているが、その価格がだんだん高くなったり経費使いが荒いことが経理部で問題提起され・・・ (NHKより) 第1話(7月26日) 「天天コーポレーション」の経理部は4人。 森若沙名子(多部未華子)は、佐々木真夕(伊藤沙莉)や田倉勇太郎(平山浩行)、新発田部長(吹越満)とともに経費審査の日々。 ある日、温泉とカフェが合体した、パラカフェという新規事業のチーフになった営業の山田太陽(重岡大毅)が、森若さんのもとにたこ焼き代の領収書の精算に来る。 打ち合わせ相手は、パラカフェの内装設計を委任しているデザイナーの曽根崎ミレイ(藤原紀香)。 ミレイは美魔女で、テレビにも出演する有名人。 太陽はその後、ミレイとリサーチに行ったというテーマパークのチケット代の領収書も持ってきた。 しかし一方で、太陽が同僚の女子社員と最近同じテーマパークへデートしたという噂話が舞い込み、森若さんは実は私用ではないかと疑うが・・・。 (NHKより) 『これは経費で落ちません!』視聴率• (第1話)6. (第2話)5. (第3話)7. (第4話)5. (第5話)6. (第6話)6. (第7話)5. (第8話)• (第9話) 『これは経費で落ちません!』基本情報 (写真:NHKより).

次の

いいね!光源氏くんの衣装が気になる!伊藤沙莉・千葉雄大の衣装はどこの?

伊藤沙莉 衣装

NHK総合「よるドラ」枠で放送中のドラマ『いいね!光源氏くん』で、ヒロインを演じる。 どんな人物もリアルに演じる芝居の力で、近年はドラマ出演の引きも切らない彼女だが、本作では主人公・光源氏を演じるとのコンビの良さも相まってさらなる存在感を発揮している。 そんな奇想天外なストーリーに、ゆるくも雅な笑いが詰まった内容だ。 視聴者のドラマ満足度を調査した「オリコンドラマバリュー」では、初回64pt(100Pt満点)とまずまずの好発進。 2話目では79Ptまで上昇した。 千葉雄大が演じるのは、絶世のイケメンにして希代のプレイボーイこと光源氏。 意外に適応能力が高く、現代社会に慣れつつあってからはSNSでつぶやく和歌にフォロワーも急増している模様だ。 一方の伊藤沙莉が演じるのは、地味で自分に自信のない"こじらせOL"の沙織。 1人暮らしの部屋に突如として出現した光源氏を住まわせることになるが、仕事に振り回される自分とは裏腹にヒモ同然の雅な日々を送る光源氏に、はじめはイライラが止まらない。 しかしやがて、現代人とは異なる光源氏のゆったりした時間感覚や価値観に癒されている自分に気づき始める。 近年はその甘い顔立ちを生かした"あざと可愛い"演技でも注目を集めている千葉雄大だが、本作でもその持ち味を存分に発揮。 「千葉くんの子犬のようなすがる目が最高」(50代女性/愛知)とのコメントの通り、女性たちが放っておけなくなる天然プレイボーイぶりを武器に現代社会を優雅にサバイブしていく役どころはまさにピッタリだ。 「洋服を着ていても腕を曲げて腰に手を当てて腰を落として歩いたり、カフェでいきなり歌を詠いだしたり、とにかく面白かった」(40代女性/神奈川)、「平安貴族の口調や衣装がハマってる」(30代女性/京都)とコミカルな芝居への評判も上々。 そしてそんな浮世離れしたキャラクターが引き立つのも、「ごく普通のOL」を演じる伊藤沙莉の地に足のついた存在感と芝居の力は大きい。 本作の視聴者調査でも「どんな役をやってもしっくりくる」(50代女性/千葉)というコメントが上がったように、その安定感のある演技力から近年のドラマには欠かせない女優の1人となっている。 最初に注目されたのは11歳、『女王の教室』(2005年/日本テレビ系)で演じたいじめっ子役だった。 ところがその強烈なインパクトから、その後何年もいじめっ子役しか来なくなった。 さらにはオーディションにも落ち続け、「19歳のときは『ニートなのかな』と思うくらいお仕事がなかったです」と、現在の活躍からは想像もつかない辛酸を舐めた時期もあったという。 現在のポジションを確立するきっかけは、やはり23歳のときに出演したNHK朝ドラ『ひよっこ』(2017年)で演じたさおり(米子)役だろう。 恋した男性に振られながらも猛アタックを繰り返し、ついに成就させた米子に喝采を送った視聴者も多かったはず。 パワフルでコミカル、いじらしくて切なくて可愛らしい。 こんな複雑な芝居ができる若手女優もなかなかいないと唸らされたものだ。 以降の活躍はご存知の通り。 昨年はドラマ6本、映画5本。 Netflixドラマ『全裸監督』も話題を呼んだ。 女優としては稀有なハスキーボイスも持ち味の1つで、今年はアニメ『映像研には手を出すな!』(NHK総合)で主演と声優業でも注目を集めている。 誤解を恐れずに言えば、いわゆる正統派美人女優ではない。 『ひよっこ』の米子も、だからこそリアリティがある役どころだった。 『いいね!光源氏くん』ではその点も含めて誰もが認めるキラキラなルックスの千葉雄大とは対照的であり、それぞれの持ち味を存分に引き出し合う好キャスティングと言えるだろう。 伊藤沙莉は芝居のポリシーについて「『綺麗に見えたい』とかはさらさら捨てているので、自分に制限をかけず、守りに入らないようにしてるのは意外と強みなのかなと思います。 求められたことは全力で受けて応えたい。 ちょっとテイストは違うんですけど、お仕事で脱いだ時も同じ気持ちでした」と語っている。 容姿を武器にせず、たゆまずに芝居を磨き続けて唯一無二のポジションをつかんだのが現在の伊藤沙莉という女優だ。 本当に素敵な女優さんになったなと思います」(40代女性/東京)といったコメントも多かった。 また伊藤沙莉がそうした内面から人物を演じることができる女優だという証明でもある。 物語はこれから、光源氏の良き友にして、恋の競争相手でもある中将()までもが『源氏物語』の時代からタイムスリップ? また現代からはホストのカイン()と、沙織の周囲に新たなイケメンが続々と登場する。 【オリコンドラマバリューとは】 オリコングループの調査システム「オリコン・モニターリサーチ」の登録者から毎週、全国690名の視聴者を対象に、各ドラマの「期待度」「満足度」について、「作品」「主演」「主演以外」「セリフ」「映像」「音楽」「美術」「ストーリー展開」を10点満点で調査。 「オリコンドラマバリュー」はその結果を、過去1年間のデータに照らして偏差値化した。 「視聴量」「主演」「主演以外」「内容」という4項目に加え、Twitterのツイート量を加えた「話題性」の5項目を各1〜20ポイントとし、計100ポイント満点で集計している。

次の

伊藤沙莉、春ドラマでも増す存在感 千葉雄大の“あざと可愛い”演技をけん引する女優としての実力

伊藤沙莉 衣装

— 2018年 6月月10日午前1時07分PDT 晶が社長から天草製薬のプレゼンを命じられているのを 後ろでコーヒーを飲みながら見ていた時に 着用していた緑のカラフルなミニワンピース。 こちらも古着屋Funny Faceのものでした。 伊藤沙莉さんはワンピースの下に 何も履いていませんでしたので、 丈の短さにちょっとドキっとしましたね。 黄色のブラウス 天草製薬のプレゼンで着用していたブラウス。 カーキというかオリーブ色っぽいブラウスですね。 ドラマではほぼ見えませんでしたが、 バックスタイルがセクシーです。 伊藤沙莉さんはオレンジやベージュ、水色などの カラフルなドット柄スカートと合わせて ガーリーなコーディネートで着用していました。 ピンクのレトロなワンピース 第2話のラストシーンで持っていた白いバッグ。 松任谷夢子は個性的で派手なイメージだったので、 サマンサタバサのバッグというのは意外でした。 ロゴ入りブロック柄のワンピース ALYSI ABITO OUI LA VIE 第2話で着用していた ロゴっぽい英字がたくさん入ったワンピース。 Tik TokのCMでも着用していましたね。 肩紐がリボンのミニスカート 第5話で出勤してきた時に着用していた ピンク色っぽいミニスカート。 肩紐がリボンになっているのが 特徴的でかわいかったです。 白いボアのハンドバッグ 上記スカート着用時に持っていた 白いボアのハンドバッグ。 こちらはサマンサタバサのものでした。 女の子らしくてかわいいバッグでしたね。 黄色のバッグ 第6話の懇親会のシーンで持っていた 黄色のバッグもサマンサタバサ! 鮮やかなイエローはアクセントになってかわいいですね。 柄物のセットアップ 第7話で会議の準備をするシーンで 秋っぽい色合いの柄物のセットアップを着用していました。 シルエットはフォーマルでも 柄は派手で個性的なものを選ぶのが松任谷夢子っぽいですね。 ベージュのスカート 第8話のオフィスのシーンで履いていた フリルがかわいいベージュのスカート。 監視カメラの前でダンスをしていて、 ひらひら舞うマーメイドラインがステキでした。 ワイン色のトップス 第8話の朱里が初めて出勤してくる日に オフィスで着用していたワイン色のトップス。 パフスリーブとリブ袖が特徴的なトップスでした。 伊藤沙莉さん着用衣装は随時更新していきます。 『獣になれない私たち』はで見逃し動画配信中です。 ぜひ衣装にも注目して見てみてください。 関連記事•

次の