自衛隊 賞詞。 防衛功労章

防衛記念章

自衛隊 賞詞

階級章 階級とは、組織における上下関係と指揮系統の格付け制度です。 各国の軍隊では「士官」「下士官」「兵」の大きく3つに区分されています。 自衛官の階級は「将」~「2士」まで16階級に分かれます。 各国軍隊の区分に当てはめると、 「士官」:将、佐官、尉官 「准士官」:准尉 「下士官」:曹 「兵」:士 となります。 【陸・海・空自衛隊の階級と外国軍隊、警察、海上保安庁との比較】 陸上自衛隊 海上自衛隊 航空自衛隊 外国軍隊 警察 海上保安庁 陸上幕僚長 海上幕僚長 航空幕僚長 大 将 警視総監 陸 将 海 将 空 将 中 将 警視監 海上保安監 1等保安監・甲 陸将補 海将補 空将補 少 将 警視長 1等保安監・乙 1等陸佐 1等海佐 1等空佐 大佐 警視正 2等保安監 2等陸佐 2等海佐 2等空佐 中佐 警視 3等保安監 3等陸佐 3等海佐 3等空佐 少佐 警視・警部 1等保安正 1等陸尉 1等海尉 1等空尉 大尉 警部・警部補 2等保安正 2等陸尉 2等海尉 2等空尉 中尉 警部補・巡査部長 3等陸尉 3等海尉 3等空尉 少尉 警部補・巡査部長 3等保安正 准陸尉 准海尉 准空尉 准 尉 警部補・巡査部長 3等保安正 陸曹長 海曹長 空曹長 上級曹長 警部補・巡査部長 1等保安士 1等陸曹 1等海曹 1等空曹 曹 長 警部補・巡査部長 1等保安士 2等陸曹 2等海曹 2等空曹 軍 曹 警部補・巡査部長 2等保安士 3等陸曹 3等海曹 3等空曹 伍 長 巡査部長 3等保安士 陸士長 海士長 空士長 上等兵 (巡査長)巡査 1等保安士補 1等陸士 1等海士 1等空士 1等兵 (巡査長)巡査 2等保安士補 2等陸士 2等海士 2等空士 2等兵 (巡査長)巡査 3等保安士補 防衛記念章 防衛記念章とは自衛官がその経歴を記念して制服に着用することができる「き章」です。 防衛記念章は「1号」から「48号」まであり、職務遂行や災害派遣などの功績に応じて付与されます。 第1号 特別賞詞 第2号 第1級賞詞 第3号 第2級賞詞 第4号 第3級賞詞 災害派遣等の行動 第5号 第3級賞詞 航空無事故等 第6号 第3級賞詞 発明考案、業務改善 第7号 第3級賞詞 訓練、演習等 第8号 第4級賞詞 災害派遣等の行動 第9号 第4級賞詞 航空無事故等 第10号 第4級賞詞 発明考案、業務改善 第11号 第4級賞詞 訓練、演習等 第12号 第5級賞詞 災害派遣等の行動 第13号 第5級賞詞 航空無事故等 第14号 第5級賞詞 発明考案、業務改善 第15号 第5級賞詞 訓練、演習等 第16号 安全・防災功労 第17号 特別賞状に係る業務 第18号 1級賞状に係る業務 第19号 将たる指揮官 第20号 将補たる指揮官 第21号 1佐たる指揮官 第22号 2・3佐たる指揮官 第23号 1尉たる指揮官 第24号 将たる指揮官を補佐する上級曹長等 第25号 将補たる指揮官を補佐する上級曹長等 第26号 1佐たる指揮官を補佐する上級曹長等 第27号 2佐・3佐たる指揮官を補佐する上級曹長等 第28号 1尉たる指揮官を補佐する上級曹長等 第29号 本省内部部局勤務者 第30号 統合幕僚監部勤務者 (学校除く) 第31号 陸・海及び空幕勤務者 第32号 H18. 26以前の統幕会議事務局及び旧情報本部勤務者 第33号 情報本部勤務者 第34号 H27. 30以前の技術研究本部勤務者 第35号 H27. 全部で16職種あり制服の襟に装着します。 職種 徽章 主な任務 職種 徽章 主な任務 普通科 近接戦闘 戦闘に決着をつける 通信科 通信の確保 資料自動処理組織構成 電子戦 写真・映画の撮影処理 通信器材補給・整備 特 科 火力戦闘 広域な地域制圧 化学科 汚染された地域の偵察 汚染された人、装備の除染 機甲科 戦車により敵を撃破 偵察による情報収集 武器科 武器の補給・整備 不発弾の処理 施設科 障害構成・処理 陣地構築 渡 河 建 設 警務科 警 護 交通統制 規律違反の防止 秩序の維持 航空科 航空火力戦闘 航空偵察 ヘリボーン 物資輸送 指揮連絡 需品科 需品器材の補給・整備・回収 給水・入浴・洗濯 高射特科 対空戦闘 対空情報活動 衛生科 患者の治療・後送 健康管理 防疫 衛生器材の補給・整備 会計科 予算、資金、給与、調達 輸送科 大型車両で部隊や装備品の輸送 輸送の統制 ターミナル業務 道路使用規制 情報科 情報資料の収集・処理 地図・航空写真の配布 音楽科 隊員士気の高揚 警務科の援助 各種き章等 技能き章とは、課程教育修了者の特技を表すもので制服の胸に装着します。 その他、候補者である地位や職務を表すもの等があります。 航空き章 航空管制き章 空挺き章 格闘き章 レンジャーき章 スキーき章 服務指導准尉き章 営内班長き章 射撃き章 不発弾処理き章 航空き章(操縦士) 航空き章(航空士) 航空管制き章 水上艦艇き章 潜水医官き章 潜水艦き章 幹部候補生き章 潜水員き章 体力き章 体力・水泳能力1級 航空学生き章 航空き章・操縦士 航空き章・航空士 航空学生き章 航空管制き章 不発弾処理き章 高射管制き章 航空医官き章 兵器管制き章 内務班長き章 募集広報き章(陸海空共通) 体力き章(陸海空共通).

次の

[mixi]写真をUPしました!!

自衛隊 賞詞

LF-SDF-防衛記念章 防衛記念章 Ver. 2 2012. 自衛隊では、防衛記念章というものを規定しています。 元々日本には勲章の規定がありますが、自衛官が現役中にはもらえないようです。 自衛隊自体で制定した勲章の様なものとしては、防衛功労章というものがありますが、貰っている自衛官は数少なかったようです。 そのため海外での大使館付き防衛武官として勤務したり、海外へ留学時に正装をしたときに、勲章が着けられずに格下に見られてしまうということがあったようです。 現在は防衛功労章の授与範囲が拡大されました。 そこで、部隊内での表彰や勤務内容によりこの防衛記念章を制定しました。 これは、勲章に対してのリボン部分と同じデザインの「略綬」を着けることがあり、それと同じ様式です。 この「略綬」は正装ではない時に着けるそうです。 自衛隊での防衛記念章は勲章ではないため、この記念章だけです。 なお現在は、防衛功労章の「特別」から第1級、第2級は賞詞と共に授与されるため、この防衛記念章も共に授与されています。 では、以下でそれぞれを紹介します。 なお、説明は「防衛記念章の制式等に関する訓令」を元にしています。 また、()の中についてはLonlyFox自身による説明です。 第1号防衛記念章 特別賞詞を授与された者 第2号 第1級賞詞を授与された者 第3号 第2級賞詞を授与された者 第4号防衛記念章 自衛隊法第6章に規定する自衛隊の行動に参加し、又は航空救難、警戒監視その他の長官の定める業務に従事し、その職務の遂行に当たり特に功績があったとして、第3級賞詞を授与された者 第5号 職務の遂行に当たり著しい功績又は功績を重ねたことにより、職務の遂行に当たり特に著しい功績があったとして、第3級賞詞を授与された者 第6号 技術上優秀な発明考案をしたとして、第3級賞詞を授与された者及び業務処理の能率性の改善その他の業務の改善を行ったことにより、職務の遂行に当たり特に著しい功績があったとして、第3級賞詞を授与された者 第7号 第4号防衛記念章、第5号防衛記念章又は第6号防衛記念章を着用することができる者に係る功績以外の功績があったとして、第3級賞詞を授与された者 第8号防衛記念章 自衛隊法第6章に規定する自衛隊の行動に参加し、又は航空救難、警戒監視その他の長官の定める業務に従事し、その職務の遂行に当たり著しい功績があったとして、第4級賞詞を授与された者 第9号 職務の遂行に当たり功績を重ねたことにより、職務の遂行に当たり著しい功績があったとして、第4級賞詞を授与された者 第10号 技術上優れた発明考案をしたとして、第4級賞詞を授与された者及び業務改善を行ったことにより、職務の遂行に当たり著しい功績があったとして、第4級賞詞を授与された者 第11号 第8号防衛記念章、第9号防衛記念章又は第10号防衛記念章を着用することができる者に係る功績以外の功績があったとして、第4級賞詞を授与された者 第12号防衛記念章 自衛隊法第6章に規定する自衛隊の行動に参加し、又は航空救難、警戒監視その他の長官の定める業務に従事し、その職務の遂行に当たり功績があったとして、第5級賞詞を授与された者 第13号 職務の遂行に当たり功績を重ねたことにより、職務の遂行に当たり功績があったとして、第5級賞詞を授与された者 第14号 技術上発明考案をしたとして、第5級賞詞を授与された者及び業務改善を行ったことにより、職務の遂行に当たり功績があったとして、第5級賞詞を授与された者 第15号 第12号防衛記念章、第13号防衛記念章又は第14号防衛記念章を着用することができる者に係る功績以外の功績があったとして、第5級賞詞を授与された者 第16号防衛記念章 安全功労者表彰又は防災功労者表彰を受けた部隊等において当該表彰に係る業務に従事した者 第17号 特別賞状を授与された部隊等において当該表彰に係る業務に従事した者 第18号 第1級賞状を授与された部隊等において当該表彰に係る業務に従事した者 第19号防衛記念章 将をもって充てることとされている部隊の長の職にあった者及び将をもって充てることとされている職のうち長官が別に定める職にあった者 (方面隊総監、師団長経験者です) 第20号 将補をもって充てることとされている部隊の長の職にあった者及び将補をもって充てることとされている職のうち長官が別に定める職にあった者 (旅団長、団長経験者です) 第21号 1佐をもって充てることとされている部隊の長の職にあった者及び1佐をもって充てることとされている職のうち長官が別に定める職にあった者 (連隊長、群長経験者です) 第22号 2佐又は3佐をもって充てることとされている職のうち長官が別に定める職にあった者 (大隊長経験者です) 第23号 1尉以下の幹部自衛官をもって充てることとされている職のうち長官が別に定める職にあった者 (中隊長経験者です) 第24号防衛記念章 本庁内部部局に勤務したもののうち長官が別に定める者 第25号 統合幕僚監部(統合幕僚学校を除く。 )に勤務した者のうち防衛大臣が別に定めるもの。 第26号 陸上幕僚監部、海上幕僚監部又は航空幕僚監部に勤務した者のうち大臣が別に定める者 第27号 旧統合幕僚会議事務局又は旧情報本部に勤務した者のうち長官が別に定める者 第28号 情報本部(通信所を除く。 )に勤務した者のうち防衛大臣が別に定めるもの 第29号 技術研究本部(研究所、先進技術推進センター及び試験場を除く。 )に勤務した 者のうち防衛大臣が別に定めるもの 第30号 装備施設本部に勤務した者のうち防衛大臣が別に定めるもの 第31号 防衛監察本部に勤務した者のうち防衛大臣が別に定めるもの 第32号防衛記念章 自衛官として25年以上勤務した者及びこれと同様の経歴を有するとして長官が別に定める者 (俗称「緑のたぬき」、面白い呼び方ですね) 第33号 自衛官として10年以上勤務した者及びこれと同様の経歴を有するとして長官が別に定める者 (俗称「赤いきつね」、面白い呼び方ですね) 第34号防衛記念章 在外公館に勤務し、又は有償援助による調達に関する業務その他の外国において行う業務に従事した者のうち長官が別に定める者 (防衛駐在官の経験者です) 第35 海賊行為に対処するために海上における警備行動又は海賊対処行動に従事した者のうち防衛大臣が別に定めるもの 第36号 大規模災害に派遣され活動に参加した者のうち防衛大臣が別に定めるもの 第37号 外国において行う国際貢献に関する業務(第37号防衛記念章及び第38号防衛記念章の項に掲げるものを除く。 )に従事した者のうち防衛大臣が別に定めるもの 第38号 テロ特措法に関する活動に従事した者 第39号 イラク特別措置法に基づく対応措置に従事した者 第40号 国家行事等に関する業務に従事した者のうち防衛大臣が別に定めるもの 第41号 外国訓練又は南極地域への輸送に関する業務に従事した者のうち長官が別に定める者 この防衛記念章は制服の左胸に着けます。 複数の防衛記念章を付ける場合は一列3個までで着けます。 号数の上のものから順に上からつけますが、下の段から3個ずつに並べます。 8個以上つける場合で、襟に隠れてしまう場合には右に寄せて着用できます。 1個 2個 3個 4個 5個 6個 7個 8個 9個 10個 11個 12個 13個 14個 15個 16個 同じ種類の防衛記念賞を2個着けることができる場合に、その防衛記念賞の中央に銀色の桜花章を着けたものを1個着けます。 また、3個着けることができる場合は、その防衛記念賞の中央に金色の桜花章を着けたものを1個着けます。 4個の場合は銀色の桜花章を2個、5個以上の場合は金色の桜花章を2個着けます。 陸士でも優秀者は表彰されていて、防衛記念章を着けている人もいます。 尉官クラスでも10何個か着けている場合もあります。 このページで勉強して、自衛官の防衛記念章を読んでみてください。 (^o^)/.

次の

防衛記念章ギャラリー

自衛隊 賞詞

思う存分の部長勤務と晴がましい第3級賞詞 昭和58年3月16日付で西部航空警戒管制団司令部人事部長に補職され2年が過ぎた頃、西警団司令正信恭行将補が60年3月16日付で北部航空方面部幕僚長へ補職・離任されることになった。 正信恭行団司令には、人事部長として約1年6月お仕えしてきた。 これは人事部長職在任期間約2年6月の大部分を占めるものており、わが人生において一番脂が乗り切った時期であった。 今振り返ると、指揮官から全幅の信頼を受けて思う存分やるべきことをやらせていただいた時代であったと自負し感謝している。 受賞したことよりも団司令に破格の高い評価を受けたことが嬉しかったことを記憶している。 正信恭行団司令は、離任を控えて60年3月6日、小官に対して、第3級賞詞を授与されたが、当時、主要幹部が個人表彰を受けるという気風はほとんどなく、司令部部長職にあるものが表彰を受けることはあまり例のなかったように記憶している。 その後、防衛記念記章がらみで主要幹部に対する表彰も一般化されていったように記憶している。 》 2. 人事部門の表彰業務の所掌 表彰と懲戒は指揮官の持つ権限であり、人事部の所掌の一つである。 要撃から転じて人事幹部となり、各級部隊において人事担当者として隊員の表彰に関して、指揮官を補佐し表彰業務に従事してきた。 人事担当として、各級部隊長の上申のほか、表彰に該当する事項がないかどうか常に隷下部隊の隅々まで目配りをして功績について資料収集に努め、積極的に指揮官を補佐してきた。 表彰案文の作成に当たっては、英知を絞り推敲に推敲を重ねて練り上げて進達したものであった。 したがって、人事担当者になって以来、表彰は自分がもらうことなど考えたこともなかった。 当然この表彰案件は、当事者である自分を外して、直接早田副司令と正信団司令が進められたものであった。 前任地の第3術科学校第4科長時の第4級賞詞に次いでの受賞であった。 人事部長として当然進めるべきことを進言して、団としての人事施策を積極的に推進したものであった。 長年温めてきた策案の具現化 この受賞は自分にとって何より心に残るものがあった。 幹部に任官して以来常に心して調査研究し長年にわたり積み上げてきた策案が、それなりの階級に昇進して人事部長という配置に補職されることにより、団司令の意図に基づいて主要幕僚勤務を通じて実現することができたものであった。 団司令の人事施策の推進の要は、実にその中心となる幕僚組織の活動にあり、人事部長以下の幕僚の働きにかかっていた。 指揮官が号令を発しても、どんな立派な策案も指揮官との一体感とそれに従事する全員の情熱・実行力・団結力がなければ達成し得ないものであった。 司令部の各部の有機的な活動や人事部の各班長を中心とした組織的な活動があって成し遂げられたものであった。 組織的な能力発揮が原動力であり、個人表彰を受けることに気恥ずかしさがあった。 司令部活動は延々と続くものであり、まだまだ道半ばであったがそれなりに評価されたものであった。 その後、私の空幕勤務で人事部を離れる折も田中団司令から人事部に対して第3級賞状が授与されることになった。 《 早田副司令等立ち合いで、正信恭行団司令から賞詞を授与された。 》 《受賞した表彰状、第3級は、職務遂行上特に著しい功績に対して表彰するものであった。 》 4. なお、表彰に準ずるものとして善行ほう賞及び感謝状があった。 これにはそれぞれの功績の程度により特別賞司及び第1~第5賞詞の区分があった。 空曹に対しては1年間、空士に対しては6ヶ月間、勤務に精励した者のうちから選考により授与されるもので、通常は4月と10月の初日に各表彰権者から授与されていた。 現在における表彰に関する規定 表彰に関する令に変わりはないと思われるが、昭和の当時の規定から時代のの推移とともに逐次改正されて現行の規定が施行されている。 参考までに記載した。 (1)法(昭和29年法律第165号。 以下「法」という。 )第76条第1項、第78条第1項、第81条第2項又は第81条の2第1項の規定による出動に参加し、隊員の模範と認められる顕著な功績があつた者 (2)法第77条の4、第82条、第82条の2、第83条第2項、第83条の2、第83 条の3又は第84条の規定による行動に際して、危難を顧みず率先てい身して、隊員の 模範と認められる顕著な功績があつた者 (3)技術上推賞に値する発明考案をした者 (4)前各号に掲げるもののほか、職務の遂行に当たり推賞に値する顕著な功績があつた者 (5)(平成4年法律第79号)第27 条第1項の規定により派遣された(以下「派遣」という。 )であ つて、の業務の遂行に当たり、推賞に値する顕著な功績があつたもの (6)国際機関等に派遣されるの職員の処遇等に関する法律(平成7年法律第122号)第2条第1項の規定により派遣された者(以下「派遣隊員」という。 )であつて、派遣先の機関の業務の遂行に当たり、推賞に値する顕著な功績があつたもの (第2級賞詞) 第4条第2級賞詞は、次のいずれかに該当する隊員に対して授与する。 (1)法第76条第1項、第78条第1項、第81条第2項又は第81条の2第1項の規定による出動に参加し、隊員の模範と認められる功績があつた者 (2)法第77条の4、第82条、第82条の2、第83条第2項、第83条の2、第83条の3又は第84条の規定による行動に際して、危難を顧みず率先てい身して、隊員の模範と認められる功績があつた者 (3)技術上特に優秀な発明考案をした者 (4)前各号に掲げるもののほか、職務の遂行に当たり推賞に値する功績があつた者 (5)派遣であつて、の業務の遂行に当たり、推賞に値する功績があつたもの (6)派遣隊員であつて、派遣先の機関の業務の遂行に当たり、推賞に値する功績があつたもの (第3級賞詞) 第5条第3級賞詞は、次のいずれかに該当する隊員に対して授与する。 (1)職務の遂行に当たり、特に著しい功績があつた者 (2)技術上優秀な発明考案をした者 (3)派遣であつて、の業務の遂行に当たり、特に著しい功績があつたもの (4)派遣隊員であつて、派遣先の機関の業務の遂行に当たり、特に著しい功績があつた者 (第4級賞詞) 第6条第4級賞詞は、次のいずれかに該当する隊員に対して授与する。 (1)職務の遂行に当たり、著しい功績があつた者 (2)技術上優れた発明考案をした者 (3)派遣であつて、の業務の遂行に当たり、著しい功績があつたもの (4)派遣隊員であつて、派遣先の機関の業務の遂行に当たり、著しい功績があつたもの (第5級賞詞) 第7条第5級賞詞は、次のいずれかに該当する隊員に対して授与する。

次の