膿栓 できやすい。 膿栓の原因は何?臭い玉のメカニズム/できやすい人の特徴

膿栓について

膿栓 できやすい

「におい玉」や「くさい玉」などと呼ばれる膿栓は喉の奥にある白い塊のことです。 知っている人は知ってると思います。 この膿栓ができるのは扁桃腺の周りのくぼみ。 風邪をひくと腫れてくる扁桃腺ですが、それもそのはず扁桃腺は鼻や口から侵入してくる異物や細菌を殺して喉を保護する役目を持っているからなのです。 扁桃腺が喉を保護する役目は、扁桃腺の表面にある腺窩 せんか ・陰窩 いんか という小さな穴から出る免疫物質が荷っていて、ここから出てくる物質によって喉は守られています。 扁桃腺ではこのようにして免疫物質が細菌を殺すわけですが、この働きでたまった細菌の死骸に食べカスなどがくっついて膿栓ができると言われています。 膿栓ができやすい人 膿栓ができやすい人は口の中が乾燥しやすい方です。 例を言えば、口呼吸をしている人や扁桃腺が肥大している人で、こういう方は喉が乾燥しやすく過剰反応を引き起こしやすい状態になっています。 そのため、喉をうるおす(守るため)の免疫物質が出やすくなっていて、通常の人よりも膿栓ができやすくなっているのです。 こちらの商品はラクトフェリンなどの口臭対策に効果のある天然酵素が配合されていて、口内に潤いを与え口臭を和らげる「口内保湿・湿潤ジェル」です。 特長は、優れた持続性・キシリトール配合による心地よい甘味・天然酵素配合というもので、義歯をお使いの方にもおすすめできる商品です。 最後に膿栓ですが、膿栓ができるからといって気にして自分で取ってしまう方もいるようですがそれは絶対にしてはいけません。 なぜなら、扁桃にあるリンパ腺を傷つけてしまうことで重大な疾患を更に引き起こしてしまうこともあるからです。 膿栓は取っても無駄です 私は膿栓を取ったことはありませんが、膿栓は取っても取っても新しいものが出来続けるので取るだけ無駄のようです。 ネットでは、どうしても気になる人は耳鼻咽喉科を受診して取ってもらうことと言っているようですが、実際のところほとんどの病院で膿栓など取ってはくれません。 なぜなら膿栓があっても別に支障がないからです。 膿栓を取る人のほとんどが、膿栓が口臭の原因だという一般的なイメージがあるからで、そのため「くさい玉を取りたい! 」という方が後を絶たないのです。 けれど、膿栓が口臭の原因だとは断定できなところが本当のようです。 口臭の原因は、どちらかと言うと虫歯や歯槽膿漏といった口の中の病気の方が口臭を発生させている原因だと言えるようです。

次の

膿栓が取れる方法は丸形洗浄瓶です【臭い玉がとれた道具】

膿栓 できやすい

今回は膿栓とは何か、できる原因などについて紹介します。 膿栓とは?どうしてできるの? 喉の奥、舌の付け根の両側にあるこぶのようなものを 口蓋扁桃と呼びます。 扁桃は鼻や口から侵入してきた細菌やが体内に入らないように守る、免疫防御の役割を担っています。 扁桃の免疫防御によって死滅した細菌などの死骸は膿になって通常は飲み込まれたり、痰となって外に排出されたりします。 しかし、小さな穴が数多くある 扁桃に炎症が起こると(扁桃炎)、膿が扁桃に溜まりやすくなり、固まりになります。 その塊を膿栓と言います。 誰にでもできます。 膿栓を嗅いでみるととても臭く、「ドブのようなニオイ」「生臭い」などと例えられることがあります。 俗に 「におい玉」と呼ばれることもあります。 膿栓ができやすいケース 上記のように 扁桃炎になると膿が溜まり、膿栓が出来やすくなります。 扁桃炎は疲れやなどによって抵抗力が弱まったときに元々付着していた菌が増え、引き起こされます(急性扁桃炎)。 扁桃炎を繰り返してしまうと慢性扁桃炎を発症し、膿栓が溜まりやすい環境になります。 また、呼吸の仕方によっても差があります。 鼻呼吸では鼻毛が空気の汚れを取り除いてくれているのに対し、 では細菌や汚れが除去されず直接扁桃に付着するので膿栓ができやすいです。 は口の中が乾きやすいため、この乾燥も膿栓が溜まりやすく一因とされています。 副鼻腔炎や性鼻炎で発生する 後鼻漏も、鼻水が喉に多量に流れ落ちるため、膿栓ができる原因の一つです。 膿栓による弊害とその対処法は? 膿栓そのものに害はないので、症状が無ければ治療の必要はありません。 ただ、膿栓は 口臭の原因になり得るので、気になる方は取り除いても良いでしょう。 膿栓は目で見えるため自分で除去しがちですが、綿棒や、などで 扁桃を引っかいてしまうと、誤って傷つけてしまう可能性があります。 取り除きたい場合は耳鼻咽喉科がある病院で吸引や洗浄をしてもらいましょう。 ただし膿栓を除去してもらえるかどうかは病院によって異なります。 また、膿栓を引き起こす扁桃炎は、繰り返してしまうと腎症やネゼなどの腎疾患、心筋炎などの循環器疾患、肝炎や虫垂炎などの消化器疾患、関節炎などの骨関節疾患、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などの皮膚疾患のように、多岐にわたる二次疾患を引き起こすことが報告されています。 日頃からを排出するために を心掛けたり、や適度な水分補給によって口の中の乾燥を防いだりして扁桃炎を予防することも、膿栓をできにくくすることにつながります。 まとめ 膿栓は誰にでもできるもので、膿栓自体に害はないのでそこまで気にする必要はありません。 しかし、口臭の原因になるので気になる方は病院で取り除いてもらいましょう。 また扁桃炎は膿栓をできやすくします。 扁桃炎を予防するためにも、鼻呼吸を心掛け、の励行やの使用など、喉を痛くしないことも大切です。 喉の奥にできる白い塊「膿栓」。 なぜできるの?害はないの? 関連ニュース•

次の

臭い玉(膿栓)が出来やすい人と出来にくい人の特徴を徹底調査!

膿栓 できやすい

膿栓って一体何なの? 1-1. 膿栓 臭い玉 について 膿栓とは、俗に臭い玉と言われるもので、喉の奥にできる白い塊です。 通常は 1ミリくらいですが、大きいものでは 5ミリくらいになることもあります。 咳をした拍子などに外へ出てくることがあり、その臭いは下水やドブ川みたいな臭いと例えられることもあります。 1-2. 膿栓ができる原因と臭いの元 膿栓は、扁桃腺とも言われる喉の奥の左右両側にあるリンパ組織、扁桃に発生します。 扁桃は喉から侵入するウイルスや細菌を防御するための器官で、ここに付着した細菌を退治してくれます。 この細菌の死骸などが塊となることで膿栓ができます。 いわば、白血球の残骸や細菌の死骸でできる膿と同じようなものなので、その臭いも膿に近いものになります。 扁桃の表面にはたくさんの小さなくぼみが存在していて、膿栓はそのくぼみにたまっていきます。 1-3. 膿栓は口臭の原因になる? 膿栓は扁桃腺を持っていたら基本的にできるものです。 多くの場合、咳やくしゃみにより外へ排出されたり、つばや食べ物と一緒に飲み込まれたりするので、口臭に大きな影響を及ぼしません。 しかし、口腔内が乾燥している場合など、細菌が溜まりやすく膿栓ができやすい状況になってしまうと、口臭の原因になることもあります。 1-4. 歯垢と膿栓の違い 膿栓のほかに口腔内にできる塊として、歯垢があります。 歯垢は、歯の表面に付着した食べ物の残りカスなどから細菌が繁殖することで発生します。 歯垢は歯周病などの疾患を引き起こす原因にもなり、お口の中の清掃を丁寧に行うことで発生を抑制することができます。 膿栓がたまってしまう原因は? 2-1 扁桃腺のくぼみの大きさの違い 膿栓が溜まるところは、扁桃腺の陰窩(いんか)と呼ばれるくぼみです。 このくぼみが小さい人は溜まりにくく、大きい人は溜まりやすくなります。 これは、扁桃腺の形状の先天的な違いによるものです。 2-2 扁桃腺の炎症 扁桃腺が細菌やウイルスなどにより炎症を起こし、絶えず細菌と戦っている状態が続けば、より多くの細菌の死骸が出ることになります。 こうなると自然な排出が間に合わず、膿栓が溜まりやすくなります。 2-3 口呼吸 鼻呼吸をしていれば、鼻のフィルターによって細菌が侵入しにくくなります。 しかし、口呼吸が習慣となっている人は、直接喉に細菌が侵入するので、膿栓が溜まりやすくなります。 2-4 ドライマウス 唾液が十分に出ていれば、自然に扁桃腺を洗い流すことができますが、唾液の分泌量が少ないドライマウスは、膿栓がたまりやすい一因となります。 溜まった膿栓は自分で除去できる?治療したほうがよい? 3-1. 膿栓は放置しても大丈夫? 通常の膿栓の場合、放置していても問題はありません。 しかし、膿栓が溜まり続けることで慢性扁桃炎が引き起こる場合もあります。 そのため、喉の違和感が続く、風邪のたびに喉を痛めやすい、扁桃炎になりやすい方などは医療機関を受診することを検討してみてください。 また、口臭が気になってしまう場合にも、無理せずに医療機関に相談してみましょう。 3-2. 自分で除去することはおすすめできません 溜まった膿栓は口臭を引き起こすだけでなく、喉に違和感を覚えるものですが、病院に足を運ぶのも面倒だし、自分で手軽に取りたいと考える人もいるでしょう。 綿棒や注射器のようなもので取り除く方法なども紹介されていますが、根本的な治療にならないばかりか、扁桃腺や喉を傷つける危険もあるので、おすすめできません。 3-3. 気になったら耳鼻咽喉科や歯科口腔外科のある歯医者さんに相談 膿栓は耳鼻咽喉科や歯科口腔外科のある歯医者さんなどで、除去してもらうことや洗浄してもらうことが可能です。 ただし、膿栓を一時的に除去しても、根本的な治療にはならず、また溜まってしまう可能性もあります。 どのような原因によるものなのか、こうした医院に相談し、原因を診断してもらう必要があります。 膿栓の根本的な改善策は? 膿栓は、単に取り除くだけでは改善できないもので、喉への細菌の侵入を減らし、常に口内の衛生環境を保つことが、膿栓への予防や根本的な改善策となります。 4-1 イソジンなどで頻繁にうがいする 口内の衛生環境を保つ上で、作用が期待できる方法の一つが、イソジンなどのうがい薬を使ってうがいをすることです。 食事の後や外から帰ってきた後などのうがいを習慣づけましょう 4-2 鼻呼吸を心がける 口呼吸をやめて、鼻呼吸を心がけることも、膿栓の改善につながります。 鼻で呼吸することで、喉への直接的な細菌の侵入を避け、さらに空気を加湿してくれる作用があるからです。 また、慢性的に鼻が詰まっていて、鼻呼吸が難しいという方は、マスクの着用もよいですが、一度、耳鼻咽喉科に相談してみましょう。 4-3 鼻うがいを行う 鼻うがいをすることで、鼻の通りを良くすると、鼻呼吸をしやすくなります。 鼻うがい専用薬などを用い、片方の鼻の穴を塞いで、もう片方の鼻から吸い込みます。 真水で行うとツーンと痛みますが、専用薬では、こうした不快感がありません。 鼻の奥の喉の付近まで、すっきりと洗浄することができます。 4-4 扁桃腺の切除手術をする 扁桃腺手術によって取り除くことで、膿栓自体を溜まらなくすることも可能です。 長年、膿栓に悩まされてきた方は、こうした手術によって大きく改善するケースもあります。 ただし、手術後も症状が出てしまったという報告もあるので、まずは歯科医師に相談しましょう。 まとめ 膿栓ができるのは、喉から侵入する細菌を防いでいる証しですが、膿栓が長く喉に溜まりやすい人にとっては口臭の原因となります。 改善するポイントは、喉への直接的な外気の侵入を軽減することです。 鼻呼吸を心がけ、うがいや鼻うがいをすることで、口内環境を清潔に保つことが改善するための基本となります。 【監修医 貝塚 浩二先生のコメント】 特に予防が重要です。 膿栓は乾燥している口腔内にできやすいため、だ液の分泌を促して口腔内を潤すことが大切です。 また、だ液には抗菌・殺菌の作用もあり、だ液を出すことで口腔内の細菌の繁殖が抑えられ、膿栓や口臭の発生を抑えることができます。 膿栓の予防におすすめなのが、だ液腺マッサージです。 口の中にあるだ液腺を刺激することで、だ液の分泌を促し、口腔内を潤します。 ただ口腔乾燥が有る場合、他の病気があることもあるので、良くかかりつけ歯科医院に相談して下さい!.

次の