工藤静香ダサい。 木村拓哉の家族売りはアリ? 「工藤静香の匂わせが嫌」「なんかダサい」否定派が「約8割」の結果に【サイゾーウーマン世論調査】(2020/06/02 16:09)|サイゾーウーマン

工藤静香の〝ガリガリ水着姿〟に心配の声「覇気がない」「色気ゼロ」

工藤静香ダサい

木村拓哉と工藤静香の長女が、女性ファッション誌「VOGUE JAPAN(ヴォーグ・ジャパン)」5月号の表紙を飾ることが3月19日に発表された。 芸名は本名を元にしたCocomi ココミ)で活動し、ディオールジャパンのアンバサダーにも就任するという。 現在はブルガリのアンバサダーなどを務めている。 アイドルとして活動しているキムタクにとって、家族の話はタブー。 だが、今回のCocomiのデビューは、そこまでは話題にならないという。 日本版の女性ファッション誌の表紙でデビューするところや、高級ブランドのアンバサダーに就任するなど、Cocomiのやり方は妹と一緒なのですが、あまりうまいやり方とは思えませんね……」(女性誌記者) というのも、Cocomiはフルート奏者として英才教育を受けており、コンクールで数々の賞を受賞している。 そのため、モデルデビューしながらも、音楽家としての活動も見据えているという。 「大手レコード会社などは、水面下でCocomiの音楽家としてのデビューに動いていたところがありました。 しかし、モデルデビューのあとでは、どうしても話題性に欠けてしまう。 当然、レコード会社側としては魅力が半減してしまいますよ。 それだけに、難しさもあるという。 yahoo.

次の

工藤静香、お気に入りキャスケット公開に「ダサい」の声殺到! Koki,も着用で”親子におわせ”再び……|日刊サイゾー

工藤静香ダサい

番組内で「私服がダサい」と言われ、これまでファッションコーナーにたびたび出演して来た滝アナ。 この日は満を持して「格安コーデバトル」のコーナーに参戦し、先輩の久野静香アナと対決していった。 今回のテーマは「初夏のイメチェンコーデ」で、滝アナのコーディネートを担当する美魔女モデル・前田典子は〝着てみたい服装のイメージ〟を質問。 すると、滝アナは「『クールだね』って言われたことがない」と、カッコいい印象に変身したい意向を明かした。 前田は滝アナの発言に大きくうなずき、「〝北海道のおいしいポテト〟って感じ(笑)」と芋クサさを表現。 そしてこの表現は編集スタッフに気に入られたようで、滝アナがベージュの服をチョイスした際にも「このままだと北海道の芋のよう」とのナレーションが入れられてしまった。 「滝アナと北海道をバカにした」との怒りが… さらに、対戦相手の久野アナがピスタチオカラーのコーデを選ぶと、画面には「ピスタチオVSジャガイモ」とのテロップが。 結局、滝アナは終始にわたって〝じゃがいも〟とイジられることとなった。 すると、ネット上には、 《北海道のジャガイモばっか言ってて、めちゃくちゃバカにしてるような気が…》 《ヒルナンデスは滝アナのことディスり過ぎじゃね!? 「北海道のじゃがいも」って》 《「北海道のジャガイモから都会の女性に大変身!」はさすがにヒドくね?w》 など、このイジリを「度が過ぎる」と感じた視聴者からの苦言が。 また、 《バカにしてんのか?! 北海道の芋を!! 》 《ヒルナンデス、北海道の女子を芋っぽいとディスる》 《滝アナ出るたび芋っぽいとか田舎クサいみたいなこと言うけど、そういう北海道いじり良くないと思うわ 北海道にもオシャレな人たくさんいるから》 《わざわざ北海道のナントカって言わなくてええやん》 など、「北海道をバカにしている」との怒りも寄せられていった。 周囲は怒ってしまったようだが、意外と滝アナ本人は「ありがたきお言葉」と受け止めたのかもしれない。

次の

『ヒルナンデス』滝アナへの“ダサいじり”が不快…「バカにし過ぎや!」

工藤静香ダサい

そして実際に写真が投稿され始めるとファンが想像していたような、いかにもセレブといった生活ではなく、どちらかと言うと庶民的な感のある写真や動画が多かったことから、大きな話題を呼んだのです。 ベーコンポテトが不評?もやしに見える? こちらの写真は、工藤静香さんが2018年11月12日に投稿した自作のベーコンポテトを撮影したものです。 工藤静香さん自身はおつまみにピッタリの品として堂々とアップしたのですが、食感が残らない程細くスライスされたじゃがいもに、「モヤシ炒めですか?」といった悪気の無いコメントが寄せられました。 また、よく見ないと入っているのが分からない程ベーコンが少ないことから「金欠の学生が作った貧乏料理」とまで言われてしまったのです。 素材殺し?リンゴゼリーを披露! こちらは2018年10月30日に投稿された工藤静香さんの自信作、リンゴとイチゴを使ったゼリーです。 林檎と苺のビタミンと酵素を生かしたいので煮たりしません。 引用:instagram と、こだわりを見せる一方で、分量は全て適当でOK 、火にかける時間も適当と紹介しており「こだわるのか雑なのかハッキリしろ!」と突っ込みが入ることに。 工藤静香さんのインスタには「素敵!」「流石、木村拓哉様の奥様です~」と称賛の声が集まる一方、「金曜日の終電のホームにあるやつ」「食欲がなくなる」と、ネットでは不評を買ってしまいました。 フルーツゼリーは魔女のお菓子? 2018年の工藤静香さんの料理写真の投稿で一番話題になったのが、上にある真っ黒なゼリーです。 このゼリーはブルーベリーを使ったためにこのような色になったそうですが、10月18日とハロウィンの時期であったことも影響して「呪いのゼリー」「魔女のお菓子」と囁かれました。 手作りパンにも酷評 工藤静香さんは度々手作りパンの写真も披露しているのですが、このパンもあまり美味しそうには見えないと辛辣な意見が寄せられています。 パッと見た感じあまり柔らかそうには見えないことから「軽石?」「6千年前に地球上に初めて登場したパン」「縄文パン」「古代エジプトパン」「座布団」と、ネットでは大喜利のような盛り上がりに。 工藤静香さん自身はパン作りが好きなようで、これまで明石家さんまさんや沢村一樹さんに番組内で差し入れており、皆さんから一口食べて無言になるといった微妙な反応をされています。 ハヤシライスは色がヤバイ! 2019年5月22日には工藤静香さんは自作のハヤシライスの写真をアップしたのですが、「茶色すぎる」「トマトどこ行った」と、色に対して突っ込まれてしまいました。 さらにハヤシライスという料理が、工藤静香さんの元彼であるYOSHIKIさんの本名・林を連想させることから「このチョイスにゾワゾワする」といった意見もありました。 やまももを使ったメニューには辛辣な意見! 2019年に大量のやまももが入ったボウルの動画を、インスタのストーリーにアップした工藤静香さん。 この時に添えられた「友人がやまもも料理を欲しがる」の言葉に、「この人の汚料理を欲しがる人がいるの?」「職場で煙たがられる、典型的なあげたがりオバちゃん」との辛辣な意見も寄せられたのです。 生地づくりにドラムスティック使用?元彼YOSHIKIが忘れられない? 2018年ん11月4日には、ストーリー機能でラビオリを作る工程をインスタに投稿した工藤静香さんでしたが、生地を伸ばすのに使用していたのが麺棒ではなくドラムスティックだったことが話題に。 工藤静香さんとドラムスティックと言えば、真っ先に思いつくのが元彼のYOSHIKIさんの存在であり、あまりにも不自然なにおわせぶりに様々な憶測が飛び交いました。 そして「キムタクはドラムスティックで作った料理を食べているの…?」と、夫婦の関係を心配する声まで上がってしまったのです。 「自家製デトックスウオーター」を公開!水槽に見える? 2019年6月2日には、女性スタッフにも差し入れをしているという自家製のデトックスウォーターを披露した工藤静香さん。 しかし、果物ではなくハーブと思しき草が目立つことから「水草水槽」「ボトリウムかな?」「食べられる草なんだよね?」とネットで物言いがついてしまいました。 草が目立つほかに、お手製のハーブシロップを使ったことで水が白濁してしまったことも、このような酷評を受ける原因と考えられます。 納豆ごはんがまずそう?批判の嵐に 一見普通の和食の献立に見える上の写真は工藤静香さんがお気に入りのメニューの1つとのことで、納豆がひきわりなのがこだわりなのだとコメントが添えられていました。 これに対して「健康的でおいしそう!」「私もひきわり派です」といった好意的なコメントが付く一方で、「納豆は普通小皿に別に盛らない?」との指摘が。 食べるだけならば納豆をご飯に乗せても問題ありませんが、写真を撮るのに納豆ご飯は見た目が悪すぎる、気持ち悪いと感じた人も多かったようです。 娘・Kokiに関わるスタッフに差し入れ?重すぎるという意見も 自身の撮影現場などはもちろんのこと、娘のKokiさんの仕事場にも手作りのお菓子や差し入れを持って姿を現すことが多いという、工藤静香さん。 しかし、Kokiさんの仕事場には重鎮クラスの人が多くいるため、工藤静香さんの差し入れは胃もたれしてしまう、食べきれないと感じている人も多いのだとか。 またネットでは、娘が単独で行っている仕事の場所に必ず母親が顔を出すのはいかがなものか?と工藤静香さんの毒母化を心配する声も上がっています。 ここでは工藤静香さんのインスタにあげられた、料理以外のものに対する突っ込みを紹介していきます。 工藤静香の夏ファッションがヤバイ? 2019年7月12日に工藤静香さんは、19年物のウエスタンブーツと白いワンピースを合わせるというコーデの写真をアップ。 しかし気温だけではなく湿度も高い日本の夏にブーツなんて、絶対匂に決まっているという意見が相次ぎました。 また「普通にダサい」「タトゥーを入れているからサンダルが履けないのでは?」「O脚を誤魔化そうとしている」とも言われてしまいました。 歩きながらの自撮りが炎上! 2019年7月13日、工藤静香さんはインスタのストーリー機能で自撮りしながら移動する動画を上げました。 公道を歩きながらスマホのカメラを気にし続けるという行為に、「歩きスマホは危ない」「アラフィフだよね?非常識すぎ」という批判が数多く寄せられました。 自撮りを加工しすぎ? 2019年7月に『工藤静香のオールナイトニッポンGOLD』内で、SNSに加工した写真を上げることに対して「不自然だと思う」と意見を述べていた、工藤静香さん。 しかし工藤静香さん自身のインスタの画像も背景が真っ白になる程、色調を加工していることから、この矛盾をを失笑する声が上がってしまいました。 また、中には「加工してもしなくても、KABA. ちゃんに似ている」といった辛辣な意見まで見られました。 文章の不自然さも度々指摘されている 工藤静香さんのインスタは動画や写真だけではなく、コメントの日本語がおかしいということで話題になることもあります。 料理の名称がおかしかったり、飛魚だしのことを顎だしと書いていたり、シーザーサラダをシザーサラダと書いていたりと、細かい間違いが目立つ工藤静香さんのコメント。 また、自撮り画像に「8時だよ全員集合」と全く写真の内容と関係のないコメントをつけることもあり、解読に苦しむファンも少なくないようです。 ファンに好評な投稿も!長女のスイーツや寝顔を公開! 寝顔を公開!お茶目なドッキリ? 2018年11月には、インスタのストーリーに寝落ちしたと思われる動画を投稿した工藤静香さん。 しかしこちらの動画、「おやすみなさい」と寝顔を披露した数秒後に、カッと目を見開いて「おやすみなさいません!」と言って起きるというドッキリ映像でした。 これを見たファンからは「お茶目!」と、笑いの声が上がりました。 キムタクの声が入った投稿も話題に! 2018年12月16日に工藤静香さんは、インスタのストーリーにディナーショーで訪れた新潟で購入した笹団子の説明をする動画をアップしました。 この動画内にキムタクと思われる男性の笑い声が入っていたことから、ファンの間では大きな話題を呼びました。 ストーリー機能で投稿した動画は24時間で消えてしまうため、現在は工藤静香さんのアカウントでは見られない動画なので、期間限定のファンサービスであったようです。 ここでは、Kokiさんのインスタの人気投稿記事について紹介していきます。 娘・Kokiのインスタグラムにキムタク? Kokiさんのインスタでこれまでで最も話題となったのが、2018年のキムタクの誕生日に投稿された上の写真です。 この写真は「プライベートショットとは思えない程完成度が高い写真」「羨ましい親子!」という称賛の声が多く寄せられました。 インスタグラムでレコーディング公開?大反響に! 2018年にはKokiさんが工藤静香さんのディナーショーのリハーサルをこっそり撮影したものを、ストーリーで公開して大きな話題を集めました。 さらに2019年4月には工藤静香さんが自身のストーリーに、6月発売のアルバム『Deep Breath』のレコーディング風景を収めたものをあげて、大反響を呼びました。 これに対しては普段の料理の写真の時のようなネガティブな意見は見られず、歌手・工藤静香が見たいという気持ちは共通のようです。 工藤静香は意外とお茶目?.

次の